学年集会ネタ

中学校教員の仕事

学年集会などに役立つ!「先生の話」の組み立て方

元中学校教師めりーです。学年集会等での「先生の話」にお困りの方向けの記事です。

もうすぐ先生になる予定の皆さん、「次は○○先生のお話です。」と振られて、ちゃんと話ができそうですか?

何をどう話せば良いか分からないという方がほとんどだと思います。

この記事では、「先生の話」の組み立て方をご紹介しますので、よければ参考にしてみてくださいね。

まず考えるべき3つのこと

話の内容を考える上で大切なことは、

①誰に向けた話か

②何を伝えたいのか

③どのように伝えるのか

の3つです。

①誰に向けた話か

教員の場合、話をする相手は生徒だけではありません。

聞き手が誰かによって、話の流れや内容、話し方を変える必要があるので、それぞれについてご紹介します。

全校生徒

全校集会や全校朝礼では、校長や生活指導主任など管理職級の教員が話す場面ばかりなので、一般教員が話を振られることは少ないです。

ただ、稀に教科や部活動等に関するお知らせを全校集会の場で伝えることもありますし、離任式着任式でスピーチを求められることはあります。

学年生徒

学年集会や学年朝礼は、

・学年主任の独壇場
・○○先生は生活面、○○先生は学習面のように固定
・話す担当者は毎回ローテーション
・生徒の話オンリー

など、学校・学年によって進め方が異なります。

ですが、年度や学期の初めと終わりは全員に話が振られるので、少なくとも年に数回は学年生徒の前で話す場面が訪れると思っていた方が良いでしょう。

学級生徒

学級担任は、毎日、朝と帰りの学活(HR)の中で、何かしら話をしなければいけません。

連絡事項を伝えるだけで終わりの場合もあれば、生徒の状況によって褒めたり叱ったり、その時によって違います。

学活(HR)は学級経営の要なので、毎日のことで大変ですが、生徒に何を伝えるべきかを真剣に考えなければいけません。

保護者

入学式や卒業式、保護者会、PTA総会などで話をすることもあります。

特に年度初めの保護者会では、必ずと言っていいほど自己紹介もかねてスピーチをすることになります。

その際には「実力不足」といったネガティブな言葉は使わず、安心感を与えるような内容が良いでしょう。

同僚教員

入学式や卒業式の後の昼食会、行事後の打ち上げ、歓送迎会など、教員の前でスピーチを求められることが意外とあります。

聞いている全員が話のプロなので、「オチがある」「学びがある」のいずれかでないと、場がシラけてしまうんですよね。

話のコツは、具体的なエピソードを交えることと、他の先生を巻き込むこと

○○な時、□□さんの一言が、クラスの雰囲気を変えたんです!」みたいに話し始めるとスムーズです。

②何を伝えたいのか

授業でもスピーチでも、ゴールが明確でなければ、聞いている側も何の話をされているのか分かりません。

「この部分を褒めたい」「ここを改善してほしい」など、伝えたいことを明確にすることが大切です。

③どのように伝えるのか

対象者と話の内容によって、伝え方は大きく異なります。

例えば、生徒の前と保護者の前で話すとでは言葉使い表情は違いますし、「褒める」か「叱る」か「お願い」かによっても話の流れは変わってきます。

また、話をより伝わりやすくするために、何らかのネタ仕掛けが必要なことだってあります。

伝えたいことを伝えやすくするために、対象者や内容に合わせた工夫が必要というわけですね。

さて、スピーチで意識すべきことを3つご紹介しました。

実は、これらさえ明確にできれば、あとは型に当てはめるだけで、スピーチは完成するのです。

では、その型とは、どのようなものでしょうか。

「先生の話」の型(基本的な流れ)

分かりやすいスピーチの型は、導入(起)、展開(承・転)、まとめ(結)の三部構成です。

三部構成とは?

①導入(起)

これから話す内容に興味をもってもらうための導入部分です。

例えば、

「最近話題の○○、皆さんは知っていますか?」
「私の好きな言葉に△△というものがあります。」
「先日●●に行ってきた話なんだけど、」
「この前、▲組の前の廊下を通ったらね…」

というようにネタや具体的なエピソードから話を広げていきます。

ここでうまく生徒を惹きつけられるかで、その後の話を聞いてもらえるかが決まるので、使えそうなネタ集めは欠かせません。

②展開(承・転)

導入ネタと学校生活との共通点をきっかけに話を展開させ、「伝えたいこと」を明確にする部分です。

例えば、

「同じことが、学校生活でも言えます。」
「○○なことって、皆さんの△△と共通していると思いませんか?」

などと切り出し、話の本題に入っていきます。

導入部分とのつながりが見えづらいと、何の話をされているのか分からなくなるので、「なるほど。」と納得できるような関連性を提示できると良いです。

③まとめ(結)

最終的な結論部分です。

ここがビシッと決まらないと、生徒は「いったい何の話だったの?」となりかねません。

これまでの話を総括するようなまとめ方をしていきたいものです。

有名なアノ話を例にすると…

せっかくなので、具体的な例を挙げて、三部構成の流れを説明します。

例としてご紹介するのは、中学2年生に向けた話として、多くの学校で語られる「ハンバーガーの話」です。

どなたが提唱したのか分からないのですが、これまで多くの先生がこの話をしているのを耳にしたことがあります。

知らない方のために、話の内容を簡潔に紹介すると、

学校をハンバーガーで例えると、1年生と3年生がパン、2年生が真ん中の具材(ハンバーグ)。ハンバーガーの味を決めるのは、真ん中の具材。つまり、○○中学校の美味しさは、2年生次第!

みたいな内容です。

これを、先ほどの三部構成に当てはめてみます。(私だったらこう話すという例えです)

①導入(起)
突然ですが、私はハンバーガーが大好きです。
先日も某M店のハンバーガーと某L店のハンバーガーを食べ比べていて、あることに気が付いたのですが、なんだと思いますか?
正解は、お店によってハンバーガーの味が全然違うということ。
「なんだ、そんなことか」「そんなの当たり前」と思ったかもしれませんが、その味の違いは、中の具材、つまりハンバーグによるものだということに気が付いたのです。
一方のお店は、ハンバーグが香ばしく、一方はふんわりと柔らかい。パンとパンに挟まれたハンバーグが、ハンバーガー全体の味を決めているのだと改めて思いました。

②展開(承・転)
そこで、皆さんに質問です。
学校全体をハンバーガーに例えると、2年生の皆さんは何になるでしょうか?
そう、中の具材、ハンバーグです。
ハンバーガーという学校全体の味を決めるのは、ハンバーグである2年生の皆さんなんですね。
委員会活動にしろ、部活動にしろ、皆さんが学校生活の中心的な存在となります。
今までは困ったときに先輩に頼ることができたけれど、これからはそういうわけにはいきません。
○○中学校を引っ張ることが、2年生の役割です。

③まとめ(結)
上のパンである3年生をしっかりと支え、下のパンである1年生を導く存在になってください。
今はまだ、どんな味になるか分かりませんが、これから1年かけて、美味しい中身、味のある2年生になりましょう。

なんとなく、三部構成についてはご理解いただけたでしょうか?

このように、対象者・内容・伝え方を明確にしたうえで、型に当てはめれば、簡単にスピーチは出来上がります。

まとめ 最大のコツは?

さて、この記事では「先生の話」の組み立て方についてお話ししました。

考えるべきことや構成の基本的な型をご紹介しましたが、最大のコツは、自分のキャラを生かすこと!

いろいろと試行錯誤しながら自分なりのスタイルを構築してくださいね。

\指導案・ワークシートのダウンロードはこちら/


中学校教員の仕事

2023/1/26

問題を未然に防ぐために、新任教員が気を付けるべきこと

元中学校教員めりーです。今回は先生になる予定の方や1年目の教員向けの話です。 生徒同士のトラブルや保護者からのクレーム、教員の服務事故など、学校では様々な問題が生じます。 中には教員の意識ひとつで未然に防げるものもありますが、先生になったばかりでは何に気を付けて良いか分からないですよね。 そこで、この記事では、生徒を守るため、また自分自身を守るために、先生方に気を付けてほしいことをお伝えします。 目次自分の発言に細心の注意を払うSNSでの言動には気を付けるルールやマナーを守る生徒の話は学校の中だけに留める ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2023/1/20

「教員は世間知らず」と言われる理由と対処法を元教員が考えてみた

元中学校教員めりーです。 昔から「教員の常識、世間の非常識」「教員は世間知らず」と言われることが多いですが、その原因はいったい何なのでしょうか? この記事では、中学校教員として勤務した経験を基に、教員が世間知らずと言われる理由とその対処法をお届けします。 目次教員が世間知らずと言われる理由と対処法①教員は少数派②学校しか知らない③ビジネスマナーを知らない④自分が偉いと錯覚している⑤お金の知識が不足しているまとめ 教員が世間知らずと言われる理由と対処法 ①教員は少数派 単純に、社会人という括りの中で教員は少 ...

ReadMore

音楽教員の仕事

2023/1/20

教採合格者に伝えたい、私が中学校音楽教員になって苦労したこと

元音楽教師めりーです。 この記事では、私が中学校の音楽教員になって特に苦労したことをご紹介します。 生徒や保護者との関わり方など苦労したことはたくさんあるのですが、今回は特に音楽に関連することだけを取り上げます。 「春から教員になるのが不安…」「今のうちに準備しておいた方が良いことはあるかな?」とお悩み中の方の参考になれば幸いです。 ちなみに教員になった当時の私のスペックはこんな感じ。 ピアノ歴20年 箏は「六段の調」、チェロ・篠笛は音階なら演奏できるレベル 小学校では合唱部に所属(中高は伴奏者としてコン ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2022/11/11

教員はお金の勉強をすべき!その理由とおすすめの勉強法

元中学校教員めりーです。 私が教員時代にやっておけばよかったと後悔していること… それは、お金の勉強です。 なんとなくお金の話題はタブーみたいな雰囲気があって、同僚や友人、家族にも相談しづらく、スルーしがち。 でも、生きていくにはお金が必要なわけで、今の時代、ちゃんとした知識をもっていないと損することばかりだと気付いたのです。 というわけで、この記事では教員がお金の勉強をすべき理由と、おすすめの勉強法をご紹介します。 「将来に対して漠然とした不安がある」「お金の勉強って何をすればいいか分からない」という方 ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2022/11/20

教員の出会いの場はどこ?【経験者が語る、先生の恋愛事情】

元中学校教員めりーです。先生の恋愛事情について切り込みます! 「教員は出会いがない」「忙しすぎて結婚できない」なんて話をよく聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか。 この記事では中学校に勤務していた際の実体験を基に、教員ならではの出会いと、素敵な相手を見つける方法をご紹介します。 目次教員にありがちな出会いの場5選①職場の同僚②研修③同僚や先輩からの紹介④地域の方や保護者からの紹介⑤学校に出入りする業者素敵なパートナーと出会う方法4選①習い事やサークル活動②婚活サイト③マッチングアプリ④街コンまとめ ...

ReadMore

中学生の朝読書におすすめの本

中学校教員の仕事

2022/11/20

中学生から大人まで楽しめる!朝読書やスキマ時間におすすめの本5選

元中学校教員めりーです。朝やすきま時間に読むのにおすすめの本を紹介します。 心を落ち着かせたり、脳を活性化させたりする効果がある朝読書。 多くの学校では10分間の読書タイムを取り入れていますし、大人になってからも朝活の一環で読書タイムを設ける方が増えています。 ですが、いざ朝読書に取り組もうと思っても、 ・どの本を読めばいいかわからない ・読書が苦手で集中力が続かない ・いいところでタイムアップになるのが嫌 と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では、読書嫌いでもスラスラ読める本、 ...

ReadMore

教育実習生へのアドバイス

中学校教員の仕事

2022/11/20

教育実習生の心構えとは?元指導教員が伝えたい、7つの大切なこと

元中学校教員めりーです。過去に教育実習生の指導教員をしていました。 もうすぐ教育実習に向かう皆さん、準備は順調ですか? 教育実習って実際どんな感じなんだろう?ちゃんとうまくやれるかな? と不安な方も多いと思います。 そこで、この記事では、教育実習に臨むにあたっての心構えを老婆心ながらお伝えします。 元指導教員からのお節介なアドバイスですが、読んでいただき、少しでも教育実習に向けて心の準備を整えていただけたら嬉しいです。 目次教育実習生に知ってほしい心構え7つ1 「先生」の自覚をもとう!2 「いのち」を守ろ ...

ReadMore

音楽教員の仕事

2022/12/7

音楽教員の必需品!授業に役立つアイテム5選

元音楽教員めりーです。 この記事では、私の音楽教員生活の中で、「これは無くてはならない!」と思った授業アイテムを5つ厳選してご紹介します。 \教員生活全般で必要な持ち物はこちら/ 音楽の先生になる前に読んでいただきたい記事一覧はこちら 音楽授業に役立つアイテム5選 ①タイマー 授業中の活動時間を区切るためにタイマーは必須。 生徒の様子を見て「そろそろ終わりにしよう」なんて声をかけることもありますが、「活動時間はあと○○分」と明示している方が分かりやすく、生徒も活動に集中しやすくなります。 おすすめは、大き ...

ReadMore

-中学校教員の仕事
-, ,

© 2023 めりー先生の音楽準備室