※当サイトは広告及びアフィリエイトプログラムにより収益を得ています

鑑賞授業

日本の伝統芸能を音楽の授業で扱う際のポイント

元中学校音楽教員めりーです。

この記事では、歌舞伎や能などの日本の伝統芸能を授業で扱う際のポイントをご紹介します。

あくまで「私だったらこうするよ!」という内容ではありますが、授業準備にお悩みの先生方の参考になれば幸いです。

日本の伝統芸能とは?

日本の伝統芸能は、西洋文化が入ってくる前から受け継がれてきた芸術と技能のことを言います。

歌舞伎雅楽など音楽に関するものだけでなく、漆器和歌相撲など様々な分野のものが伝統芸能とされています。

伝統芸能を授業で扱う際のポイント

①伝統芸能の魅力を知る

授業で教えるにしても、まずは自分自身が各伝統芸能の特徴や魅力を知っていなければ何も始まりません。

実際に見たことがあるのとないのとでは、授業での説得力が違うので、まず鑑賞することが最初のステップだと私は考えます。

そして、鑑賞した際に気が付いたことや疑問に思ったことなどを調べるのが次のステップになります。

おそらく生徒も同じ部分に引っかかると思うので、その部分を授業に取り入れると、より分かりやすい授業になるのではないでしょうか。

②授業の主軸を決める

音楽の授業では、1つの題材についてほんの数時間しか扱えないので、伝統芸能の特徴や魅力すべてを伝えきることは難しいです。

ゆえに、ある程度授業の軸を決めることが大切だと思います。

例えば、雅楽を題材とする場合、1時間目は雅楽の概要説明や管絃で用いられる楽器紹介、2時間目は「越天楽」の鑑賞というように、「管絃」を軸とした授業を行うなど

何を軸とするかは、題材目標や前後の授業、生徒の実情などによって異なるので、適切なものを選ぶことが重要です。

③特徴や魅力を押し付けない

伝統芸能に限ったことではないのですが、人の感性はそれぞれなので、同じ音楽を鑑賞しても違う感想をもつのは当然のことです。

特に伝統芸能は、馴染みのない旋律や音色が多いので、苦手意識をもつ生徒もいますし、心地よいと感じる生徒もいます。

そんな時に、「歌舞伎は迫力があってかっこいい」「能の舞は美しい」など、先生自身の主観が前面に出てしまうと、生徒の感じたことが台無しになってしまいます。

そうならないよう、教師主導ではなく、生徒の気付きを中心に授業を進めるようにすることが大切だと思います。

④用語の読み方を常に意識する

例えば、能でシテがかける「」は、「おもて」と読みますが、慣れていないと、ついつい「めん」と言ってしまいがちです。

せっかく生徒に「おもて」と教えているのに、先生が「めん」と言えば元も子もないので、慣れない読み方の用語がある場合は、説明時に少し意識すると良いです。

⑤ワークシートの穴埋めは減らす

ワークシートを作成する際に、大事な用語の部分を穴埋め形式にする方は多いと思います。

しかし、伝統芸能で使われている用語は"篳篥"など漢字が難しい場合もあり、授業内で穴埋めさせると、それだけでかなりの時間が取られてしまいます。

授業のほとんどを、ワークシートの穴埋めで終わらせてしまうのはもったいないので、特に伝統芸能の場合は、穴埋め箇所を減らすのがおすすめです。

まとめ

さて、この記事では私の教員経験を基に、日本の伝統芸能を授業で扱う際のポイントをご紹介しました。

ざっくりとした内容ではありましたが、お役に立てていれば幸いです。

\各教材の進め方や活動例はこちら/

note「めりー先生の音楽室」へ

鑑賞授業

2024/2/21

オペレッタとは?オペラとの違いや有名な曲も合わせて解説

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、オペレッタとは何かについて、オペラとの違いやそれぞれの代表曲と合わせて解説します。 音楽を勉強中の方や、授業での説明にお悩みの先生方の参考になれば幸いです。 目次オペラとは?オペレッタとは?オペレッタとオペラの違いは?オペレッタの有名な曲3選①「こうもり」序曲①「天国と地獄」序曲③「軽騎兵」序曲まとめ オペレッタについて説明する前に、まずはオペラについてです。 オペラとは? オペラは歌を中心に物語が進む歌劇のことです。 演劇と同じように、華やかな衣装に身を包んだ ...

ReadMore

歌唱授業

2024/2/21

音楽授業における歌唱指導の方法・音取りのポイント

元中学校音楽教員めりーです。 音楽の授業で必ず行う歌唱指導。 にもかかわらず、どのような流れで進めるのか、どのように音取りを行うのかといった具体的な指導法は誰も教えてくれないですよね。 そこで、この記事では私の歌唱指導の方法をご紹介します。 あくまで私の進め方であり、「これが正解!」というわけではありませんが、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。 目次歌唱指導って何するの?歌唱指導(音取り)の基本的な流れ1時間目の流れ2時間目以降の流れ歌唱指導(音取り)のコツコツ①常に全員でなくても良いコツ②表現の工夫 ...

ReadMore

授業の基本

2024/2/21

【中学音楽】年間指導計画作成のポイントと1年間の授業計画例

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、年間指導計画作成のポイントと、1年間の授業計画(例)をご紹介します。 あくまで私が勤務していた頃の話にはなってしまいますが、参考にしていただければ幸いです。 目次年間指導計画作成のポイント①年間の授業時数を意識する②学校行事を確認する③評価の時期から逆算する1年間の授業計画例中学1年音楽 授業計画例中学2年音楽 授業計画例中学3年音楽 授業計画例(補足1)各題材で扱う教材について(補足2)実技テストについてまとめ 年間指導計画作成のポイント まずは、私が年間指導 ...

ReadMore

授業ネタ

2024/2/22

盛り上がる!音楽授業におすすめのゲーム「歌詞ビンゴ」

元中学校音楽教員めりーです。 音楽授業に取り入れると盛り上がりそうな、簡単なゲーム活動例を思い付いたので、ご紹介します。 その名も「歌詞ビンゴ」です。 授業のスキマ時間やお楽しみ会などに取り入れられるのでは?と思うので、参考にしていただければ幸いです。 目次歌詞ビンゴとは?歌詞ビンゴの進め方①ビンゴカードの作成・配布②曲を流してビンゴ大会!まとめ 歌詞ビンゴとは? 歌詞ビンゴは、その名の通り歌の歌詞を活用したビンゴゲームです。 所要時間は10分~30分で、準備もそんなに必要ないので、「少し時間が余りそうだ ...

ReadMore

鑑賞授業

2024/2/21

歌舞伎「勧進帳」のあらすじを元中学校音楽教員がざっくり解説

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、歌舞伎の有名な演目「勧進帳」のあらすじを簡単にご紹介します。 音楽を勉強中の方や、授業準備中の先生方の参考になれば幸いです。 目次「勧進帳」基本情報「勧進帳」主な登場人物(相関図)「勧進帳」あらすじ解説①役者の登場②勧進帳の読み上げ③山伏問答④弁慶の驚くべき作戦⑤主従の絆の深さ⑥延年の舞⑦役者の退場(飛び六方)まとめ 「勧進帳」を主教材とした鑑賞授業の進め方やワークシートは以下のnote(有料)で紹介しています。 「勧進帳」基本情報 作詞者:三世並木五瓶 作曲者 ...

ReadMore

授業の基本

2024/2/21

【小学校】音楽を形づくっている要素とは?ざっくり解説

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、小学校の学習指導要領で示されている音楽を形づくっている要素を簡単に解説します。 音楽を勉強中の方や、授業での説明にお悩みの先生方の参考になれば幸いです。 \中学校学習指導要領で示されている要素はこちら/ 目次音楽を形づくっている要素とは?音楽を特徴付けている要素音楽の仕組みまとめ 音楽を形づくっている要素とは? 小学校音楽科学習指導要領に示されている音楽を形づくっている要素は以下の通りです。 ア 音楽を特徴付けている要素 音色,リズム,速度,旋律,強弱,音の重な ...

ReadMore

授業ネタ

2024/2/22

音楽授業ネタ「生活の中にある音」を楽しむ活動例5つ

元中学校音楽教員めりーです。 私たちの身の回りには、様々な「音」が溢れています。 授業の中でそのような「音」に着目することで、生徒たちは「生活や社会おける音の働き」に関心をもてるようになるはず…! この記事では、そんなことを考えている時に思い付いた「身近な音」や「生活の中にある音」に焦点を当てた活動をご紹介します。 「私だったらこうするよ」という内容ですが、授業準備のヒントにしていただけたら幸いです。 目次「生活の中にある音」を楽しむ活動例5つ①この音なんの音?②どんな音が出るかな?③お気に入りの場所で音 ...

ReadMore

歌唱授業

2024/2/21

有名なあの童謡も海外生まれ!実は替え歌だと知って驚いた曲まとめ

元中学校音楽教員めりーです。 有名な童謡の中には、実は海外で作られた曲に日本語の歌詞を当てはめた、いわゆる「替え歌」がいくつもあります。 この記事では、そんな外国生まれの童謡の中から、特に私が「替え歌」だと知って驚いた曲をピックアップしてご紹介します。 音楽授業で話せるネタをお探しの方の参考になれば幸いです。 目次実は海外生まれだと知って驚いた曲「アルプス一万尺」「蝶々」「ハッピーバースデートゥーユー」「きらきら星(ABCの歌)」「鬼のパンツ」まとめ 実は海外生まれだと知って驚いた曲 「アルプス一万尺」 ...

ReadMore

-鑑賞授業
-, , ,

© 2024 めりー先生の音楽準備室