バロック音楽とは?

音楽史

バロック音楽のポイント(特徴と代表的な作曲家)

元音楽教師めりーです。バロック音楽について解説します。

西洋音楽史は、その歴史的背景や音楽の特徴から、以下のような歴史区分で説明されることが多いです。

西洋音楽の歴史区分

今回は、この中のバロック音楽のポイント(音楽の特徴や代表的な作曲家)をご紹介します。

ぜひ、ひとつ前の時代(中世・ルネサンス)と合わせてご覧ください。

関連記事
中世・ルネサンス音楽のポイント(特徴や代表曲)
中世・ルネサンス音楽のポイント(特徴や代表曲)

続きを見る

\noteで公開中/

音楽史の授業実践例はこちら

①声楽作品②器楽作品③日本の音楽とテーマに沿って音楽史を振り返る授業例です。

3時間分の指導略案説明例が載っていて、ワークシート(5種類)パワーポイント資料(25スライド)がダウンロードできます。(詳細はこちら

バロックはいつの時代のこと?

16世紀末~17世紀初頭にかけて急速に発展した文化(美術や建築など)を総称してバロック芸術と呼びます。

その中で、西洋音楽の歴史区分においては、オペラの誕生(1600年頃)からJ.S.バッハの死(1750年)までとされることが多いです。

バロック音楽のポイント

オペラの誕生がバロック時代の始まり

ルネサンス時代の多声音楽は、全員がメロディを歌うので、誰が何を歌っているのか分かりづらい状態。

そこで、「メロディ(主役)と伴奏(脇役)に分けよう!」と、和声を重視した多声音楽が発展しました。

そんな中、イタリア貴族の間で「ギリシャ悲劇を復活させよう」という動きが起こり、多声音楽の発展と合わさって、オペラ(歌劇)が生まれました。

このオペラの誕生が、バロック音楽の始まりです。

バロックは「ゆがんだ真珠」

ルネサンス時代まで権力を持っていた教会は衰退し、政治や文化の中心は王や貴族へ。

富裕層が世の中を支配し、贅沢な日々を過ごす絶対王政時代が始まります。

音楽も貴族の趣味の一つとなり、音楽家たちは、貴族に雇われて作曲・演奏する宮廷音楽家となり、収入を得るようになりました。

当時の音楽家がカツラだったのは、このためです。

音楽家がカツラを被っているのはなぜ?

この頃の音楽は、貴族が好むような派手で豪華な印象。

そのゴテゴテとした装飾を揶揄する言葉として、「ゆがんだ真珠」という意味のバロックと、後世の人々は呼ぶようになったそうです。

器楽の発展とオーケストラの誕生

これまでは教会で歌われる声楽作品が主流でしたが、楽器の性能や演奏技術の向上により、器楽作品が発展。

クラシック音楽の定番、「カノン」(パッヘルベル作曲)もこの頃に生まれました。

また、器楽が発展したことにより、オペラのバックミュージックでしかなかった管楽器群に注目が集まるように。

これが、オーケストラの始まりです。

協奏曲の誕生とヴィヴァルディ

「メロディと伴奏に分けよう!」という音楽の流行りと器楽の発展が合わさって誕生したのが協奏曲(コンチェルト)

協奏曲とは独奏と合奏のための器楽曲のことで、かの有名な「四季」も、この時代に生まれたヴァイオリン協奏曲です。

独奏部分と合奏部分に分かれて演奏されていますね。

ちなみに、この曲を作ったのは、協奏曲の父と称されるヴィヴァルディ

ヴィヴァルディのあだ名

彼はバロック音楽を代表する作曲家の一人ですが、宮廷音楽家として働く以外にも、司祭や理髪師としての顔も持っていたようです。

→ヴィヴァルディ作曲「春」のポイント

なぜバッハが「音楽の父」?

バロックを代表する作曲家と言えば、「音楽の父」と称されるJ.S.バッハ

バッハが音楽の父と呼ばれるのは何故?

クラシック音楽には欠かせない存在ですが、なぜ「音楽の父」と呼ばれているのでしょうか?

実は、前述のオペラや協奏曲がイタリアで生まれたことから分かるように、バロック時代まではイタリアが音楽の中心地でした。

そんなイタリアで発展した音楽を、ドイツで取りまとめ、次の時代(古典派)につなげたのがJ.S.バッハ

つまり、ハイドンやベートーヴェンなど古典派の作曲家たちにとっては、J.S.バッハこそが音楽の始まりであり、「音楽の父」なのです。

彼の代表曲は本当にたくさんあります。

その偉大な功績を称え、バッハの死がバロック時代の終わりとされています。

ヘンデルと市民演奏会の催行

もう一人、バロック時代の作曲家で忘れてはいけないのが、ヘンデル

ヘンデルが音楽の母と呼ばれる理由

こちらの「ハレルヤ」を作曲した人物です。

彼はバッハと同じ年にドイツで生まれましたが、経済大国イギリスに活動の拠点を移し、市民に向けてオペラの演奏会を行うように。

そして、今では当たり前の入場料やコンサート出演料で収入を得るというスタイルを確立しました。

ヘンデルのように、市民演奏会を行えるようになったのも、革命により市民の力が強まったことにあります。

こうして、音楽は貴族のものから市民のものへと変化し、古典派時代が始まります。

→古典派音楽についてはこちら

関連記事
古典派音楽のポイント(特徴と代表的な作曲家)
古典派音楽のポイント(特徴と代表的な作曲家)

続きを見る

まとめ バロック音楽とは?

バロック音楽の特徴

豪華な装飾を施した、優雅で華やかなものが多いバロック音楽。

贅沢を好む貴族たちを満足させるために、そうした音楽が作られていたのかもしれません。

バロック時代には、他にも華やかな音楽がたくさん作られていたので、いろいろと聴き比べてみてくださいね。

というわけで、今回の記事は以上です。

本記事の内容をまとめたワークシートは以下の授業例の中で公開しています。

\音楽史の勉強に役立つおすすめ本/

CD付きなので、名曲を楽しみながら学習できますよ。


音楽授業におすすめのミニゲーム

ゲーム・クイズ

2022/5/24

音楽授業のスキマ時間におすすめのミニゲーム「ドレミでクラップ」

元音楽教師めりーです。この記事では音楽授業におすすめのミニゲームをご紹介します。 ほんの少しだけ授業時間が余ってしまった… どんよりした授業の雰囲気を変えたい… そんな時に私が取り入れていたのが、ミニゲーム「ドレミでクラップ」! 所要時間は1~3分ほどで、サクッと授業の雰囲気を和らげることのできる活動です。 やり方は非常に簡単で、何の準備もいらないので、授業で困ったその瞬間に取り入れることができますよ。 それでは「ドレミでクラップ」の進め方をご紹介します。 ミニゲーム「ドレミでクラップ」の進め方 ①生徒そ ...

ReadMore

世界の民族音楽授業案

常時活動

2022/5/17

世界の民族音楽を楽しく鑑賞!おすすめの常時活動「ミュージックトラベル」

元中学校音楽教師のめりーです。民族音楽の授業にお悩みの先生方に提案があります。 世界の諸民族音楽について、 ・数種類の音楽を鑑賞し、教師による説明を聞いて、感想を書く ・ホーミーやケチャなどの民族音楽をみんなで体験する という活動を軸に、1~2時間扱いの授業を行う先生が多いと思います。 ですが、1時間の中で数種類の音楽を立て続けに聴くと生徒は途中で飽きてしまいがち。 それに乗り気でない生徒に無理に活動を強要すれば、かえって音楽へのマイナスイメージは強まってしまいます。 そこで、私が提案したいのは、民族音楽 ...

ReadMore

早春賦の意味やポイントまとめ

歌唱授業

2022/5/11

「早春賦」歌詞の意味や作曲背景などポイント総まとめ!

元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業経験を基に「早春賦」のポイントをご紹介します。 春を待ちわびている人々の思いや朗らかな風景を表現した日本の名曲「早春賦」。 教科書にも掲載されているので、今まさに授業準備をしている、あるいはテスト勉強中という方も多いと思います。 そこで、この記事では、「早春賦」の歌詞の意味や作曲背景など学習する際に役立つポイントをご紹介します。 学生の皆さんはもちろん、これから授業を行う先生方のお役に立てれば幸いです。 目次「早春賦」のポイント1.そもそも「早春賦」ってどういう意味 ...

ReadMore

授業におすすめのミュージカル映画

鑑賞授業

2022/5/18

音楽授業で見せたいミュージカル映画のおすすめシーン

元中学校音楽教師めりーです。 音楽の授業でミュージカル映画を扱う際の難点は上映時間の長さ。 説明や振り返りなどの時間を考慮すると、鑑賞に使える時間は30分~40分くらいが妥当です。 ですが、「どの場面を見せるべきか分からないし、研究する時間もない!」とお困りの先生も多いはず。 そこで、この記事では、音楽授業におすすめのミュージカル映画と、各作品のおすすめシーンをご紹介します。 音楽授業におすすめのミュージカル映画 ①サウンドオブミュージック リンク ミュージカル作品と言えば「サウンド・オブ・ミュージック」 ...

ReadMore

雅楽が由来の言葉

鑑賞授業

2022/4/26

現在も使われている、雅楽が由来の言葉【鑑賞授業ネタ】

元中学校音楽教師のめりーです。雅楽が由来とされている言葉をご紹介します。 一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる雅楽。 ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、雅楽を由来とするものも多くあります。 そこで、この記事では、現在も日常で使われている雅楽由来の言葉をいくつかご紹介します。 \雅楽についてはこちら/ 雅楽が由来の言葉 塩梅 一般的には、塩と梅酢の加減からきたと言われていますが、実は雅楽でも古くから篳篥の奏法のひとつとして、この言葉が使われていました。(ただし読み方は「あんばい」で ...

ReadMore

オペラとミュージカルを分かりやすく解説

鑑賞授業

2022/4/27

オペラとミュージカルの違いを元音楽教師が解説!

元中学校音楽教師めりーです。オペラとミュージカルの違いを分かりやすく解説します。 歌やダンス、演劇が楽しめるオペラとミュージカル。 なんとなく「オペラの方が古そう」「ミュージカルの方が楽しそう」など両者が別物であることは分かっているものの、どこがどう違うのか分からない!という方も多いのではないでしょうか。 そこで、この記事では私が教員時代に授業で説明していたことを基に、オペラとミュージカルの違いを解説します。 目次オペラとは?ミュージカルとは?オペラとミュージカルの成立背景は?オペラとミュージカルの違いは ...

ReadMore

ゲーム感覚で楽しめる活動例

ゲーム・クイズ

2022/5/24

最後の音楽授業におすすめ!ゲーム感覚で楽しめる活動例

元中学校音楽教師のめりーです。音楽の授業ネタをご紹介します。 年度末になると毎年頭を悩ませることになる授業おさめ(最後の音楽授業)の進め方。 通常通りの活動をした後、1年間のまとめを行うのが定番ですが、せっかくなら生徒が楽しめるゲームを取り入れてみませんか? この記事では、最後の音楽授業に使える、遊び要素の強い活動をご紹介します。 目次最後の音楽授業に使える活動例・イントロかるた・「崖の上のポニョ」選手権・音符でBINGO!・円でクラップ!・音楽クイズ~生徒からの挑戦状・思い出メドレーまとめ 最後の授業に ...

ReadMore

Shared Pianoの使い方

器楽・創作・ICT授業

2022/4/27

音楽初心者でも大丈夫!Shared Pianoの使い方

元中学校音楽教師のめりーです。今回はShared pianoの使い方を解説します。 手軽にピアノ演奏や音楽づくりが楽しめるShared Piano(共有ピアノ)をご存知ですか? Chrome Music Labにあるので無料で使用でき、アプリのダウンロードも不要! 慣れれば以下の動画のような同時演奏(セッション)も可能な超便利ツールです。 使い方さえ分かれば、なんだか楽しい音楽体験ができそうな予感がしますよね。 そこで、この記事では、Shared Pianoの使い方をご紹介します。 ページ内の英語も簡単な ...

ReadMore

-音楽史
-, , , ,

© 2022 めりー先生の音楽準備室