音楽を形づくっている要素

授業の基本

音楽を形づくっている要素とは?中学生にも分かりやすい解説と簡単な例

元中学校音楽教師のめりーです。今回は音楽の授業を行う上で意識させたい要素の意味についてです。

音楽を形づくっている要素とは、その名の通り音楽を特徴づけている要素のことです。

音楽の授業では、曲に対して抱くイメージや感情が「音楽を形づくっている要素」とどのように関連しているのかを生徒に意識させたり考えさせたりする必要があります。

中学校音楽科学習指導要領で示されている「音楽を形づくっている要素」は、

音色、リズム、速度、旋律、テクスチュア、強弱、形式、構成

などのこと。

これらの要素を意識して鑑賞したり表現したりできるような授業を行いたいところですが、生徒がそれぞれの意味を理解していなければどうしようもありません。

ですが音色やテクスチュアなど説明するのが難しい用語もあります。

そこで、この記事では学習指導要領で示されている「音楽を形づくっている要素」の8つを中学生にも分かりやすく簡単にご説明します。


スポンサーリンク

音色とは?

音色とは

声の場合は声色(こわいろ)とも言います。

何か物を触った時の感覚と似ていて、「やさしい音色」「かたい音」「やわらかい音」などと表現します。

「魔王」という教材では、歌手は魔王、父、子、語り手の4役の違いを表現するために、それぞれの役に合わせて声色を変えています。

参考「魔王」の授業実践例はこちらのnoteをご覧ください。

リズムとは?

リズムとは

様々な長さの音と休止の組み合わせによって「細かいリズム」や「はねるようなリズム」など印象が変わります。

参考拍や拍子についてはこちらの記事で説明しています。

速度とは?

速度とは

その曲が速いか遅いかによって聴き手の受ける印象は大きく変わります。

速度は作曲家によって指示(楽譜の最初に提示)されていますが、曲の途中で変化したり、同じ曲でも指揮者や演奏者によって異なったりします。

旋律とは?

旋律とは

音楽の授業では主旋律と副旋律を捉えたり、「ゆるやかな旋律」「音の上がり下がり」などと表現したりします。

参考音階についてはこちらの記事、調についてはこちらの記事をご覧ください。

テクスチュアとは?

テクスチュアとは

物を触った時の表面上の質感や感触というイメージなので音色と似ていますが、

音色:その音本来の感じ

テクスチュア:音色も含めた様々な要素が織り合わさった時の感じ

というような違いがあります。

様々な高さや音色の音が何層にも重なり合っている場合は「分厚いテクスチュア」などと表現することがあります。

強弱とは?

強弱とは

基本的には音が大きいか小さいかを相対的に捉えるものですが、同じ小ささでも「弱弱しく頼りないと感じる音」と「芯が通っていて荘厳さを感じる音」があるように、単なる大小だけでなく、音色など他の要素と合わさった際の印象も含まれます。

形式とは?

形式とは

曲によって細部は異なりますが、「ソナタ形式はこういうもの」と、ある程度形が決まっています。

様々な形式の中で、中学校の鑑賞授業で学習する主な形式は以下の3つです。

構成とは?

構成とは

例えば、「ボレロ」では何度も同じリズムが繰り返されていたり、序破急のように途中で速度が変化したりと、音楽の組み立て方は曲によって様々です。

参考「ボレロ」の授業実践例はこちらのnoteで紹介しています。

というわけで、この記事では中学校の音楽授業で意識する「音楽を形づくっている要素」それぞれの意味を簡単にご説明しました。

私はこちらの記事でご紹介しているように、通年音楽室に「音楽を形づくっている要素」を掲示したり、授業でも積極的に発問の中に含めたりして、馴染み深い言葉になるよう工夫していました。

関連記事
掲示物を工夫して、音楽室をワクワクする空間にしよう! - めりー先生の音楽準備室
掲示物を工夫して、音楽室をワクワクする空間にしよう! - めりー先生の音楽準備室

続きを見る


少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

-授業の基本
-,

© 2021 めりー先生の音楽準備室