※当サイトは広告及びアフィリエイトプログラムにより収益を得ています

授業の基本

音楽授業の必要性について。元教員が考える「学校で音楽を学ぶ理由」

元中学校音楽教員めりーです。

時折耳にする「音楽の授業はいらない」という意見…元音楽教員としては少し複雑な気持ちになります。

というわけで、今回は永遠のテーマとも言える「なぜ学校で音楽を学ぶのか」について私なりの思いをまとめてみます。

一個人の意見ではありますが、音楽の先生方は、生徒から「どうして音楽の授業が必要なの?」と聞かれることもあると思うので、そんなときの受け答えのヒントとしていただければ幸いです。

将来役に立ててほしいから音楽の授業があるわけではない

「音楽の授業なんて将来何の役にも立たない」
「歌手やピアニストになるわけじゃないから、音楽の授業を受けても無駄」

と思っている生徒もいるかもしれませんが、音楽の授業は音楽関係の仕事に就く人を育てるために行われているわけではありません。

私は元音楽教員ですが、小学校~高校の音楽授業を受けていただけでは、音楽の先生になれなかったと思います。

幼い頃から習い事としてピアノや楽典の勉強をしていたからその道に進んだわけで、義務教育で受けた音楽授業が将来の仕事に直接役立ったとは思えません。

ゆえに、将来を見据えた音楽の知識や技能の習得は、音楽授業の一番の目的ではないと私は考えます。

私が思う「学校で音楽を学ぶ理由」

学習指導要領には音楽科の目的がしっかり明記されているので、正確な内容はそちらをご覧いただくとして…

ここでは、あくまで元音楽教員である私が思う「学校で音楽を学ぶ理由」をいくつか記していきます。

「学校で音楽を学ぶ理由」についての考えは人によって違うでしょうし、その時々の状況によって考えが更新されることもあると思います。ゆえに、この記事の内容が必ずしも正しいとは限らず、今後変わることもあるかもしれません。

①様々な音楽と出会えるから

音楽を聴いたり演奏したりすることは、学校の授業でなくてもできます。

ですが、一人だとどうしても興味のある音楽ばかりに偏ってしまい、他のジャンルの音楽を試してみようという気持ちにはなりにくいです。

その点、音楽の授業では世界各国の民族音楽など様々な音楽を扱うので、自分一人だったら知ることがなかったかもしれない音楽と出会うことができるのです。

様々な音楽と出会うことで新たに好きな音楽が見つかるかもしれないし、逆に自分の好きな音楽の良さを再認識する機会になるかもしれません。

「世の中にはこんな音楽があるんだ」と知るだけでも意義があり、それこそが「学校で音楽を学ぶ理由」ではないでしょうか。

②様々な意見や表現方法を知ることができるから

音楽の授業には正解がありません。

同じ音楽を聴いたとしても感じ方は人それぞれですし、歌い方や演奏の仕方など、音楽の表現方法も様々です。

ですが、どの感じ方も、表現方法も、間違いではありません。

一人っきりだと、このことに気付きづらいですが、授業という集団で音楽に触れる経験をすることで、世の中にはいろいろな考え方や感じ方があることを身をもって感じられると思います。

③音楽の「味わい方」を知ることができるから

TV番組や動画サイトなどで音楽を聴いたとしても、音楽の「味わい方」を知らなければ何も感じることはなく、さーっと流れていってしまいます。

表現についても同じで「こんな風に歌いたい!」などと思っても、その方法が分からなければどうしようもありません。

私たちが今、普通に音楽を楽しめているのは、音楽の授業で、ある程度の基礎的な知識や技能、どんなことに着目して音楽を捉えるのか等について学んだからかもしれません。

④感動を一緒に味わえるから

例えば、クラス全員が本気で合唱した時など、音楽の授業の中には、感動を共有できる場面が何度かあります。

誰かと感動を分かち合うという経験は、自分一人で「この音楽は素敵だな」と感動するのとは違うもので、人生の中でそう何度も経験できるものではありません。

そうした経験ができるのも、”皆で一つのものを作り上げる”音楽授業ならではだと思います。

大人になると、自分から行動しない限りは、何十人もの人と一緒に歌ったり演奏したりすることはできなくなるので、ぜひこの経験を大切にしてもらいたいです。

⑤音楽には様々な効果があるから

落ち込んだ時に思いっきり好きな歌を歌うことでモヤモヤが解消されたり、子どもの頃に聴いた音楽を聴くことでその時の光景が鮮明に思い出されたり…

音楽は私たちの感情や記憶に様々な効果をもたらしてくれます。

今は自宅でも気軽に音楽を楽しめるツールがありますが、それでも音楽と出会う機会が少ない人、音楽のもたらす効果に気付く機会がない人もいます。

義務教育の中に音楽の授業があるのは、音楽の力を少しでも多くの人に実感してもらいたい音楽を通して豊かな心を培ってもらいたいという思いがあるからかもしれません。

「学校で音楽を学ぶ理由」を考えるためのヒント

音楽の授業を行う上で、「何のために音楽の授業をしているのか」について自分なりの答えをもっておくことは非常に大切です。

しかし、いざ考えてみると、いろいろな思いが頭を巡り、なかなか難しいかもしれません。

そんな時にヒントとなるのが、今まさに目の前にいる子どもたちです。

子どもたちに、音楽の授業を通してどうなってほしいか、どのような力を付けてもらいたいかを考えると、答えが見えてくるのではないかと思います。

まとめ

さて、この記事では私が思う「学校で音楽を学ぶ理由」をまとめてみました。

少しでも参考になっていれば幸いです。

\各教材の進め方や活動例はこちら/

note「めりー先生の音楽室」へ

中学校教員の仕事

2024/3/11

私が教員時代に意識的にしていたこと(元教員の経験談)

元中学校教員めりーです。 今回は、私が教員時代に特に意識して行っていたことをご紹介します。 あくまで私の個人的な話にはなりますが、これから先生になる予定の方、先生を目指している方の参考になれば幸いです。 目次私が教員時代に意識的にしていたこと①来訪者には迅速に対応する②とにかく挨拶しまくる③デスク周りは常に整頓する④その都度、誰かに話を聞いてもらう⑤新聞やニュースを見るまとめ \こちらの記事もよければご覧ください/ 私が教員時代に意識的にしていたこと ①来訪者には迅速に対応する 職員室内で仕事をしている際 ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2024/2/22

学級経営の要!おすすめの席替え方法を元中学校教員が伝授!

元中学校教員めりーです。 生徒たちにとっては一大イベントですが、先生からしてみれば、大きな悩みの種でもある席替え。 その方法は、 先生が指定 くじ 話し合い など様々で、それぞれにメリット・デメリットがあるので、どのような方法で行うべきか悩ましいですよね。 そこで、この記事では私が行っていた席替え方法をご紹介します。 生徒から不満が出づらく、教員側の意図も組み込めるかなと思うので、よければ参考にしてみてください。 目次席替えのタイミング席替えの方法 席替えのタイミング 席替えは掃除当番が1周するタイミング ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2024/5/31

これだけは絶対!新任教員が着任日までに準備すべきもの7選

元中学校教員めりーです。 もうすぐ学校の先生になる予定だけど不安しかない… という方に向けて、着任日までに準備すべきコト・モノを厳選してご紹介します。 これまで当ブログ内でお伝えしてきた様々な情報の中から、これだけは絶対に必要!というものだけを集めました。 目次着任日までに準備すべきコト・モノ①スーツ②上履き③印鑑(&印鑑ケース)④多機能ボールペン⑤クリップボード⑥マグカップ(タンブラー)⑦自己紹介まとめ \こちらの記事もよければご覧ください/ 着任日までに準備すべきコト・モノ ①スーツ 着任日の服装はス ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2024/3/15

入学式や卒業式の中学校教員の服装は?担任か担任以外かで違います!

元中学校教員めりーです。 入学式や卒業式などの儀式に、何を着れば良いのか悩んでいる先生も多いと思います。 そこで、この記事では私の教員時代の経験を基に、中学校教員の儀式の際の服装をご紹介します。 目次儀式の服装を選ぶポイント担任か担任以外か機能性も重視入学式の教員の服装新入生の担任(男性教員)新入生の担任(女性教員)担任以外卒業式の教員の服装卒業生の担任担任以外着回せる服がおすすめです!靴も忘れずに!まとめ \こちらの記事もよければご覧ください/ 儀式の服装を選ぶポイント 担任か担任以外か 入学式も卒業式 ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2024/2/22

学校の先生がよく使う、教育現場特有の言葉(業界用語)一覧

元中学校教員めりーです。 どのような仕事にも、その現場特有の業界用語がありますが、実は学校の世界にも、先生たちにしか伝わらない専門用語があります。 そこで、この記事では学校の中だけで飛び交う、教育現場特有の言葉を一覧でご紹介します。 あくまで私が勤務していた学校での話になりますが、これから先生になる方や教育実習に行かれる方の参考になれば幸いです。 目次教育現場特有の言葉一覧・コマ・フル・抱き合わせ・補教・週案・分掌・起案・要録・実踏・前1・1の島まとめ \こちらの記事もよければご覧ください/ 教育現場特有 ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2024/2/22

ネタ探しは終わり!学級通信の代わりに私がしていたこと

元中学校教員めりーです。 担任の皆さん、学級通信のネタ探しに困っていませんか? だったら来年度から学級通信をやめて、その役割を別のことで補えば良いのです! というわけで、この記事では私が学級通信を出す代わりにしていたことをご紹介します。 中には「それってOKなの?」みたいなこともあるので、あくまでも自己判断・自己責任でお願いします。 目次学級通信の代わりになるネタ・アイディア①学活や帰りの会を充実させる②黒板メッセージや手紙を書く③学校だよりや学年通信にメモさせる④連絡プリントを配布するまとめ 「学級通信 ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2024/6/3

学級通信なんていらない!私が出すのをやめた理由

元中学校教員めりーです。 連絡事項や日頃の様子、先生の思いなどを保護者や生徒に伝える手段のひとつが、学級通信。 担任になったら学級通信を書かなければ!というイメージが何となくありますが、果たして本当に必要なのでしょうか? この記事では、そんな風に学級通信の必要性に疑問を感じつつも、やめる一歩が踏み出せない方に向けて、私が学級通信をやめた理由をご紹介します。 目次私が学級通信をやめた理由①忙しくて無理②ネタが思い付かない③継続できない④起案が面倒⑤労力に見合うメリットがないまとめ 私が学級通信をやめた理由 ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2024/2/22

教員時代のかばんの中身を紹介!仕事用バッグの選び方も

元中学校教員めりーです。 学校の先生のバッグの中身、気になりません? というわけで、この記事では教員時代の私のバッグの中身をご紹介します。 お仕事用バッグの選び方も合わせてお伝えするので、参考にしていただければ幸いです。 目次私(中学校教員)のかばんの中身→ポーチの中身は?仕事用バッグの選び方 私(中学校教員)のかばんの中身 中身はいたってシンプルで、 財布、鍵、印鑑、ハンカチ、手帳、筆記用具、スマートフォン、ポーチ のみです。 特に変わったものは入っていないですが、しいて言うなら印鑑を持ち歩いていたこと ...

ReadMore

-授業の基本
-, , ,

© 2024 めりー先生の音楽準備室