保護者会ネタ中学

中学校教員の仕事

学級懇談会の進め方とおすすめのネタ、事前準備をご紹介【元中学教員の経験談】

元中学校音楽教師のめりーです。学級懇談会が不安という気持ちは、事前準備で何とか乗り切りましょう!

この記事では、私の経験を基に学級懇談会の進め方とおすすめのネタ、事前に準備しておくことをご紹介します。


スポンサーリンク

ゴールは「保護者会に参加してよかった」と思われること

保護者の方々も忙しい中、時間をつくって保護者会に参加してくださいます。

それなのに、「わざわざ学校に行く必要はなかった」と思われるような内容では申し訳ないですよね。

授業と同じで、付け焼き刃ではうまくいきません。

事前にしっかり準備を行って、何か1つでも「参加してよかった」と思えるようなメリットを作りましょう。

学級懇談会の進め方

学級懇談会が30分間と仮定した場合、私は以下のように進めていました。

1 担任挨拶(10分間)

2 保護者の自己紹介(10分間)

3 質疑応答(5分間)

4 生徒の様子や質疑応答を踏まえた話(5分間)

それでは、具体的にどのような内容で進めていくかをご紹介します。

1 担任挨拶

以下の6つについて話をします。

①日頃の感謝と保護者会参加への御礼
②自己紹介
③学級での生徒の様子
④学級経営目標と指導方針
⑤ご家庭へのお願い
⑥1年間の流れ

①日頃の感謝と学級懇談会参加への御礼

「日頃より学校にご尽力いただきありがとうございます。」
「お忙しい中学級懇談会にご参加いただきありがとうございます。」

と感謝の気持ちを述べることから入ります。薄っぺらい御礼では逆効果なので、心を込めて気持ちを伝えましょう。

②自己紹介

親しみのもてるような自己紹介をします。

「この先生になら安心してうちの子を任せられる」と思えるような安心感を与えることが大切です。

③学級での生徒の様子

担任になってから見てきた学級全体の様子を話します。

良いところも悪いところも正直に伝えるのがポイント。(悪いところは少しオブラートに包みますが・・・)

良いところを今後も伸ばしつつ、悪いところは、こんな取り組みや指導を行って良い方向に導きますというような話をします。

④学級経営目標と指導方針

どのような学級にしたいのかそのためにどのような指導を行うのかなど、学級開きで生徒に話したようなことを、保護者にも丁寧に説明します。

事前に学級経営方針を作成しているのであれば、レジュメとして配布しながら説明すると分かりやすいです。

ただし、プリントを見れば分かることを淡々と説明することのないよう注意が必要です。

⑤ご家庭へのお願い

「生徒がよりよい学校生活を送るためには、学校とご家庭との連携が必要不可欠です。ぜひ保護者の皆様のお力をお貸しいただき、生徒の成長を一緒に見守っていきましょう。」というような話をします。

クラスの状況によっては「提出物を一緒に確認してください。」など具体的なお願いをしてもOKです。

⑥1年間の流れ

たいていの場合、学校全体の保護者会や、学年会で年間行事予定については説明しますので、補足があれば学級懇談会時に説明するようにします。

2 保護者の自己紹介

保護者の参加人数やメンバーによって、大幅に時間が変わります。

単純に「自己紹介をお願いします。」だけだと盛り上がりに欠けるので、自己紹介プラスαで何か共通テーマを提示するのがおすすめです。

私がこれまでにテーマとしてきたことを例として挙げておきますので、よければ参考にしてみてください。

共通テーマ(例)

・お子さんを一言で表すと
・お子さん自慢(良いところ)
・最近の悩み、困っていること
・家庭での様子
・お子さんから聞いたクラスの印象(地雷の場合があるので要注意)
・1年間(3年間)で成長したこと
etc...

3 質疑応答

特に1年生の年度初めは、校則や行事についての質疑が非常に多い印象です。

もし答えられないような質問や要望が出てきた場合は、「ご意見ありがとうございます。学年教員と相談して後日回答します。」と誠意をもって答えるようにします。

また、「家で全然勉強しません」的な家庭での話が出てきたら、学校ではこんな取り組みをしていますと話しつつ、「皆さんのご家庭ではいかがですか?」と他の保護者に話を振ると、意見が活発に出てきて盛り上がります。

4 まとめ

保護者の自己紹介や質疑応答で出てきた話を踏まえ、今後の学校生活についてまとめます。

最後に、「今後何かお気づきの点やご質問等がございましたらすぐにご連絡ください。(私に言いづらければ学年の教員でも、部活動顧問にでも構いません。)」と伝えて学級懇談会はおしまいです。

時間が余りそうなときにおすすめのネタ

上記の流れで進めれば、たいてい時間ぴったり(下手するとオーバー)ですが、それでも時間が余りそうなときに使えるおすすめのネタを3つご紹介します。

・アンケート

①事前に生徒にアンケートをとっておく。
②保護者にも同じ用紙を配布し、記入してもらう。
③生徒が記入したアンケート用紙を渡し、自己採点をしてもらう。

中学生ともなると、「家で何も話してくれない」とお悩みの保護者の方もいるので、少しでも生徒のことを知り、話すきっかけにしてもらえたらと思い、行っていました。

生徒も保護者も気張らないよう、「好きな料理」「最近ハマっていること」など、フランクな質問にするのがおすすめ。

・生徒の作文

年度初めや長期休みの課題、行事後に作文を書かせる学校が多いかと思います。

学校で書いた作文を保護者の方が読む機会はほとんどないので、生徒に事前に了承を得た上で、学級懇談会時に見せることもありました。

・日頃の写真

生徒たちの学校生活の様子を写真に撮っておき、スライドショーにします。

事前に準備が必要ですし、「うちの子の写真がない」とならないよう注意を払わなければいけませんが、普段見ることのできない子どもの姿が見られるので、保護者の方には喜ばれます。

行事に参加できない保護者の方も多いので、合唱コンクールや体育会の動画を見せることもありました。

事前に準備しておくこと

さて、ここまで学級懇談会の進め方やおすすめのネタをご紹介しましたが、最後に、学級懇談会に向けて事前に準備しておくとよいことをご紹介します。

・レジュメ等の資料

保護者に渡す資料は事前に起案が必要だったり、そもそもそんなものを作る余裕がなかったりするので、全ての先生におすすめというわけではありません。

ですが、資料があった方が自分も保護者の方も分かりやすいですし、欠席者にも渡せるので一石二鳥です。

・流れの板書

学級懇談会の開始時刻と終了時刻、流れは事前に板書しておくのが親切です。

保護者の方の自己紹介(トークテーマは○○)」と書いてあれば、保護者の方も心の準備ができます。

・名札、ネームプレート

保護者会では名札やネームプレートを用意しておくのが無難です。

私はいつも紙1枚とクリップで簡単に作れるネームプレートを用意していました。

保護者会名札

1分もあればできるので、保護者会当日に生徒に作成してもらえばOK!クリップを外せばただの紙なので、かさばらず保管もしやすいです。

というわけで、この記事では、学級懇談会の進め方とおすすめのネタ、事前に準備しておくことをご紹介しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

その他の保護者対応に関する記事はこちら。

-中学校教員の仕事
-, ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室