※当サイトは広告及びアフィリエイトプログラムにより収益を得ています

歌唱授業

【中学校音楽】歌唱共通教材とは?各教材のポイントと授業例

元中学校音楽教師教員めりーです。

中学校の歌唱共通教材について、それぞれのポイント授業例をご紹介します。

あくまで私の考えをざっくりまとめた内容にはなりますが、授業準備の参考にしていただければ幸いです。

歌唱共通教材とは?

歌唱共通教材については、平成29年に告示された【音楽編】中学校学習指導要領で以下のように示されています。

我が国で長く歌われ親しまれている歌曲のうち,我が国の自然や四季の美しさを感じ取れるもの又は我が国の文化や日本語のもつ美しさを味わえるもの。なお,各学年において,以下の共通教材の中から1曲以上を含めること。

赤とんぼ」 三木露風作詞 山田耕筰作曲
荒城の月」 土井晩翠作詞 滝廉太郎作曲
早春賦」 吉丸一昌作詞 中田 章作曲
夏の思い出」 江間章子作詞 中田喜直作曲
」 武島羽衣作詞 滝廉太郎作曲
花の街」 江間章子作詞 團伊玖磨作曲
浜辺の歌」 林古溪作詞 成田為三作曲

平成29年告示【音楽編】中学校学習指導要領 第3指導計画の作成と内容の取扱い2(2)ア(ウ)より

要するに、伝統的な歌唱曲に親しみ、今後も歌い継いでいくために、1年に1回は上記7曲の中から1曲を授業の中で扱おう!ということです。

昔は学年ごとに曲が割り当てられていましたが、新しい学習指導要領では、どの学年でどの曲を扱っても良いこととなっています。

また、義務教育諸学校教科用図書検定基準でも、

中学校学習指導要領第2章第5節の第3「指導計画の作成と内容の取扱い」の2の(2)のアの(ウ)に示す歌唱教材としての「共通教材」は、3学年間にすべて取り上げていること。

義務教育諸学校教科用図書検定基準(平成29年8月10日文部科学省告示第105号)より

とあるように、教科書を作る際に歌唱共通教材は全て取り上げなければいけないけれど、その時期までは指定されていません。

とは言っても、教科書によって、扱う学年は異なるので、自身の学校が使用している教科書を確認し、どの歌唱共通教材をどのタイミングで取り上げるかを考える必要があります。

曲の難易度や季節感を基準に考えると良いと思います。

歌唱共通教材のポイントと授業例

教材研究の際に意識すること

まずは、全ての曲に共通することとして、私が教材研究の際に特に意識していたことをご紹介します。

歌曲は、以下の6つの要素を生かして曲にふさわしい表現を工夫することが大切だと思うので、教材研究でもまずはこれらを掘り下げるようにしていました。

・歌詞の内容
・曲想(拍子や速度、調、伴奏等)
・歌詞と旋律との関係
・演奏記号
・作曲背景
・作詞者や作曲者の思い

中でも作詞者や作曲者に関すること、曲が作られた背景となる歴史や文化については、作者の思いを理解する手掛かりとなるので、私は特に重視していました。

ですが、こうした歴史には正解がないので、「~という説がある」程度に留めておくのがいいかもしれません。

それでも作者の思いや意図を生かした表現のヒントにはなり得ます。

上記要素とその関わり合いを探求したのち、授業の展開を考えるというのが教材研究のおおよその流れかと思います。

各教材のポイントと授業例

ここからは各教材の概要や授業で扱う際のポイントをざっくりとご紹介します。

「私だったらこうするよ」といった内容をまとめた授業例(note有料記事)も紹介しているので、ご興味のある方は各リンクをクリックしていただき、ご覧いただければ幸いです。

・赤とんぼ(4分の3拍子/変ホ長調)

「赤とんぼ」は、赤とんぼを通して幼少期のことを思い出し懐かしむ様子を、日本語の語感を生かした旋律で美しく表現した曲だと言えます。

したがって、授業で扱う際には、

拍子や速度が生み出す雰囲気を感じ取り、歌詞の内容を味わいながら日本語の美しい響きを生かして表現を工夫する

ことを目標にするのが良いのではないでしょうか。

ちなみに、私は「浜辺の歌」と同時期に扱い、拍子が生み出す雰囲気の違いを感じさせる授業を行っていました。

・荒城の月(4分の4拍子/ロ短調)

「荒城の月」は、日本で初めて作られた西洋音楽とも言われている、世の中の儚さを哀愁漂う旋律で表現した日本の名曲です。

授業で扱う際には、

歌詞の内容や曲が作られた背景を理解し、曲想との関わり合いを意識しながら思いや意図をもって表現を工夫する

ことを目標に展開し、原曲と編曲版との比較も取り入れると良いと思います。

・早春賦(8分の6拍子/変ホ長調)

「早春賦」は、人々が春を待ちわびている様子を、なめらかで美しい旋律で表現した曲です。

授業で扱う際には、

拍子が生み出す雰囲気や旋律と強弱との関わりを意識し、情景を思い浮かべながら表現を工夫する

ことを目標にするのが良いのではないかと思います。

・夏の思い出(4分の4拍子/ニ長調)

「夏の思い出」は、夏の日の尾瀬の情景に思いを馳せ、懐かしむ気持ちや、もう訪れることのできない寂しさを叙情的な旋律で表現した曲です。

私がこの曲を授業で扱う際は、

歌詞のリズムと旋律、強弱との関わりを生かし、情景を想像しながら表現を工夫する

ことを目標にしていました。

・花(4分の2拍子/ト長調)

「花」は春の隅田川の情景を優美な旋律で表現した曲で、歌唱共通教材の中では唯一、二部合唱です。

授業でこの曲を扱う際は、まず歌詞の読解を丁寧に行い、

歌詞の内容と旋律やリズム、強弱との関わりを感じ取り、各声部の役割を生かして表現を工夫する

ことを目標に展開するのが良いのではないかと思います。

・花の街(4分の2拍子/ヘ長調)

「花の街」は戦後間もない頃に作られた曲で、1番と2番は作者の理想の街並み、3番では戦争で傷付いた街や人々の様子を表している言われています。

ゆえに、1~3番のいずれか、または1,2番と3番との比較に焦点を当て、

歌詞の表す情景と旋律や強弱の変化との関わりを生かして表現を工夫する

ことを目標に授業を展開すると良いのではないかと私は考えます。

・浜辺の歌(8分の6拍子/ヘ長調)

「浜辺の歌」は浜辺を散策して思い出される情景を、波の様子を表した伴奏に乗せて歌う叙情的な曲です。

前述の通り、私は

拍子や速度が生み出す雰囲気を感じながら歌詞の内容と強弱の変化との関わりを意識して表現を工夫する

ことを目標に、「赤とんぼ」と同時並行で授業を進めていました。

まとめ

さて、この記事では歌唱共通教材のポイントをご紹介しました。

かなりざっくりとした内容になってしまいましたが、少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

\各教材の進め方や活動例はこちら/

note「めりー先生の音楽室」へ

鑑賞授業

2024/5/8

オペレッタとは?オペラとの違いや有名な曲も合わせて解説

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、オペレッタとは何かについて、オペラとの違いやそれぞれの代表曲と合わせて解説します。 音楽を勉強中の方や、授業での説明にお悩みの先生方の参考になれば幸いです。 目次オペラとは?オペレッタとは?オペレッタとオペラの違いは?オペレッタの有名な曲2選①「こうもり」序曲①「天国と地獄」序曲まとめ オペレッタについて説明する前に、まずはオペラについてです。 オペラとは? オペラは歌を中心に物語が進む歌劇のことです。 演劇と同じように、華やかな衣装に身を包んだ出演者が舞台上で ...

ReadMore

自習課題

2024/3/13

noteで公開中の自習プリント(中学音楽)を紹介します!

元中学校音楽教員めりーです。 急に音楽の授業が行えなくなった場合に役立つ自習プリント。 「いざという時のために用意しておきたいけど、忙しくて作る暇がない」という先生も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では、noteで公開中の授業資料から、すぐに使える音楽の自習プリントをご紹介します。 いずれも有料にはなりますが、一度購入していただければ長く使えるので、お役立ていただければ幸いです。 目次まずはこれ!音楽の自習プリント音楽記号・用語一覧プリント練習問題付き!楽典まとめプリントお楽しみ課題!クロスワ ...

ReadMore

歌唱授業

2024/2/21

音楽授業における歌唱指導の方法・音取りのポイント

元中学校音楽教員めりーです。 音楽の授業で必ず行う歌唱指導。 にもかかわらず、どのような流れで進めるのか、どのように音取りを行うのかといった具体的な指導法は誰も教えてくれないですよね。 そこで、この記事では私の歌唱指導の方法をご紹介します。 あくまで私の進め方であり、「これが正解!」というわけではありませんが、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。 目次歌唱指導って何するの?歌唱指導(音取り)の基本的な流れ1時間目の流れ2時間目以降の流れ歌唱指導(音取り)のコツコツ①常に全員でなくても良いコツ②表現の工夫 ...

ReadMore

授業の基本

2024/2/21

【中学音楽】年間指導計画作成のポイントと1年間の授業計画例

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、年間指導計画作成のポイントと、1年間の授業計画(例)をご紹介します。 あくまで私が勤務していた頃の話にはなってしまいますが、参考にしていただければ幸いです。 目次年間指導計画作成のポイント①年間の授業時数を意識する②学校行事を確認する③評価の時期から逆算する1年間の授業計画例中学1年音楽 授業計画例中学2年音楽 授業計画例中学3年音楽 授業計画例(補足1)各題材で扱う教材について(補足2)実技テストについてまとめ 年間指導計画作成のポイント まずは、私が年間指導 ...

ReadMore

授業ネタ

2024/2/22

盛り上がる!音楽授業におすすめのゲーム「歌詞ビンゴ」

元中学校音楽教員めりーです。 音楽授業に取り入れると盛り上がりそうな、簡単なゲーム活動例を思い付いたので、ご紹介します。 その名も「歌詞ビンゴ」です。 授業のスキマ時間やお楽しみ会などに取り入れられるのでは?と思うので、参考にしていただければ幸いです。 目次歌詞ビンゴとは?歌詞ビンゴの進め方①ビンゴカードの作成・配布②曲を流してビンゴ大会!まとめ 歌詞ビンゴとは? 歌詞ビンゴは、その名の通り歌の歌詞を活用したビンゴゲームです。 所要時間は10分~30分で、準備もそんなに必要ないので、「少し時間が余りそうだ ...

ReadMore

鑑賞授業

2024/2/21

歌舞伎「勧進帳」のあらすじを元中学校音楽教員がざっくり解説

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、歌舞伎の有名な演目「勧進帳」のあらすじを簡単にご紹介します。 音楽を勉強中の方や、授業準備中の先生方の参考になれば幸いです。 目次「勧進帳」基本情報「勧進帳」主な登場人物(相関図)「勧進帳」あらすじ解説①役者の登場②勧進帳の読み上げ③山伏問答④弁慶の驚くべき作戦⑤主従の絆の深さ⑥延年の舞⑦役者の退場(飛び六方)まとめ 「勧進帳」を主教材とした鑑賞授業の進め方やワークシートは以下のnote(有料)で紹介しています。 「勧進帳」基本情報 作詞者:三世並木五瓶 作曲者 ...

ReadMore

授業の基本

2024/2/21

【小学校】音楽を形づくっている要素とは?ざっくり解説

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、小学校の学習指導要領で示されている音楽を形づくっている要素を簡単に解説します。 音楽を勉強中の方や、授業での説明にお悩みの先生方の参考になれば幸いです。 \中学校学習指導要領で示されている要素はこちら/ 目次音楽を形づくっている要素とは?音楽を特徴付けている要素音楽の仕組みまとめ 音楽を形づくっている要素とは? 小学校音楽科学習指導要領に示されている音楽を形づくっている要素は以下の通りです。 ア 音楽を特徴付けている要素 音色,リズム,速度,旋律,強弱,音の重な ...

ReadMore

授業ネタ

2024/2/22

音楽授業ネタ「生活の中にある音」を楽しむ活動例5つ

元中学校音楽教員めりーです。 私たちの身の回りには、様々な「音」が溢れています。 授業の中でそのような「音」に着目することで、生徒たちは「生活や社会おける音の働き」に関心をもてるようになるはず…! この記事では、そんなことを考えている時に思い付いた「身近な音」や「生活の中にある音」に焦点を当てた活動をご紹介します。 「私だったらこうするよ」という内容ですが、授業準備のヒントにしていただけたら幸いです。 目次「生活の中にある音」を楽しむ活動例5つ①この音なんの音?②どんな音が出るかな?③お気に入りの場所で音 ...

ReadMore

-歌唱授業
-, , ,

© 2024 めりー先生の音楽準備室