採点業務のコツ

中学校教員の仕事

採点業務のコツを伝授!定期テストを早く正確に丸付けする方法をまとめました。

元中学校音楽教師のめりーです。採点業務は地獄。400枚以上の解答用紙を1日~2日で丸付けするのは根気のいる仕事です。

もうすぐ定期テストだ!作るの大変だな~

と思っている先生方、本当に大変なのは、テストが終わった後の採点業務ですよ!

なぜなら、採点業務には早さと正確さの両方が求められるから。

定期テストの翌日に授業があれば、返却しないとブーイングですし、採点ミスがあれば、それこそ大問題

なるべく早く、そしてミスなく丸付けを行う術を身に付けなければいけません。

そこで、この記事では、これまで何千枚もの解答用紙と向き合っていた私の採点業務のコツ(丸付けの方法)をご紹介します。

少しでも採点業務の時間が減らせるよう、ご自分のやりやすい方法を見つけてくださいね。

テスト作成時の工夫

・問題数は少なめにする。

問題が少ない方が、採点時間が短くなるのは当然のこと。

生徒も問題が少なければ、1問あたりにかける時間が増え、ゆっくりと見直しできるようなので、お互いwinwinです。

たまに1問1点×100問で100点満点!という教科を見かけましたが、生徒も先生も大変そうでした。(確かに集計は楽ですが)

・記述問題は少なめにする。

記述問題とは、文章で解答する類の問題のことです。

生徒一人ひとりの書いた文章をじっくり読まなければいけないですし、採点基準がブレやすいので、記述問題は採点業務が滞る要因のひとつです。

ゆえに、記述問題は少なめにしておいた方が、採点時間は減らせます。

ですが、すべて記号選択問題にすればOK!というわけでもなくて、記述問題には以下のようなメリットがあるので、テストには取り入れるべきです。

記述問題を取り入れるメリット

・生徒の理解度をはかりやすい。
・問題の難易度や採点基準の厳しさを調整しやすい。
・6~10点など配点を重めにできるので、結果的に問題数を減らせる。
・空欄の生徒もいるので、その分は時間が短縮される。

教科によって適切な問題数は異なりますが、私はテストが50問だとしたら記述問題を最低3問は入れていました。

・答えがシンプルな問題をつくる。

複雑な答えだったり、「あれもこれも正解」というように答えが1つでなかったりすると、採点に時間がかかります。

なるべく答えがシンプルな問題にし、事前に採点基準を明確に決めておくことが大切です。

同僚の数学教員は、途中の計算式が複雑だけど最終的に答えが「1」のような問題が理想的と言っていました。

・解答用紙を工夫する。

採点・集計しやすい解答用紙をつくると各段に採点業務が楽になります。

詳しくはこちらの記事で紹介していますが、私は評価の観点ごとに集計ができるような解答用紙にしていました。

関連記事
定期テストの作り方とポイントを元中学校音楽教師が解説します!
定期テストの作り方とポイントを元中学校音楽教師が解説します!

続きを見る

テスト採点時の工夫

・問題ごとに区切って採点する。

1人の解答用紙を最初から最後まで丸付けして、次の生徒…というように1人ずつ採点するのではなく、全員分の1問目を丸付けしたら、次は2問目…というように問題ごとに区切るのがおすすめです。

正答が頭に入っているのでサクサク採点できますし、途中で○×の判断基準がブレることもありません。

・満点を取りそうな生徒から採点する。

基本的には出席番号順に、問題ごとに丸付けをしていくのですが、一番最初は満点を取りそうな生徒を採点すると良いです。

何となくその時のテストの難易度が分かりますし、模範解答が間違っているのに気づかず、全員分採点してしまうというミスを防ぐことができます。

・記述問題は後回しにする。

時間がかかる記述問題は後回しにし、記号選択問題など簡単なものから丸付けします。

最後にしておけば、全体的に正答率が低く、平均点がとんでもないことになりそうな場合、記述問題の採点を少し甘めにするなど調整することもできます。

・得点の計算は最後にする。

丸付けと点数計算を交互に行うのは時間がかかるので、

全員分の丸付け

大問(観点)ごとに集計

得点(100点満点)の計算

というように、得点の計算は一番最後に行うとよいです。

・得点ごとに採点ペンの色を変える。

あまりカラフル過ぎると目に悪いので、多くても3種類くらいですが、

1点の問題→青色 2点の問題→赤色

のように、得点によってペンの色を変えておけば、集計が楽になります。

ちなみに私が使っていた採点ペンはこちら。

(紹介はしましたが、丸付けをしているとすぐにインクがなくなるので、事務室にあるものを使うことをおすすめします。)

・△の中に点数を書く。

○ではないけれど×でもない解答の場合、△を付けることもあるかと思います。

その際は、△の中に何点付与するかを記載しておくと、集計が楽ですし、生徒にとっても分かりやすくて親切です。

・空欄解答には×を付ける。

生徒の解答が間違っている時はですが、解答欄が空欄の場合は×を付けるようにします。

そうすることで、返却後に正答を書き込むという不正行為未然に防ぐことができます。

・間違っている箇所に印を付ける。

例えば生徒の解答に漢字のミスがあった場合、私はその誤った漢字を囲んで正しい答えを書きます。

単純に下線を引くだけでも良いのですが、間違っている箇所を明確に示すことで、採点ミスを減らせますし、テスト返却後に正当に書き直すという不正行為も防げます。

まとめ 採点業務は早く正確に!

さて、この記事では、私が行っていた丸付けの方法をご紹介しました。

私はこの方法で何の問題もなく採点業務を行うことができていましたが、人によってやりやすさに差異はあるかと思います。

ぜひご自身のやりやすい方法で、早く正確に採点業務を行ってくださいね。

というわけで、今回の記事は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

音楽授業の指導案・ワークシートダウンロードはこちら


教育実習生へのアドバイス

中学校教員の仕事

2022/9/18

教育実習生の心構えとは?元指導教員が伝えたい、7つの大切なこと

元中学校教員めりーです。過去に教育実習生の指導教員をしていました。 もうすぐ教育実習に向かう皆さん、準備は順調ですか? 教育実習って実際どんな感じなんだろう?ちゃんとうまくやれるかな? と不安な方も多いと思います。 そこで、この記事では、教育実習に臨むにあたっての心構えを老婆心ながらお伝えします。 元指導教員からのお節介なアドバイスですが、読んでいただき、少しでも教育実習に向けて心の準備を整えていただけたら嬉しいです。 目次教育実習生に知ってほしい心構え7つ1 「先生」の自覚をもとう!2 「いのち」を守ろ ...

ReadMore

合唱コン前のおすすめ授業ネタ

行事に関すること

2022/9/18

合唱コンクール前におすすめの音楽授業ネタ「審査員になろう」

元音楽教師めりーです。校内合唱コンクール前におすすめの授業をご紹介します。 合唱コンクールを控えている先生方、「生徒が合唱練習に真剣に取り組んでくれない」とお悩みではないですか? 実は、その原因は合唱に対して明確な目標がないからかもしれません。 そんな時に私がいつも行っていたのが、「審査員になろう」という比較鑑賞の授業です。 審査する側になって合唱を鑑賞することで、生徒たちはどのような合唱にしたいのか明確な目標を立てられるようになるはず。 というわけで、この記事では、そんな「審査員になろう」の進め方をご紹 ...

ReadMore

憂鬱な月曜日を乗り切る秘訣

中学校教員の仕事

2022/9/18

憂鬱な月曜日を乗り切る3つの秘訣とは?

元教員のめりーです。「つらい月曜日」を「楽しみな月曜日」に変える方法をご紹介します。 「明日仕事に行きたくない」 「また1週間始まると思うと辛くて眠れない」 どんなに仕事が楽しくても、週明けの月曜日を憂鬱に感じる方は多いのではないでしょうか。 私も金曜日の夜が最もハイテンションで、月曜日が近づくにつれてだんだん気分が落ち込んでいき、日曜日の夜には「この世の終わり」状態。 ですが、これからご紹介する3つの方法を試したところ、月曜日の憂鬱な気分がほんの少しだけ晴れたのです。 あくまでも私のやり方ではありますが ...

ReadMore

教員を辞めたい

中学校教員の仕事

2022/9/18

教員を辞めたいと思ったらすべき5つのこと

元中学校教員めりーです。 「毎日仕事が辛い」 「明日学校に行きたくない」 「もう先生なんて辞めたい」 分かります、その気持ち。 教員って、仕事量は多いし、拘束時間は長いし、傷付くこともしょっちゅうだし…ストレスのオンパレードですよね。 でも、残念ながら「辞めたい」と思っているだけでは事態は好転しません。 そこで、この記事では教員を辞めて民間企業に転職した私の経験を基に、「辞めたい」と思ったときにすべきことをお伝えしたいと思います。 目次教員を辞めたいと思ったらすべきこと1.とりあえず1日休む2.辞める前に ...

ReadMore

教員の自己紹介例文

中学校教員の仕事

2022/9/18

教員の自己紹介は何を話すべき?シーン別の例文を紹介!

元中学校教員めりーです。 もうすぐ新年度! 先生になる予定の皆さん、準備は万端ですか? 授業はうまくいくかな?生徒指導はちゃんとできるかな?と不安なことが多いと思いますが、それ以前に考えなければならないことがあります。 それは、自己紹介で何を話すかです。 新年度は、あらゆる場面で自己紹介をすることになるので、この記事では教員の自己紹介の内容をシーン別にご紹介します。 目次教員が自己紹介をするタイミングは?教員の自己紹介例文(シーン別)・着任挨拶・始業式(着任式)・学年集会・学級開き・授業開き・保護者会まと ...

ReadMore

先生の話おすすめネタ

中学校教員の仕事

2022/9/18

「先生の話」の内容は?おすすめのネタ、仕掛けまとめ

元中学校教員めりーです。今回は、生徒の前で何を話せばいいの?と悩んでいる方向けの記事です。 学年集会などで「次は○○先生のお話です。」と話を振られても、何を話せば良いか分からない!という方も多いのではないでしょうか。 この記事では、「先生の話」で使えるおすすめネタや仕掛けをご紹介しますので、ご自身のスピーチの参考にしていただければ幸いです。 ネタ以前に、そもそもどうやって話し始めればいいかが分からない方はこちらの記事をご覧ください。 目次「先生の話」って何を話せばいいの?「先生の話」に使えるネタや仕掛けお ...

ReadMore

学年集会ネタ

中学校教員の仕事

2022/9/18

学年集会などに役立つ!「先生の話」の組み立て方

元中学校教師めりーです。学年集会等での「先生の話」にお困りの方向けの記事です。 もうすぐ先生になる予定の皆さん、「次は○○先生のお話です。」と振られて、ちゃんと話ができそうですか? 何をどう話せば良いか分からないという方がほとんどだと思います。 この記事では、「先生の話」の組み立て方をご紹介しますので、よければ参考にしてみてくださいね。 目次まず考えるべき3つのこと①誰に向けた話か②何を伝えたいのか③どのように伝えるのか「先生の話」の型(基本的な流れ)三部構成とは?有名なアノ話を例にすると…まとめ 最大の ...

ReadMore

教員の服装は?毎日の授業から入学式まで

中学校教員の仕事

2022/9/18

中学教員の服装は?毎日の授業から入学式まで徹底解説!

元中学校教員めりーです。 この記事では、 ・中学校の先生は毎日何を着ているの? ・入学式や卒業式など特別な日はどんな服装がベスト? ・着任日(出勤初日)の服装は? という疑問にお答えすべく、中学校教員の服装を徹底的に解説します。 毎日の授業から入学式などの行事まで、中学校でよく見かけるコーディネートを紹介しますので、参考にしていただけたら幸いです。 目次教員はTPOに合わせてスーツ着用!スーツを着るのはどんなとき?スーツの色や柄、インナーは?予備のスーツがあれば安心!ブラックフォーマルの準備も。男性教員の ...

ReadMore

-中学校教員の仕事
-, ,

© 2022 めりー先生の音楽準備室