※当サイトは広告及びアフィリエイトプログラムにより収益を得ています

楽典・音楽用語

譜読みの最初に要確認!速度記号・用語一覧(読み方と意味まとめ)

元中学校音楽教員めりーです。

今回は、速度に関する記号や用語をご紹介します。

楽譜上でよく見かける記号・用語のみをピックアップしているので、ざっくりとした説明にはなりますが、音楽を勉強中の方の参考になれば幸いです。

そもそも音楽における「速度」とは?

音楽において「速度」とは、曲を演奏するスピードや、その変化のことです。

演奏するスピードによって曲の雰囲気や印象は異なるので、音楽を形づくっている重要な要素のひとつだと言えます。

速度記号・用語は楽譜のどこに書いてある?

速度記号・用語は、楽譜の冒頭や、楽譜のあらゆる場所に書かれています。

基本的には、最初に指示された通りの速度で演奏し始めますが、途中で速度に関する記号・用語が書かれていれば、その指示に従います。

知らないと大事な指示を見逃してしまうことになるので、速度に関する記号・用語を覚えておくことは大切だと思います。

速度を表す記号・用語

音楽の速度を表す方法には、

  1. 数字で表す
  2. ことばで表す

の2パターンがあります。

それぞれの方法について簡単にご紹介していきます。

①数字で表す

上記のように、「♩=80」と書かれている場合は、1分間に四分音符を80回演奏する速さを意味しています。

自力で数えるのは大変なので、練習時にはメトロノームを使用します。

速度の基準となる音符は、拍子が基準としている音符と同じ場合が多いです。

例えば、4分の4拍子など四分音符を基準とする拍子なら速度も四分音符、2分の2拍子など二分音符を基準とする拍子なら速度も二分音符を基準に表します。

ただし、速度の基準音符と拍子の基準音符が一致しない場合もあります。

は、8分の6拍子が3拍でひとまとまりと考えるのが一般的であるため、は四分音符を基準とすると♩=40となり、速度が遅すぎで分かりづらいため、速度と拍子の基準音符が異なります。

同じ数字でも基準となる音符が異なれば速度も異なるので、どの音符を基準として速度が表されているかをしっかり確認することが大切です。

②ことばで表す

速度は、イタリア語などを用いて表されることもあります。

しかし、上記の「Andante(「ゆっくり歩くような速さで」という意味)」のように、具体的な数字で示されているわけではありません。

ゆえに演奏者は、その言葉がもつ意味やニュアンスを汲み取って、速度と曲の雰囲気を表現する必要があります。

とは言っても、なんとなく「この用語よりこの用語の方が速い」みたいな順番はあるので、参考までに、一般的な用語を遅いものから順に載せておきます。

  1. Lento(レント):遅く
  2. Largo(ラルゴ):ゆるやかに
  3. Adagio(アダージョ):ゆっくりと
  4. Andante(アンダンテ):ゆっくり歩くような速さで
  5. Moderato(モデラート):中ぐらいの速さで
  6. Allegro(アレグロ):速く
  7. Presto(プレスト):急速に

上記の数字とことばで表す2つの方法を組み合わせ、「Moderato ♩=80」などと表記している楽譜もあります。

速度の変化を指示する用語

次に、曲中で速度を変化させてほしい時に用いられる用語をいくつかピックアップしてご紹介します。

速さを次第に変化させる

以下の用語は、頻繁に使われる(楽譜には省略形で記されていることも多い)ので、覚えておくと便利です。

  1. rit./ritardando(リタルダンド):だんだん遅く
  2. rall./rallentando(ラレンタンド):だんだん遅く
  3. accel./accelerando(アッチェレランド):だんだん速く
  4. stringendo(ストリンジェンド):だんだんせき込んで(だんだん速く)

これまでの速さと比較して指示する

これまでの速さと比較する場合は、「più(より多く)」、「meno(より少なく)」という言葉を用いて表すことがあります。

例えば、「più Allegro」は直訳すると「速さをより多く」となるので、「今までより速く」という意味で使われます。

逆に「meno Allegro」は「速さをより少なく」となるので、「今までより遅く」という意味になります。

また、「mosso(動き)」という単語を用いて、以下のように速度を表すこともあります。

  1. più mosso(ピウ モッソ):今までより速く(動きをより多く)
  2. meno mosso(メノ モッソ):今までより遅く(動きをより少なく)

強弱の変化も同時に指示する

速度の変化と同時に、強弱の変化も合わせて指示する用語もあるので、少しご紹介しておきます。

  1. smorzando(スモルツァンド):消えるように/だんだん弱くしながら遅く
  2. calando(カランド):次第におだやかに/だんだん弱くしながら遅く
  3. allargando(アッラルガンド):次第に幅広く/だんだん遅くしながら強く

変更した速度を戻す

曲の途中で変更した速度を元に戻してほしい時は、以下のいずれかの用語を用いて指示することがあります。

  1. a tempo(ア テンポ):元の速さで
  2. Tempo Ⅰ(テンポ プリモ):最初の速さで

a tempoは速度を変更した直前の速さ、Tempo Ⅰは、曲の最初の速さに戻してほしい時に使われます。

意味を補足する付加語・接尾語

付加語

前述の速度に関する用語に付け加えて意味を補足するものを付加語と言います。

付加語にはいくつか種類がありますが、ここでは、非常によく使われるものを2つだけピックアップしてご紹介します。

  1. poco(ポコ):少し
  2. (例)「poco rit.(少し、だんだん遅く)」など

  3. molto(モルト):非常に
  4. (例)「molto rit.(非常に、だんだん遅く)」など

接尾語

速度の用語は、語尾を変化させることで、その意味を強めたり弱めたりすることがあります。

例えば、「きわめて」という意味をもつ接尾語「issimo」を使うと、

Presto(速く)+issimo(きわめて)=Prestissimo(きわめて速く)

というように、「Presto」の意味を強めることができます。

逆に、「やや」という意味の接尾語「etto」を使って、

Allegro(速く)+etto(やや)=Allegretto(やや速く)

と、「Allegro」の意味を弱めることもできます。

※意味を弱める時には「ino(やや)」という接尾語を使うこともあります。(例:Andantino(やや遅く)

速度に関する記号・用語一覧【まとめ】

改めて、今回ご紹介した記号や用語を一覧にまとめてみます。

記号・用語

読み方

意味

Lento

レント

遅く

Largo

ラルゴ

ゆるやかに

Adagio

アダージョ

ゆっくりと

Andante

アンダンテ

ゆっくり歩くような速さで

Moderato

モデラート

中ぐらいの速さで

Allegretto

アレグレット

やや速く

Allegro

アレグロ

速く

Presto

プレスト

急速に

Prestissimo

プレスティッシモ

きわめて速く

accel.
(accelerando)

アッチェレランド

だんだん速く

stringendo

ストリンジェンド

だんだんせき込んで

rit.
(ritardando)

リタルダンド

だんだん遅く

rall.
(rallentando)

ラレンタンド

だんだん遅く

Più mosso

ピウ モッソ

今までより速く

Meno mosso

メーノ モッソ

今までより遅く

smorzando

スモルツァンド

だんだん弱くしながら遅く

calando

カランド

だんだん弱くしながら遅く

smorzando

アッラルガンド

だんだん遅くしながら強く

a tempo

ア テンポ

元の速さで

TempoⅠ
(Tempo primo)

テンポプリモ

最初の速さで

poco rit.

ポコ リタルダンド

少し、だんだん遅く

molto rit.

モルト リタルダンド

非常に、だんだん遅く

さて、この記事では速度に関する記号や用語をざっくりとご紹介しました。

紹介しきれなかった記号や用語もまだまだありますが、少しでも参考になっていれば幸いです。

\各教材の進め方や活動例はこちら/

note「めりー先生の音楽室」へ

楽典・音楽用語

2024/6/21

譜読みの最初に要確認!速度記号・用語一覧(読み方と意味まとめ)

元中学校音楽教員めりーです。 今回は、速度に関する記号や用語をご紹介します。 楽譜上でよく見かける記号・用語のみをピックアップしているので、ざっくりとした説明にはなりますが、音楽を勉強中の方の参考になれば幸いです。 目次そもそも音楽における「速度」とは?速度記号・用語は楽譜のどこに書いてある?速度を表す記号・用語①数字で表す②ことばで表す速度の変化を指示する用語速さを次第に変化させるこれまでの速さと比較して指示する強弱の変化も同時に指示する変更した速度を戻す意味を補足する付加語・接尾語付加語接尾語速度に関 ...

ReadMore

楽典・音楽用語

2024/6/21

fffとは?音楽に欠かせない強弱記号・用語一覧(読み方と意味まとめ)

元中学校音楽教員めりーです。 突然ですが、こちらの音楽記号は何と読むでしょうか? 「エフエフエフ?」…残念ながら違います。 答えは「フォルティッシッシモ(フォルテフォルティッシモ)」です。 この記号は、強弱記号のひとつなのですが、その意味や他の強弱記号との関係がよく分からないという方も多いのではないでしょうか? というわけで、今回は、「fff」や「pp」など強弱に関する記号・用語の読み方と意味をまとめてみました。 楽譜上でよく見かける記号・用語のみをピックアップして紹介するので、ざっくりとした説明にはなり ...

ReadMore

楽典・音楽用語

2024/5/30

音名と階名の違いは?意味や役割をざっくり解説

元中学校音楽教員めりーです。 突然ですが、この音は何の音でしょう? ※ト長調とします これを「ソ」と呼ぶ方もいれば、「ド」と呼ぶ方もいると思いますが、どちらも正解です。 というのも、音には音名と階名という2つの呼び方があり、この音の場合、音名は「ソ」ですが、階名だと「ド」なのです。 …何を言っているのか、わけわからん! という方のために、この記事では音名と階名の違いを解説します。 目次音名とは?階名とは?まとめ 音名とは? 音名は、その名の通り音の名前です。 音楽を演奏したり、作ったり、教えたりする際に使 ...

ReadMore

楽典・音楽用語

2024/5/30

コードネームとは?仕組みをざっくり解説

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、楽器を演奏する際に使うコードネームについて解説します。 楽器を始めたばかりの方やテスト勉強中の学生さん、授業での説明にお困りの先生方のお役に立てれば幸いです。 ※初めての方でも分かりやすいように、音名ではなくハ長調の階名(ドレミファソラシ)を使って説明します。 目次コードネームとは?コードネームの仕組み①音名②三和音の種類③付け足す音④その他の特記事項まとめ コードネームとは? コードは「和音」、ネームは「名前」のことなので、コードネームとは、和音の名前(呼び方 ...

ReadMore

音楽史

2024/5/30

ヴィヴァルディってどんな人?あだ名やエピソード、代表曲

元中学校音楽教員めりーです。 「四季」の作曲者として知られるヴィヴァルディですが、曲は聴いたことがあっても、作曲者のことまでは詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では、ヴィヴァルディに関することや代表曲をまとめてみました。 少しでも参考になれば幸いです。 目次ヴィヴァルディとは?ヴィヴァルディにまつわるエピソード3つ赤毛の司祭と呼ばれていた様々な仕事をしていたなぜ「協奏曲の父」なのかヴィヴァルディの代表曲3つヴァイオリン協奏曲「四季」フルート協奏曲「ごしきひわ」「グローリア ...

ReadMore

音楽の基礎知識

2024/5/31

吹奏楽でよく使われる管楽器の種類と調性一覧

元中学校音楽教員めりーです。(吹奏楽部顧問もしたことがあります) 吹奏楽は、管楽器を中心とした様々な種類・調性の楽器で構成されています。 ゆえに、吹奏楽部に入部する、あるいは吹奏楽部の顧問になる場合は各楽器の特徴をしっかり理解しておく必要があります。 とは言え、「B♭管」「F管」など楽器によって基準の音階が異なったり、出せる音域が違ったりするので、覚えるのが大変なんですよね。 そこで、この記事では吹奏楽でよく使用される管楽器の種類と調性を一覧にまとめました。 「吹奏楽部に初めて関わる」という方の参考になれ ...

ReadMore

音楽史

2024/5/13

滝廉太郎だけじゃない!日本の音楽史に欠かせない重要人物10名

元中学校音楽教員めりーです。 皆さんは日本の音楽史と聞いて、真っ先に誰の顔を思い浮かべますか? 恐らくほとんどの方が、眼鏡をかけた肖像画でお馴染みの、滝廉太郎を思い浮かべるのではないでしょうか。 ですが、日本の音楽史には、他にも活躍した人物がたくさんいます。 そこで、この記事では、誠に勝手ながら日本の音楽史に欠かせない重要人物を10名ピックアップしてご紹介します。 あくまで私が個人的に選んだだけではありますが、学校の音楽授業でよく取り上げられる方々ばかりなので、参考にしていただければ幸いです。 目次①八橋 ...

ReadMore

音楽史

2024/5/16

ベートーヴェンって何がすごいの?元音楽教員がざっくり解説

元中学校音楽教員めりーです。 ベートーヴェンという名前は聞いたことがあっても、実際に何をしたのか知らない、何がすごいのかが分からないという方も多いと思います。 そこで、この記事では、ベートーヴェンの何がすごいのかについて、簡単にまとめてみました。 ベートーヴェンについて詳しく知りたい方や、授業で話せるネタをお探しの方のお役に立てれば幸いです。 目次ベートーヴェンとは?ベートーヴェンの偉大な功績3つ①数々の名曲を生み出した②音楽家の働き方改革を成し遂げた③音楽界に新しい風を吹かせたベートーヴェンにまつわる、 ...

ReadMore

-楽典・音楽用語
-, , ,

© 2024 めりー先生の音楽準備室