斉唱とは見出し

歌唱授業

国歌斉唱の「斉唱」はどんな意味?合唱や独唱、重唱との違いを解説!

元中学校音楽教師のめりーです。昔勤務していた学校の校歌は混声三部合唱だったので、式典の時は「校歌合唱」と言っていました。(合っているけれど違和感が・・・)

入学式や卒業式などの儀式やスポーツの試合などで耳にする言葉、「国歌斉唱」。

稀に、歌手が一人で歌っているのに「国歌斉唱」と言うことがありますが、それは間違いで、一人で国歌を歌うなら「国歌独唱」が正解です。

このように、意外と知られていない歌唱形態

この記事では、「斉唱」「合唱」「独唱」「重唱」という、似ているけれど全然違う言葉について、元中学校音楽教師が分かりやすく解説します。

実際に生徒に説明した内容を基にしていますので、説明の仕方にお悩みの先生方や「斉唱って何だろう?」と思っている方は必見です!


スポンサーリンク

独唱とは

独唱とは

独唱(どくしょう)とは、1人で歌うこと

ソロとも言います。

ひとり(り)で歌うから「唱」です。

森山直太朗さんの「さくら(独唱)」は、森山さんが1人で歌っていますよね。もし2人以上で歌っていれば独唱とは言いません。

斉唱とは

斉唱とは

斉唱(せいしょう)とは、複数人が同じ旋律を歌うこと

ユニゾンとも言います。

2人以上かつ全員が同じパートを歌います。(ハモりません。

全員が声を揃えて一に歌うので「唱」です。

重唱とは

重唱とは

重唱とは、1人ずつ複数のパートに分かれて歌い合わせること

2人が2つのパートに分かれて歌うなら二重唱(デュオorデュエット)、3人が3つのパートに分かれて歌うなら三重唱(トリオ)と言います。

何人かの声がなり合うから「唱」です。

阿佐ヶ谷姉妹さんがハモりながら歌っていますが、あれは重唱。
DAOKOさんと米津玄師さんが歌う「打上花火」も重唱ですね。

合唱とは

合唱とは

合唱とは、数人ずつ複数のパートに分かれて歌い合わせること

コーラスとも言います。

重唱は各パート1人ずつですが、合唱の場合は各パート2人以上ずつに分かれます。

互いの声をよく聴きながらわせて歌うので「唱」です。

合唱は細かく分けると混声合唱と同声合唱、さらに細かくすると混声三部合唱や同声二部合唱など呼び方は複雑になっていきます。

私は、合唱形態について、中学1年生の1学期に授業で説明していました。詳しくはこちらのnoteをご覧ください。

関連記事
中学音楽 歌唱(鑑賞)授業【変声期と混声合唱】指導案(指導の流れ)とプリント|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 歌唱(鑑賞)授業【変声期と混声合唱】指導案(指導の流れ)とプリント|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

まとめ

歌唱形態についてご説明しましたが、それぞれの違いをお分かりいただけたでしょうか。

どれも似たような言葉ですが、実際の意味は全然違います。

漢字からどのように歌う形態なのかを考えると分かりやすいかもしれません。

ちなみに、私は以下のように例を挙げながら説明をしていました。

歌唱形態例

具体的に○○さんと○○さんが・・・と伝える方が生徒は納得しているようでした。

というわけで、この記事では歌唱形態(「独唱」「斉唱」「重唱」「合唱」)についてご説明しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

学校では「校歌斉唱」という言葉がなじみ深いですよね。校歌指導のポイントはこちらの記事で紹介していますので、よければご覧ください。

関連記事
校歌指導のポイント~校歌を歌える学校にするために~
校歌指導のポイント~校歌を歌える学校にするために~

続きを見る

-歌唱授業
-, , , ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室