担任として毎日1時間続けたこと

中学校教員の仕事

中学校の学級担任として1年間毎日続けたこと【元教員の経験談】

元中学校音楽教師のめりーです。新任教員の皆さん、準備は万端ですか?

初めての学級担任で、どうすればうまくいくの?とお悩みの方も多いかと思います。

そこで、この記事では、教員人生のほとんどを担任として過ごしていた私が、1年間毎日続けていたことをご紹介します。

一見何ともないようなことですが、クラスの生徒との人間関係づくりには小さな積み重ねが大切!

学級経営のヒントにしていただけたら嬉しいです。

1.登校前と下校後に教室の整備をする。

勤務時間との関係もあるので、大っぴらにおすすめ!とは言えないのですが、生徒の登校前と下校後は毎日教室の整備をするようにしていました。

毎日教室の整備を行うことで、壁や机、椅子の落書きや不自然に空いた穴など、教室の変化にいち早く気づくことができます。

整備する箇所は以下の通りです。

生徒の登校前
・窓を数cm開けて換気
・簡単な掃き掃除
・机や椅子の整頓

生徒の下校後
・机や椅子の整頓
・ロッカーや棚の整頓
・窓の施錠確認
・掲示物の確認

毎日の清掃活動で生徒がしっかりと教室整備を行ってくれていれば、登校前と下校後の整備は少ない時間で済みます。

2.教室の黒板に一言書いておく。

登校前の教室整備のついでに、毎日生徒たちに向けた簡単なメッセージを教室の黒板に書いていました。

というのも教科担任制の中学校では担任がクラスの生徒と過ごす時間は少なく、生徒に伝えたいことがあってもなかなか時間を取ることができません。

朝学活や終学活は伝達事項や提出物の回収であっという間に時間が過ぎてしまい、かといって学級通信を定期的に発信するのは困難・・・

そこで、黒板メッセージの出番です。

最近こんな姿が見られるようになって嬉しいよ!」的なメッセージを毎日発信することで、時間のない中でも生徒に伝えたいことはしっかり伝えることができていました。

名言だけを黒板に書いておき、朝学活で詳しく話をすることもありました。

おすすめの名言は「人生は選択の連続である」です。こちらの記事には生徒へのスピーチ例も載っていますので、よければ参考にしてみてくださいね。

関連記事
人生は選択の連続である。【生徒の心に響く名言】
人生は選択の連続である。【生徒の心に響く名言】

続きを見る

3.昼休みはなるべく教室で過ごす。

毎日忙しいと休み時間くらい職員室で一息つきたいなんて思いますが、昼休みほどクラスの生徒の様子を把握するのに最適な時間はありません。

昼休みは生徒同士の人間関係が一目瞭然だからです。

教室で生徒たちがどのように過ごしているかを観察したり、気になる生徒には「最近どう?」「何か困っていることはない?」などと声をかけたりすることも、クラスの状況を知るための手立ての一つです。

4.1日の中で必ず全員に声をかける。

中学校の担任は、これが意外と大変なんです。

クラスの生徒と会えるチャンスは1日に5回!(朝学活、授業、給食・昼休み、清掃、終学活)その中でクラス全員に声をかけるのはなかなかハードです。

ですが、毎日声をかけることで、「この先生は話しやすい、相談しやすい」と思ってもらえるのでは?と考え、私は実行していました。

声をかけられるのが嫌な生徒には、目が合えば微笑む程度でした。

5.生徒の様子を記録する。

終学活、下校後の教室整備が終わり、職員室に戻ってきたら、1日を通して気が付いた生徒の様子を記録します。

と言っても全員分ではなく気になった生徒だけ

記録しておくことで、生徒の変化にも気づけますし、何かあった際の証拠にもなり得ます。

特に指導したことやほめたことを中心にメモしておくと良いです。

また、この記録は通知表の所見や三者面談や学級懇談会にも役立ちます

保護者の方は自分の子どもの学校での様子を知りたいので、日々の様子を具体的に話すのは非常に喜ばれますよ。

というわけで、この記事では私が中学校で学級担任をしていた際に毎日続けていたことをご紹介しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

\指導案・ワークシートのダウンロードはこちら/


音楽教員の仕事

2022/11/22

教採合格者に伝えたい、私が中学校音楽教員になって苦労したこと

元音楽教師めりーです。 この記事では、私が中学校の音楽教員になって特に苦労したことをご紹介します。 生徒や保護者との関わり方など苦労したことはたくさんあるのですが、今回は特に音楽に関連することだけを取り上げます。 「春から教員になるのが不安…」「今のうちに準備しておいた方が良いことはあるかな?」とお悩み中の方の参考になれば幸いです。 ちなみに教員になった当時の私のスペックはこんな感じ。 ピアノ歴20年 箏は「六段の調」、チェロ・篠笛は音階なら演奏できるレベル 小学校では合唱部に所属(中高は伴奏者としてコン ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2022/11/11

教員はお金の勉強をすべき!その理由とおすすめの勉強法

元中学校教員めりーです。 私が教員時代にやっておけばよかったと後悔していること… それは、お金の勉強です。 なんとなくお金の話題はタブーみたいな雰囲気があって、同僚や友人、家族にも相談しづらく、スルーしがち。 でも、生きていくにはお金が必要なわけで、今の時代、ちゃんとした知識をもっていないと損することばかりだと気付いたのです。 というわけで、この記事では教員がお金の勉強をすべき理由と、おすすめの勉強法をご紹介します。 「将来に対して漠然とした不安がある」「お金の勉強って何をすればいいか分からない」という方 ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2022/11/20

教員の出会いの場はどこ?【経験者が語る、先生の恋愛事情】

元中学校教員めりーです。先生の恋愛事情について切り込みます! 「教員は出会いがない」「忙しすぎて結婚できない」なんて話をよく聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか。 この記事では中学校に勤務していた際の実体験を基に、教員ならではの出会いと、素敵な相手を見つける方法をご紹介します。 目次教員にありがちな出会いの場5選①職場の同僚②研修③同僚や先輩からの紹介④地域の方や保護者からの紹介⑤学校に出入りする業者素敵なパートナーと出会う方法4選①習い事やサークル活動②婚活サイト③マッチングアプリ④街コンまとめ ...

ReadMore

中学生の朝読書におすすめの本

中学校教員の仕事

2022/11/20

中学生から大人まで楽しめる!朝読書やスキマ時間におすすめの本5選

元中学校教員めりーです。朝やすきま時間に読むのにおすすめの本を紹介します。 心を落ち着かせたり、脳を活性化させたりする効果がある朝読書。 多くの学校では10分間の読書タイムを取り入れていますし、大人になってからも朝活の一環で読書タイムを設ける方が増えています。 ですが、いざ朝読書に取り組もうと思っても、 ・どの本を読めばいいかわからない ・読書が苦手で集中力が続かない ・いいところでタイムアップになるのが嫌 と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では、読書嫌いでもスラスラ読める本、 ...

ReadMore

教育実習生へのアドバイス

中学校教員の仕事

2022/11/20

教育実習生の心構えとは?元指導教員が伝えたい、7つの大切なこと

元中学校教員めりーです。過去に教育実習生の指導教員をしていました。 もうすぐ教育実習に向かう皆さん、準備は順調ですか? 教育実習って実際どんな感じなんだろう?ちゃんとうまくやれるかな? と不安な方も多いと思います。 そこで、この記事では、教育実習に臨むにあたっての心構えを老婆心ながらお伝えします。 元指導教員からのお節介なアドバイスですが、読んでいただき、少しでも教育実習に向けて心の準備を整えていただけたら嬉しいです。 目次教育実習生に知ってほしい心構え7つ1 「先生」の自覚をもとう!2 「いのち」を守ろ ...

ReadMore

音楽教員の仕事

2022/11/20

音楽教員の必需品!授業に役立つアイテム5選

元音楽教員めりーです。 この記事では、私の音楽教員生活の中で、「これは無くてはならない!」と思った授業アイテムを5つ厳選してご紹介します。 \教員生活全般で必要な持ち物はこちら/ 音楽授業に役立つアイテム5選 ①タイマー 授業中の活動時間を区切るためにタイマーは必須。 生徒の様子を見て「そろそろ終わりにしよう」なんて声をかけることもありますが、「活動時間はあと○○分」と明示している方が分かりやすく、生徒も活動に集中しやすくなります。 おすすめは、大きな表示で見やすく、黒板に貼れるマグネットタイプのものです ...

ReadMore

憂鬱な月曜日を乗り切る秘訣

中学校教員の仕事

2022/11/20

憂鬱な月曜日を乗り切る3つの秘訣とは?

元教員のめりーです。「つらい月曜日」を「楽しみな月曜日」に変える方法をご紹介します。 「明日仕事に行きたくない」 「また1週間始まると思うと辛くて眠れない」 どんなに仕事が楽しくても、週明けの月曜日を憂鬱に感じる方は多いのではないでしょうか。 私も金曜日の夜が最もハイテンションで、月曜日が近づくにつれてだんだん気分が落ち込んでいき、日曜日の夜には「この世の終わり」状態。 ですが、これからご紹介する3つの方法を試したところ、月曜日の憂鬱な気分がほんの少しだけ晴れたのです。 あくまでも私のやり方ではありますが ...

ReadMore

教員を辞めたい

中学校教員の仕事

2022/11/20

教員を辞めたいと思ったらすべき5つのこと

元中学校教員めりーです。 「毎日仕事が辛い」 「明日学校に行きたくない」 「もう先生なんて辞めたい」 分かります、その気持ち。 教員って、仕事量は多いし、拘束時間は長いし、傷付くこともしょっちゅうだし…ストレスのオンパレードですよね。 でも、残念ながら「辞めたい」と思っているだけでは事態は好転しません。 そこで、この記事では教員を辞めて民間企業に転職した私の経験を基に、「辞めたい」と思ったときにすべきことをお伝えしたいと思います。 目次教員を辞めたいと思ったらすべきこと1.とりあえず1日休む2.辞める前に ...

ReadMore

-中学校教員の仕事
-,

© 2022 めりー先生の音楽準備室