標題音楽と絶対音楽の違い

鑑賞授業

標題音楽と絶対音楽の違いは?それぞれの意味を分かりやすく解説!

元中学校音楽教師のめりーです。今回は音楽に対する考え方、標題音楽と絶対音楽について解説します。

クラシック音楽を鑑賞、演奏する際に知っておきたい標題音楽絶対音楽

それぞれどのような音楽で、どのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、標題音楽と絶対音楽の意味や違いを、教員時代に授業で説明していたことを基に解説します。


スポンサーリンク

標題音楽とは?

標題音楽とは、音楽以外の想念や心象風景を聴き手に喚起させることを意図して作られた音楽のこと。

情景やイメージ、心情や雰囲気など、文学的または絵画的な内容が描写され、作曲者自身によってタイトルや説明が付けられています。

標題音楽を定義づけたのはリストで、標題音楽絶対音楽をしっかり区別するようになったのは、ロマン派時代です。

それまでもヴィヴァルディ作曲「四季」のように、標題音楽と言えそうな作品はありますが、一般的にはロマン時代以降に作られた楽曲のことを指しています。

標題音楽の代表的な作品

標題音楽の先駆け

標題音楽はリストが定義付けたと先ほどご紹介しましたが、これは「ベルリオーズ『イタリアのハロルド』」という論文の中でのこと。

ゆえに、ベルリオーズの作品は標題音楽の先駆けと言っても良いでしょう。

中でも、自身の感情面が誇張されたラブストーリーを音楽で表現した「幻想交響曲 Op.14」は有名ですね。

標題音楽と言えば交響詩!

標題音楽のひとつに、交響詩というジャンルがあります。

交響詩とは、物語情景などをオーケストラ演奏によって表現する音楽のこと。(詳しくはこちら

関連記事
交響曲と交響詩の違いは?それぞれの意味や特徴、代表曲まとめ
交響曲と交響詩の違いは?それぞれの意味や特徴、代表曲まとめ

続きを見る

交響詩の中でも、デュカスが作曲した「魔法使いの弟子」はディズニーのアニメ作品「ファンタジア」に収録されているので、聴いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

動物が出てくるあの曲も標題音楽!

フランスの作曲家サンサーンスが作曲した組曲「動物の謝肉祭」も標題音楽です。

いろいろな動物、情景をテーマにしているので、「これは何の動物かな?」「どのような情景を表しているのかな?」などと想像しながら鑑賞すると楽しいですね。

スポンサーリンク

絶対音楽とは?

絶対音楽とは、文学的または絵画的な内容との結びつきがなく、純粋に「音楽」そのものを楽しむ音楽のこと。

具体的な風景や物語等を音楽によって表現しているわけではないので、もちろん曲にタイトルは付けられていません。

ただ、曲にタイトルが付いているからと言って、必ずしも標題音楽とは限らないのが難しいところ。

例えば、ショパン作曲の「雨だれ」「革命」などは、いずれも後世の人間が分かりやすいように呼び名を付けたものなので、標題音楽ではなく絶対音楽です。

このように、一見「標題音楽かな?」という曲であっても、作曲者本人が「絶対音楽だ!」と言えば、それは絶対音楽に分類されます。

ロマン派時代においては、絶対音楽派と標題音楽派に、はっきりと思想(音楽の作り方)が分かれていたようなので、参考までに、それぞれの派閥の作曲家をご紹介します。

◇絶対音楽派
ショパン、ブラームス、ブルックナーなど

◇標題音楽派
リスト、ベルリオーズ、ワーグナーなど

【まとめ】標題音楽と絶対音楽の違いとは?

標題音楽と絶対音楽は、いずれも器楽曲のみに当てはまる概念です。

歌曲なら歌詞が付いていますし、オペラは物語を表現しているものなので、議論する余地はありません。

標題音楽と絶対音楽を明確に分類するのは難しいのですが、あえて違いを挙げるとすると、

音楽以外の要素を盛り込んでいるか

・作曲者本人によって標題が付けられているか

ではないでしょうか。

というわけで、この記事では、標題音楽と絶対音楽の違いを、それぞれの意味を基にご紹介しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

標題音楽に関連する授業実践例はこちら。

関連記事
中学音楽「ブルタバ(モルダウ)」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note
中学音楽「ブルタバ(モルダウ)」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

その他、鑑賞授業に役立つ記事はこちら。


関連記事
日本の民謡に使われる4つの音階とその代表曲
日本の民謡に使われる4つの音階とその代表曲

続きを見る

-鑑賞授業
-, , , ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室