鑑賞授業

能とは?元中学校音楽教師が簡単に解説!

元中学校音楽教師のめりーです。日本版オペラとも言われる能について簡単にご説明します。

日本の伝統芸能のひとつ、

歌舞伎や文楽よりもその歴史は古く、長い間日本で伝承されてきた芸能ですが、音楽の授業で扱うとなると、どのように説明すべきか悩んでしまいますよね。

そこで、この記事では、私が能を授業で扱う際に生徒に説明していたこと授業例をご紹介します。

音楽の授業での説明にお悩みの方だけでなく、能について知りたい!と思ってらっしゃる方のお役に立てれば幸いです。


スポンサーリンク

能とは?

能は、能楽の一分野で、歴史や伝説を題材とした歌舞劇のこと。

よく勘違いしている生徒がいるのですが、能=能楽ではありません。

能楽には狂言があり、どちらも同じ能舞台で上演されますが、能は前述の通り歌舞劇で、狂言はより世俗的な話を題材とした喜劇です。

能はオペラ、狂言はコントなんて言われますよね。(ちなみに歌舞伎はミュージカル)

私は音楽の授業でを扱っていたので、この記事でも、能楽全体ではなく、能に絞ってその特徴をご紹介します。

能の特徴

・シテとワキ

シテとワキ

能では、主な登場人物(主役)をシテと呼びます。

シテは、「羽衣」の天女のように、神や亡霊、天狗など超自然的なものを演じますが、「安宅」の弁慶のような現実の人間を演じることもあります。

一方、シテに次ぐ準主役をワキと呼びます。

ワキは、シテの話を聞き出す役なので、ほとんど目立つことはありませんが、物語の進行に不可欠な存在です。

脇役」という言葉の由来と言われています。

・面(おもて)

能面とは

能において何と言っても特徴的なのは「面(おもて)」ですよね。

能面とも呼ばれ、シテが、超自然的なものを演じる際にかけているものです。(人間を演じる際などかけていないこともあります。)

一見無表情にも見える面ですが、角度の違いによって表情が変わって見えるので、授業の際にはぜひその違いを生徒に感じてもらいたいですね。

・地謡(じうたい)

地謡とは

能の音楽の中で、声楽部分を「謡(うたい)」と言い、物語の進行において重要な役割を担っています。

を担当するのは、「地謡(じうたい)」と呼ばれる通常8人からなる斉唱グループで、主に登場人物の心理描写や情景描写をうたっていますが、シテの感情を代弁してうたうこともあります。

・囃子(はやし)

囃子とは

能の音楽の中で、器楽部分を担っているのが「囃子(はやし)」です。

能における囃子は、太鼓大鼓(おおつづみorおおかわ)、小鼓(こつづみ)、の4種類の楽器で編成されています。

・舞

能の舞

能において、謡や囃子などの音楽的要素とともに大事なものが「」です。

中之舞(ちゅうのまい)序之舞(じょのまい)神楽(かぐら)など演じる役柄や物語の内容によって様々な種類の舞が存在します。

・能舞台

能舞台

能舞台の特徴は、主に①本舞台が正方形②橋掛かりがある③客席に舞台が突き出ているの3つです。

かつては屋外にあった名残から、能楽劇場の舞台には屋根が付いていて、周りには白い砂が敷かれているのも、他の芸能の劇場とは異なりますね。

能の授業例

さて、能の特徴を簡単にご紹介しました。

もっと詳しい話はあるのですが、中学校の音楽の授業ではなかなかそこまで踏み込むことは難しいので、このくらいの情報量が適切かなと思います。

では、能の授業はどのように進めるとよいのでしょうか。

授業の進め方は人それぞれなので、ここでは私の授業実践例2パターンをご紹介します。(これが正解というわけではないので、あくまでもご参考までに。)

①謡に焦点を当てた授業

音楽の授業なので、やはり能の音楽に焦点を当てたいという思いから作った授業です。

2時間扱いで、1時間目は謡の体験、2時間目は能についての概要説明と鑑賞を行います。

表現領域と鑑賞領域の両方の側面からについて学習することができます。

普段から歌唱が苦手なクラスの場合、謡はハードルが高く、授業が盛り上がらない場合があります。(教員の腕の見せ所ですね。)

また、中途半端に謡を体験するのは、かえって誤った認識につながる場合があるので、お手本となるDVDを用意するか、ゲストティーチャーを呼ぶことができれば完璧です。

②歌舞伎、文楽との比較授業

同じく伝統芸能(劇)である歌舞伎文楽との比較を通して文楽の特徴や魅力を探る授業です。

4時間扱いで、1時間目~3時間目は能、文楽、歌舞伎を様々な観点で比較し、4時間目にいずれかの伝統芸能についてまとめるという流れで授業を行います。

教師主導ではなく「生徒の気付き」を中心に進めるので、日頃から生徒と活発に意見を交わすような授業を行っていなければ、難しいかもしれません。

この授業に関しては、こちらのnote指導略案とワークシート、その他授業の進め方に関する補足等をご紹介していますので、よければご覧ください。

関連記事
中学音楽【能、文楽、歌舞伎】鑑賞授業例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note
中学音楽【能、文楽、歌舞伎】鑑賞授業例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

中国の古典芸能である「京劇(ジンジュ)」との比較鑑賞も面白いですね。

まとめ 能の影響力は半端ない!

能は武家や貴族など上流階級の中で親しまれた芸能です。

一般人がなかなか目にすることができない能に代わり、歌舞伎文楽が庶民の間で流行しました。

それゆえに、歌舞伎文楽には能の演目を基につくられたものも多く存在します。(例えば歌舞伎「勧進帳」は能「安宅」を基にしています。)

後世の芸能に多くの影響を与えた能の魅力が生徒に伝わるような授業を行っていきたいですね。

以上、について元中学校音楽教師の視点でご紹介しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

この記事の内容をA4版1枚のプリントにまとめたものをこちらのnoteで公開しています。テスト対策や自習時間の課題等にお使いください。

関連記事
中学音楽 テスト対策や授業の復習に使える【能】まとめプリント|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 テスト対策や授業の復習に使える【能】まとめプリント|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

その他の伝統芸能に関する記事はこちら。


関連記事
雅楽とは?元中学校音楽教師が簡単に説明!
雅楽とは?元中学校音楽教師が簡単に説明!

続きを見る


関連記事
歌舞伎とは?元中学校音楽教師が簡単に解説!
歌舞伎とは?元中学校音楽教師が簡単に解説!

続きを見る


関連記事
文楽とは?元中学校音楽教師が簡単に解説!
文楽とは?元中学校音楽教師が簡単に解説!

続きを見る

-鑑賞授業
-,

© 2021 めりー先生の音楽準備室