校歌指導のポイント

歌唱授業

校歌指導のポイント~校歌を歌える学校にするために~

元中学校音楽教師のめりーです。校歌を指導する際のポイントを伝授します。

多くの学校で歌われている校歌

校歌をしっかり歌える集団は、その他の指導も行き届きやすく、学校全体としての雰囲気も良いです。

ですが、校歌の指導はなかなか難しい。

そこで、この記事では校歌指導のポイントを3つご紹介します。

あくまでも私の考えではありますが、指導の参考にしていただけたら幸いです。

1.校歌を歌う意味を考えさせる。

なぜ校歌を歌うのか?

私は初めて校歌を指導する際に、必ず、校歌を歌う意味を生徒に問いかけていました。

「行事で歌うから」
「歌わないと怒られるから」

など、残念なことに生徒が校歌を歌う動機にはそのような思いがあるかもしれません。

ですが、それではいつまでたっても「歌わされている」まま。

まずは先生自身が、なぜ校歌を歌うのかについて考え、生徒と意見を交わすことが校歌指導の第一歩だと私は考えます。

ちなみに、私が初めて校歌を指導する際に話していたのは以下のようなこと。

いま皆さんが着ている制服は、この学校に通っている人しか着ることのできない特別な服ですよね。同じように、校歌は、生徒の皆さんや先生たち、卒業生などその学校に関わった人しか歌うことのできない特別な歌、いわばこの学校のテーマソングです。校歌を歌えるのはこの学校に通った証とも言えます。校歌はそのくらい特別なものですので、ぜひ大切に歌ってください。

「入学と同時に校歌を歌える権利を獲得!おめでとう!」なんて言いながら、「校歌は特別な歌」という話を1年生の最初の授業でするようにしていました。

2.「校歌を歌わないのはダサい」と思わせる。

運動会で全力で競技に挑む生徒はカッコよく見えますよね。

校歌も同じで、歌う方がカッコいい。

中学生は周りからの目を気にしがちで、カッコいいかダサいかが行動の判断基準になることがあります。

言い方は悪いですが、その習性を利用して「校歌を歌わないのはダサい」と思わせれば、校歌を歌うことが当たり前と言う空気が出来上がるのではないでしょうか。

私は、先生方に行事の際に全力で校歌を歌うようお願いし、特に、生徒から人気の先生には「皆恥ずかしがっているの?なんかダサくない?」的な雰囲気を醸し出してもらっていました。

先生につられて各学年・各クラスの人気者が校歌を全力で歌うようになれば、だんだんと学校中に「校歌を歌わないのはダサい」雰囲気が浸透していきます。

誰もが校歌を歌うことが当たり前のようになれば指導が楽になります

→全校合唱(歌唱)指導の秘訣はこちら

3.教材研究(楽曲分析)をする。

校歌」という一つの楽曲を指導するわけですから、当然、他の歌唱曲と同様に教材研究(楽曲分析)が必要です。

教材研究を行う上で、以下の3点は必須事項。

①作曲背景(誰が、いつ、何のために作ったのか)

②歌詞の意味や歌詞が表す情景

③曲想や曲に込められた思いを生かした表現の工夫

ついつい行事のための指導になりがちな校歌ですが、その音楽性を生かした授業を行うようにしましょう。

まとめ

さて、この記事では、校歌指導のポイントを3つご紹介しました。

日々の授業や指導のちょっとした工夫で、生徒の「校歌」に対する意識は変わります。

ぜひ、校歌を歌える学校にするために、先生ご自身が試行錯誤を繰り返しながら、指導を工夫してくださいね。

ちなみに私は、校歌を発声練習の一部とし、毎回の授業で歌わせていました。(詳しくはこちら

というわけで、今回の記事は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。


きらきら星変奏曲解説

鑑賞授業

2022/6/29

実は恋の歌!?モーツァルト作曲「きらきら星変奏曲」を解説!

元音楽教師めりーです。今回は、あの有名な「きらきら星」について解説します。 「きらきら星変奏曲」という名で知られる、こちらの音楽。 モーツァルトが作曲したことでも有名ですが、実はこの曲は、ある音楽の旋律を引用して作られたもので、原曲は他にあるのです。 では、その原曲とはいったいどのような音楽なのでしょうか? というわけで、この記事では、そんな「きらきら星変奏曲」の原曲やその他のアレンジ、演奏・鑑賞時のポイントをまとめてみました。 目次原曲は恋の歌!「きらきら星変奏曲」の正式名称は?→変奏曲とは?原曲『ああ ...

ReadMore

音楽授業におすすめのミニゲーム

ゲーム・クイズ

2022/5/24

音楽授業のスキマ時間におすすめのミニゲーム「ドレミでクラップ」

元音楽教師めりーです。この記事では音楽授業におすすめのミニゲームをご紹介します。 ほんの少しだけ授業時間が余ってしまった… どんよりした授業の雰囲気を変えたい… そんな時に私が取り入れていたのが、ミニゲーム「ドレミでクラップ」! 所要時間は1~3分ほどで、サクッと授業の雰囲気を和らげることのできる活動です。 やり方は非常に簡単で、何の準備もいらないので、授業で困ったその瞬間に取り入れることができますよ。 それでは「ドレミでクラップ」の進め方をご紹介します。 ミニゲーム「ドレミでクラップ」の進め方 ①生徒そ ...

ReadMore

世界の民族音楽授業案

常時活動

2022/6/29

世界の民族音楽を楽しく鑑賞!おすすめの常時活動「ミュージックトラベル」

元中学校音楽教師のめりーです。民族音楽の授業にお悩みの先生方に提案があります。 世界の諸民族音楽について、 ・数種類の音楽を鑑賞し、教師による説明を聞いて、感想を書く ・ホーミーやケチャなどの民族音楽をみんなで体験する という活動を軸に、1~2時間扱いの授業を行う先生が多いと思います。 ですが、1時間の中で数種類の音楽を立て続けに聴くと生徒は途中で飽きてしまいがち。 それに乗り気でない生徒に無理に活動を強要すれば、かえって音楽へのマイナスイメージは強まってしまいます。 そこで、私が提案したいのは、民族音楽 ...

ReadMore

早春賦の意味やポイントまとめ

歌唱授業

2022/5/11

「早春賦」歌詞の意味や作曲背景などポイント総まとめ!

元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業経験を基に「早春賦」のポイントをご紹介します。 春を待ちわびている人々の思いや朗らかな風景を表現した日本の名曲「早春賦」。 教科書にも掲載されているので、今まさに授業準備をしている、あるいはテスト勉強中という方も多いと思います。 そこで、この記事では、「早春賦」の歌詞の意味や作曲背景など学習する際に役立つポイントをご紹介します。 学生の皆さんはもちろん、これから授業を行う先生方のお役に立てれば幸いです。 目次「早春賦」のポイント1.そもそも「早春賦」ってどういう意味 ...

ReadMore

授業におすすめのミュージカル映画

鑑賞授業

2022/5/18

音楽授業で見せたいミュージカル映画のおすすめシーン

元中学校音楽教師めりーです。 音楽の授業でミュージカル映画を扱う際の難点は上映時間の長さ。 説明や振り返りなどの時間を考慮すると、鑑賞に使える時間は30分~40分くらいが妥当です。 ですが、「どの場面を見せるべきか分からないし、研究する時間もない!」とお困りの先生も多いはず。 そこで、この記事では、音楽授業におすすめのミュージカル映画と、各作品のおすすめシーンをご紹介します。 音楽授業におすすめのミュージカル映画 ①サウンドオブミュージック リンク ミュージカル作品と言えば「サウンド・オブ・ミュージック」 ...

ReadMore

雅楽が由来の言葉

鑑賞授業

2022/4/26

現在も使われている、雅楽が由来の言葉【鑑賞授業ネタ】

元中学校音楽教師のめりーです。雅楽が由来とされている言葉をご紹介します。 一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる雅楽。 ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、雅楽を由来とするものも多くあります。 そこで、この記事では、現在も日常で使われている雅楽由来の言葉をいくつかご紹介します。 \雅楽についてはこちら/ 雅楽が由来の言葉 塩梅 一般的には、塩と梅酢の加減からきたと言われていますが、実は雅楽でも古くから篳篥の奏法のひとつとして、この言葉が使われていました。(ただし読み方は「あんばい」で ...

ReadMore

オペラとミュージカルを分かりやすく解説

鑑賞授業

2022/4/27

オペラとミュージカルの違いを元音楽教師が解説!

元中学校音楽教師めりーです。オペラとミュージカルの違いを分かりやすく解説します。 歌やダンス、演劇が楽しめるオペラとミュージカル。 なんとなく「オペラの方が古そう」「ミュージカルの方が楽しそう」など両者が別物であることは分かっているものの、どこがどう違うのか分からない!という方も多いのではないでしょうか。 そこで、この記事では私が教員時代に授業で説明していたことを基に、オペラとミュージカルの違いを解説します。 目次オペラとは?ミュージカルとは?オペラとミュージカルの成立背景は?オペラとミュージカルの違いは ...

ReadMore

ゲーム感覚で楽しめる活動例

ゲーム・クイズ

2022/5/24

最後の音楽授業におすすめ!ゲーム感覚で楽しめる活動例

元中学校音楽教師のめりーです。音楽の授業ネタをご紹介します。 年度末になると毎年頭を悩ませることになる授業おさめ(最後の音楽授業)の進め方。 通常通りの活動をした後、1年間のまとめを行うのが定番ですが、せっかくなら生徒が楽しめるゲームを取り入れてみませんか? この記事では、最後の音楽授業に使える、遊び要素の強い活動をご紹介します。 目次最後の音楽授業に使える活動例・イントロかるた・「崖の上のポニョ」選手権・音符でBINGO!・円でクラップ!・音楽クイズ~生徒からの挑戦状・思い出メドレーまとめ 最後の授業に ...

ReadMore

-歌唱授業
-, , ,

© 2022 めりー先生の音楽準備室