先生の話おすすめネタ

中学校教員の仕事

「先生の話」の内容は?おすすめのネタ、仕掛けまとめ

元中学校教員めりーです。今回は、生徒の前で何を話せばいいの?と悩んでいる方向けの記事です。

学年集会などで「次は○○先生のお話です。」と話を振られても、何を話せば良いか分からない!という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、「先生の話」で使えるおすすめネタや仕掛けをご紹介しますので、ご自身のスピーチの参考にしていただければ幸いです。

ネタ以前に、そもそもどうやって話し始めればいいかが分からない方はこちらの記事をご覧ください。

「先生の話」って何を話せばいいの?

「先生の話」には決まった内容がないため、何を話せば良いか分からず、頭を悩ます方も多いんですよね。

ですが、普段の学校生活の中で「褒める」または「叱る」べきことは、いくらでも転がっています。

生徒の様子を注意深く観察していれば何を話すべきかが見えてくるでしょう。

ただ、「ここが良くないから、今後は改善して」と伝えるだけでは、残念ながら生徒の心には響きません。

ゆえに多くの先生はインパクトのあるネタやエピソード、仕掛けを用意して、伝えたいことより伝わりやすくしているのです。

「先生の話」に使えるネタや仕掛け

おすすめのネタ

ネタは、学校中に転がっていますが、それ以外に生徒が興味を示しそうなネタをいくつか例としてご紹介します。

・ニュースや新聞

今、世界で何が起きているのかという時事ネタから、ほっこりする話やローカルネタなど、様々な話題を手に入れることができます。

・名言やことわざ

世の中にある数々の名言やことわざから学ぶことは非常に多いです。

偉人の名言に限らず、バラエティ番組やアニメ、漫画など生徒が興味のもてそうな名言を引用するのも良いですね。

・本

本を読むことで、新たな知識や情報を蓄えることができます。

加えて活字に触れることで、国語力(話の構成や言い回しなど)も身に付くので、まさに一石二鳥です。

・今日は何の日?

毎日「○○の日」なので、それと絡めて話を展開するのも良いでしょう。

・雑学やトリビア

ちょっとした雑学やトリビアも使えます。

「知らなかった!」「なるほど!」と思えるような話には生徒も食いつきます。

・自分の話

趣味に関することや週末に起こったことなどを基に、話を展開させていく方法もあります。

以前、通勤途中の電車内でラーメンを食べている人を見かけたので、それを基に「公共の場でのマナー」について話をしました。

先生のプライベートな情報に、生徒は興味津々なので、喜んで聞いてくれることでしょう。

おすすめの仕掛け

1時間の学年集会でずっと話を聞いていると生徒は飽きるので、時には仕掛けが必要です。

いくつか例を挙げておきます。

・ストレッチ

「ずっと同じ姿勢で話を聞いていてみんな偉いね、でもそろそろ疲れてきたんじゃない?」とストレッチを提案します。

「このストレッチは○○な効果があってね…」とストレッチから話を展開させていくこともできます。

・紙類やボード類

例えば学年だよりを配布して、それに沿って話を進めたり、ホワイトボードに大事な言葉を書いたり。

耳で聞くよりも目で見る方が印象に残りやすいので、学年集会でもよく使われます。

金八先生の「『人』という字は…」も黒板を活用していますよね。

・歌

音楽以外の先生が歌いだすと「何事!?」と生徒は注目します。

例えば、自分の出身校の校歌を歌って、「卒業してからしばらく経つけど、まだ歌えるんだ。皆はどう?何十年後も覚えていられるほど、校歌をちゃんと歌っているかな?」と問いかけ、話を進めるなど。

他にも、心に響く歌詞の歌をプレゼントするのも良いですね。

・ゲームやクイズ

例えば、

「先生は今感動しているでしょうか、怒っているでしょうか」
「プリントを一言もしゃべらずに早く後ろまで回したクラスの勝ち!」

など、ちょっとしたゲームやクイズを取り入れると、生徒も話に興味をもつようになるでしょう。

・あいうえお作文

人生で大切な「あいうえお(愛・命・運・縁・恩)」など、伝えたいことをあいうえお作文で紹介する方法もあります。

生徒の心に残りやすく、その後何度も繰り返し伝えれば、いつしか先生と生徒の合言葉みたいになります。

「先生の話」で大切なことは2つ!

1.聞く価値があるものか

意味のない話をダラダラと続けると「聞いて損した」となりかねません。

「納得した」「勉強になった」など、生徒にとって価値のある何かを用意してあげることが大切です。

そのために、生徒に何を伝えたいのかを明確にし、結論(オチ)を用意すること、そして簡潔に分かりやすい言葉で伝えることを心がけるようにしましょう。

2.「何を」言うかより「誰が」言うか

これまでの話を全て覆すようなことで申し訳ないのですが、結局のところ、生徒は「何の話か」より「誰が話すか」に注目しがちなんですよね。

興味はなかったけど話が面白くて聞いてしまった!ということはありますが…

関係性が浅いうちは、「この先生はどんなことを話すのだろう?」と興味をもって聞いてくれますが、慣れてくると、話を聞き流すようになってきます。

この先生の話は聞かなきゃ損!」と思わせられるよう、日頃から生徒との関係構築に励むのもひとつの手かもしれませんね。

新任の先生に注意してほしいこと

この記事を読んでくださっている方には、これから先生になる方や先生になりたての方が多いと思います。

そんな新任の先生に注意してほしいことが1つあります。

それは、最初から飛ばしすぎると、後々苦労するよ!ということ。

というのも、最初にとびっきり面白いことをしてしまうと、「次は何をするのだろう?」と期待されてしまいます。

昔、初任の先生が学年集会でダンボールを使用した自己紹介ネタを披露し、生徒に大ウケ!以降、毎回ダンボールを活用したスピーチを期待されるようになってしまいました。

スピーチなんて、教員の仕事のほんの一部なので、あまり力を入れすぎず、自分のできる範囲で準備すれば良いのです。

まとめ「大丈夫、いつか慣れるから!」

さて、この記事では「先生の話」に使えるネタや仕掛けをご紹介しました。

初めのうちは、どのように話せば良いか悩むことも多いと思いますが、毎日子どもたちと接していれば、自然と話の中身は見つかります。

日々、何か話のネタになることはないかな?アンテナを張っておくことが大切ですね。

というわけで、今回の記事は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。


教育実習生へのアドバイス

中学校教員の仕事

2022/9/18

教育実習生の心構えとは?元指導教員が伝えたい、7つの大切なこと

元中学校教員めりーです。過去に教育実習生の指導教員をしていました。 もうすぐ教育実習に向かう皆さん、準備は順調ですか? 教育実習って実際どんな感じなんだろう?ちゃんとうまくやれるかな? と不安な方も多いと思います。 そこで、この記事では、教育実習に臨むにあたっての心構えを老婆心ながらお伝えします。 元指導教員からのお節介なアドバイスですが、読んでいただき、少しでも教育実習に向けて心の準備を整えていただけたら嬉しいです。 目次教育実習生に知ってほしい心構え7つ1 「先生」の自覚をもとう!2 「いのち」を守ろ ...

ReadMore

合唱コン前のおすすめ授業ネタ

行事に関すること

2022/9/18

合唱コンクール前におすすめの音楽授業ネタ「審査員になろう」

元音楽教師めりーです。校内合唱コンクール前におすすめの授業をご紹介します。 合唱コンクールを控えている先生方、「生徒が合唱練習に真剣に取り組んでくれない」とお悩みではないですか? 実は、その原因は合唱に対して明確な目標がないからかもしれません。 そんな時に私がいつも行っていたのが、「審査員になろう」という比較鑑賞の授業です。 審査する側になって合唱を鑑賞することで、生徒たちはどのような合唱にしたいのか明確な目標を立てられるようになるはず。 というわけで、この記事では、そんな「審査員になろう」の進め方をご紹 ...

ReadMore

憂鬱な月曜日を乗り切る秘訣

中学校教員の仕事

2022/9/18

憂鬱な月曜日を乗り切る3つの秘訣とは?

元教員のめりーです。「つらい月曜日」を「楽しみな月曜日」に変える方法をご紹介します。 「明日仕事に行きたくない」 「また1週間始まると思うと辛くて眠れない」 どんなに仕事が楽しくても、週明けの月曜日を憂鬱に感じる方は多いのではないでしょうか。 私も金曜日の夜が最もハイテンションで、月曜日が近づくにつれてだんだん気分が落ち込んでいき、日曜日の夜には「この世の終わり」状態。 ですが、これからご紹介する3つの方法を試したところ、月曜日の憂鬱な気分がほんの少しだけ晴れたのです。 あくまでも私のやり方ではありますが ...

ReadMore

教員を辞めたい

中学校教員の仕事

2022/9/18

教員を辞めたいと思ったらすべき5つのこと

元中学校教員めりーです。 「毎日仕事が辛い」 「明日学校に行きたくない」 「もう先生なんて辞めたい」 分かります、その気持ち。 教員って、仕事量は多いし、拘束時間は長いし、傷付くこともしょっちゅうだし…ストレスのオンパレードですよね。 でも、残念ながら「辞めたい」と思っているだけでは事態は好転しません。 そこで、この記事では教員を辞めて民間企業に転職した私の経験を基に、「辞めたい」と思ったときにすべきことをお伝えしたいと思います。 目次教員を辞めたいと思ったらすべきこと1.とりあえず1日休む2.辞める前に ...

ReadMore

教員の自己紹介例文

中学校教員の仕事

2022/9/18

教員の自己紹介は何を話すべき?シーン別の例文を紹介!

元中学校教員めりーです。 もうすぐ新年度! 先生になる予定の皆さん、準備は万端ですか? 授業はうまくいくかな?生徒指導はちゃんとできるかな?と不安なことが多いと思いますが、それ以前に考えなければならないことがあります。 それは、自己紹介で何を話すかです。 新年度は、あらゆる場面で自己紹介をすることになるので、この記事では教員の自己紹介の内容をシーン別にご紹介します。 目次教員が自己紹介をするタイミングは?教員の自己紹介例文(シーン別)・着任挨拶・始業式(着任式)・学年集会・学級開き・授業開き・保護者会まと ...

ReadMore

先生の話おすすめネタ

中学校教員の仕事

2022/9/18

「先生の話」の内容は?おすすめのネタ、仕掛けまとめ

元中学校教員めりーです。今回は、生徒の前で何を話せばいいの?と悩んでいる方向けの記事です。 学年集会などで「次は○○先生のお話です。」と話を振られても、何を話せば良いか分からない!という方も多いのではないでしょうか。 この記事では、「先生の話」で使えるおすすめネタや仕掛けをご紹介しますので、ご自身のスピーチの参考にしていただければ幸いです。 ネタ以前に、そもそもどうやって話し始めればいいかが分からない方はこちらの記事をご覧ください。 目次「先生の話」って何を話せばいいの?「先生の話」に使えるネタや仕掛けお ...

ReadMore

学年集会ネタ

中学校教員の仕事

2022/9/18

学年集会などに役立つ!「先生の話」の組み立て方

元中学校教師めりーです。学年集会等での「先生の話」にお困りの方向けの記事です。 もうすぐ先生になる予定の皆さん、「次は○○先生のお話です。」と振られて、ちゃんと話ができそうですか? 何をどう話せば良いか分からないという方がほとんどだと思います。 この記事では、「先生の話」の組み立て方をご紹介しますので、よければ参考にしてみてくださいね。 目次まず考えるべき3つのこと①誰に向けた話か②何を伝えたいのか③どのように伝えるのか「先生の話」の型(基本的な流れ)三部構成とは?有名なアノ話を例にすると…まとめ 最大の ...

ReadMore

教員の服装は?毎日の授業から入学式まで

中学校教員の仕事

2022/9/18

中学教員の服装は?毎日の授業から入学式まで徹底解説!

元中学校教員めりーです。 この記事では、 ・中学校の先生は毎日何を着ているの? ・入学式や卒業式など特別な日はどんな服装がベスト? ・着任日(出勤初日)の服装は? という疑問にお答えすべく、中学校教員の服装を徹底的に解説します。 毎日の授業から入学式などの行事まで、中学校でよく見かけるコーディネートを紹介しますので、参考にしていただけたら幸いです。 目次教員はTPOに合わせてスーツ着用!スーツを着るのはどんなとき?スーツの色や柄、インナーは?予備のスーツがあれば安心!ブラックフォーマルの準備も。男性教員の ...

ReadMore

-中学校教員の仕事
-, ,

© 2022 めりー先生の音楽準備室