※当サイトは広告及びアフィリエイトプログラムにより収益を得ています

楽典・音楽用語

fffとは?音楽に欠かせない強弱記号・用語一覧(読み方と意味まとめ)

元中学校音楽教員めりーです。

突然ですが、こちらの音楽記号は何と読むでしょうか?

「エフエフエフ?」…残念ながら違います。

答えは「フォルティッシッシモ(フォルテフォルティッシモ)」です。

この記号は、強弱記号のひとつなのですが、その意味や他の強弱記号との関係がよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

というわけで、今回は、「fff」や「pp」など強弱に関する記号・用語の読み方と意味をまとめてみました。

楽譜上でよく見かける記号・用語のみをピックアップして紹介するので、ざっくりとした説明にはなりますが、音楽を勉強中の方の参考になれば幸いです。

そもそも音楽における「強弱」とは?

強弱」は、音や音楽を形づくっている要素の一つで、ざっくり言うと、音量の大小やその変化のことです。

楽譜上では、どのくらいの強さで演奏してほしいかを指定するために、様々な強弱に関する記号や用語が使われます。

音の強弱を表す記号

まずは、一般的によく使われる「音の強さ・弱さ」を表す記号をご紹介します。

上記の他にも「pppp」や「ffff」などが使われることもあるようです。(私は遭遇したことがありませんが…)

・強弱記号は、いつまで有効?

強弱記号は、次の強弱記号が出てくるまで有効です。

例えば以下の楽譜では、水色部分を「p(ピアノ)」、ピンク部分を「f(フォルテ)」、黄色部分を「mf(メッゾフォルテ)」で演奏します。

実際の楽譜は、このように強弱ごとに色分けされていないので、「ここはどのくらいの強さで演奏すれば良いのだろう?」と迷った時は、直前に何の強弱記号が付いているのかをたどると良いです。

・「f(フォルテ)」ってどのくらいの強さ?

強弱記号は「このくらいの音量」という具体的な強さを示しているのではなく、その曲中での相対的な強さを表しています。

「これがf(フォルテ)だ」と思う強さは人によって違いますし、楽器や曲想によっても様々です。

※その他の強弱記号についても同じです。

ゆえに、演奏する際には、

  1. 楽譜全体を見て、どの強弱記号が付いているかを把握する
  2. 一番強い記号と弱い記号それぞれの、おおよその強さを決める
  3. その他の強弱記号の、おおよその強さを決める

というような流れで、全体の中での強さの度合いを考えるのがおすすめです。

・「p(ピアノ)」にも様々な種類がある

「p(ピアノ)」という強弱記号の意味は「弱く」ですが、その弱さにもいろいろな種類があると私は考えています。

例えば、「今にも壊れてしまいそうな弱さ」「中に芯のある弱さ」など…

同じ曲中に出てくる「p(ピアノ)」でも、その部分がどのような心情や情景を表しているかによって、その表現方法は異なる場合があります。

※その他の強弱記号についても同じです。

ゆえに、演奏する際には単に音量を変えるだけでなく、その記号に含まれる意味や背景まで考えられると良いのではないでしょうか。

強弱の変化を表す記号・用語

次は、強弱の変化を表す記号・用語です。

一般的によく使われる記号・用語を種類ごとにご紹介します。

・「だんだん強く」を指示する

上記3つは、いずれも「クレッシェンド」と読み、「だんだん強く」という意味の記号・用語です。

いずれも、ざっくりとした意味は同じですが、そのニュアンスは微妙に異なるようで、作曲者によってはこれらの記号を使い分けていることもあるようです。

「だんだん強く」ってどのくらい?

「クレッシェンド」の範囲(どのくらいの時間をかけて強くしていくのか)加減(どのくらい強くするか)は、その時々によって違います。

例えば、以下は、どちらも同じ「クレッシェンド」ですが、その範囲や加減は異なります。

①は「p」という強弱の中で膨らませるイメージで、②は「pp」から「ff」になるように段階的に強くしていくイメージです。

このように、前後の強弱記号や旋律との関係から、「クレッシェンド」の範囲や加減はある程度把握できるので、演奏時にはそこにも注目すると良いと思います。

・「だんだん弱く」を指示する

上記3つは、いずれも「デクレッシェンド」と読み、「だんだん弱く」という意味の記号・用語です。

見た目からも想像がつく通り、「クレッシェンド」の対になる言葉です。

同じく「だんだん弱く」という意味で「dim.(ディミヌエンド)」が楽譜に書かれていることもあります。

「デクレッシェンド」と「ディミヌエンド」は、どちらも「だんだん弱く」という意味で使われますが、言葉本来の意味やそこに含まれるニュアンスは少し異なるため、作曲者によっては使い分けることがあるようです。

・これまでの強さと比較して指示する

これまでの強さと比較する場合は、「più(より多く)」、「meno(より少なく)」という言葉を用いて表すことがあります。

例えば、「più f」は直訳すると「強さをより多く」となるので、「fより強く」という意味で使われます。

逆に「meno p」は「弱さをより少なく」となるので、「pより強く」という意味になります。

・瞬時に強弱を変化させる

強く演奏した後すぐに弱くしてほしい場合は、「fp(フォルテピアノ)」という記号を用いることがあります。

また、「subito(急に、突然に)」という用語を用いて、以下のように指示することもあります。

  1. subito p(スビト ピアノ):すぐに弱く
  2. subito f(スビト フォルテ):すぐに強く

・特定の音の強さを変化させる

曲の中で特定の音だけを強く演奏してほしい時には「sforzando(スフォルツァンド)」や「rinforzando(リンフォルツァンド)」などの記号が用いられます。

これらは「その前後よりも強く」という意味で使われるので、以下のような場合、3番目の音は「f」よりも強く演奏します。

※上記は一例です。「sforzando」や「rinforzando」にはいろいろな表記方法があります。

・速度の変化も同時に表す

強弱の変化と同時に速度の変化も合わせて指示する用語もあるので、少しご紹介します。

  1. smorzando(スモルツァンド):消えるように/だんだん弱くしながら遅く
  2. calando(カランド):次第におだやかに/だんだん弱くしながら遅く
  3. allargando(アッラルガンド):次第に幅広く/だんだん遅くしながら強く

強弱記号・用語と一緒に使われる用語

最後に、強弱記号・用語と合わせて使用されることのある用語を少しご紹介します。

  1. poco(ポコ):少し
  2. (例)「poco cresc.(少し、だんだん強く)」など

  3. poco a poco(ポコ ア ポコ):少しずつ
  4. (例)「poco a poco cresc.(少しずつ、だんだん強く)」など

  5. molto(モルト):非常に
  6. (例)「molto cresc.(非常に、だんだん強く)」など

強弱に関する記号・用語一覧【まとめ】

改めて、今回ご紹介した記号や用語を一覧にまとめてみます。

記号・用語

読み方

意味

ppp

ピアニッシッシモ(ピアノピアニッシモ)

ものすごく弱く

pp

ピアニッシモ

非常に弱く

p

ピアノ

弱く

mp

メッゾピアノ(メゾピアノ)

やや弱く

mf

メッゾフォルテ(メゾフォルテ)

やや強く

f

フォルテ

強く

ff

フォルティッシモ

非常に強く

fff

フォルティッシッシモ(フォルテフォルティッシモ)

ものすごく強く

cresc.
crescendo

クレッシェンド(クレシェンド)

だんだん強く

decresc.
decrescendo

デクレッシェンド(デクレシェンド)

だんだん弱く

dim.
(diminuendo)

ディミヌエンド

だんだん弱く

più f

ピウ フォルテ

fより強く

meno p

メノ ピアノ

pより強く

fp

フォルテピアノ

強くしてすぐに弱く

subito p

スビト ピアノ

すぐに弱く

subito f

スビト フォルテ

すぐに強く

sforzando(sf、sfz)

スフォルツァンド

その音を特に強く

rinforzando(rf、rfz)

リンフォルツァンド

その音を特に強く

smorzando

スモルツァンド

だんだん弱くしながら遅く

calando

カランド

だんだん弱くしながら遅く

smorzando

アッラルガンド

だんだん遅くしながら強く

poco cresc.

ポコ クレッシェンド

少し、だんだん強く

poco a poco cresc.

ポコ ア ポコ クレッシェンド

少しずつ、だんだん強く

molto cresc.

モルト クレッシェンド

非常に、だんだん強く

さて、この記事では強弱に関する記号や用語をざっくりとご紹介しました。

紹介しきれなかった記号や用語もまだまだありますが、少しでも参考になっていれば幸いです。

\各教材の進め方や活動例はこちら/

note「めりー先生の音楽室」へ

楽典・音楽用語

2024/6/21

譜読みの最初に要確認!速度記号・用語一覧(読み方と意味まとめ)

元中学校音楽教員めりーです。 今回は、速度に関する記号や用語をご紹介します。 楽譜上でよく見かける記号・用語のみをピックアップしているので、ざっくりとした説明にはなりますが、音楽を勉強中の方の参考になれば幸いです。 目次そもそも音楽における「速度」とは?速度記号・用語は楽譜のどこに書いてある?速度を表す記号・用語①数字で表す②ことばで表す速度の変化を指示する用語速さを次第に変化させるこれまでの速さと比較して指示する強弱の変化も同時に指示する変更した速度を戻す意味を補足する付加語・接尾語付加語接尾語速度に関 ...

ReadMore

楽典・音楽用語

2024/6/21

fffとは?音楽に欠かせない強弱記号・用語一覧(読み方と意味まとめ)

元中学校音楽教員めりーです。 突然ですが、こちらの音楽記号は何と読むでしょうか? 「エフエフエフ?」…残念ながら違います。 答えは「フォルティッシッシモ(フォルテフォルティッシモ)」です。 この記号は、強弱記号のひとつなのですが、その意味や他の強弱記号との関係がよく分からないという方も多いのではないでしょうか? というわけで、今回は、「fff」や「pp」など強弱に関する記号・用語の読み方と意味をまとめてみました。 楽譜上でよく見かける記号・用語のみをピックアップして紹介するので、ざっくりとした説明にはなり ...

ReadMore

楽典・音楽用語

2024/5/30

音名と階名の違いは?意味や役割をざっくり解説

元中学校音楽教員めりーです。 突然ですが、この音は何の音でしょう? ※ト長調とします これを「ソ」と呼ぶ方もいれば、「ド」と呼ぶ方もいると思いますが、どちらも正解です。 というのも、音には音名と階名という2つの呼び方があり、この音の場合、音名は「ソ」ですが、階名だと「ド」なのです。 …何を言っているのか、わけわからん! という方のために、この記事では音名と階名の違いを解説します。 目次音名とは?階名とは?まとめ 音名とは? 音名は、その名の通り音の名前です。 音楽を演奏したり、作ったり、教えたりする際に使 ...

ReadMore

楽典・音楽用語

2024/5/30

コードネームとは?仕組みをざっくり解説

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、楽器を演奏する際に使うコードネームについて解説します。 楽器を始めたばかりの方やテスト勉強中の学生さん、授業での説明にお困りの先生方のお役に立てれば幸いです。 ※初めての方でも分かりやすいように、音名ではなくハ長調の階名(ドレミファソラシ)を使って説明します。 目次コードネームとは?コードネームの仕組み①音名②三和音の種類③付け足す音④その他の特記事項まとめ コードネームとは? コードは「和音」、ネームは「名前」のことなので、コードネームとは、和音の名前(呼び方 ...

ReadMore

音楽史

2024/5/30

ヴィヴァルディってどんな人?あだ名やエピソード、代表曲

元中学校音楽教員めりーです。 「四季」の作曲者として知られるヴィヴァルディですが、曲は聴いたことがあっても、作曲者のことまでは詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では、ヴィヴァルディに関することや代表曲をまとめてみました。 少しでも参考になれば幸いです。 目次ヴィヴァルディとは?ヴィヴァルディにまつわるエピソード3つ赤毛の司祭と呼ばれていた様々な仕事をしていたなぜ「協奏曲の父」なのかヴィヴァルディの代表曲3つヴァイオリン協奏曲「四季」フルート協奏曲「ごしきひわ」「グローリア ...

ReadMore

音楽の基礎知識

2024/5/31

吹奏楽でよく使われる管楽器の種類と調性一覧

元中学校音楽教員めりーです。(吹奏楽部顧問もしたことがあります) 吹奏楽は、管楽器を中心とした様々な種類・調性の楽器で構成されています。 ゆえに、吹奏楽部に入部する、あるいは吹奏楽部の顧問になる場合は各楽器の特徴をしっかり理解しておく必要があります。 とは言え、「B♭管」「F管」など楽器によって基準の音階が異なったり、出せる音域が違ったりするので、覚えるのが大変なんですよね。 そこで、この記事では吹奏楽でよく使用される管楽器の種類と調性を一覧にまとめました。 「吹奏楽部に初めて関わる」という方の参考になれ ...

ReadMore

音楽史

2024/5/13

滝廉太郎だけじゃない!日本の音楽史に欠かせない重要人物10名

元中学校音楽教員めりーです。 皆さんは日本の音楽史と聞いて、真っ先に誰の顔を思い浮かべますか? 恐らくほとんどの方が、眼鏡をかけた肖像画でお馴染みの、滝廉太郎を思い浮かべるのではないでしょうか。 ですが、日本の音楽史には、他にも活躍した人物がたくさんいます。 そこで、この記事では、誠に勝手ながら日本の音楽史に欠かせない重要人物を10名ピックアップしてご紹介します。 あくまで私が個人的に選んだだけではありますが、学校の音楽授業でよく取り上げられる方々ばかりなので、参考にしていただければ幸いです。 目次①八橋 ...

ReadMore

音楽史

2024/5/16

ベートーヴェンって何がすごいの?元音楽教員がざっくり解説

元中学校音楽教員めりーです。 ベートーヴェンという名前は聞いたことがあっても、実際に何をしたのか知らない、何がすごいのかが分からないという方も多いと思います。 そこで、この記事では、ベートーヴェンの何がすごいのかについて、簡単にまとめてみました。 ベートーヴェンについて詳しく知りたい方や、授業で話せるネタをお探しの方のお役に立てれば幸いです。 目次ベートーヴェンとは?ベートーヴェンの偉大な功績3つ①数々の名曲を生み出した②音楽家の働き方改革を成し遂げた③音楽界に新しい風を吹かせたベートーヴェンにまつわる、 ...

ReadMore

-楽典・音楽用語
-, , ,

© 2024 めりー先生の音楽準備室