教育実習の内容と1日の流れ

中学校教員の仕事

教育実習の内容と1日の流れ【元指導教員による教育実習準備ガイド】

元中学校音楽教師のめりーです。過去に教育実習生の指導教員をしていました。

もうすぐ教育実習に向かう予定の皆さん、心の準備はできていますか?

初めての実習だと、具体的に何をするのか、どのように過ごすのかが分からないですよね。

そこで、この記事では、教育実習の内容と1日の流れをご紹介します。

教育実習期間はかなりハードなので、しっかり準備をして、万全の状態で実習に臨むようにしてくださいね。


スポンサーリンク

教育実習って何をするの?

教育実習は、教員の仕事を間近で見て、実際に体験することができる、唯一のチャンスです。

保護者対応や校務分掌など実習生に任せられない仕事もありますが、ここでは実習中に課せられる具体的な仕事内容を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

・学級に関すること

実習中は指導教員の学級運営に関わり、担任業務の一部を体験します。

具体的には、

・朝学活、終学活の運営
・給食指導
・道徳や総合的な学習の時間の授業
・清掃指導

あたりを教育実習生に任せることが多いです。

また、上記の業務以外に、休み時間や放課後等に積極的にクラスの生徒と関わり、人間関係を築くことが、実習をうまくやり遂げる秘訣!

生徒たちと良い関係を築ければ、研究授業もきっとうまくいくはずです。

・授業に関すること

実習期間が3週間の場合、

最初の1週間→授業見学
残りの2週間→全授業実施

というのが一般的です。

実際の生徒の前で授業が行えるのは教育実習だけなので、本当に教員になりたい方にとっては、絶好の機会です。

ただ、教員と違うことが1つだけ。

それは、毎回の授業で指導案を書くことです。

指導案を作成する目的は、指導の目標や流れ、評価を自分にも他人にも明確にすることなので、誰が見ても自分と同じように授業ができるような指導案を作成するよう心がけましょう。

研究授業だけちゃんとした指導案で、日頃の授業は略案でOKという指導教員が多いので、そこまで構えなくても大丈夫です。

また、可能な限り、様々な教科や学年の授業を見学することをおすすめします。

学年や学級、教科、担当教員によって授業の進み方や雰囲気は全く異なりますので、より多くの授業を見学することは将来の自分の為になるはずです。

・行事に関すること

実習期間が運動会や合唱コンクール等の行事の時期に被る場合があります。

実習生にも教員と同じように、係分担を割り当てる学校もあるので、行事運営を知る良い機会になります。

私の勤務校でも毎年運動会の時期に教育実習を行い、実習生には用具係や招集係の担当をしてもらっていました。

・委員会や部活動に関すること

放課後の委員会活動や部活動も見学することができます。

ただ、指導案の作成や実習日誌の記述等やるべきことが終わってから参加するなど、優先順位を付けることが大切です。

スポンサーリンク

教育実習中の1日の流れ

さて、前項では実習内容をご説明しましたが、ここからは中学校の時間割と教員の勤務時間、実習生の1日の過ごし方をご紹介します。

中学校の時間割と教員の勤務時間

自治体や学校によって時間割や教員の勤務時間は異なりますが、参考までに私が勤務していた学校の時間割をご紹介します。

07:30 部活動朝練習開始

08:15 職員朝礼

08:25 出欠確認・朝読書・SHR(朝学活)

08:50 午前の授業開始

12:40 給食・昼休み

13:25 午後の授業開始

15:15 SHR(終学活)・清掃

15:40 放課後(委員会活動・部活動など)

18:30 生徒完全下校

私が所属していた自治体の勤務時間は08:15~16:45でしたが、生徒が学校にいるのに出勤しないわけにもいきませんし、授業準備や校務分掌、保護者対応等様々な業務は生徒の下校後に行うことになります。

したがって、実際の勤務時間は07:00~20:30くらいです。

では、実習生の勤務時間や1日の流れはどうでしょうか。

実習生の勤務時間と1日の流れ

実習生の勤務時間も教員と同じく08:15~16:45と示されます。

ですが、指導案を添削してもらったり、教員の様々な業務を手伝ったりするので、実際の勤務時間は07:45~19:00くらいになるかと思います。

というわけで、実習生の1日の流れはだいたいこんな感じ。

07:45 出勤

08:00 指導教員との打ち合わせ

08:15 職員朝礼

08:25 出欠確認・朝読書・SHR(朝学活)

08:50 午前の授業開始

12:40 給食・昼休み

13:25 午後の授業開始

15:15 SHR(終学活)・清掃

15:40 放課後

(委員会活動・部活動見学、指導教員との打ち合わせ、授業準備、指導案作成、実習日誌記述等)

19:00 退勤

休み時間や放課後には生徒が集まってくるので、唯一自由な時間は授業の空き時間くらいです。

ですが、その空き時間には他教科の授業の見学や授業準備、指導案作成を行うことになるので、実質休む暇はありません。

まとめ 万全の状態で実習に臨もう

この記事では教育実習の内容と1日の流れをご紹介しました。

ご覧いただいた通り、実習期間は本当にハードです。

実習前にできる限りの準備をしておき、休める時にはしっかり休んで、体調を崩すことのないよう、実習に励んでくださいね。

教育実習中の課題は指導案作成!書き方はこちらをご覧ください。

関連記事
【新学習指導要領対応】指導案の書き方やポイント、作成手順まとめ
【新学習指導要領対応】指導案の書き方やポイント、作成手順まとめ

続きを見る

その他の教育実習に関する記事は以下のリンクよりご覧ください。


関連記事
教育実習に必要な持ち物【元指導教員による教育実習準備ガイド】
教育実習に必要な持ち物【元指導教員による教育実習準備ガイド】

続きを見る

-中学校教員の仕事
-

© 2021 めりー先生の音楽準備室