ベートーヴェンはどんな人?

音楽史

ベートーヴェンの偉大な功績や面白いエピソード、代表曲まとめ

元中学校音楽教師のめりーです。ベートーヴェンについて解説します。

最も有名な音楽家と言っても過言ではないベートーヴェン

音楽室にあるしかめっ面の肖像画」のイメージが強いですが、実際はどんな人だったのでしょうか?

そこで、この記事では、ベートーヴェンの偉大な功績やエピソード、代表曲をまとめてみました。

ベートーヴェンについて詳しく知りたい方や、授業で話せるネタをお探しの方のお役に立てれば幸いです。

ベートーヴェンはどんな人?

まずは、ベートーヴェンについて簡単にご紹介します。


(画像はWikipediaより)

ベートーヴェン

●1770年~1827年 ドイツ生まれ

●「交響曲第5番 ハ短調(運命)」など多くの名曲を生み出した、古典派音楽を代表する作曲家

古典派音楽とは、西洋における1750年頃から1820年代までの音楽のこと。

ベートーヴェンは、ハイドンモーツァルトと並び、この時代を代表する作曲家として知られています。

これだけではベートーヴェンのすごさが分からないですよね…

というわけで、ここからはベートーヴェンの偉大な功績をご紹介します。

ベートーヴェンの偉大な功績3つ

①数々の名曲を生み出した

現代には様々な音楽がありますが、ほんの少し流行を過ぎてしまうと、「古い音楽」「昔流行った曲」と思われがち。

ですが、ベートーヴェンの曲は、死後200年近く経ってもなお、演奏され続け、色あせることがありません。

長い間ずっと愛され続ける曲を多く生み出したベートーヴェンは、やはり偉大なのです。

②音楽を「芸術」に変えた

クラシック音楽のコンサートは、黙って静かに聴かなければいけないという暗黙のルールのようなものがありますよね。

ですが、ベートーヴェンが活躍する以前は、そうでもなかったのです。

というのも、昔は、音楽は貴族のための「娯楽」の一つであり、パーティーのBGMや余興程度の存在でした。

ゆえに、演奏中におしゃべりしたり食事をしたりというのが当たり前。

ところが、ベートーヴェンは「演奏中は黙って俺の音楽を聴け」と、現代のコンサートにおけるルールを定着させたのです。

これは、音楽が「娯楽」から「芸術」に変わったことを表しています。

②音楽家の働き方改革を成し遂げた

前述のように、音楽は貴族のための「娯楽」だったので、音楽家たちの働き方も、貴族に雇われ、依頼通りに作曲するのが一般的でした。

ですが、ベートーヴェンは「自分の作りたい曲をつくる!」という信念のもと、フリーの音楽家として活躍しました。

その証拠に、ベートーヴェンはカツラを被っていません!

ベートーヴェンだけカツラじゃない

ベートーヴェンが「楽聖」と呼ばれるのはなぜ?

前述の通り、ベートーヴェンは名曲を生み出しただけでなく、音楽を「芸術」へと昇華させ、音楽家の働き方まで変えてしまいました。

彼の存在は、後世の音楽家たちにも影響を及ぼし、次第に誰もが「自分の作りたい芸術作品」を追求するようになります。

音楽家たちの意識や働き方、音楽そのものの価値観を変えたことから、聖なる音楽家、つまり「楽聖」と呼ばれるようになりました。

自分の作りたい音楽を追求するのはロマン派音楽の特徴なので、ベートーヴェンはキャリア前半は古典派、後半はロマン派の作曲家だと言えますね。

ベートーヴェンにまつわるエピソード6つ

①第2のモーツァルトに…!

「神童」と称される天才音楽家モーツァルトは、幼い頃からヨーロッパ各地で演奏活動を行っていました。

そんな彼の噂を耳にしたベートーヴェンの父は「息子を第2のモーツァルトにしてやる!」と幼い頃から厳しい音楽教育を施していたそうです。

その甲斐もあって、ベートーヴェンも10代の頃から音楽家として一家の家計を支えるようになりましたが、モーツァルトほどの人気は得られませんでした。

それでも、彼は音楽家として活躍することを夢見て、両親を亡くした後は弟2人を抱え、音楽の都ウィーンへ移り住むようになります。

このとき、ベートーヴェンは22歳でした。

②引っ越し魔!

ウィーンへ移り住んで以来、ベートーヴェンは79回も引っ越しをしたと言われています。

その理由は、生活環境を変えて新しい音楽を創造するため。

ですが、他にも掃除をするのが苦手ご近所トラブルを頻繁に起こしていたから引っ越しをせざるを得なかったという説もあります。

掃除嫌いで身なりを気にしないことから「汚れ熊」と呼ばれたこともあったようです。

③難聴の原因はワインの飲みすぎ?

ベートーヴェンは、作曲家の全盛期から難聴に悩まされていました。

そんな状態でも多くの名曲を作り上げた彼は、やはりすごい人ですが、実は難聴の原因はワインのせいなのでは?という説があります。

というのも、当時のワインには鉛の化合物が入っていて、決して無害ではなかったとか。

ですが、ベートーヴェンは1日に3ℓも飲むほどの、大のワイン好き。

難聴の原因は諸説ありますが、最も有力なのはワインの飲みすぎによる鉛中毒だそうです。

好きなものに身を滅ぼされるなんて、つらすぎます…

④「遺書」は弱い自分そのもの!

難聴に悩まされ、創作活動が行き詰まったとき、ベートーヴェンは「遺書」を書きました。

ですが、それを誰かに届けることも、ましてや自分で命を絶つことも彼にはできませんでした。

そこで彼は、「遺書」を弱い自分そのものだとし、鍵のかかる箱にしまったそうです。

そうして弱い自分と決別したことで、負の感情から抜け出し、また創作活動に打ち込むことが出来るようになりました。

この「遺書」は、それが書かれた地名にちなんで、「ハイリゲンシュタットの遺書」と呼ばれています。

⑤葬儀には2万人が参列!

1827年、56歳で亡くなったベートーヴェンの葬儀には、およそ2万人もの市民が参列したと言われています。

これは、当時のウィーン市民の14人に1人が参列していた計算になるそうです。

肖像画のせいなのか、ベートーヴェンは近寄りがたいイメージがありますが、生前から多くの人に愛され、尊敬されていたのですね。

ちなみに、参列者の中には、翌年亡くなったシューベルトもいました。

⑥しかめっ面の原因は朝食?

ベートーヴェンと言えば、肖像画のようなしかめっ面を想像する方が多いと思いますが、彼も年中怒っていたわけではありません。

ただちょっと、肖像画を描いてもらう当日の朝食に不満があっただけなのです。

その日の朝食はベートーヴェンの大好物であるマカロニチーズ!

にもかかわらず、お手伝いさんが焦がしたから、それはもう怒り狂って…いつまで経っても機嫌が直らず、結局そのままの顔で肖像画が描かれてしまったのです。

確かにマカロニチーズは美味しいけれど、そこまで怒らなくても…ね。

ベートーヴェンの代表曲3つ

数多くの名曲から、代表曲を選ぶのは至難の業ですが、ここでは誰もが聴いたことのある有名な曲を3つピックアップしました。

交響曲第5番 ハ短調(運命)

ジャジャジャジャーン」という冒頭のメロディを聴いたことがない人はいないのではないでしょうか?

日本では「運命」という名で知られ、様々な場面で演奏される名曲です。

交響曲第9番 ニ短調 合唱付き

日本では「第九」と呼ばれる、年末にお馴染みの交響曲。

特に第4楽章(「歓喜の歌」)は有名で、交響曲に合唱を統合した非常に画期的な曲です。

エリーゼのために

ピアノソナタなど有名なピアノ曲は数多くありますが、今回は「エリーゼのために」をピックアップしました。

冒頭のフレーズは、ピアノを弾いたことのある方なら(ない方でも)聴いたことがあると思います。

他にも有名な作品がたくさんあるので、ぜひいろいろと聴き比べてみてくださいね。

まとめ ベートーヴェンはやっぱり偉大!

この記事ではベートーヴェンの功績やエピソード、代表曲をご紹介しました。

改めてベートーヴェンという音楽家の偉大さ、そして人間味を感じていただけたのではないでしょうか。

というわけで、今回の記事は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

音楽授業の指導案・ワークシートダウンロードはこちら


音楽の単発授業アイディア

授業の基本

2022/9/18

準備しておくと安心!音楽の単発授業ネタまとめ

元音楽教師めりーです。1時間で完結する簡単な音楽授業をご紹介します。 学校現場では、授業変更や補教等で、突然、授業を行わなければいけなくなることがありますよね? 年間指導計画に沿って、前もって授業準備を行っていれば問題ないのですが、実際はそうもいかず… 「急に音楽の授業をすることになったけど、何したらいいの?」と焦った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? そこで、そのような事態に陥らないために、いくつかの単発授業ネタを持っておくことをおすすめします! この記事では、そんな音楽の単発授業をご紹介しま ...

ReadMore

ICT活用の音楽授業「調べ学習」

器楽・創作・ICT授業

2022/9/18

音楽授業における「調べ学習」のポイントとテーマ例

元音楽教師めりーです。ICT活用の定番「調べ学習」についてお話しします。 GIGAスクール構想により、ICTを活用した授業が求められる今、音楽の授業でどのように活用すべきか悩んでいる先生方は多いと思います。 そんな中、真っ先に思い付くタブレット活用方法は、「調べ学習」ではないでしょうか。 確かに、アプリをインストールするなど準備の必要がないので、手軽に授業の中に取り入れやすいですよね。 ですが、授業の中で「調べ学習」を行う際には、注意しなければならないことがあります。 そこで、この記事では、音楽授業におけ ...

ReadMore

授業の基本

2022/9/18

音楽教員の必需品!授業に役立つアイテム5選

元音楽教員めりーです。 この記事では、私の音楽教員生活の中で、「これは無くてはならない!」と思った授業アイテムを5つ厳選してご紹介します。 \教員生活全般で必要な持ち物はこちら/ 音楽授業に役立つアイテム5選 ①タイマー 授業中の活動時間を区切るためにタイマーは必須。 生徒の様子を見て「そろそろ終わりにしよう」なんて声をかけることもありますが、「活動時間はあと○○分」と明示している方が分かりやすく、生徒も活動に集中しやすくなります。 おすすめは、大きな表示で見やすく、黒板に貼れるマグネットタイプのものです ...

ReadMore

鑑賞授業

2022/9/18

「二枚目」も「修羅場」も!日常的に使われる、歌舞伎由来の言葉

元中学校音楽教師のめりーです。歌舞伎が由来とされている言葉をご紹介します。 \歌舞伎について詳しく知りたい方はこちら/ 一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる、歌舞伎。 ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、歌舞伎を由来とするものが多くあります。 そこで、この記事では、そんな歌舞伎由来の言葉から特に馴染み深いものを厳選してご紹介します。 板に付く 「板に付く」とは、経験を積んで、動作や態度が地位・職業などに合うようになること。 元々は、 板=舞台 付く=しっくり合う という意味で、経験 ...

ReadMore

きらきら星変奏曲解説

鑑賞授業

2022/9/18

実は恋の歌!?モーツァルト作曲「きらきら星変奏曲」を解説!

元音楽教師めりーです。今回は、あの有名な「きらきら星」について解説します。 「きらきら星変奏曲」という名で知られる、こちらの音楽。 モーツァルトが作曲したことでも有名ですが、実はこの曲は、ある音楽の旋律を引用して作られたもので、原曲は他にあるのです。 では、その原曲とはいったいどのような音楽なのでしょうか? というわけで、この記事では、そんな「きらきら星変奏曲」の原曲やその他のアレンジ、演奏・鑑賞時のポイントをまとめてみました。 目次原曲は恋の歌!「きらきら星変奏曲」の正式名称は?→変奏曲とは?原曲『ああ ...

ReadMore

音楽授業におすすめのミニゲーム

ゲーム・クイズ

2022/9/18

音楽授業のスキマ時間におすすめのミニゲーム「ドレミでクラップ」

元音楽教師めりーです。この記事では音楽授業におすすめのミニゲームをご紹介します。 ほんの少しだけ授業時間が余ってしまった… どんよりした授業の雰囲気を変えたい… そんな時に私が取り入れていたのが、ミニゲーム「ドレミでクラップ」! 所要時間は1~3分ほどで、サクッと授業の雰囲気を和らげることのできる活動です。 やり方は非常に簡単で、何の準備もいらないので、授業で困ったその瞬間に取り入れることができますよ。 それでは「ドレミでクラップ」の進め方をご紹介します。 ミニゲーム「ドレミでクラップ」の進め方 ①生徒そ ...

ReadMore

世界の民族音楽授業案

常時活動

2022/9/18

世界の民族音楽を楽しく鑑賞!おすすめの常時活動「ミュージックトラベル」

元中学校音楽教師のめりーです。民族音楽の授業にお悩みの先生方に提案があります。 世界の諸民族音楽について、 ・数種類の音楽を鑑賞し、教師による説明を聞いて、感想を書く ・ホーミーやケチャなどの民族音楽をみんなで体験する という活動を軸に、1~2時間扱いの授業を行う先生が多いと思います。 ですが、1時間の中で数種類の音楽を立て続けに聴くと生徒は途中で飽きてしまいがち。 それに乗り気でない生徒に無理に活動を強要すれば、かえって音楽へのマイナスイメージは強まってしまいます。 そこで、私が提案したいのは、民族音楽 ...

ReadMore

早春賦の意味やポイントまとめ

歌唱授業

2022/9/18

「早春賦」歌詞の意味や作曲背景などポイント総まとめ!

元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業経験を基に「早春賦」のポイントをご紹介します。 春を待ちわびている人々の思いや朗らかな風景を表現した日本の名曲「早春賦」。 教科書にも掲載されているので、今まさに授業準備をしている、あるいはテスト勉強中という方も多いと思います。 そこで、この記事では、「早春賦」の歌詞の意味や作曲背景など学習する際に役立つポイントをご紹介します。 学生の皆さんはもちろん、これから授業を行う先生方のお役に立てれば幸いです。 目次「早春賦」のポイント1.そもそも「早春賦」ってどういう意味 ...

ReadMore

-音楽史
-, , , ,

© 2022 めりー先生の音楽準備室