ソネットとは分かりやすく解説

鑑賞授業

ソネットとは?中学音楽鑑賞授業「四季」より「春」(ヴィヴァルディ)

元中学校音楽教師のめりーです。ヨーロッパに旅行する際は必ず「四季」のコンサートに行き、その演奏を比較しています。

ヴィヴァルディ作曲の「四季」を鑑賞する際にポイントとなる「ソネット」

この記事では、「ソネット」について中学生にも分かるように簡単に解説します。

授業での説明にお悩みの先生方、「ソネット」について詳しく知りたいという方の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

ソネットとは?分かりやすく解説!

ソネットとは、13世紀頃イタリアでつくられた、14行からなる詩のこと。

元々は「小さな歌」という意味でした。

ソネットには、

イタリア風ソネット
イギリス風ソネット
スペンサー風ソネット

があり、それぞれに厳格な決まりがありますが、中学校の音楽授業ではそこまで厳密に学習はしません。

単純に、「14行の詩」と覚えておけば大丈夫です。

具体的な例として、次の項ではヴィヴァルディ作曲の「『四季』より『春』」のソネットをご紹介します。

「春」(ヴィヴァルディ作曲)のソネット

第1楽章

①Giunt’ è la Primavera e festosetti
(春がやってきた)

②La salutan gl’Augei con lieto canto,
(鳥たちが楽しい歌であいさつする)

③E i fonti allo spirar de’ Zeffiretti
④Con dolce mormorio scorrono intanto:
(春の到来を告げる風が泉に吹きかかると、どの泉も優しくささやき流れ出す)

⑤Vengon’ coprendo l’aer di nero amanto
⑥E Lampi,e tuoni ad annuntiarla eletti
(黒い雲が空を覆い、春を告げるために選ばれた稲妻と雷鳴がやってくる)

⑦Indi tacendo questi, gl’Augelletti;
⑧Tornan’di nuovo al lor canoro incanto:
(その後、静まると、小鳥たちは魅力的な鳴き声とともに戻ってくる)

第2楽章

⑨E quindi sul fiorito ameno prato
⑩Al caro mormorio di fronde e piante
⑪Dorme ’l Caprar col fido can’ à lato.
(野原ではやぎ飼いが犬の隣で草木のささやきを聞きながら眠る)

第3楽章

⑫Di pastoral zampogna al suon festante
⑬Danzan Ninfe e Pastor nel tetto amato
⑭Di primavera all’ apparir brillante.
(ニンフ(妖精)と子どもたちは笛の音に合わせ春の光の中で踊る)

第1楽章に8行、第2楽章に3行、第3楽章に3行の詩が付けられており、計14行ということが分かりますね。

「春」はこの14行の詩に合わせてメロディが作られているので、鑑賞の際には、

詩を表す情景が音楽でどのように表現されているか

に着目するのがポイントです。

というわけで、この記事ではソネットについて「春」を例にご説明しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

その他の「春」に関する記事はこちら。


関連記事
リトルネッロ形式とは?「春」の演奏楽器を例に分かりやすく解説!
リトルネッロ形式とは?「春」の演奏楽器を例に分かりやすく解説!

続きを見る

「四季」の鑑賞授業実践例はこちらのnoteで紹介しています。ダウンロードできるワークシートも載せてあるので、よければお使いください。

関連記事
中学音楽「四季」より「春」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note
中学音楽「四季」より「春」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

-鑑賞授業
-, ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室