オペラとミュージカルを分かりやすく解説

鑑賞授業

オペラとミュージカルの違いを元音楽教師が解説!

元中学校音楽教師めりーです。オペラとミュージカルの違いを分かりやすく解説します。

歌やダンス、演劇が楽しめるオペラミュージカル

なんとなく「オペラの方が古そう」「ミュージカルの方が楽しそう」など両者が別物であることは分かっているものの、どこがどう違うのか分からない!という方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では私が教員時代に授業で説明していたことを基に、オペラとミュージカルの違いを解説します。

オペラとは?

オペラは、歌を中心に物語が進む歌劇のこと。

演劇と同じように、華やかな衣装に身を包んだ出演者が舞台上で演技をしますが、大半の部分(特に役柄の感情表現)が歌手による歌唱で進められるのが特徴です。

ミュージカルとは?

ミュージカルとは、音楽とセリフ、ダンスを合わせた演劇のこと。

音楽が主体のオペラとは異なり、ミュージカルは演劇が主体で、役者が歌ったり踊ったりしながら物語が進行します。

まだ違いはよく分からないですよね…実は、オペラとミュージカルの違いを知るためのカギは、その成立背景にあるので、まずは歴史を簡単にご紹介します。

オペラとミュージカルの成立背景は?

オペラは、16世紀のイタリアで「ギリシア悲劇を復活させよう!」とした人々が生み出した音楽劇が始まりと言われています。

当時の音楽は「王や貴族のためのもの」で、オペラも貴族や上流階級の富裕層に向けた舞台芸術として上演されていました。

ところが、革命期に入り、市民の力が増したことで、音楽も「市民のためのもの」となります。

そこで、「オペラをより大衆にも分かりやすく!」と18世紀に誕生したのがオペレッタです。

オペレッタは、「小さなオペラ」と呼ばれ、オペラよりも小規模ながらエンターテインメント性が増した音楽劇。

このオペレッタがアメリカに渡り、そこにバレエポピュラー音楽などの要素が加わってできたのが、ミュージカルです。

ミュージカルがショービジネスとして誕生したのは19世紀のこと。

オペラの流れを汲んで誕生したのがミュージカルというわけですね。

では、この成立背景を踏まえて、オペラとミュージカルの違いを見ていきましょう。

オペラとミュージカルの違いは?

①歌い方(発声方法)

オペラは「歌」が重視されているので、歌手はマイクを使用しません。(そもそもオペラが誕生した当時はマイクなどありませんでしたからね。)

ゆえに、自分の声を会場中に響かせねばならず、ベルカント唱法と呼ばれる独特な発声方法で歌います。

モーツァルト「魔笛」より"夜の女王のアリア"

一方、ミュージカルの役者はマイクを使用するので、地声やミックスボイスなど普段と同じような発声で歌います。

「サウンドオブミュージック」より"ドレミの歌"

オペラとミュージカルはなぜ歌うの?

オペラは「歌劇」なので、登場人物のセリフにメロディが付いていることが多く、物語の進行上「歌」は欠かせません。

ミュージカルの場合は、セリフ主体で物語が進んでいく中、登場人物の感情が高ぶった場面で「歌」や「ダンス」を取り入れることが多いです。「さっきまで話していたのに急に歌いだした!」と感じるのは、そのためですね。

②BGM

オペラの上演中は、舞台と客席の間のオーケストラピットでオーケストラが歌声に合わせて生演奏しています。

一方、ミュージカルでは、あらかじめ録音された音楽や効果音を使用することが多いです。

③出演者の役割

オペラ歌手の主な役割は「歌うこと」で、ソプラノやテノールなどの声部(声のパート)に分かれて独唱重唱を行います。

ゆえに、ダンスはダンサー、合唱は合唱団というようにそれぞれの役を専門キャストが担っています。

一方、ミュージカルでは、全ての役者が「歌」「セリフ」「ダンス」とマルチに活躍します。

「歌」だけに体力を使うわけにはいかないので、マイクを使用するのかもしれませんね。

④ストーリー

元々「ギリシャ悲劇の復活を!」との思いから誕生したオペラには悲劇が多く、ショービジネスとして誕生したミュージカルにはハッピーエンドやコメディ要素の強いものが多いです。

ただ、全部が全部そうというわけではなく、オペラにも喜劇はありますし、ミュージカルにも悲劇はあります。

⑤上演時間・公演状況

オペラの上演時間は、2時間から、長いもので4時間半くらい。

その間マイクも使わずに歌う歌手の体力消耗は激しく、公演は1日に1度ですし、ひとつの作品の公演期間も長くはありません。

ミュージカルの上演時間は、2時間から3時間くらい。

「昼の部」「夜の部」のように1日に複数回公演が行われることも多く、一つの作品も長期間にわたり上演されています。

オペラとミュージカルの違いは、ざっくりとこんなところです。

オペラとミュージカルを見比べよう!

さて、いろいろと申しましたが、同じ題材のオペラとミュージカルを比較鑑賞すると、その違いがより明確に分かります。

ここでは、オペラ「アイーダ」とミュージカル版「アイーダ」のダイジェストをご紹介しますので、ぜひ見比べてみてください。

新国立劇場オペラ「アイーダ」ダイジェスト映像 Aida-NNTT - YouTube
オペラ「アイーダ」ダイジェスト

www.youtube.com

ミュージカル アイーダ :: 劇団四季:: プロモーションビデオ - YouTube
ミュージカル「アイーダ」ダイジェスト(劇団四季)

www.youtube.com

まとめ オペラとミュージカルは別物!

さて、この記事ではオペラとミュージカルの違いをご紹介しました。

その成立背景から特徴まで、似ているようで全く違う芸術ということがお分かりいただけたでしょうか?

それぞれに良さがあるので、どちらの鑑賞も楽しんでいただけたら嬉しいです。

ちなみに、私は音楽の授業の中で、オペラとミュージカルの比較鑑賞をしていました。

以下の授業実践例には、今回の解説を1枚のプリントにまとめたものも載せてありますので、よければこちらからご覧ください。

というわけで、今回の記事は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。


音楽の単発授業アイディア

授業の基本

2022/9/18

準備しておくと安心!音楽の単発授業ネタまとめ

元音楽教師めりーです。1時間で完結する簡単な音楽授業をご紹介します。 学校現場では、授業変更や補教等で、突然、授業を行わなければいけなくなることがありますよね? 年間指導計画に沿って、前もって授業準備を行っていれば問題ないのですが、実際はそうもいかず… 「急に音楽の授業をすることになったけど、何したらいいの?」と焦った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? そこで、そのような事態に陥らないために、いくつかの単発授業ネタを持っておくことをおすすめします! この記事では、そんな音楽の単発授業をご紹介しま ...

ReadMore

ICT活用の音楽授業「調べ学習」

器楽・創作・ICT授業

2022/9/18

音楽授業における「調べ学習」のポイントとテーマ例

元音楽教師めりーです。ICT活用の定番「調べ学習」についてお話しします。 GIGAスクール構想により、ICTを活用した授業が求められる今、音楽の授業でどのように活用すべきか悩んでいる先生方は多いと思います。 そんな中、真っ先に思い付くタブレット活用方法は、「調べ学習」ではないでしょうか。 確かに、アプリをインストールするなど準備の必要がないので、手軽に授業の中に取り入れやすいですよね。 ですが、授業の中で「調べ学習」を行う際には、注意しなければならないことがあります。 そこで、この記事では、音楽授業におけ ...

ReadMore

授業の基本

2022/9/18

音楽教員の必需品!授業に役立つアイテム5選

元音楽教員めりーです。 この記事では、私の音楽教員生活の中で、「これは無くてはならない!」と思った授業アイテムを5つ厳選してご紹介します。 \教員生活全般で必要な持ち物はこちら/ 音楽授業に役立つアイテム5選 ①タイマー 授業中の活動時間を区切るためにタイマーは必須。 生徒の様子を見て「そろそろ終わりにしよう」なんて声をかけることもありますが、「活動時間はあと○○分」と明示している方が分かりやすく、生徒も活動に集中しやすくなります。 おすすめは、大きな表示で見やすく、黒板に貼れるマグネットタイプのものです ...

ReadMore

鑑賞授業

2022/9/18

「二枚目」も「修羅場」も!日常的に使われる、歌舞伎由来の言葉

元中学校音楽教師のめりーです。歌舞伎が由来とされている言葉をご紹介します。 \歌舞伎について詳しく知りたい方はこちら/ 一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる、歌舞伎。 ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、歌舞伎を由来とするものが多くあります。 そこで、この記事では、そんな歌舞伎由来の言葉から特に馴染み深いものを厳選してご紹介します。 板に付く 「板に付く」とは、経験を積んで、動作や態度が地位・職業などに合うようになること。 元々は、 板=舞台 付く=しっくり合う という意味で、経験 ...

ReadMore

きらきら星変奏曲解説

鑑賞授業

2022/9/18

実は恋の歌!?モーツァルト作曲「きらきら星変奏曲」を解説!

元音楽教師めりーです。今回は、あの有名な「きらきら星」について解説します。 「きらきら星変奏曲」という名で知られる、こちらの音楽。 モーツァルトが作曲したことでも有名ですが、実はこの曲は、ある音楽の旋律を引用して作られたもので、原曲は他にあるのです。 では、その原曲とはいったいどのような音楽なのでしょうか? というわけで、この記事では、そんな「きらきら星変奏曲」の原曲やその他のアレンジ、演奏・鑑賞時のポイントをまとめてみました。 目次原曲は恋の歌!「きらきら星変奏曲」の正式名称は?→変奏曲とは?原曲『ああ ...

ReadMore

音楽授業におすすめのミニゲーム

ゲーム・クイズ

2022/9/18

音楽授業のスキマ時間におすすめのミニゲーム「ドレミでクラップ」

元音楽教師めりーです。この記事では音楽授業におすすめのミニゲームをご紹介します。 ほんの少しだけ授業時間が余ってしまった… どんよりした授業の雰囲気を変えたい… そんな時に私が取り入れていたのが、ミニゲーム「ドレミでクラップ」! 所要時間は1~3分ほどで、サクッと授業の雰囲気を和らげることのできる活動です。 やり方は非常に簡単で、何の準備もいらないので、授業で困ったその瞬間に取り入れることができますよ。 それでは「ドレミでクラップ」の進め方をご紹介します。 ミニゲーム「ドレミでクラップ」の進め方 ①生徒そ ...

ReadMore

世界の民族音楽授業案

常時活動

2022/9/18

世界の民族音楽を楽しく鑑賞!おすすめの常時活動「ミュージックトラベル」

元中学校音楽教師のめりーです。民族音楽の授業にお悩みの先生方に提案があります。 世界の諸民族音楽について、 ・数種類の音楽を鑑賞し、教師による説明を聞いて、感想を書く ・ホーミーやケチャなどの民族音楽をみんなで体験する という活動を軸に、1~2時間扱いの授業を行う先生が多いと思います。 ですが、1時間の中で数種類の音楽を立て続けに聴くと生徒は途中で飽きてしまいがち。 それに乗り気でない生徒に無理に活動を強要すれば、かえって音楽へのマイナスイメージは強まってしまいます。 そこで、私が提案したいのは、民族音楽 ...

ReadMore

早春賦の意味やポイントまとめ

歌唱授業

2022/9/18

「早春賦」歌詞の意味や作曲背景などポイント総まとめ!

元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業経験を基に「早春賦」のポイントをご紹介します。 春を待ちわびている人々の思いや朗らかな風景を表現した日本の名曲「早春賦」。 教科書にも掲載されているので、今まさに授業準備をしている、あるいはテスト勉強中という方も多いと思います。 そこで、この記事では、「早春賦」の歌詞の意味や作曲背景など学習する際に役立つポイントをご紹介します。 学生の皆さんはもちろん、これから授業を行う先生方のお役に立てれば幸いです。 目次「早春賦」のポイント1.そもそも「早春賦」ってどういう意味 ...

ReadMore

-鑑賞授業
-, , , , ,

© 2022 めりー先生の音楽準備室