中学校で扱う音楽記号・音楽用語一覧

楽典・音楽用語

中学生が知っておきたい、音楽記号・音楽用語一覧

元中学校音楽教師のめりーです。中学校の授業で使われることの多い記号と用語を一覧にしました。

音楽記号・音楽用語一覧

強弱に関する記号・用語

記号・用語

読み方

意味

ppp

ピアニッシシモ(ピアノピアニッシモ)

ものすごく弱く

pp

ピアニッシモ

非常に弱く

p

ピアノ

弱く

mp

メッゾピアノ(メゾピアノ)

やや弱く

mf

メッゾフォルテ(メゾフォルテ)

やや強く

f

フォルテ

強く

ff

フォルティッシモ

非常に強く

fff

フォルティッシシモ(フォルテフォルティッシモ)

ものすごく強く

fp

フォルテピアノ

強くしてすぐに弱く

cresc.
crescendo

クレッシェンド(クレシェンド)

だんだん強く

decresc.
decrescendo

デクレッシェンド(デクレシェンド)

だんだん弱く

dim.
(diminuendo)

ディミヌエンド

だんだん弱く

allargando

アッラルガンド

強くしながらだんだん遅く

変化記号

記号・用語

読み方

意味

シャープ

音の高さを半音上げて

フラット

音の高さを半音下げて

ナチュラル

音の高さを元に戻して

そもそも変化記号って何?という方はこちらの解説をご覧ください。

関連記事
変化記号(♯シャープ・♭フラット・♮ナチュラル)の意味は?
変化記号(♯シャープ・♭フラット・♮ナチュラル)の意味は?

続きを見る

奏法や表現に関する記号・用語

記号・用語

読み方

意味

スタッカート

その音を短く切って

テヌート

その音の長さを十分に保って

アクセント

その音を目立たせて、強調して

legato

レガート

なめらかに

marcato

マルカート

はっきりと

cantabile

カンタービレ

歌うように

con brio

コン ブリオ

生き生きと、活気をもって

comodo

コモド

気楽に

dolce

ドルチェ

優しく、やわらかく

grandioso

グランディオーソ

壮大に

maestoso

マエストーソ

荘厳に

parlando

パルランド

話すように

tranquillo

トランクイッロ

穏やかに、静かに

vivace

ヴィヴァーチェ

元気に、機敏に

leggero

レジェッロ

軽く

liricamente

リリカメンテ

叙情的に

スラー

高さの違う2つ以上の音をなめらかに

タイ

隣り合った同じ高さの音をつなげて

フェルマータ

音符(休符)をほどよく延ばして

速度に関する記号・用語

記号・用語

読み方

意味

Lent

レント

遅く

Largo

ラルゴ

幅広く、ゆるやかに

Adagio

アダージョ

ゆっくりと

Andante

アンダンテ

ゆっくり歩くような速さで

Moderato

モデラート

中ぐらいの速さで

Allegretto

アレグレット

やや速く

Allegro

アレグロ

速く

Presto

プレスト

急速に

accel.
(accelerando)

アッチェレランド

だんだん速く

rit.
(ritardando)

リタルダンド

だんだん遅く

rall.
(rallentando)

ラレンタンド

だんだん遅く

riten.
(ritenuto)

リテヌート

速度をゆるめて

stringendo

ストリンジェンド

だんだんせき込んで、速度を速めて

Piu mosso

ピウ モッソ

今までより速く

Meno mosso

メーノ モッソ

今までより遅く

Tempo primo
(TempoⅠ)

テンポプリモ

最初の速さで

a tempo

ア テンポ

元の速さで

con moto

コン モート

動きをつけて

反復記号・用語

記号・用語

読み方

意味

リピート

曲の先頭か、リピート記号に戻って繰り返す

1番かっこ

繰り返しの1回目に演奏する

2番かっこ

繰り返しの2回目に演奏する

D.C.

ダ カーポ

曲の始めに戻る

D.S.

ダル セーニョ

セーニョに戻る

Fine

フィーネ

繰り返して戻った後、ここで演奏を終了する

to Coda

トゥ コーダ

コーダに飛ぶ

反復記号の意味や演奏方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事
反復記号の読み方や意味、演奏方法まとめ
反復記号の読み方や意味、演奏方法まとめ

続きを見る

その他の用語

記号・用語

読み方

意味

poco

ポーコ(ポコ)

少し

poco a poco

ポーコ ア ポーコ(ポコ ア ポコ)

少しずつ

pochissimo

ポキッシモ

ほんの少し、かすかに

molto

モルト

非常に

piu

ピウ

かなり

simile

シーミレ

同様に

unis.

ユニゾン

斉唱(みんなで同じパートを歌う)

div.

ディヴィジ

パートごとに分かれて歌う

ossia

オッシア

あるいは

♩=○ca.

チルカ

約、およそ

一覧プリントはこちらから

今回ご紹介した音楽記号・用語の一覧ワークシート形式でまとめました。

音楽用語一覧プリントダウンロード

ダウンロードはこちら

WordPDFの2種類のデータを用意しています。

音楽の自習課題やテスト対策プリントとしてお使いいただけますので、ご興味のある方は、こちらのnoteからダウンロードしてください。

というわけで、今回の記事は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

楽典・音楽用語

2022/4/27

和音(コード)とは?種類と名称を分かりやすく解説!

元音楽教師めりーです。和音(コード)について解説します。 この記事では、 ・和音って何? ・和音にはどんな種類があるの? ・コードネームって何のこと? と疑問に思っている方向けに、和音(コード)について、種類や名称をご紹介しながら分かりやすく解説します。 目次和音とは?コードって何?和音の種類三和音(五の和音)四和音(七の和音)和音の名称和音記号コードネーム和音の転回まとめ 和音とは?コードって何? 和音とは、高さの異なる複数の音(3つ以上)が同時に響くときの音のこと。 ※本来2つの場合は音程と言いますが ...

ReadMore

楽典・音楽用語

2022/4/27

音程とは?度数の数え方を分かりやすく解説!

元音楽教師めりーです。音程について解説します。 この記事では、 ・音程って何? ・長3度、短2度、完全5度の違いは? と疑問に思っている方向けに、音程と度数について分かりやすく解説します。 目次音程とは?度数の数え方完全系(1・4・5・8度)の音程1度8度4度5度長短系(2・3・6・7度)の音程2度3度6度7度変化記号(♯・♭)が付く場合まとめ 音程とは? 音程とは、音と音の高さの隔たり(音と音の距離)のこと。 以下のように1度、2度、3度…というように「度」を単位として数字で表します。 度数の数え方 度 ...

ReadMore

日本の音楽史を分かりやすく解説

音楽史

2022/4/27

日本の音楽史を元音楽教員が分かりやすく解説!

元音楽教員めりーです。日本の音楽史を解説します。 音楽史と言えば、バロックや古典派など西洋で発展したクラシック音楽が中心。 では、日本において音楽はどのように発展してきたのでしょうか。 この記事では、日本の音楽史について、ざっくりとした歴史の流れを解説します。 目次日本音楽史の歴史区分奈良時代の音楽・楽器や舞楽の伝来平安時代の音楽・雅楽の誕生・今様の大流行鎌倉時代の音楽・琵琶法師による「平家物語」・貴族から武士へ室町~安土・桃山時代の音楽・能の大成・三弦の流入江戸時代の音楽・文楽と歌舞伎の大流行・ペリー来 ...

ReadMore

ロマン派音楽のポイントまとめ

音楽史

2022/4/27

ロマン派音楽のポイント(特徴と代表的な作曲家)

元音楽教師めりーです。ロマン派音楽について解説します。 西洋音楽史は、その歴史的背景や音楽の特徴から、以下のような歴史区分で説明されることが多いです。 今回は、この中のロマン派音楽のポイント(音楽の特徴や代表的な作曲家)をご紹介します。 ぜひ、ひとつ前の時代(古典派)と合わせてご覧ください。 目次ロマン派はいつの時代のこと?ロマン派音楽のポイント芸術作品としての音楽ピアノの普及とショパン個性豊かな作曲家たちオペラブームの再燃思想の違いでぶつかることもまとめ ロマン派音楽とは? \noteで公開中/ 音楽史 ...

ReadMore

古典派音楽とは

音楽史

2022/4/27

古典派音楽のポイント(特徴と代表的な作曲家)

元音楽教師めりーです。古典派音楽について解説します。 西洋音楽史は、その歴史的背景や音楽の特徴から、以下のような歴史区分で説明されることが多いです。 今回は、この中の古典派音楽のポイント(音楽の特徴や代表的な作曲家)をご紹介します。 ぜひ、ひとつ前の時代(バロック)と合わせてご覧ください。 目次古典派はいつの時代のこと?古典派音楽のポイント大衆向けの器楽曲が主流交響曲の誕生とハイドン天才モーツァルト降臨!ベートーヴェンによる働き方改革まとめ 古典派音楽とは? \noteで公開中/ 音楽史の授業実践例はこち ...

ReadMore

-楽典・音楽用語
-,

© 2022 めりー先生の音楽準備室