鑑賞授業

文楽とは?元中学校音楽教師の分かりやすい解説と授業例

元中学校音楽教師のめりーです。日本の伝統的な人形劇、文楽について解説します。

日本の伝統芸能のひとつ、文楽

歌舞伎や能に比べ、TV番組等で取り上げられることは少なく、鑑賞したことがないという方も多いのでは?

ですが、文楽は歌舞伎などとともに中学校の音楽の教科書に掲載されているので、音楽の先生は避けて通るわけにはいきません。

そこで、この記事では、私が文楽に関して生徒に説明していたこと授業例をご紹介します。

音楽の授業での説明にお悩みの方、文楽について知りたい方のお役に立てれば幸いです。

文楽とは?

文楽とは、音楽とセリフを語る「浄瑠璃」と「人形劇」が合わさってできた芸術のひとつ。

17世紀末の大阪で大成された、人形浄瑠璃の一種です。

勘違いする生徒が多いのですが、文楽=人形浄瑠璃ではありません。

人形浄瑠璃竹本義太夫の義太夫節と、近松門左衛門の脚本で流行を博した芸能のことを言います。

いくつかの浄瑠璃座の衰退を繰り返したのち、文楽座だけが残り、今では文楽が人形浄瑠璃の代名詞的存在になっているだけの話なのです。

文楽の特徴

・三業一体(さんぎょういったい)

三業一体とは

文楽は、人形遣い太夫三味線奏者の三者によって上演されています。

お互いが声を掛け合ったり目を合わせたりすることなく、それぞれが別々のことをしているのにもかかわらず、それがうまく重なり合ってひとつの芸能を作り上げているのです。

このことを文楽の世界では「三業一体(さんぎょういったい)」と言います。

それぞれの役割について、もう少し詳しくご説明します。

人形遣い

主遣い左遣い足遣いの3人で1体の人形を遣い、このことを「三人遣い」と言います。

それぞれが人形のどの部分を担当しているかは以下の通りです。

  • 主遣い
  • 人形の頭と右手を操作する。足遣いが楽に作業できるよう、高い下駄を履いている。

  • 左遣い
  • 人形の左手を操作する。

  • 足遣い
  • 人形の足を操作する。

この3人が息を合わせて1体の人形を操作しているので、より人間らしい(人間以上の)動きや表情を醸し出すことができるのですね。

足十年、左十年」と言われるような長い修行期間を経て、足遣い→左遣い→主遣いとステップアップしていくようですよ。

普段は、黒衣を着ているので、人形遣いは観客には見えないという約束ですが、重要な場面などでは顔を出して演じることもあります。

太夫(たゆう)

人形は当然セリフを発することができませんし、人形遣いが人形を動かしながら話しているわけではありません。(たまに掛け声が出ることはあります。)

ですので、文楽では「太夫(たゆう)」が、あらすじ登場人物のセリフ心情情景描写など全てを語ることで、物語が進行しています。

独特な節回しリズム抑揚のある表現力、そして何よりしっかりとした発声が魅力の太夫。

腹帯を巻き、「オトシ」と呼ばれるおもりを据えて下半身を安定させることで、腹式呼吸を生かした発声ができるよう工夫しているそうです。

また、太夫は、舞台上手にせり出た「」と呼ばれる場所に三味線奏者とともに座って語っています。

この「」は、他の太夫・三味線奏者と入れ替わるために回転することもあるようですよ。

三味線奏者

太夫の熱い語りに合わせるため、文楽では「太棹」と呼ばれる、重厚な音色と豊かな響き、低音が特徴の三味線を用います。

三味線は太夫の伴奏だと勘違いされるのですが、太夫と三味線奏者は対等な関係なので、太夫が演奏をリードすることもあれば、三味線奏者がリードすることもあります。

・義太夫節(ぎだゆうぶし)

義太夫節とは

前項で出てきた太夫三味線奏者が息を合わせて演奏する音楽のことを「義太夫節(ぎだゆうぶし)」と言います。

17世紀後半に竹本義太夫が始めたことから、その名が付けられました。

歌舞伎音楽の「義太夫節」と同じです。(→歌舞伎についてはこちら

・特殊な舞台

人形の動きを効果的に見せるよう他の芸術とは全く異なる舞台のつくりになっているのも文楽の特徴のひとつです。

人形の位置を観客の目線と平行にするため、「船底」と呼ばれる舞台上の低い場所で人形遣いが人形を操作するなど、文楽を上演する舞台には様々な工夫が施されています。

「百聞は一見に如かず」なので、ぜひ文楽の劇場を見てみてくださいね。

\上記の内容を1枚のプリントにまとめました!/

文楽の授業例

さて、文楽の歴史や特徴を簡単にご紹介しました。

もっと詳しい話はあるのですが、中学校の授業レベルでは、このくらいの情報量が適切かなと思います。

では、文楽の授業はどのように進めるとよいのでしょうか。

授業の進め方は人それぞれなので、ここでは私の授業実践例2パターンをご紹介します。(これが正解というわけではないので、あくまでもご参考までに。)

①三味線の音色に焦点を当てた授業

音楽の授業なので、やはり文楽の音楽に焦点を当てたいという思いから作った授業です。

文楽では三味線の音色が物語の情景を表しているので、様々な三味線の音色を聴き比べ、それがどのような場面を表しているかを想像するという活動を行います。

2時間扱いで、1時間目は文楽についての概要説明、2時間目が様々な演目の比較鑑賞です。

いろいろな演目を比較するのは生徒にとって有益ですが、教材を集めるのが大変。音楽科の予算に余裕がある学校でないと、CDやDVDを購入するのが難しいのが難点です。

もし学校に三味線があるのなら、文楽の授業だけにとどまらず、器楽の授業にもつなげることができますね。

②能、歌舞伎との比較授業

同じく伝統芸能(劇)である歌舞伎との比較を通して文楽の特徴や魅力を探る授業です。

4時間扱いで、1時間目~3時間目は能、文楽、歌舞伎を様々な観点で比較し、4時間目にいずれかの伝統芸能についてまとめるという流れで授業を行います。

教師主導ではなく「生徒の気付き」を中心に進めるので、日頃から生徒と活発に意見を交わすような授業を行っていなければ、難しいかもしれません。

※この授業に関しては、こちらのnote指導略案とワークシート、その他授業の進め方に関する補足等をご紹介していますので、よければご覧ください。

まとめ 人形劇だからといって侮ることなかれ!

文楽は、人形の動きや表情、太夫の力強い語りに三味線の重厚な響きが相まって、非常に奥深い芸能です。

ぜひご自身で鑑賞したのち、生徒に文楽の魅力が伝わるような授業を組み立ててくださいね。

本当は生で観劇するのが一番なのですが、劇場に足を運ぶのが難しい方も多いと思うので、もしご自宅で鑑賞されるなら、「鳴響安宅新関」がおすすめ!

能「安宅」歌舞伎「勧進帳」を基に作られているので、その他の芸能との違いを楽しめますよ。

以上、文楽について元中学校音楽教師の視点でご紹介しました。

少しでもお役に立てていれば幸いです。


きらきら星変奏曲解説

鑑賞授業

2022/6/29

実は恋の歌!?モーツァルト作曲「きらきら星変奏曲」を解説!

元音楽教師めりーです。今回は、あの有名な「きらきら星」について解説します。 「きらきら星変奏曲」という名で知られる、こちらの音楽。 モーツァルトが作曲したことでも有名ですが、実はこの曲は、ある音楽の旋律を引用して作られたもので、原曲は他にあるのです。 では、その原曲とはいったいどのような音楽なのでしょうか? というわけで、この記事では、そんな「きらきら星変奏曲」の原曲やその他のアレンジ、演奏・鑑賞時のポイントをまとめてみました。 目次原曲は恋の歌!「きらきら星変奏曲」の正式名称は?→変奏曲とは?原曲『ああ ...

ReadMore

音楽授業におすすめのミニゲーム

ゲーム・クイズ

2022/5/24

音楽授業のスキマ時間におすすめのミニゲーム「ドレミでクラップ」

元音楽教師めりーです。この記事では音楽授業におすすめのミニゲームをご紹介します。 ほんの少しだけ授業時間が余ってしまった… どんよりした授業の雰囲気を変えたい… そんな時に私が取り入れていたのが、ミニゲーム「ドレミでクラップ」! 所要時間は1~3分ほどで、サクッと授業の雰囲気を和らげることのできる活動です。 やり方は非常に簡単で、何の準備もいらないので、授業で困ったその瞬間に取り入れることができますよ。 それでは「ドレミでクラップ」の進め方をご紹介します。 ミニゲーム「ドレミでクラップ」の進め方 ①生徒そ ...

ReadMore

世界の民族音楽授業案

常時活動

2022/6/29

世界の民族音楽を楽しく鑑賞!おすすめの常時活動「ミュージックトラベル」

元中学校音楽教師のめりーです。民族音楽の授業にお悩みの先生方に提案があります。 世界の諸民族音楽について、 ・数種類の音楽を鑑賞し、教師による説明を聞いて、感想を書く ・ホーミーやケチャなどの民族音楽をみんなで体験する という活動を軸に、1~2時間扱いの授業を行う先生が多いと思います。 ですが、1時間の中で数種類の音楽を立て続けに聴くと生徒は途中で飽きてしまいがち。 それに乗り気でない生徒に無理に活動を強要すれば、かえって音楽へのマイナスイメージは強まってしまいます。 そこで、私が提案したいのは、民族音楽 ...

ReadMore

早春賦の意味やポイントまとめ

歌唱授業

2022/5/11

「早春賦」歌詞の意味や作曲背景などポイント総まとめ!

元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業経験を基に「早春賦」のポイントをご紹介します。 春を待ちわびている人々の思いや朗らかな風景を表現した日本の名曲「早春賦」。 教科書にも掲載されているので、今まさに授業準備をしている、あるいはテスト勉強中という方も多いと思います。 そこで、この記事では、「早春賦」の歌詞の意味や作曲背景など学習する際に役立つポイントをご紹介します。 学生の皆さんはもちろん、これから授業を行う先生方のお役に立てれば幸いです。 目次「早春賦」のポイント1.そもそも「早春賦」ってどういう意味 ...

ReadMore

授業におすすめのミュージカル映画

鑑賞授業

2022/5/18

音楽授業で見せたいミュージカル映画のおすすめシーン

元中学校音楽教師めりーです。 音楽の授業でミュージカル映画を扱う際の難点は上映時間の長さ。 説明や振り返りなどの時間を考慮すると、鑑賞に使える時間は30分~40分くらいが妥当です。 ですが、「どの場面を見せるべきか分からないし、研究する時間もない!」とお困りの先生も多いはず。 そこで、この記事では、音楽授業におすすめのミュージカル映画と、各作品のおすすめシーンをご紹介します。 音楽授業におすすめのミュージカル映画 ①サウンドオブミュージック リンク ミュージカル作品と言えば「サウンド・オブ・ミュージック」 ...

ReadMore

雅楽が由来の言葉

鑑賞授業

2022/4/26

現在も使われている、雅楽が由来の言葉【鑑賞授業ネタ】

元中学校音楽教師のめりーです。雅楽が由来とされている言葉をご紹介します。 一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる雅楽。 ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、雅楽を由来とするものも多くあります。 そこで、この記事では、現在も日常で使われている雅楽由来の言葉をいくつかご紹介します。 \雅楽についてはこちら/ 雅楽が由来の言葉 塩梅 一般的には、塩と梅酢の加減からきたと言われていますが、実は雅楽でも古くから篳篥の奏法のひとつとして、この言葉が使われていました。(ただし読み方は「あんばい」で ...

ReadMore

オペラとミュージカルを分かりやすく解説

鑑賞授業

2022/4/27

オペラとミュージカルの違いを元音楽教師が解説!

元中学校音楽教師めりーです。オペラとミュージカルの違いを分かりやすく解説します。 歌やダンス、演劇が楽しめるオペラとミュージカル。 なんとなく「オペラの方が古そう」「ミュージカルの方が楽しそう」など両者が別物であることは分かっているものの、どこがどう違うのか分からない!という方も多いのではないでしょうか。 そこで、この記事では私が教員時代に授業で説明していたことを基に、オペラとミュージカルの違いを解説します。 目次オペラとは?ミュージカルとは?オペラとミュージカルの成立背景は?オペラとミュージカルの違いは ...

ReadMore

ゲーム感覚で楽しめる活動例

ゲーム・クイズ

2022/5/24

最後の音楽授業におすすめ!ゲーム感覚で楽しめる活動例

元中学校音楽教師のめりーです。音楽の授業ネタをご紹介します。 年度末になると毎年頭を悩ませることになる授業おさめ(最後の音楽授業)の進め方。 通常通りの活動をした後、1年間のまとめを行うのが定番ですが、せっかくなら生徒が楽しめるゲームを取り入れてみませんか? この記事では、最後の音楽授業に使える、遊び要素の強い活動をご紹介します。 目次最後の音楽授業に使える活動例・イントロかるた・「崖の上のポニョ」選手権・音符でBINGO!・円でクラップ!・音楽クイズ~生徒からの挑戦状・思い出メドレーまとめ 最後の授業に ...

ReadMore

-鑑賞授業
-,

© 2022 めりー先生の音楽準備室