オペラとミュージカルの違い

鑑賞授業

オペラとミュージカルの違いを元音楽教師が解説!

元中学校音楽教師めりーです。オペラとミュージカルの違いを分かりやすく解説します。

歌やダンス、演劇が楽しめるオペラミュージカル

なんとなく「オペラの方が古そう」「ミュージカルの方が楽しそう」など両者が別物であることは分かっているものの、どこがどう違うのか分からない!という方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では私が教員時代に授業で説明していたことを基に、オペラとミュージカルの違いを解説します。

オペラとは?

オペラは、歌を中心に物語が進む歌劇のこと。

演劇と同じように、華やかな衣装に身を包んだ出演者が舞台上で演技をしますが、大半の部分(特に役柄の感情表現)が歌手による歌唱で進められるのが特徴です。

ミュージカルとは?

ミュージカルとは、音楽とセリフ、ダンスを合わせた演劇のこと。

音楽が主体のオペラとは異なり、ミュージカルは演劇が主体で、役者が歌ったり踊ったりしながら物語が進行します。

まだ違いはよく分からないですよね…実は、オペラとミュージカルの違いを知るためのカギは、その成立背景にあるので、まずは歴史を簡単にご紹介します。

オペラとミュージカルの成立背景は?

オペラは、16世紀のイタリアで「ギリシア悲劇を復活させよう!」とした人々が生み出した音楽劇が始まりと言われています。

当時の音楽は「王や貴族のためのもの」で、オペラも貴族や上流階級の富裕層に向けた舞台芸術として上演されていました。

ところが、革命期に入り、市民の力が増したことで、音楽も「市民のためのもの」となります。

そこで、「オペラをより大衆にも分かりやすく!」と18世紀に誕生したのがオペレッタです。

オペレッタは、「小さなオペラ」と呼ばれ、オペラよりも小規模ながらエンターテインメント性が増した音楽劇。

このオペレッタがアメリカに渡り、そこにバレエポピュラー音楽などの要素が加わってできたのが、ミュージカルです。

ミュージカルがショービジネスとして誕生したのは19世紀のこと。

オペラの流れを汲んで誕生したのがミュージカルというわけですね。

では、この成立背景を踏まえて、オペラとミュージカルの違いを見ていきましょう。

オペラとミュージカルの違いは?

①歌い方(発声方法)

オペラは「歌」が重視されているので、歌手はマイクを使用しません。(そもそもオペラが誕生した当時はマイクなどありませんでしたからね。)

ゆえに、自分の声を会場中に響かせねばならず、ベルカント唱法と呼ばれる独特な発声方法で歌います。

モーツァルト「魔笛」より"夜の女王のアリア"

一方、ミュージカルの役者はマイクを使用するので、地声やミックスボイスなど普段と同じような発声で歌います。

「サウンドオブミュージック」より"ドレミの歌"

オペラとミュージカルはなぜ歌うの?

オペラは「歌劇」なので、登場人物のセリフにメロディが付いていることが多く、物語の進行上「歌」は欠かせません。

ミュージカルの場合は、セリフ主体で物語が進んでいく中、登場人物の感情が高ぶった場面で「歌」や「ダンス」を取り入れることが多いです。「さっきまで話していたのに急に歌いだした!」と感じるのは、そのためですね。

②BGM

オペラの上演中は、舞台と客席の間のオーケストラピットでオーケストラが歌声に合わせて生演奏しています。

一方、ミュージカルでは、あらかじめ録音された音楽や効果音を使用することが多いです。

③出演者の役割

オペラ歌手の主な役割は「歌うこと」で、ソプラノやテノールなどの声部(声のパート)に分かれて独唱重唱を行います。

ゆえに、ダンスはダンサー、合唱は合唱団というようにそれぞれの役を専門キャストが担っています。

一方、ミュージカルでは、全ての役者が「歌」「セリフ」「ダンス」とマルチに活躍します。

「歌」だけに体力を使うわけにはいかないので、マイクを使用するのかもしれませんね。

④ストーリー

元々「ギリシャ悲劇の復活を!」との思いから誕生したオペラには悲劇が多く、ショービジネスとして誕生したミュージカルにはハッピーエンドやコメディ要素の強いものが多いです。

ただ、全部が全部そうというわけではなく、オペラにも喜劇はありますし、ミュージカルにも悲劇はあります。

⑤上演時間・公演状況

オペラの上演時間は、2時間から、長いもので4時間半くらい。

その間マイクも使わずに歌う歌手の体力消耗は激しく、公演は1日に1度ですし、ひとつの作品の公演期間も長くはありません。

ミュージカルの上演時間は、2時間から3時間くらい。

「昼の部」「夜の部」のように1日に複数回公演が行われることも多く、一つの作品も長期間にわたり上演されています。

オペラとミュージカルの違いは、ざっくりとこんなところです。

オペラとミュージカルを見比べよう!

さて、いろいろと申しましたが、同じ題材のオペラとミュージカルを比較鑑賞すると、その違いがより明確に分かります。

ここでは、オペラ「アイーダ」とミュージカル版「アイーダ」のダイジェストをご紹介しますので、ぜひ見比べてみてください。

新国立劇場オペラ「アイーダ」ダイジェスト映像 Aida-NNTT - YouTube
オペラ「アイーダ」ダイジェスト

www.youtube.com

ミュージカル アイーダ :: 劇団四季:: プロモーションビデオ - YouTube
ミュージカル「アイーダ」ダイジェスト(劇団四季)

www.youtube.com

まとめ オペラとミュージカルは別物!

さて、この記事ではオペラとミュージカルの違いをご紹介しました。

その成立背景から特徴まで、似ているようで全く違う芸術ということがお分かりいただけたでしょうか?

それぞれに良さがあるので、どちらの鑑賞も楽しんでいただけたら嬉しいです。

ちなみに、私は音楽の授業の中で、オペラとミュージカルの比較鑑賞をしていました。

以下の授業実践例には、今回の解説を1枚のプリントにまとめたものも載せてありますので、よければこちらからご覧ください。

\指導案・ワークシートのダウンロードはこちら/


歌舞伎「勧進帳」分かりやすい解説

鑑賞授業

2023/1/19

歌舞伎「勧進帳」のあらすじを元中学校音楽教員が分かりやすく解説!

元中学校音楽教師めりーです。歌舞伎の有名な演目「勧進帳」を解説します。 目次「勧進帳」基本情報「勧進帳」主な登場人物(相関図)「勧進帳」あらすじ解説①役者の登場②勧進帳の読み上げ③山伏問答④弁慶の驚くべき作戦⑤主従の絆の深さ⑥延年の舞⑦役者の退場(飛び六方) 「勧進帳」基本情報 勧進帳の弁慶像(東京都・人形町) 作詞者:三世並木五瓶 作曲者:四世杵屋六三郎 上演時間:約1時間15分 「勧進帳」は、能の「安宅」を原作とした演目で、1870年3月に初演されて以来、様々な役者さんによって演じられている人気作品で ...

ReadMore

鑑賞授業

2023/1/13

世界の国歌にまつわる面白いエピソードまとめ

元音楽教師めりーです。 オリンピックやワールドカップなどの国際試合で耳にすることの多い世界の国歌。 国歌を聴くと、その国の歴史や雰囲気、国民性などが感じられますが、より詳しい知識があればもっと楽しめるかもしれません。 そこで、この記事では世界の国歌にまつわる面白いエピソードをご紹介します。 目次【タイ】国歌が流れると立ち止まる【スペイン】国歌なのに公式の歌詞がない【中国】映画の主題歌が国歌になった【マレーシア】シャンソンが国歌になった【ギリシャ】世界一長い国歌【日本】国歌の歌詞としては世界最古【オランダ】 ...

ReadMore

歌唱授業

2023/1/13

日本国歌「君が代」の歌詞の意味や歴史的背景を解説!

元音楽教員めりーです。 日本の国歌と言えば「君が代」。 卒業式やオリンピックなど大事な場面で歌ったり聴いたりはしますが、「歌詞の意味はよく分からない」という方も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では「君が代」の歌詞の意味や歴史的背景を分かりやすく解説します。 目次「君が代」が作られたのは平安時代!「君が代」の歌詞の意味は?「君が代」の作曲から国歌制定までの流れ①イギリス人による「君が代」作曲②宮内省雅楽課・ドイツ人による編曲③「君が代」が正式に国歌に!まとめ 改めて聴いてみよう! 「君が代」が作 ...

ReadMore

授業の基本

2023/1/20

【小学校】音楽を形づくっている要素とは?イラスト付きで解説!

元音楽教師めりーです。音楽を形づくっている要素の意味を解説します。 音楽の授業では、音楽を形づくっている要素とイメージとを関連付けて批評したり、表現活動に生かしたりする場面が多々あります。 ですが、音楽の諸要素の中には「旋律」や「音楽の縦と横との関係」など説明が難しい用語もあり、苦労している先生も多いのではないでしょうか。 そこで、この記事では、小学校音楽科学習指導要領で示されている音楽を形づくっている要素を分かりやすくご説明します。 →中学校学習指導要領で示されている要素の解説・授業例 目次音楽を形づく ...

ReadMore

ゲーム・クイズ

2022/11/20

音楽授業ネタ「生活の中にある音」を楽しむ活動例5つ

元音楽教師めりーです。音楽授業ネタを提案します! 私たちの身の回りには、様々な「音」が溢れています。 授業の中でそのような「音」に着目することで、生徒たちは「生活や社会おける音の働き」に関心をもてるようになるはず…! そこで、この記事では「身近な音」や「生活の中にある音」に焦点を当てた活動を5つご紹介します。 どれも簡単に取り入れられるので、音楽授業の参考にしていただけたら幸いです。 目次①この音なんの音?②どんな音が出るかな?③お気に入りの場所で音探し④音素材を使って音楽をつくろう⑤身近な音を取り入れた ...

ReadMore

歌唱授業

2022/11/20

有名なあの童謡も海外生まれ!実は替え歌だと知って驚く曲まとめ

元音楽教師めりーです。 子どもの頃から慣れ親しんでいる歌ってありますよね。 ですが、その中には、海外で作られた曲に日本語の歌詞を当てはめた、いわゆる「替え歌」が存在しているかもしれません。 というわけで、この記事では、そんな外国生まれの童謡の中から、特に有名な曲をピックアップしてご紹介します。 目次アルプス一万尺蝶々ハッピーバースデートゥーユーきらきら星(ABCの歌)鬼のパンツヨドバシカメラの歌 アルプス一万尺 手遊び歌としておなじみ「アルプス一万尺」。 原曲は、アメリカの民謡「Yankee Doodle ...

ReadMore

ワークシートの評価・返却方法

授業の基本

2022/12/7

中学音楽 ワークシートの評価・返却方法をご紹介!

元音楽教師めりーです。 皆さんは授業中に使用するワークシートをどう評価し、どのように生徒へ返却していますか? 些細なことではありますが、成績に関わることなので、なんとなく適当に済ませるわけにはいきませんよね。 そこで、この記事では私がワークシートをどう評価し、返却していたかをご紹介します。 目次評価に関係ないワークシートも存在する生徒の記述をどのように評価するかワークシートへの評価の記入ワークシートの返却方法まとめ 音楽の先生になる前に読んでいただきたい記事一覧はこちら 評価に関係ないワークシートも存在す ...

ReadMore

音楽の単発授業ネタ

授業の基本

2022/11/20

準備しておくと安心!音楽の単発授業ネタまとめ

元音楽教師めりーです。1時間で完結する簡単な音楽授業をご紹介します。 学校現場では、授業変更や補教等で、突然、授業を行わなければいけなくなることがありますよね? 年間指導計画に沿って、前もって授業準備を行っていれば問題ないのですが、実際はそうもいかず… 「急に音楽の授業をすることになったけど、何したらいいの?」と焦った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? そこで、そのような事態に陥らないために、いくつかの単発授業ネタを持っておくことをおすすめします! この記事では、そんな音楽の単発授業をご紹介しま ...

ReadMore

-鑑賞授業
-, , , , ,

© 2023 めりー先生の音楽準備室