教員の必需品リスト

中学校教員の仕事

【新任教員向け】着任日の持ち物と今後の教員生活で必要な物リスト

元中学校音楽教師のめりーです。着任日までに用意しておいた方が良いものをご紹介します。

もうすぐ教員になる予定の皆さん、着任日までに向けた準備は万端ですか?

着任日って何するの?どんな準備が必要?と思った方はこちらの記事からご覧ください。

関連記事
【新任教員向け】着任日の予定と出勤初日までにしておく準備
【新任教員向け】着任日の予定と出勤初日までにしておく準備

続きを見る

さて、この記事では、着任日の持ち物と、今後の教員生活に必要な物をご紹介します。

学校で使うけれど個人で用意した方がいいものは意外とたくさんあるので、準備の参考にしてくださいね。

尚、重要度は以下の通りです。

★★★着任日に(初日から)必要な物

★★初日はなくても何とかなるけれど、今後の教員生活で必要な物

★絶対に必要というわけではないけれど、あると便利な物

それでは、カテゴリーごとに記していきます。

スポンサーリンク

書類・印鑑系

学校から指示される書類一式★★★

給食関係の書類等、学校から指示されている書類は漏れのないよう記載し、提出しましょう。

指導する立場の人間が提出遅れなんて言語道断です。

印鑑★★★

初日だけでなく、今後様々な書類への押印が必要となります。

また、出勤簿で教員の出退勤を管理している学校の場合、毎朝出勤時に押印しますし、研修に行く際にも印鑑が必要ですので、必ず準備しておきましょう。

印鑑用の朱肉★★★

学校にあるとはいえ、個人用の朱肉を持っておいた方が便利です。

朱肉付きの印鑑ケースを使っている方が多いと思いますが、これだと手にインクが付くことがないのでおすすめです。

朱肉を必要としない印鑑★★

宅急便が来た時などに押すアレです。

正式な書類には押せませんが、生徒の提出物チェック時には、これで十分です。

訂正印★

訂正印とは、印鑑よりも小さめの印のこと。↓こういうやつです。

出席簿記入時に間違えてしまった場合に使用します。普通の印鑑だと枠からはみ出して見づらくなってしまうので、訂正印はあった方が良いです。

プリントチェック用のスタンプ★

「よくできました」的なスタンプです。授業でプリントやノートを回収する方にとっては必需品ですね。

私は毎回の授業で振り返りカードを記入させていたので、そのチェック用に100円ショップで購入した小さなものを使っていました。

文具類

学校の備品もありますが、自分で用意したものの方が使い勝手がいいです。
特に使用頻度の高いものを載せておきます。

消えないインクのペン(黒、赤)★★★

書類記入時に使用します。

教員の多くは多機能ボールペンを使用しています。誰のか分からなくなる時があるので、ネーム入りのものを使用するのがおすすめです。

鉛筆、シャープペンシル、消しゴム★★★

書類によっては鉛筆での記入を求められることがありますので準備しておきましょう。

油性タイプのサインペン★★★

先生だって持ち物に名前を書きます。

付箋

消耗が激しいので(かなりの頻度で使用するため)学校の備品で何とかなるなら、個人で購入しなくて大丈夫

私はいつも備品を使用していましたが、教室などでパッと使えるように、差し込みタイプの付箋も購入し、スケジュール帳に挟んでおきました。

定規(30cm)★★

普通の定規でも問題ありませんが、出勤簿に斜線を引く際には長い定規の方が便利です。

手帳(スケジュール帳)★★★

初日からスケジュール確認のオンパレードなので、手帳(スケジュール帳)は必須。

私はウィークリータイプの手帳(B5サイズ)を使用していました。プリントを挟んだり貼ったりできて使い勝手が良かったです。

ノート★★★

会議の備忘録に使用したり、教材研究に使用したり、、、ノートは何冊あってもいいです。

ホッチキス★

書類整理時にあると便利です。

ファイル★

書類整理に使用します。

一応学校の事務室にもあるのですが、使いまわしでボロボロなこともあるので、気になる方はご自身でご準備ください。

2穴パンチ★

こちらも書類整理時にあると便利。ペーパーレスとは無縁の学校ではファイルと穴あけパンチが欠かせません。

クリップボード★★★

ホームルームや行事の際には実施要項等の必要な資料をボードに挟んで持ち歩きます。毎日使用するものなので、使いやすいものがいいですよね。

私が使っていたものはこちら。横綴じ、表紙付きのクリップボードです。

上よりも横にクリップが付いている方が書類をめくりやすいです。
また表紙が付いていれば、机上に置いておいても書類を見られる心配がありません。

身に着けるもの

スーツ・革靴(パンプス)★★★

初日はもちろんスーツです。ビシッと決めて第一印象をよくしましょう。

また、これはあくまでも個人の感想ですが、入学式や保護者会、参観日や研修時など、学校以外の人間と会う時はスーツもしくはオフィスカジュアルが無難だと思います。

替えのシャツ、靴下、ストッキング★

汗をかいたり汚れたりした際に着替えられるよう準備しておきます。

私はいつもスカートにストッキングやタイツというスタイルでしたが、学校の椅子や机にひっかけて伝線することが多々あったので、いつもロッカーにストッキングを常備していました。

腕時計★★★

秒針があるものがおすすめ。授業や試験監督時に便利です。

校内用の靴★★★

動きやすく、底が滑りにくいものを用意します。

ヒールやサンダルでは有事の際に素早く動けません。

運動靴2種類★★

運動靴はグラウンド用と体育館用で2種類必要です。

入学式準備等で体育館に入ることがありますので、なるべく早く学校に持っていくようにしましょう。

動きやすい服装★★★

着任日に職員室内の席替えをしたり、教室の整備をしたりと初日からほこりまみれになる学校もあるので、スーツ以外にジャージ類は準備しておきましょう。

いずれ運動会の時に必要になりますからね!

ハンガー★

職員ロッカーの割り当てがありますが、ハンガーはない場合も。
準備しておいた方が無難でしょう。

その他

タイマー★

授業中に話し合いやグループ活動をさせる際に使います。黒板にくっつくタイプで、表示画面が大きいものがおすすめ

足元収納★

地味にあると便利なのが、机の下に置くような足元収納です。

職員室の床に直接バッグを置きたくない方は、こういうちょっとしたラックを用意しておくのがおすすめ!

100円ショップなどにも売っているので、実際の学校の様子を見て必要そうであれば調達すると良いでしょう。

まとめ 準備はお早めに!

この記事では着任日当日の持ち物と、今後の教員生活で必要な物をご紹介しました。

中には、「自分で買わないで学校の備品を使えばいいじゃないか!」というものもありますが、個人で購入しておけば、のちのち異動先でも使えるので、長く使うものはご自身でお買い求めになっても良いかと思います。

時間のある今のうちに必要な物を揃えておきましょう。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

その他、初任の先生方に役立つ記事はこちら。


関連記事
授業準備が間に合わない時の対処法【元教員の経験談】
授業準備が間に合わない時の対処法【元教員の経験談】

続きを見る


関連記事
学級懇談会の進め方とおすすめのネタ、事前準備をご紹介【元中学教員の経験談】
学級懇談会の進め方とおすすめのネタ、事前準備をご紹介【元中学教員の経験談】

続きを見る

ちなみに、noteでは中学音楽授業実践例を公開しています。音楽の先生になる予定の方は合わせてご覧ください。

関連記事
鑑賞授業の実践例|めりー先生の音楽室|note
鑑賞授業の実践例|めりー先生の音楽室|note

続きを見る


関連記事
歌唱授業の実践例|めりー先生の音楽室|note
歌唱授業の実践例|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

-中学校教員の仕事
-,

© 2021 めりー先生の音楽準備室