写譜の目的や方法見出し

自習課題

自習課題の定番!写譜の目的や方法を元音楽教師がご説明します。

元中学校音楽教師のめりーです。生徒によっても得意不得意が分かれる「写譜」についてご紹介します。

授業中の自習時間や自宅学習時の課題に取り入れやすい写譜

手本とする楽譜によって難易度を変えることができるので、小学校から高校まで、すべての校種で実施することが可能です。

ですが、写譜をさせる目的や方法が生徒にちゃんと伝わっていないと、「どうして楽譜を書き写すの?」「適当に写せば良くない?」と思われ、あまり課題として意味をなさない場合もあります。

そこで、この記事では、写譜を行う意味と、私が実際に生徒に説明していた写譜の進め方とポイントをご紹介します。

授業やレッスン時の課題として、「写譜をやらせてみよう!」と思っている方は参考にしてみてくださいね。

ちなみに私は実技試験中の自習課題に写譜を取り入れていました。(実技試験の進め方はこちら

関連記事
中学音楽 実技試験(歌唱)の進め方と評価方法|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 実技試験(歌唱)の進め方と評価方法|めりー先生の音楽室|note

続きを見る


スポンサーリンク

何のために写譜を行うのか。課題としての意味や目的は?

歌をうたう、楽器を演奏するなど音楽活動を行う際、楽譜は必要不可欠ですよね。

ですが、楽譜を正確に読み取るにはそれなりの経験知識が必要です。

例えば、ここに4小節の楽譜があります。

写譜のやり方

この楽譜からは、旋律の動きリズムに加えて、調拍子速度強弱アーティキュレーションなど、演奏時に必要な、様々な情報を得ることができます。

ですが、楽譜の読み方を知らなければ、その情報に気付くことさえできません。

そこで、写譜の出番です。

楽譜を正確に書き写すことにより、「ここにこんな記号が付いているのか」「この部分はアルトとテノールが同じ動きをしているな」という情報に気付くことができ、そこで得たことを、演奏活動に生かすことができます。

つまり、写譜を行う目的は、

よりよい演奏表現のための情報を素早く得られるよう、楽譜に慣れさせること

だと言えます。

この目的を伝えるのと伝えないのとでは、生徒の写譜に対するモチベーションは大きく変わります。

写譜に限ったことではありませんが、この課題(活動)は何のために行うのかということを明確に示すことが大切ですね。

写譜の課題として適切な曲や長さは?

前項でご説明した通り、日頃の演奏活動に生かすために写譜を行うので、課題(例となる楽譜)は、校歌合唱曲など生徒が表現活動に取り組んでいる曲が適しています。

また、長さ(小節数)は、8小節~40小節くらいがちょうど良いです。

私が実技試験中(約50分間)の自習課題に設定する時は、混声三部合唱の楽譜から16小節抜き出していました。(課題をクリアできる生徒は3分の1くらい)

写譜を課題にする際の注意点

生徒に写譜を課す際にはいくつか注意しておきたいことがあります。

・事前に楽譜の書き方を確認

・縦線を書かない。
・定規を使って音符のぼう(符幹)を書く。
・けた(連桁)を黒く塗りつぶす。

など、楽譜の書き方を知らないがゆえに間違えたり、時間が足りなかったりする生徒が稀にいます。

それでは写譜をやらせる意味がないので、取り組ませる前に楽譜の書き方を全体で確認しておくことが大切です。

・生徒のレベルに合った課題を用意

これは写譜に限ったことではありませんが、生徒にとって簡単すぎても難しすぎても適切ではないので、ちょうどよいレベルの課題を設定しなければいけません。

課題の難易度を低め(小節数を少なめ)に設定し、五線譜を余分に渡して「時間が余れば続きを記入してください。」としておくのもひとつの手です。

・評価の基準は明確に

課題を出すからには、評価を付けなくてはなりません。

その際、例えば「きれいに書けていなければ減点」のような評価規準だと曖昧で分かりづらいので、「何段目まで書けていたらA」「拍の頭の音符が揃っていないと減点」など、基準は具体的かつ明確に設定するようにしましょう。

写譜の進め方とポイント

それでは最後に私が生徒に説明していた写譜の進め方とポイントをご紹介します。

1.縦線・終止線を書く。

縦線と終止線

まずは、手本を見ながら縦線終止線を記入します。

線を引く際は、定規を使うと、楽譜がより見やすくなります。

2.音部記号、調号、拍子記号を書く。

写譜のやり方2

ト音記号やヘ音記号の書き方にはルールがあるので、よく手本を真似ながら書くことが大切です。

また、拍子記号の、数字と数字の間の横線楽譜を書く際には省略します。

3.音符・休符を書く。

楽譜の書き方

1小節内にすべておさまるよう、配分を考えながら音符休符を書き込みます。

拍の頭を揃えて書くのがポイントです。

4.演奏記号を書く。

強弱記号の位置や、演奏記号の意味を意識しながら楽譜に書き込むようにします。

5.歌詞を書く。

歌詞の書き方

音符と歌詞の位置を揃えるように書き込みます。

※生徒への伝え方

私が生徒に伝えていた写譜の進め方やポイントは以上です。

口頭での説明だと分かりづらい部分もあるので、私は上記の説明を1枚のプリントにして、写譜の課題とともに生徒に渡していました。

そのプリントはこちらのnoteで公開しています。

関連記事
音楽 自習課題【写譜】説明用プリント|めりー先生の音楽室|note
音楽 自習課題【写譜】説明用プリント|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

まとめ 写譜は読譜に効果的な課題!

というわけで、この記事では写譜の目的や方法をご紹介しました。

記事の冒頭でも述べた通り、生徒に写譜を行う意味や進め方を理解してもらえれば、写譜は非常に有意義で、楽譜を読むのに効果的な課題となります。

ぜひ、音楽の授業やレッスンに取り入れてみてくださいね。

その他、自習課題に関する記事はこちら。

関連記事
音楽の自習って何をすればいいの?すぐに実践できるアイディアをご紹介します。
音楽の自習って何をすればいいの?すぐに実践できるアイディアをご紹介します。

続きを見る

-自習課題
-, , ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室