校歌指導のポイント

歌唱授業

校歌指導のポイント~校歌を歌える学校にするために~

元中学校音楽教師のめりーです。小中学校時代の校歌は今でも歌えますが、高校の校歌が思い出せません。

多くの学校で歌われている校歌。

校歌をしっかり歌える集団は、その他の指導も行き届きやすく、学校全体としての雰囲気も良いです。

ですが、校歌の指導はなかなか難しい。

そこで、この記事では校歌指導のポイントを3つご紹介します。

あくまでも私の考えではありますが、指導の参考にしていただけたら幸いです。


スポンサーリンク

1 校歌を歌う意味について考える。

「なぜ校歌を歌うのか?」

私は初めて校歌を指導する際に、必ず、校歌を歌う意味を生徒に問いかけていました。

「行事で歌うから」
「歌わないと怒られるから」

など、残念なことに生徒が校歌を歌う動機にはそのような思いがあるかもしれません。

ですが、それではいつまでたっても「歌わされている」まま。

まずは先生自身が、なぜ校歌を歌うのかについて考え、生徒と意見を交わすことが校歌指導の第一歩だと私は考えます。

ちなみに、私が初めて校歌を指導する際に話していたのは以下のようなこと。

いま皆さんが着ている制服は、この学校に通っている人しか着ることのできない特別な服ですよね。同じように、校歌は、生徒の皆さんや先生たち、卒業生などその学校に関わった人しか歌うことのできない特別な歌、いわばこの学校のテーマソングです。校歌を歌えるのはこの学校に通った証とも言えます。校歌はそのくらい特別なものですので、ぜひ大切に歌ってください。
「入学と同時に校歌を歌える権利を得たよ!おめでとう!」なんて言いながら、「校歌は特別な歌」という話を1年生の最初の授業でするようにしていました。

2 「校歌を歌わないのはダサい」と思わせる。

運動会で全力で競技に挑む生徒はカッコよく見えますよね。校歌も同じで、歌う方がカッコいい。

中学生は周りからの目を気にしがちで、カッコいいかダサいかが行動の判断基準になることがあります。

言い方は悪いですが、その習性を利用して「校歌を歌わないのはダサい」と思わせれば、校歌を歌うことが当たり前と言う空気が出来上がるのではないでしょうか。

私は、先生方に行事の際に全力で校歌を歌うようお願いし、特に、生徒から人気の先生には「皆恥ずかしがっているの?なんかダサくない?」的な雰囲気を醸し出してもらっていました。

先生につられて各学年・各クラスの人気者が校歌を全力で歌うようになれば、だんだんと学校中に「校歌を歌わないのはダサい」雰囲気が浸透していきます。

誰もが校歌を歌うことが当たり前のようになれば指導が楽になります

ちなみに、卒業式や入学式前の練習での全校合唱指導についてはこちらで紹介しています。よければご覧ください。

関連記事
中学音楽 入学式や卒業式前に役立つ! 全校合唱指導のコツ|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 入学式や卒業式前に役立つ! 全校合唱指導のコツ|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

3 教材研究(楽曲分析)をする。

「校歌」という一つの楽曲を指導するわけですから、当然、他の歌唱曲と同様に教材研究(楽曲分析)が必要です。

教材研究を行う上で下記の3点は必須事項。

①作曲背景(誰が、いつ、何のために作ったのか)

②歌詞の意味や歌詞が表す情景

③曲想や曲に込められた思いを生かした表現の工夫

ついつい行事のための指導になりがちな校歌ですが、その音楽性を生かした授業を行うようにしましょう。

というわけで、この記事では、校歌指導のポイントを3つご紹介しました。

生徒が校歌に愛着をもって歌えるよう、日々の授業や指導を行っていきたいですね。

ちなみに私は、校歌を発声練習の一部とし、毎回の授業で歌わせていました。発声練習の方法はこちらで紹介していますので、よければご覧ください。

関連記事
中学音楽 たった3分でOK!授業で使える発声練習の進め方|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 たった3分でOK!授業で使える発声練習の進め方|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

-歌唱授業
-, , ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室