着任日の予定見出し

中学校教員の仕事

【新任教員向け】着任日の予定と出勤初日までにしておく準備

元中学校音楽教師のめりーです。着任日前日は緊張して眠れませんでした。

もうすぐ新年度が始まりますね。この春から教員になる予定の皆さん、

初日はまず何をしますか?

先生になるその日まで、何をして過ごしますか?

そんなこと言われても分かりませんよね。だって誰も何も教えてくれないんだから。

でも、着任したその日から、あなたは「先生」です。

少しでも万全な状態で出勤初日が迎えられるよう、今のうちに準備をしておきませんか?

この記事では4月から教員になる皆さんに知っておいてほしい、着任日の予定と当日までに準備することを、元中学校教員の経験を基にご紹介します。


スポンサーリンク

着任日の予定

着任日とは、実際に仕事を始める日、いわゆる最初の出勤日のことです。

一般的に「着任日に各校で行われていること」を下記に挙げましたので、
まずは、教員としての初日をどう過ごすのか、具体的にイメージしてみてください。

着任者紹介

朝一番に着任者(新任の先生と異動してきた先生)の紹介があります。

校長からの紹介程度で終わることもありますし、人数が少なければ自己紹介や挨拶を求められることもあります。

職員会議

着任者紹介のあと、職員会議がそのまま行われる場合が多いです。

職員会議では学校経営方針や年度当初のスケジュール、行事の実施要項などを確認します。

配布された資料やスケジュール帳にメモを取りつつ、疑問点があればノート等にまとめておきましょう。(後で優しそうな先輩教員に質問してください。)

分掌会議

分掌とは、校務分掌(先生たちの役割分担)のことです。
教務部、生活指導部、進路指導部、研究推進部などがあります。

分掌会議では、分掌の運営方針や分掌内での役割分担、各行事の実施要項、共有事項の確認が行われます。

職員会議よりも人数が少なく、意見も出しやすい雰囲気かと思いますので、疑問点等があれば、遠慮なく質問しましょう。

学年会

その名の通り、学年ごとの会議です。
学年経営方針や引継ぎ事項、当面の予定の確認、クラス割りの見直しを行います。

また、始業式までの期間に教室の整備や出席簿への押印など、生徒たちを迎える準備をするので、その役割分担についても話し合います。

これからの1年間、最も密接にかかわるのは所属学年の先生方ですので、お互いに協力し合えるような関係づくりに励みましょう。

職員室内の席替え

上記の学年会で職員室内の座席も決定しますので、それに沿って席替えをします。

机ごとに移動する学校もあるので、大量のほこりまみれになることも。汚れてもいい服装を準備しておくとよいでしょう。

辞令伝達式

自治体によっては辞令伝達式が行われます。

新たにその自治体に配属になった着任者と新任教員、役職があがった教員が市役所やホールなどに集まり、壇上で辞令を受け取ったり、ありがたいお話をいただいたりします。

その他

他にも教科ごとの打ち合わせ部活動の打ち合わせ教科書の仕分けを行うこともあり、初日からフル稼働で頭も体も使います。

前日は早めに就寝して体調を整えておきましょう。

着任日までに準備すること3つ

さて、出勤初日の自分の姿がなんとなくイメージできましたか?

着任日から多忙を極める教員生活で最初のうちは余裕がないと思いますので、お時間のある今のうちにやっておくといい準備を3つご紹介します。

目指す教師像、生徒の姿をイメージしておく。

改めて自分が教師を目指したきっかけや、どのような教師になりたいのか、そして、生徒に何を学んでほしいのかという根本的なことを一度じっくり考えてみてください。

教師の仕事に慣れてくると、理想を見失い、目標を見失うことがあります。

悩んだときに振り返れるよう、教師としての理想の姿と、目指す生徒の姿をノート等に書き留めておくことをおすすめします。

挨拶を複数パターン用意しておく。

着任日から1か月の間に、新任教員が挨拶する機会は何回かあります。

挨拶の対象者が違えば、それぞれに応じたスピーチのパターンが必要になります。

考えられる挨拶の機会は下記の5つですので、準備の参考にしてくださいね。

同僚(先生方)に向けての挨拶

前述の通り、出勤初日に着任者の紹介が行われます。

ここでは、これから一緒に働く先輩教員の皆さんに向けて挨拶をします。

30秒程度の軽いもので構いません。

全校生徒に向けての挨拶

新年度最初の行事に着任式があります。
その名の通り、新しく学校に着任した先生を紹介する儀式です。

初めて生徒の前で挨拶をするので気合を!と思いがちですが、
ここではフルスイングしなくて大丈夫

下記のような内容を盛り込んだ1分程度のスピーチで問題ありません。

・名前 ・担当学年 ・担当教科 

・学校(生徒)のポジティブな印象 

・簡単な抱負 etc...

稀に、「早くみんなと仲良くなりたい」という先生がいますが、

教師と生徒は友だちではないので「仲良くなる」という言葉は適切ではないように思います。

生徒を突っぱねるわけではありませんが、あくまでも教師と生徒という線引きは必要です。

学年の生徒に向けての挨拶

始業式の後、学年集会を行う学校もあります。

全校生徒への挨拶とは別に、学年生徒に向けての挨拶をする場合もあるので、準備しておくに越したことはないでしょう。

3分程度のスピーチを求められますので、「こんな学年になってほしい」という想いを生徒に伝えられるとよいと思います。

学級の生徒に向けて(学級開き)の挨拶

ここでようやくフルスイングです。

担任をするのなら、学級開きが1年間で最も大切。

「こんなクラスにしたい」という熱い想いや指導目標、これから守ってほしい学級のルールを伝えます。

でも、ダラダラと話してしまうのはNGです。

伝えたいことを簡潔にまとめておくようにしましょう。

私はスピーチが苦手だったので、目標やルールをまとめた学級通信を配布し、それを基に話すようにしていました。

学級開きに何をすればいいの?という方にはこちらの本がおすすめ

保護者に向けての挨拶

入学式や保護者会のいずれかで保護者に向けて挨拶をします。

正直一番キツイ・・・でもすごく大切です。

保護者の方は自分の子どもを、皆さんに預けています。

教師は大切なお子さまをお預かりしているという意識をもって、安心感を与えるようなスピーチをしましょう。

くれぐれも「未熟者なのでご指導ください」「生徒と一緒に成長します」は禁物。「私に任せてください!」くらい言っちゃいましょう。

学習指導要領や教育書、指導書を読んでおく。

これから教員になる皆さんにとっては当たり前のことですが、学習指導要領は授業の基本ですので、おろそかにすることなどありえません。

時間のあるうちに読んでおくことをおすすめします。

また、最初から良い授業をできる人はいませんので、初めは誰かを真似ることから始めましょう。学校が始まれば、先輩教員の授業を参観させてもらえますが、今の段階ではできません。

したがって今は現役教師や元教師の書いた教育書や指導書、その他資料を読み、知識を増やしておきましょう。

私もnoteで授業実践例を公開しているので、よければご覧ください。

関連記事
めりー先生の音楽室|note
めりー先生の音楽室|note

続きを見る

まとめ しっかり準備して良いスタートを!

この記事では着任日までの予定と当日までの準備をご紹介しました。

一般企業は最初の1か月くらい研修がありますが、教員は初日からフルスロットル!
良いスタートが切れるよう、4月までにできる限りの準備をしておきましょう。

着任日の持ち物と教員の必需品をまとめましたので、合わせてご覧ください。

関連記事
【新任教員向け】着任日の持ち物と今後の教員生活で必要な物リスト - めりー先生の音楽準備室
【新任教員向け】着任日の持ち物と今後の教員生活で必要な物リスト - めりー先生の音楽準備室

続きを見る

ちなみに、年度当初、音楽の先生には、他の教科にはない特別な仕事があり、上記で紹介した以外にも準備しなければいけないことがあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事
音楽教員が着任日までにすべき準備
音楽教員が着任日までにすべき準備

続きを見る

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

-中学校教員の仕事
-

© 2021 めりー先生の音楽準備室