バッハのエピソードと代表曲

音楽史

コーヒー好きのビッグダディ!バッハにまつわるエピソードと代表曲

元中学校音楽教師のめりーです。偉大な作曲家J.S.バッハについて解説します。

クラシック音楽を語る上で欠かせない人物、ヨハン・セバスティアン・バッハ

音楽の父」と称される彼の意外な素顔とは?

この記事では、J.S.バッハにまつわる7つのエピソード代表曲をご紹介します。

バッハはどんな人?なぜ「音楽の父」と呼ばれるの?

まずは、バッハについて簡単にご紹介します。


(画像はWikipediaより)

ヨハン・セバスティアン・バッハ

●1685年~1750年 ドイツ生まれ

●バロック音楽を代表する作曲家の一人で、西洋音楽の基礎を築いた

音楽を勉強する上で、バッハという作曲家は忘れてはならない存在です。

というのも、彼は、それまでヨーロッパ各地で雑然と作られていた音楽の形式や技法をとりまとめ、その後のクラシック音楽の基礎を築いた超すごい人!

後世の作曲家は、彼が整えた西洋音楽のルールに則って多くの名曲を生み出しています。

バッハがいなければ、西洋音楽はそこまで発展せず、モーツァルトやベートーヴェンなどの作曲家も生まれていなかったかもしれません。

そのくらい音楽の歴史の中ですごい偉業を成し遂げたので、バッハは「音楽の父」と呼ばれるようになりました。

ここからは、そんなバッハの人物像が分かるエピソードをご紹介していきます!

バッハにまつわる7つのエピソード

生前は有名なオルガン奏者!

バッハが活躍していた当時、音楽家は、教会や貴族に雇われて作曲したり演奏したりするのが主流でした。

バッハも宮廷楽団に就職したのち、教会に転職し、その後は様々な教会を転々としながらオルガン奏者や聖歌隊の指導者として働いていました。

作曲家のイメージが強いですが、生前はオルガン奏者としての地位を確立していて、演奏活動の傍ら、教会音楽(神にささげる音楽)を中心に多くの曲を作っていたようです。

作曲家として評価されたのは死後…

今でこそ偉大な作曲家と言われるバッハですが、その死後、世間からは忘れ去られていました。

というのも、当時の西洋ではオペラが音楽の主流であり、オペラを作曲していないバッハの作品に注目が集まることは少なかったからです。

それでもバッハの音楽は、音楽家たちの間で、細々と生き続けていました。

そして、バッハの死後100年近く経った頃、ロマン派の作曲家メンデルスゾーンが「マタイ受難曲」の公演を企画し、大成功を収めました。

この演奏をきっかけに、バッハの音楽は再び脚光を浴び、作曲家としての偉大さに世界中が気付いたのです。

バッハの作品に未発見のものや本人が作曲したか定かでないものがあるのは、死後忘れられていたせいかもしれないですね。

無類のコーヒー愛好家だった!

「音楽一筋」という印象が強いバッハですが、実は大のコーヒー好きだったことでも知られています。

コーヒー好きが高じてか、コーヒー依存症が社会問題となっていたライプツィヒを題材とした「コーヒー・カンタータ」を作ったというのは有名な話ですね。

そんな大好きなコーヒーを、バッハは1日に何杯飲んでいたでしょうか?答えは次項で!



ラッキーナンバーは「14」

バッハは、コーヒーを1日に14杯飲んでいました。

また、音楽協会に入会する時には14番目になるよう調整するなど、とことん「14」にこだわった生活をしていたそうです。

これは、名前のアルファベット(BACH)を数字に変換した時の合計が「14」ということに起因しています。

B(アルファベットの2番目)+A(1)+C(3)+H(8)=14

ちなみに、BACHはドイツ語で「小川」という意味。

ベートーヴェンが後に「彼は小川じゃない、大海だ!」と話したという逸話も残っています。

実は大家族のお父さん

コーヒーや「14」の他に、バッハが愛してやまないものがあと一つ。

それは、家族です。

彼は2度結婚していて(1人目の妻とは死別)、1人目の妻との間に7人、2人目の妻との間に13人計20人の子どもたちに恵まれました。

残念ながら成人したのはそのうちの10人だけですが、その子どもたちは偉大な父の背中を追い、音楽の道へと進みました。

決して裕福ではなかったバッハですが、愛する妻とたくさんの子どもたちに囲まれ、賑やかで楽しい生活を送っていたようです。

逮捕され、刑務所にいたことがある!

さて、意外や意外、バッハは逮捕されたことがあるという話をご存知でしょうか?

それは、宮廷楽団で奏者をしていた頃のこと。

自分よりも能力の低い人が楽長の後継者に選ばれたことに腹を立て、公爵に「自分こそがふさわしい」と主張し続けました。

当時は貴族に逆らうなんてご法度だったので、逮捕され、4週間ほど刑務所に収容されてしまったとのこと。

肖像画で見るバッハは「真面目そうなおじさん」という印象ですが、それは晩年の姿であって、昔は血気盛んな青年だったようですね。

目の手術に挑むも、失敗…

バッハは幼い頃から視力が弱く、年を重ねるにつれて悪化し、ついには視力低下を理由に、仕事を失いかけていました。

焦った彼は目の手術を2度受けますが、成功とはいえず、むしろ投薬によって体調は悪化の一途をたどるのみ。

そして手術から3ヶ月後、脳卒中を引き起こし、65歳でこの世を去りました。

彼はバロック音楽を代表する作曲家なので、その偉大な功績を称え、バッハの死=バロック時代の終わりと定義づけられることが多いです。

最後にバッハの作品の中で特に有名な曲をご紹介します。

バッハの代表曲

バッハは教会音楽を中心に1000曲以上もの作品を残しています。(紛失中の作品や、本人が作ったか定かでない作品も多々あります。)

その中から、誰もが耳にしたことのあるであろう、代表的な作品をピックアップしました。

「フーガ ト短調」

中学校の音楽の教科書に載っているので、聞いたことがある方も多いと思います。

パイプオルガンの音色や響きの美しさ、4つの声部の重なり合いを楽しみながら鑑賞したい曲ですね。

「主よ、人の望みの喜びよ」

この曲は、教会カンタータ「心と口と行いと生活で」の終曲のコラール(讃美歌)です。

日本では式典などで使用されることが多いですが、欧米では結婚式やクリスマスなどキリスト教の祝祭の際に演奏されるようです。

「G線上のアリア」

この曲は、バッハが作曲した「管弦楽組曲第3番 ニ長調」の第2曲を、ウィルヘルミが編曲したものです。

編曲に際してニ長調からハ長調への移調を行い、ヴァイオリンの弦のうちG線のみで演奏できるようになったことから、「G線上のアリア」と呼ばれるようになりました。

他にも、有名な曲があるので、いろいろ聴き比べてみてくださいね。

まとめ 「音楽の父」バッハは愛すべき父だった!

この記事ではバッハにまつわるエピソードと代表曲をご紹介しました。

クラシック音楽があるのはバッハのおかげ」と言っても過言ではないくらい、偉大な功績を遺した彼ですが、その素顔は人間味あふれるお父さんでした。

\指導案・ワークシートのダウンロードはこちら/


歌舞伎「勧進帳」分かりやすい解説

鑑賞授業

2023/1/19

歌舞伎「勧進帳」のあらすじを元中学校音楽教員が分かりやすく解説!

元中学校音楽教師めりーです。歌舞伎の有名な演目「勧進帳」を解説します。 目次「勧進帳」基本情報「勧進帳」主な登場人物(相関図)「勧進帳」あらすじ解説①役者の登場②勧進帳の読み上げ③山伏問答④弁慶の驚くべき作戦⑤主従の絆の深さ⑥延年の舞⑦役者の退場(飛び六方) 「勧進帳」基本情報 勧進帳の弁慶像(東京都・人形町) 作詞者:三世並木五瓶 作曲者:四世杵屋六三郎 上演時間:約1時間15分 「勧進帳」は、能の「安宅」を原作とした演目で、1870年3月に初演されて以来、様々な役者さんによって演じられている人気作品で ...

ReadMore

鑑賞授業

2023/1/13

世界の国歌にまつわる面白いエピソードまとめ

元音楽教師めりーです。 オリンピックやワールドカップなどの国際試合で耳にすることの多い世界の国歌。 国歌を聴くと、その国の歴史や雰囲気、国民性などが感じられますが、より詳しい知識があればもっと楽しめるかもしれません。 そこで、この記事では世界の国歌にまつわる面白いエピソードをご紹介します。 目次【タイ】国歌が流れると立ち止まる【スペイン】国歌なのに公式の歌詞がない【中国】映画の主題歌が国歌になった【マレーシア】シャンソンが国歌になった【ギリシャ】世界一長い国歌【日本】国歌の歌詞としては世界最古【オランダ】 ...

ReadMore

歌唱授業

2023/1/13

日本国歌「君が代」の歌詞の意味や歴史的背景を解説!

元音楽教員めりーです。 日本の国歌と言えば「君が代」。 卒業式やオリンピックなど大事な場面で歌ったり聴いたりはしますが、「歌詞の意味はよく分からない」という方も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では「君が代」の歌詞の意味や歴史的背景を分かりやすく解説します。 目次「君が代」が作られたのは平安時代!「君が代」の歌詞の意味は?「君が代」の作曲から国歌制定までの流れ①イギリス人による「君が代」作曲②宮内省雅楽課・ドイツ人による編曲③「君が代」が正式に国歌に!まとめ 改めて聴いてみよう! 「君が代」が作 ...

ReadMore

授業の基本

2023/1/20

【小学校】音楽を形づくっている要素とは?イラスト付きで解説!

元音楽教師めりーです。音楽を形づくっている要素の意味を解説します。 音楽の授業では、音楽を形づくっている要素とイメージとを関連付けて批評したり、表現活動に生かしたりする場面が多々あります。 ですが、音楽の諸要素の中には「旋律」や「音楽の縦と横との関係」など説明が難しい用語もあり、苦労している先生も多いのではないでしょうか。 そこで、この記事では、小学校音楽科学習指導要領で示されている音楽を形づくっている要素を分かりやすくご説明します。 →中学校学習指導要領で示されている要素の解説・授業例 目次音楽を形づく ...

ReadMore

ゲーム・クイズ

2022/11/20

音楽授業ネタ「生活の中にある音」を楽しむ活動例5つ

元音楽教師めりーです。音楽授業ネタを提案します! 私たちの身の回りには、様々な「音」が溢れています。 授業の中でそのような「音」に着目することで、生徒たちは「生活や社会おける音の働き」に関心をもてるようになるはず…! そこで、この記事では「身近な音」や「生活の中にある音」に焦点を当てた活動を5つご紹介します。 どれも簡単に取り入れられるので、音楽授業の参考にしていただけたら幸いです。 目次①この音なんの音?②どんな音が出るかな?③お気に入りの場所で音探し④音素材を使って音楽をつくろう⑤身近な音を取り入れた ...

ReadMore

歌唱授業

2022/11/20

有名なあの童謡も海外生まれ!実は替え歌だと知って驚く曲まとめ

元音楽教師めりーです。 子どもの頃から慣れ親しんでいる歌ってありますよね。 ですが、その中には、海外で作られた曲に日本語の歌詞を当てはめた、いわゆる「替え歌」が存在しているかもしれません。 というわけで、この記事では、そんな外国生まれの童謡の中から、特に有名な曲をピックアップしてご紹介します。 目次アルプス一万尺蝶々ハッピーバースデートゥーユーきらきら星(ABCの歌)鬼のパンツヨドバシカメラの歌 アルプス一万尺 手遊び歌としておなじみ「アルプス一万尺」。 原曲は、アメリカの民謡「Yankee Doodle ...

ReadMore

ワークシートの評価・返却方法

授業の基本

2022/12/7

中学音楽 ワークシートの評価・返却方法をご紹介!

元音楽教師めりーです。 皆さんは授業中に使用するワークシートをどう評価し、どのように生徒へ返却していますか? 些細なことではありますが、成績に関わることなので、なんとなく適当に済ませるわけにはいきませんよね。 そこで、この記事では私がワークシートをどう評価し、返却していたかをご紹介します。 目次評価に関係ないワークシートも存在する生徒の記述をどのように評価するかワークシートへの評価の記入ワークシートの返却方法まとめ 音楽の先生になる前に読んでいただきたい記事一覧はこちら 評価に関係ないワークシートも存在す ...

ReadMore

音楽の単発授業ネタ

授業の基本

2022/11/20

準備しておくと安心!音楽の単発授業ネタまとめ

元音楽教師めりーです。1時間で完結する簡単な音楽授業をご紹介します。 学校現場では、授業変更や補教等で、突然、授業を行わなければいけなくなることがありますよね? 年間指導計画に沿って、前もって授業準備を行っていれば問題ないのですが、実際はそうもいかず… 「急に音楽の授業をすることになったけど、何したらいいの?」と焦った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? そこで、そのような事態に陥らないために、いくつかの単発授業ネタを持っておくことをおすすめします! この記事では、そんな音楽の単発授業をご紹介しま ...

ReadMore

-音楽史
-, , , , , ,

© 2023 めりー先生の音楽準備室