指導案の書き方

中学校教員の仕事

【新学習指導要領対応】指導案の書き方や作成手順を元中学校教員が説明します。

元中学校音楽教師のめりーです。学生時代から教員になった後も幾度となく指導案を書いてきました。

教育実習や研究授業など、書く機会の多い指導案

何を書けばいいの?」「どのように作成すべき?」とお悩みの方も多いのでは?

そこで、この記事では、指導案の書き方や作成手順をご紹介します。

全校種、全教科に対応している内容ですので、指導案作成時の参考にしてみてくださいね。

この記事を読んで分かること

  • 指導案の様式例(無料ダウンロードあり)
  • 指導案の書き方とポイント
  • 指導案の作成手順
  • 指導案作成のタイムリミット


スポンサーリンク

指導案の様式例

勤務する自治体や学校、校種、教科等によって形式は異なりますが、ここでは、私が作成していた指導案を例としてご紹介します。

指導案は、題材全体に関わる部分と、本時(実際に授業を行う1時間)に関わる部分とに分かれています。

指導案様式例

用紙のサイズは通常A4で、明朝体もしくはゴシック体で記載するのが一般的です。私は見出しをゴシック体、本文を明朝体に設定していました。

この指導案のフォーマットはnoteで公開中です。word形式のデータを無料でダウンロードできるので、ご自由にアレンジしてお使いください。

無料ダウンロードはこちら

指導案の書き方とポイント

前項で紹介した様式の場合、記載する項目は以下の通りです。

0 授業の実施について
1 単元(題材)名
2 単元(題材)の目標
3 単元(題材)の評価規準 
4 指導観
5 年間指導計画における位置付け
6 単元(題材)の指導計画と評価計画
7 指導に当たって
8 本時

それでは、項目ごとに書き方とポイントをご説明します。

0 授業の実施について

指導案の書き方0

教科名・日時・対象生徒(学校・学年・学級・人数)・授業者を記載します。

場合によっては実施場所(○年○組教室や第1理科室など)も記載する場合があります。

1 単元(題材)名

指導案の書き方1

その授業が含まれる単元(題材)名を記載します。

「作曲者の思いを感じ取り、音楽のよさや美しさを味わおう」のように、生徒にとって分かりやすい単元(題材)名とするのがポイントです。

2 単元(題材)の目標

指導案の書き方2

単元(題材)全体を通して、生徒にどのような力を身に付けさせたいのかを記載します。

学習指導要領を参考に、「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に取り組む態度」3観点全てについて盛り込むのが理想的です。

3 単元(題材)の評価規準

指導案の書き方3

目標=評価規準

ですので、「2.単元(題材)の目標」と内容自体は同じで語尾や言い回しを変えるだけでOKです。

具体的には目標が「~に主体的に取り組む」であれば、評価基準は「~に主体的に取り組んでいる」です。

4 指導観

指導案の書き方4

本単元(題材)を扱う理由を「単元(題材)観」「教材観」「生徒観」の3つの項目に分けて記載します。

各項目については、具体的な根拠を明確に説明するのがポイントです。

(1)単元(題材)観

単元(題材)目標をより詳しく記載するようなイメージです。

「なぜこの本単元を扱うのか」
「本単元を通して、生徒はどのような力を身に付けることができるのか」

について、学習指導要領を根拠に説明します。

(2)教材観

この教材を扱うことが、単元(題材)目標にどうつながるのかということを具体的な根拠を基に説明します。

例えば、「音楽のよさや美しさを味わう」ためなら教材は「ボレロ」でも「魔王」でも何でもいいはず。授業者がそこで「ボレロ」を選んだ理由を明確にすることが大切です。

自分の授業を見直す大事な項目にもなり得ますので、よく考えて記載するようにしましょう。

(3)生徒観

この項目に記載するのは、

・個人や集団としての学習意欲
・既習事項の理解度
・予想される本単元の様子
・教科の基本的な知識・技能の習得状況

が一般的です。

よく「○組の生徒は行事に一生懸命」などと書かれている指導案を見かけますが、授業に関係ないことを記載するのは、おすすめできません。

5 年間指導計画における位置付け

指導案の書き方5

本単元(題材)が各学年の年間指導計画のどこの位置付いているかを簡潔に説明します。

書き方は教科や授業者によって様々ですが、単元の場合は1年間分の単元名と目標(学習内容)を表形式に記載するだけでOKです。

今回の様式例のように、題材の場合は、関わりの深い題材のみを抜き出して記載します。

6 単元(題材)の指導計画と評価計画

指導案の書き方6

単元(題材)を通して「何がしたいのか」を簡潔に記載します。

各時間の目標や学習内容と、単元(題材)全体との結びつき本時の授業と前後の授業とのつながりを意識して書くのがポイント。

参考までに書き方の例を載せておきます。

指導案例大地讃頌

画像は、私が作成した「大地讃頌」の指導案より抜粋したものです。

「大地讃頌」の授業実践例はこちらのnoteをご覧ください。

関連記事
中学音楽「大地讃頌」合唱授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note
中学音楽「大地讃頌」合唱授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

7 指導に当たって

指導案の書き方7

本単元(題材)において特に工夫する点を記載します。

どのような視点で、あるいはどのような観点に基づいて、何を工夫するのかを具体的に書くのがポイント。

いくつか例を挙げておきます。

視点や観点
・知識・技能を身に付けさせるため
・主体的に取り組めるようにするため
・思いをもって表現させるため etc...

工夫すること
・ワークシート
・板書
・班編成
・使用する資料
・学習活動 etc...

8 本時

指導案の書き方8

1時間の授業をどのような流れで行うかを具体的に記載するため、指導案の中でもこの部分が最も重要と言っても過言ではありません。

項目は「本時の目標」「本時の展開」「板書計画」の3つが一般的です。

(1)本時の目標

本時の目標は主発問や評価規準に直結するもので、目標が明確でなければ授業はうまくいきません

学習指導要領や生徒の実態、題材目標を基に、明確な目標を設定しましょう。

(2)本時の展開

この指導案を見た誰もが同じように授業を進められるのが最も理想的な形です。

そのために、本時の展開は、実際の授業を想像しながら、可能な限り具体的かつ分かりやすく記載する必要があります。

(3)板書計画

実際の授業を想定して作成しますが、実技教科など、板書を必要としない授業の場合は記載しなくて問題ありません。

指導案の作成手順

さて、前項で指導案の書き方とポイントをご説明しましたが、全項目を一度に記入することは到底不可能です。

とは言っても「何から書けば良いか分からない!」という方も多いと思いますので、ここからは指導案作成の手順をご紹介します。

手順は以下の通りです。

指導案の作成手順

それでは、各段階について詳しくご説明します。

①単元(題材)を決める。

まずは教育実習や研究授業で扱う単元(題材)を決めます。

授業を行う時期や学年も関係してきますが、なるべく自分のやりやすい箇所を選ぶのがポイントです。

単元が決まれば、指導案の「0 授業の実施について」「1 単元(題材)名」「5 年間指導計画における位置付け」を埋めることができます。

②学習指導要領の該当箇所を読む。

単元(題材)が決まれば、学習指導要領の該当箇所を確認します。

③題材目標と評価基準を決める。

学習指導要領を参考にしながら、題材目標と評価基準を決めます。

とは言うものの、年間指導計画に記載していることがほとんどなので、そちらを確認しながら、指導案の「2 単元(題材)の目標」「3 単元(題材)の評価規準」を記載します。

④使用する教材・教具を決め、教材研究を行う。

教材・教具について研究や準備を進めつつ、指導案の「4 単元(題材)観」を記載します。

教具を工夫するのであれば「7 指導に当たって」も記載できますね。

ちなみに、教材研究の進め方はこちらの記事でご説明しています。

関連記事
音楽の教材研究は何をすればいいの?具体的な方法(進め方や着眼点)をご紹介!
音楽の教材研究は何をすればいいの?具体的な方法(進め方や着眼点)をご紹介!

続きを見る

⑤単元(題材)計画・本時案を作成する。

少し大変ではありますが、単元(題材)計画と本時案は同時進行で作成するのがおすすめです。

どんなに本時が工夫を凝らした授業だったとしても、前後の授業とのつながりが感じられなければ、生徒の学びは深まりません。

単元(題材)全体の流れを意識した授業が行えるよう、「6 単元(題材)の指導計画と評価計画」「8 本時」は互いを行き来しながら記載していきましょう。

⑥模擬授業を行う。

ここまでで一通り指導案は作成し終えているので、研究授業前に一度模擬授業やイメージトレーニングを行い、指導案を修正します。

可能なら指導教員や同僚に模擬授業もしくは指導案を見てもらい、アドバイスしてもらいましょう。

また、他の先生方の指導案授業実践例を参考にするのもおすすめです。

各自治体教育委員会のHPで指導案が公開されている場合も多いので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

指導案作成のタイムリミット

前項で説明した通り、指導案は段階を踏みながら作成し、自分が納得いくまで修正を繰り返して完成させていくものです。

ですが、指導案作成にもタイムリミットはあります。

教育実習ならだいたい3日前、研究授業なら2週間前には指導案が完成しているのがベストです。

指導案作成には多くの時間を要するので、なるべく早いうちから、教材研究等の準備を行うのが理想的ですね。

というわけで、この記事では指導案の書き方や作成手順をご紹介しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

その他、授業準備に役立つ情報はこちらから。


関連記事
授業準備が間に合わない時の対処法【元教員の経験談】 - めりー先生の音楽準備室
授業準備が間に合わない時の対処法【元教員の経験談】 - めりー先生の音楽準備室

続きを見る

教育実習関連の記事はこちらから。


関連記事
教育実習の事前打ち合わせで確認すべきこと【元指導教員による教育実習準備ガイド】
教育実習の事前打ち合わせで確認すべきこと【元指導教員による教育実習準備ガイド】

続きを見る


関連記事
教育実習に必要な持ち物【元指導教員による教育実習準備ガイド】
教育実習に必要な持ち物【元指導教員による教育実習準備ガイド】

続きを見る

-中学校教員の仕事
-,

© 2021 めりー先生の音楽準備室