歌唱授業

変声期の指導のポイント【中学音楽授業のコツ】

元中学校音楽教師のめりーです。声変わりを迎える生徒への指導のポイントをご紹介します。

中学校の音楽の先生が避けては通れないのが、変声期の指導

なぜなら、中学校3年の間に、自身や仲間の声に変化が訪れ、声変わりを実感する生徒が多いからです。

では、そんな変声期の生徒たちにどのような指導を行うのがベストでしょうか?

この記事では、私の実践をもとに、変声期の指導のポイントをご紹介します。

変声期の指導のポイントは2つ!

1.声変わりについて、ちゃんと説明する場を設ける。

生徒たちは小学校の音楽の授業等で声変わりについて学習していますが、中学校入学後に改めて説明する機会を設けることが大切です。

説明時期としておすすめなのは、中学1年生の4~5月あたり(入学して音楽の授業を3~4回受けた後くらい)。

ガイダンスや発声指導が終わり、混声合唱に取り組むぞ!という時期ですね。

ちなみに私は、1年生1学期の授業を以下のような流れで進めていました。

1時間目:ガイダンス

2時間目:校歌

3時間目:「主人は冷たい土の中に」

4時間目:変声期と混声合唱(←ココ!)

5~7時間目:混声合唱

(8時間目以降は「浜辺の歌」「赤とんぼ」「魔王」など・・・)

説明する内容は、

・発声の仕組み
・変声期とは
・声変わりの時期に起こる様々な変化

の3つです。

授業の中でしっかりと説明することで、変声期は誰にでも起こる変化だということを生徒たちは理解し、声が裏返る生徒を笑ったり馬鹿にしたりすることがなくなります。

具体的な内容や方法は、以下の授業実践例の中で公開しています。

変声期に関する説明例(私が生徒に話した実際のセリフ)を掲載していますので、参考にしてみてください。(詳しくはこちら

2.変声期の生徒に寄り添った指導をするよう心がける。

心と体に大きな変化がある変声期。

声変わりが原因で歌唱授業に苦手意識をもち、音楽の授業が嫌いになるという生徒もいるようです。

音楽の先生は、変声期の生徒一人ひとりに寄り添った指導を行わなければいけません。

参考までに、私が変声期の指導時に心がけていたことを3つご紹介します。

①無理に声を出させない。(できる範囲で歌わせる。)

「変声期だから歌わなくてよい」というわけではなく、自分の出せる音域を自分の出せる音量で歌わせていました。

②声変わりを意識させない。

変声期には裏返ったりかすれたりすることはよくあります。

だからあえてスルーします。

全く気に留めない方が、生徒は安心する場合もあります。

③歌唱の実技テスト時は、キーを変える。

私は実技試験を1人ずつ別室で行っていたので、その生徒に合ったキーに変えるか、アカペラ(伴奏なし)で歌うのもアリとしていました。

→実技試験の進め方と評価方法

変声期の指導に役立つ本

前述の通り、声変わりの時期や様子は人によって様々なので、音楽の先生には、変声期の生徒一人一人に合った対応が求められます。

そのためには、まず先生ご自身が変声期についてよく理解しておかなければいけません。

変声期についてもっと理解を深めたいという方は、ぜひこちらの本を読んでみてください。

私は変声期の指導に悩んだ際はいつもこの本を参考にしていました。

この本の良いところは、先生のための指導書だけでなく、鑑賞教材としても役立つところ!

付録CDに、ある男子生徒の小学5年生から中学3年生までの歌声と話し声が収録されているので、授業で聴かせるのがおすすめです。

→詳しい使い方や授業実践例(指導略案・ワークシート)はこちら

まとめ 変声期の指導で大切なことは

さて、この記事では変声期の指導のポイントをご紹介しました。

大切なことは、先生も生徒も、変声期について正しく理解し、お互いを思いやることです。

誰もが安心して歌える音楽の授業にしたいですね。

\指導案・ワークシートのダウンロードはこちら/


授業の基本

2022/11/20

【小学校】音楽を形づくっている要素とは?イラスト付きで解説!

元音楽教師めりーです。音楽を形づくっている要素の意味を解説します。 音楽の授業では、音楽を形づくっている要素とイメージとを関連付けて批評したり、表現活動に生かしたりする場面が多々あります。 ですが、音楽の諸要素の中には「旋律」や「音楽の縦と横との関係」など説明が難しい用語もあり、苦労している先生も多いのではないでしょうか。 そこで、この記事では、小学校音楽科学習指導要領で示されている音楽を形づくっている要素を分かりやすくご説明します。 →中学校学習指導要領で示されている要素の解説・授業例 目次音楽を形づく ...

ReadMore

ゲーム・クイズ

2022/11/20

音楽授業ネタ「生活の中にある音」を楽しむ活動例5つ

元音楽教師めりーです。音楽授業ネタを提案します! 私たちの身の回りには、様々な「音」が溢れています。 授業の中でそのような「音」に着目することで、生徒たちは「生活や社会おける音の働き」に関心をもてるようになるはず…! そこで、この記事では「身近な音」や「生活の中にある音」に焦点を当てた活動を5つご紹介します。 どれも簡単に取り入れられるので、音楽授業の参考にしていただけたら幸いです。 目次①この音なんの音?②どんな音が出るかな?③お気に入りの場所で音探し④音素材を使って音楽をつくろう⑤身近な音を取り入れた ...

ReadMore

歌唱授業

2022/11/20

有名なあの童謡も海外生まれ!実は替え歌だと知って驚く曲まとめ

元音楽教師めりーです。 子どもの頃から慣れ親しんでいる歌ってありますよね。 ですが、その中には、海外で作られた曲に日本語の歌詞を当てはめた、いわゆる「替え歌」が存在しているかもしれません。 というわけで、この記事では、そんな外国生まれの童謡の中から、特に有名な曲をピックアップしてご紹介します。 目次アルプス一万尺蝶々ハッピーバースデートゥーユーきらきら星(ABCの歌)鬼のパンツヨドバシカメラの歌 アルプス一万尺 手遊び歌としておなじみ「アルプス一万尺」。 原曲は、アメリカの民謡「Yankee Doodle ...

ReadMore

ワークシートの評価・返却方法

授業の基本

2022/11/20

中学音楽 ワークシートの評価・返却方法をご紹介!

元音楽教師めりーです。 皆さんは授業中に使用するワークシートをどう評価し、どのように生徒へ返却していますか? 些細なことではありますが、成績に関わることなので、なんとなく適当に済ませるわけにはいきませんよね。 そこで、この記事では私がワークシートをどう評価し、返却していたかをご紹介します。 目次評価に関係ないワークシートも存在する生徒の記述をどのように評価するかワークシートへの評価の記入ワークシートの返却方法まとめ 評価に関係ないワークシートも存在する 私は授業内容や使用目的によって以下の5種類のワークシ ...

ReadMore

音楽の単発授業ネタ

授業の基本

2022/11/20

準備しておくと安心!音楽の単発授業ネタまとめ

元音楽教師めりーです。1時間で完結する簡単な音楽授業をご紹介します。 学校現場では、授業変更や補教等で、突然、授業を行わなければいけなくなることがありますよね? 年間指導計画に沿って、前もって授業準備を行っていれば問題ないのですが、実際はそうもいかず… 「急に音楽の授業をすることになったけど、何したらいいの?」と焦った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? そこで、そのような事態に陥らないために、いくつかの単発授業ネタを持っておくことをおすすめします! この記事では、そんな音楽の単発授業をご紹介しま ...

ReadMore

器楽・創作・ICT授業

2022/11/20

音楽授業における「調べ学習」のポイントとテーマ例

元音楽教師めりーです。ICT活用の定番「調べ学習」についてお話しします。 GIGAスクール構想により、ICTを活用した授業が求められる今、音楽の授業でどのように活用すべきか悩んでいる先生方は多いと思います。 そんな中、真っ先に思い付くタブレット活用方法は、「調べ学習」ではないでしょうか。 確かに、アプリをインストールするなど準備の必要がないので、手軽に授業の中に取り入れやすいですよね。 ですが、授業の中で「調べ学習」を行う際には、注意しなければならないことがあります。 そこで、この記事では、音楽授業におけ ...

ReadMore

鑑賞授業

2022/11/20

合唱コンクール前におすすめの音楽授業ネタ「審査員になろう」

元音楽教師めりーです。校内合唱コンクール前におすすめの授業をご紹介します。 合唱コンクールを控えている先生方、「生徒が合唱練習に真剣に取り組んでくれない」とお悩みではないですか? 実は、その原因は合唱に対して明確な目標がないからかもしれません。 そんな時に私がいつも行っていたのが、「審査員になろう」という比較鑑賞の授業です。 審査する側になって合唱を鑑賞することで、生徒たちはどのような合唱にしたいのか明確な目標を立てられるようになるはず。 というわけで、この記事では、そんな授業の進め方をご紹介します。 目 ...

ReadMore

歌舞伎が由来の言葉

鑑賞授業

2022/11/20

「二枚目」も「修羅場」も!日常的に使われる、歌舞伎由来の言葉

元中学校音楽教師のめりーです。歌舞伎が由来とされている言葉をご紹介します。 一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる、歌舞伎。 ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、歌舞伎を由来とするものが多くあります。 そこで、この記事では、そんな歌舞伎由来の言葉から特に馴染み深いものを厳選してご紹介します。 \歌舞伎について詳しく知りたい方はこちら/ 板に付く 「板に付く」とは、経験を積んで、動作や態度が地位・職業などに合うようになること。 元々は、 板=舞台 付く=しっくり合う という意味で、経験 ...

ReadMore

-歌唱授業
-,

© 2022 めりー先生の音楽準備室