ヴィヴァルディ作曲「春」ポイント

鑑賞授業

ヴィヴァルディ作曲「春」のポイントを元中学校音楽教師が解説!

元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業経験を基に教材のポイントをご紹介します。

TV番組や式典などで耳にすることの多い、ヴィヴァルディ作曲の「春」

中学校音楽の教科書に掲載されているので、今まさに授業準備をしている、テスト勉強中という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、元中学校音楽教師が、自身の過去の授業実践を基に、ヴィヴァルディ作曲「春」のポイントを解説します。

「春」の授業実践例はnoteで公開しています。指導案やワークシートをお探しの方はこちらをご覧ください。

関連記事
中学音楽「四季」より「春」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note
中学音楽「四季」より「春」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

スポンサーリンク

ヴィヴァルディ作曲「春」のポイント

「春」を鑑賞する際におさえておきたいことは以下の5つです。

「春」鑑賞のポイント

①正式名称は「春」ではない

協奏曲というジャンルである。

③演奏楽器は弦楽器が主軸

リトルネッロ形式で構成されている。

ソネットが曲最大の鍵。

では各ポイントについて詳しく説明します。

①正式名称は?

「春」はヴィヴァルディが作曲した「和声と創意の試み」というヴァイオリン協奏曲集の中の第1曲で、正式名称は「協奏曲第1番ホ長調 RV 269」です。

和声と創意の試み」では、

第1曲が「
第2曲が「
第3曲が「
第4曲が「

の情景を表しているので、総称して「四季」と呼ばれていますが、作曲者自身がそのように称したわけではありません。

とは言うものの、教科書にも『「四季」より「春」』と書かれるほど世間には浸透しています。

②協奏曲とは?

協奏曲とは、独奏楽器(群)と合奏によって演奏される曲のこと。

コンチェルトとも言います。

独奏楽器がピアノなら「ピアノ協奏曲」というような呼び方をします。

したがって、ヴァイオリン協奏曲集「和声と創意の試み」の中の1曲である「春」は、ヴァイオリンを独奏楽器とした協奏曲ということが分かりますね。

では、その他の楽器編成はどうなっているのでしょうか。

③演奏楽器は?

独奏楽器:ヴァイオリン
合奏:ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、チェンバロ

※ここでは一般的な楽器編成をご紹介しています。

春演奏楽器

「春」は上記の楽器によって演奏される協奏曲ですが、この曲が誕生した当時、協奏曲のほとんどは「リトルネッロ形式」と呼ばれる形式で作られていました。

では、リトルネッロ形式とはどのような形式のことなのでしょうか?

④リトルネッロ形式とは?

リトルネッロ形式とは、リトルネッロと呼ばれる主題を何度も挟みながら進行する形式のこと。

協奏曲では、リトルネッロを全合奏で、リトルネッロに挟まれた部分を独奏楽器(群)が演奏します。

詳しくは、イラスト付きで解説しているこちらの記事をご覧ください。

関連記事
リトルネッロ形式とは?「春」の演奏楽器を例に分かりやすく解説!
リトルネッロ形式とは?「春」の演奏楽器を例に分かりやすく解説!

続きを見る

「春(第1楽章)」の場合、
春がやってきた」というソネットで表される旋律が主題(リトルネッロ)です。

では、ソネットとは何でしょうか?

⑤ソネットとは?

ソネットとは、14行からなる詩のことです。

「春」にはソネットが付いていて、各ソネットの表す情景を音楽で表していることが、この曲の最大のポイントです。

詳しくはこちらの記事で解説していますので、合わせてご覧ください。

関連記事
ソネットとは?中学音楽鑑賞授業「四季」より「春」(ヴィヴァルディ)
ソネットとは?中学音楽鑑賞授業「四季」より「春」(ヴィヴァルディ)

続きを見る

「春」のソネットの作詞者は分かっていませんが、ヴィヴァルディ本人が作詞したのでは?とも言われているようです。

300年以上も前の話なので真相は闇の中ですが・・・

ヴィヴァルディ作曲「春(第1楽章)」をイラストで表してみた!

ここまでの話を踏まえ、各ソネットの情景を表したイメージと曲の構成(演奏形態)をイラストで表してみました。

矢印に沿って曲は進んでいきます。

春イラスト

なんとなく曲についてはご理解いただけたでしょうか?

このイラストを見ながら「春(第1楽章)」を聴くと、イメージや曲の構成がつかめると思いますので、ぜひお試しください。

というわけで、この記事ではヴィヴァルディ作曲「春」のポイントを元中学校音楽教師の目線でご紹介しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

「春」を鑑賞する際は、ぜひ演奏動画をご覧ください。協奏曲やリトルネッロ形式の演奏方法がより分かりやすくなるはずです。

私のおすすめDVDはこちら。

記事の冒頭でも紹介しましたが、授業実践例(指導略案やワークシートダウンロード可)は、こちらのnoteをご覧ください。

関連記事
中学音楽「四季」より「春」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note
中学音楽「四季」より「春」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

-鑑賞授業
-,

© 2021 めりー先生の音楽準備室