変声期指導のポイント

歌唱授業

変声期の指導のポイント【中学音楽授業のコツ】

元中学校音楽教師のめりーです。
教員になってから一段と低い声が出るようになりました。
(声変わりとは関係ありません。)

中学校の音楽の先生が避けては通れないのが、変声期の指導

なぜなら、中学校3年の間に、自身や仲間の声に変化が訪れ、声変わりを実感する生徒が多いからです。

では、そんな変声期の生徒たちにどのような指導を行うのがベストでしょうか?

この記事では、私の実践をもとに、変声期の指導のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

変声期の指導のポイントは2つ

1 声変わりについて、しっかり説明する。

生徒たちは小学校の音楽の授業等で声変わりについて学習していますが、
中学校入学後に改めて説明する機会を設けることが大切です。

説明時期としておすすめなのは、

中学1年生の4~5月あたり(入学して音楽の授業を3~4回受けた後くらい)

ガイダンスや発声指導が終わり、混声合唱に取り組むぞ!という時期ですね。

ちなみに私は、1年生1学期の授業を下記の流れで進めていました。

1時間目:ガイダンス

2時間目:校歌

3時間目:「主人は冷たい土の中に」

4時間目:変声期と混声合唱 ←このタイミングがおすすめ!

5~7時間目:混声合唱

(8時間目以降は「浜辺の歌」「赤とんぼ」「魔王」など・・・)

説明する内容をおおまかにまとめると、

・発声の仕組み

・変声期とは

・声変わりの時期に起こる様々な変化

の3つ。

授業の中でしっかりと説明することで、変声期は誰にでも起こる変化だということを生徒たちは理解し、声が裏返る生徒を笑ったり馬鹿にしたりすることがなくなるはずです。

より具体的な説明内容や方法は、noteで公開しています。私が実際に話していたセリフをそのまま掲載していますので、参考にしてみてください。

関連記事
中学音楽 歌唱(鑑賞)授業【変声期と混声合唱】指導案(指導の流れ)とプリント|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 歌唱(鑑賞)授業【変声期と混声合唱】指導案(指導の流れ)とプリント|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

2 変声期の生徒に寄り添った指導をする。

心と体に大きな変化がある変声期。

声変わりが原因で歌唱授業に苦手意識をもち、音楽の授業が嫌いになるという生徒もいるようです。

音楽の先生は、変声期の生徒一人ひとりに寄り添った指導を行わなければいけませんね。

参考までに、私が変声期の指導時に心がけていたことを3つご紹介します。

①無理に声を出させない。(できる範囲で歌わせる。)

「変声期だから歌わなくてよい」というわけではなく、自分の出せる音域を自分の出せる音量で歌わせていました。

②声変わりを意識させない。

変声期には裏返ったりかすれたりすることはよくあります。

だからあえてスルーします。

全く気に留めない方が、生徒は安心する場合もあります。

③歌唱の実技テスト時は、キーを変える。

私は実技試験を1人ずつ別室で行っていたので、

その生徒に合ったキーに変えるか、生徒が望めばアカペラ(伴奏なし)で歌うのもアリ

としていました。

実技試験についてより詳しく知りたいという方はnoteをご覧ください。評価の観点やダウンロードできる記録用紙も載せています。

関連記事
中学音楽 実技試験(歌唱)の進め方と評価方法|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 実技試験(歌唱)の進め方と評価方法|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

変声期の指導に悩んだら・・・

前述の通り、声変わりの時期や様子は人によって様々なので、音楽の先生には、変声期の生徒一人一人に合った対応が求められます。

そのためには、まず先生ご自身が変声期についてよく理解しておかなければいけません。

変声期についてもっと理解を深めたいという方は、ぜひこちらの本を読んでみてください。

私は変声期の指導に悩んだ際はいつもこの本を参考にしていました。

この本の良いところは、先生のための指導書だけでなく、

鑑賞教材としても役立つところ!

付録のCDに、ある男子生徒の小学5年生から中学3年生までの歌声と話し声が収録されているので、授業で聴かせると、声変わりによってどのくらい声が変化するのかがよく分かります。

授業で聴かせると、生徒は「こんなに変わるものなの?」と驚きながら、変声期に起こる変化に興味深々でした。授業での活用方法は、先ほども紹介した変声期と混声合唱で公開しています。

まとめ 変声期の指導で大切なことは

今回は変声期の指導のポイントをご紹介しました。

大切なことは、

先生も生徒も、変声期について正しく理解し、お互いを思いやること。

誰もが安心して歌える音楽の授業にしたいですね。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

-歌唱授業
-,

© 2021 めりー先生の音楽準備室