拍子記号の意味

音楽の基礎知識

4分の4拍子とは?拍子記号の意味は?【楽典・音楽用語を分かりやすく解説!】

元中学校音楽教師のめりーです。4分の4拍子や4分の3拍子など拍子や拍子記号について分かりやすく解説します。

突然ですが、この記号、何と読むかご存じですか?

4/4の読み方

この記号は、拍子記号のひとつで、「よんぶんのよんびょうし」と読みます。

よく生徒に「約分しなくていいんですか?」と聞かれますが、分数ではないので、約分はできません!!

では、4分の4拍子とはどういう意味でしょうか?

この記事では、私が実際に授業で説明していた内容をもとに、4分の4拍子という言葉や拍子記号の意味を分かりやすく解説します。

生徒への説明方法で悩んでいる方、音楽を始めたはいいけれど用語がさっぱり分からないという方は必見です。

スポンサーリンク

そもそも拍子とは?まずは拍の概念を知ろう

4分の4拍子」が何かを理解するには、まず「」や「拍子」の意味を知っておかなければいけません。

拍?」「拍子?」と頭に「」が浮かんだ方は、まずこちらの記事をご覧ください。

関連記事
拍子とは?拍って何?【楽典・音楽用語を分かりやすく解説!】
拍子とは?拍って何?【楽典・音楽用語を分かりやすく解説!】

続きを見る

上の記事でも説明したように、何個の拍がまとまっているかで「何拍子」かが決まります。

ですが、人によって「拍」の長さの間隔は違いますよね。

そこで音楽では、誰もが分かりやすいように、基準となる音符を1拍とし、その音符が1小節にいくつ入っているかを示します。

この時に活躍するのが拍子記号です。

拍子記号とは?

拍子記号とは、どの音符を1拍とし、その音符が1小節にいくつ入っているかを示した記号のこと。

例えば、4分の3拍子は、基準となる音符を4分音符とし、1小節に4分音符が3つ入るということを表しています。

拍子記号の意味

この原理さえ分かれば、何分の何拍子と書かれていようが混乱することはありませんし、当然約分しなきゃ!とは思いませんよね。

下記のように、分母が変わっても分子が「」ならば、その曲は3拍子です。ただし、基準となる音符が違うので、拍の長さは異なります。

3拍子の例

一方で、分子が変わっても分母が「」ならば、その曲の基準となる音符は4分音符です。ただし、1小節に入る数が異なるので、当然拍子が変わります。

4分音符が基準の拍子

まとめ 4分の4拍子とは?

さて、この記事では一般的によく使われる拍子を例に、拍子記号の意味や「○分の○拍子」についてご説明しました。

記事冒頭の話に戻ると、

4分の4拍子とは、1小節に4分音符が4つ入る拍子のこと。

と簡単に説明することができますね。

記事の内容をプリント1枚(A4版)にまとめ、noteで公開しています。授業での説明時に補足プリントとしてお使いください。

関連記事
中学音楽 授業に役立つプリント【拍子】|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 授業に役立つプリント【拍子】|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

その他、楽典に関する記事はこちら。


関連記事
反復記号の読み方や意味、演奏方法【音楽用語や楽典を分かりやすく解説!】
反復記号の読み方や意味、演奏方法【音楽用語や楽典を分かりやすく解説!】

続きを見る

楽典を楽しく学ぶなら、この本がおすすめ!


楽譜やイラスト付きで分かりやすく、何と言ってもDVD付きなのがポイント!楽典を楽しく勉強したい、生徒に分かりやすく説明したいという方に、本当におすすめの1冊です。

-音楽の基礎知識
-, , , , , ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室