アッチェレランドとストリンジェンド

音楽の基礎知識

アッチェレランドとストリンジェンドの違いは?【音楽用語を分かりやすく解説!】

元中学校音楽教師のめりーです。「だんだん速く」という意味をもつ、2つの用語の違いを解説します。

演奏する際によく目にするaccelerando(アッチェレランド)stringendo(ストリンジェンド)

どちらも「だんだん速く」という意味の音楽用語ですが、そのニュアンスは微妙に異なっているということをご存知ですか?

この記事では、accelerandoとstringendoの違いを解説しますので、演奏する際の参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク

accelerando(アッチェレランド)とは?

accelerandoとは、「だんだん速く」という意味の、速度の変化を指示する用語で、楽譜上では、accel.と略して表記されることもあります。

略記を見ると車のアクセルを連想する方も多いかと思いますが、実はそれ、あながち間違いではありません。

というのも、前の車を追い越そうとしてアクセルを踏む時、車が動いている状態の中、自分の意志でスピードを上げますよね。

音楽用語のaccelerandoも、車のアクセルと同様に、音楽が進んでいる状態の中、自らの意思でだんだん速く演奏するものなのです。

また、accelerando本来の意味は、「次第に速く、そして終わる」。

つまり、終わり(ゴール)に向かってだんだんと速くするというニュアンスも兼ね備えています。

stringendo(ストリンジェンド)とは?

一方のstringendoも「だんだん速く」という意味の速度を変化させる用語ですが、ゴールに向かって自分の意志で速めるわけではありません。

追い込まれて、何の準備もしていないのに、あれよあれよという間にスピードが上がっていくというイメージ。

例えるなら、誰かに急かされて坂道を転げ落ちるような感じですね。

また、stringendoには、「締め付ける」という意味もあり、accelerandoと比べて切迫感必死感があります。

accelerandoとstringendoの違いは?

アッチェレランドとストリンジェンド

改めて、accelerandostringendoそれぞれのニュアンスをまとめると、

accelerando(アッチェレランド)
・動いている状態のものをより速くする
・自らの意思でスピードを上げる
・ゴールが決まっている

stringendo(ストリンジェンド)
・急にスピードを上げざるを得ない状況
・自らの意思は介さずに、どんどん速くなっていく
・切迫感や必死感がある

となります。

どちらも「だんだん速くする」という点では同じですが、自らの意思があるか、そして速くした先にゴールがあるかという点が大きな違いだと言えますね。

というわけで、この記事では、accelerando(アッチェレランド)stringendo(ストリンジェンド)微妙なニュアンスの違いをご紹介しました。

なんとなくお分かりいただけたでしょうか?

演奏する際には、それぞれの違いを理解した上で、表現を工夫してみてくださいね。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

その他、音楽用語に関する記事はこちら


関連記事
性格的小品(キャラクターピース)とは?主な種類と特徴まとめ【音楽のジャンルを分かりやすく解説!】
性格的小品(キャラクターピース)とは?主な種類と特徴まとめ【音楽のジャンルを分かりやすく解説!】

続きを見る

-音楽の基礎知識
-, , , , , ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室