鑑賞授業

歌舞伎とは?元中学校音楽教師が簡単に解説!

元中学校音楽教師のめりーです。日本版ミュージカルとも言われる歌舞伎について簡単にご説明します。

日本の伝統芸能のひとつ、歌舞伎

TV番組などでも取り上げられることも多いので、伝統芸能の中では比較的とっつきやすくはありますが、いざ音楽の授業で扱うとなると、何をどこまで説明すべきか悩みますよね。

そこで、この記事では、私が歌舞伎に関して生徒に説明していたこと授業例をご紹介します。

音楽の授業での説明にお悩みの方、歌舞伎について知りたい!という方のお役に立てれば幸いです。


スポンサーリンク

歌舞伎とは?

歌舞伎は、音楽舞踊演技が一体となってできた総合芸術のこと。

出雲阿国が1603年頃に創始したとされる「かぶき踊」が、その元祖と言われています。

歌舞伎の歴史には諸説ありますが、一般的な話は以下の通りです。

庶民の間で流行していた「かぶき踊」は、遊女小屋に取り入れられたり(遊女歌舞伎)、少年たちによって演じられたり(若衆歌舞伎)していたが、遊女や若衆をめぐって武士同士で取り合い、喧嘩が勃発したため、幕府より禁じられてしまった。そこで登場したのが、成人男性中心で行う「野郎歌舞伎」。これが今日の歌舞伎の基礎となっている。

このような歴史があったので、歌舞伎役者は皆男性なのかもしれませんね。

ちなみに歌舞伎の語源は「かぶく」(派手な衣装や髪型を好んだり、一風変わった言動を起こすこと)だと言われています。

歌舞伎の特徴は?

・歌(音楽)の特徴

歌舞伎の音楽は、伴奏音楽効果音の2種類に分けられます。

それぞれの特徴や役割を簡単にご紹介します。

伴奏音楽-歌舞伎音楽を代表する4つの音楽

歌舞伎音楽には、長唄常磐津節清元節義太夫節(竹本)の4つがあり、演目によってどの音楽を用いるかは異なります。

各音楽の特徴使用する三味線の種類は以下の通りです。

歌舞伎音楽の特徴

上記いずれかの音楽を中心とし、歌舞伎の物語は進んでいきます。

効果音-黒御簾音楽

また、足音や自然の音など効果音すべてが生演奏で行われているというのも歌舞伎の特徴のひとつ。

この効果音を「黒御簾音楽(くろみすおんがく)」と言い、舞台下手の黒御簾と呼ばれる部屋の中で演出に必要な音楽や自然を描写する音を役者の動きと合わせて演奏しています。

・舞(舞踊)の特徴

舞踊は所作事とも言われ、元々は「女形」が演じるものでしたが、今では様々なキャラクターが時にたくましく、時に美しい舞を舞うことで、歌舞伎の物語を盛り上げています。

勧進帳」で弁慶が酒宴の席で舞う「延年の舞」が有名ですね。

・伎(演技)の特徴

細かい動きやしぐさなど、様々な特徴がありますが、ここでは最低限押さえておきたい2つの型をご紹介しておきます。

見得(みえ)

重要な場面や、登場人物の気持ちの高まりを表現したい時に行われる、役者が一瞬静止し、観客に強い印象を与える型を「見得(みえ)」と言います。

歌舞伎と言ったらコレ!というくらい歌舞伎らしさ全開の演技ですよね。

元禄の見得」や「石投げの見得」など、演目によって様々な型が存在します。

六方(ろっぽう)

歩いたり走ったりするときの手足の動きを誇張して美しく表現する演技のことを「六方(ろっぽう)」と言います。

役者が花道を退場する時などに用いられることが多いです。

・その他の特徴

隈取(くまどり)

歌舞伎が、他の芸能と明らかに違うのは、何と言っても役者の化粧ですよね。

顔の血管や筋肉を誇張するための独特な化粧法のことを「隈取(くまどり)」と言います。

正義の味方は赤色、人間以外の不気味な存在は青色など、登場人物によって化粧の色が異なることもあるようです。

舞台装置の工夫

歌舞伎の舞台は、その他の芸能と比べ大掛かりで、様々な舞台の仕掛けや演出が観客を物語に引き込みます。

ここではいくつか有名な舞台装置をご紹介しますが、いずれも今日では、歌舞伎に限らずその他様々な芸術の劇場に取り入れられています。

  • 花道
  • 舞台の下手から客席の中を貫いて伸びる廊下のこと。場面に合わせて道や廊下、河岸などに変化します。

  • せり
  • 舞台に切り穴を設けて、舞台下から人物や舞台装置を登場させる、大小さまざまな仕掛けのこと。

  • すっぽん
  • 「花道」にある「せり」のことで、使うのは幽霊や妖術使いなど人間以外の不気味なものに限られています。

  • 廻り舞台
  • 舞台のセットや役者を乗せたまま回転させて場面を転換させることのできる仕掛けのこと。

歌舞伎の授業は何を主軸とする?

さて、歌舞伎の歴史と特徴を簡単にご紹介しましたが、中学校の音楽授業では、このくらいの情報量がちょうどよく、歌舞伎の全てを教えきることは難しいと私は考えています。

ゆえに、こちらの記事でもご紹介していますが、日本の伝統芸能を授業で扱う際は、主軸を決めた上で授業を組み立てることが大切です。

関連記事
日本の伝統芸能を音楽の授業で扱う際のポイント
日本の伝統芸能を音楽の授業で扱う際のポイント

続きを見る

では、歌舞伎の授業は何を主軸とするのが良いのでしょうか?

授業の進め方は人それぞれなので、この記事では私がこれまで行ってきた授業の主軸を2パターンご紹介します。

①歌舞伎の物語展開

1時間目:歌舞伎の概要説明
2時間目:「勧進帳」を、展開を予想しながら鑑賞

という2時間扱いの授業です。

1時間目には歌舞伎の歴史や特徴を、映像資料や写真を見せながら説明します。

そして、2時間目は「勧進帳」を3つの部分に分け、登場人物がどのような行動を起こすのかを予想しながら鑑賞させます。

物語の展開を予想しながら鑑賞させることで、生徒に歌舞伎の面白さに気付いてほしいという思いで授業を行っていました。

勧進帳」は初めて歌舞伎を見る生徒にとっても分かりやすく、物語も面白いので、生徒たちはかなり食いついて、授業後には「生で見てみたい!」というような感想も聞こえてきました。

ただ、時間数が少ないので、歌舞伎を広く浅く教えることしかできなかったのが反省点です。

②能、文楽との比較

1時間目~3時間目:能、文楽、歌舞伎を様々な観点で比較
4時間目:いずれかの伝統芸能についてまとめる

という4時間扱いの授業です。

例えば、「この1時間は能、文楽、歌舞伎の"音楽"を比較する。」というように、各時間で比較する観点を変えて、様々な方向から芸能の特徴や魅力を探ります。

本来は別々の学年、題材で行うことが多いものですが、他の伝統芸能との比較を通して、より深くその芸能を知ってもらいたいという思いで授業を組み立てました。

教師主導ではなく「生徒の気付き」を中心に進めるので、日頃から生徒と活発に意見を交わすような授業を行っていなければ、難しいかもしれません。

この授業に関しては、こちらのnote指導略案とワークシート、その他授業の進め方に関する補足等をご紹介していますので、よければご覧ください。

関連記事
中学音楽【能、文楽、歌舞伎】鑑賞授業例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note
中学音楽【能、文楽、歌舞伎】鑑賞授業例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

能や文楽とではなく、オペラやミュージカルなどの西洋の総合芸術と比較鑑賞するのも面白いですね。

まとめ 何はともあれ歌舞伎を見てみよう!

というわけで、この記事では歌舞伎についての簡単な知識と、授業で扱う際のヒントをご紹介しました。

歌舞伎についてもっと詳しく知りたい!という方は、調べるよりも実際に歌舞伎を見るのが一番手っ取り早いです。

劇場で本物の歌舞伎を見ると、その迫力に感動すること間違いなし!

とは言うものの、なかなか劇場に足を運ぶのは難しいと思うので、そんな方はDVDや公式動画の鑑賞から始めてみましょう。

初めての鑑賞には「勧進帳」がおすすめ!ぜひ最初から最後までじっくり見てみてくださいね。

以上、歌舞伎について元中学校音楽教師の視点でご紹介しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

この記事の内容をA4版1枚のプリントにまとめたものをこちらのnoteで公開しています。テスト対策や自習時間の課題等にお使いください。

関連記事
中学音楽 テスト対策や授業の復習に使える【歌舞伎】まとめプリント|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 テスト対策や授業の復習に使える【歌舞伎】まとめプリント|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

その他の伝統芸能に関する記事はこちら。


関連記事
能とは?元中学校音楽教師が簡単に解説!
能とは?元中学校音楽教師が簡単に解説!

続きを見る


関連記事
文楽とは?元中学校音楽教師が簡単に解説!
文楽とは?元中学校音楽教師が簡単に解説!

続きを見る

-鑑賞授業
-,

© 2021 めりー先生の音楽準備室