ラプソディ(狂詩曲)の意味と特徴

音楽の基礎知識

ラプソディ(狂詩曲)の意味や特徴、代表曲【音楽のジャンルを分かりやすく解説!】

ピアノ歴30年以上の元中学校音楽教師めりーです。この記事ではラプソディの由来や特徴、代表曲をご紹介します。

イギリスの伝説的ロックバンドQueen(クイーン)

彼らの代表的な作品で、近年、自伝映画のタイトルにもなった「ボヘミアン・ラプソディ」の意味はご存知ですか?

ボヘミアン(Bohemian)は、チェコ(かつてのボヘミア)の住人ボヘミア語のことですが、転じて放浪者、常識や因習・伝統にとらわれない人という意味で使われることもあります。

では、ラプソディとはいったい何のことでしょうか。

この記事では、ラプソディの意味や音楽的な特徴を簡単に解説するとともに、ラプソディの代表曲をご紹介します。


スポンサーリンク

ラプソディとは?

ラプソディは、日本語では狂詩曲(きょうしきょく)と訳される、民族的または叙事的な内容を自由な形式で表現した曲のこと。

性格的小品(キャラクターピース)のひとつで、ロマン派時代以降に多く作られました。

高揚した感情を熱狂的かつ情熱的な楽想で表現し、様々な曲調や既存のメロディを取り入れているのが特徴です。

ラプソディの代表的な作品「ハンガリー狂詩曲第2番」

ラプソディと言えば、リスト作曲の「ハンガリー狂詩曲」でしょう。

曲名の通り、リストは祖国ハンガリーの古くからある民謡をモチーフにしたつもりですが、実は民謡ではなく割と新しい音楽で、作曲された当時から「リストは勘違いしている」と言われていたことは有名な話。

それでも、クラシック音楽の名曲であることには変わりありません。

ハンガリー狂詩曲」は全部で19曲ありますが、特に「第2番 嬰ハ短調」は非常に有名なので、聴いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ジプシー音階風の主題と、軽快なメロディが融合され、1曲の中に様々な表情が見られ、聴きごたえも弾きごたえも抜群の作品です。

カデンツァ部分もあるので、編曲者や演奏者による違いも楽しめます。

また、この曲は1947年に公開されたアニメ映画「ピアノ・コンサート」(「トムとジェリー」)でも使われています。

(このアニメを再現している方の動画をご紹介します。)


私もこの曲を学生時代に演奏しましたが、難易度はかなり高めです。トムのピアノの腕前がプロ並みということが分かりますね。

ラプソディの可能性を広げた「ラプソディ・イン・ブルー」

忘れてはいけないラプソディの名曲と言えば、ガーシュイン作曲の「ラプソディ・イン・ブルー」です。

「ブルー」はではなくジャズのことで、直訳すると「ジャズによる狂詩曲」という意味になります。

ガーシュインはジャズをアメリカの民族音楽と考え、このような曲を作ったのかもしれません。

クラシック音楽とポピュラー音楽を融合した、非常に画期的な作品と言えますね。

ラプソディをその他の性格的小品と聴き比べよう!

記事の冒頭でもご紹介した通り、ラプソディは性格的小品(キャラクターピース)という音楽ジャンルのひとつです。

関連記事
性格的小品(キャラクターピース)とは?主な種類と特徴まとめ【音楽のジャンルを分かりやすく解説!】
性格的小品(キャラクターピース)とは?主な種類と特徴まとめ【音楽のジャンルを分かりやすく解説!】

続きを見る

性格的小品自由な発想によって作られた、ピアノのための短い楽曲のことで、ラプソディ以外にもスケルツォなど様々なジャンルがあります。

各曲の特徴と詳細は以下のリンクよりご覧ください。

いろいろな性格的小品を聴き比べることで、それぞれの美しさや良さをより実感できるはずです。

以上、この記事ではラプソディの由来や特徴、代表的な作品をご紹介しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

-音楽の基礎知識
-, ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室