※当サイトは広告及びアフィリエイトプログラムにより収益を得ています

中学校教員の仕事

問題を未然に防ぐために、新任教員が気を付けるべきこと

元中学校教員めりーです。今回は先生になる予定の方や1年目の教員向けの話です。

生徒同士のトラブルや保護者からのクレーム、教員の服務事故など、学校では様々な問題が生じます。

中には教員の意識ひとつで未然に防げるものもありますが、先生になったばかりでは何に気を付けて良いか分からないですよね。

そこで、この記事では、生徒を守るため、また自分自身を守るために、先生方に気を付けてほしいことをお伝えします。


自分の発言に細心の注意を払う

これは教員に限らず、全ての社会人に共通していますが、一人の人間として自分の発言には責任をもたなければいけません。

自分の対外的な発言は学校の名前を背負っているので、不用意な発言は極力避けるべき。

また、自分では冗談のつもりで言ったことが生徒を深く傷つけることもあります。

私は中学生の時に、教育実習生(英語)から「あなたの発音はマレーシアっぽい、もしかしてマレーシア人?笑」と言われたことを未だに引きずっています…笑

自分のちょっとした発言が大きなトラブルに発展する場合もあるので、口に出して言う前に「これは大丈夫かな?」と一度考えることが大切です。

SNSでの言動には気を付ける

先生に興味津々な生徒や保護者は、どうにかしてSNSアカウントを突き止めようとするので、身バレは覚悟した方が良いです。

「自分は迷惑行為をしていないから大丈夫」「過去のヤバい投稿は削除したから平気」と安心は禁物。

このご時世、どんな発言が炎上するか(相手の逆鱗に触れるか)分からないので、良識ある投稿を心がけることが大切です。

あと、意外と多いのが、3月頃に「来年度は○年生の担任だ!」などと呟き、人事異動情報を漏洩してしまうケース。

他にも生徒のノートや作品を許可なくアップするのもNGです。

これらは公務員に義務付けられている「信用失墜行為の禁止」にあたる可能性があるので、注意が必要です。

ルールやマナーを守る

赤信号なのに横断歩道を渡ったり、歩きながらスマホを操作したり…ついついやってしまいがちですが、それでは生徒に示しがつきません。

というか普通に危険なのでやめましょう!

教員は、ルールやマナーを守ることの大切さを教える立場なので、自らも率先して常識ある行動を心がけるべきです。

特に校区内では、どこで生徒や保護者が見ているか分からないので、いつも以上に気を張る必要があります。

生徒の話は学校の中だけに留める

職員室では「○○さん、最近よく頑張っているね」「××さんは今日も忘れ物していたよ」など情報交換という意味でも生徒の話をよくします。

ですが、それを学校の外に持ち出してはいけません。

ましてや飲み会の席などで生徒の話をするなんて言語道断です!

自分のことをむやみやたらに話さない

生徒たちはとにかく先生が大好きなので、「付き合ってる人はいる?」「どこに住んでるの?」などあれこれ質問してきます。

ですが、それらすべてに正直に答える必要はありません。

中には他人の領域にずかずかと踏み込んでくるような生徒・保護者もいるので、あまり自分の情報はさらけ出さない方が良いと思います。

「年賀状を送るから住所を教えて」も要注意!

住所を教えたらピンポンダッシュされた、ネットに晒されたという話を聞いたことがあるので、お気を付けください。年賀状を送りたいと言われたら、学校の住所を教えるのが無難です。

境界線を明確にする

教員と生徒は友だちではないので、そこの線引きはしっかりしましょう。

特に若い先生は、生徒から親しみをもたれやすい(悪く言えばなめられる)ので、「ここまでは良いけどここからはダメ」という境界線を示す必要があります。

また、どんなに信頼関係があろうと、SNS等での私的なやりとり、ボディタッチは絶対にNGです。

生徒のためにも、自分自身を守るためにも、一人の人間ではなく、一人の教員として生徒と接するようにしましょう。

生徒に感情移入しすぎない

ドラマなどでは「先生は私たちのために本気で怒ってくれた!」なんて生徒が感動するシーンがありますが、実際はあり得ません。

もし本気で怒ったら、頭に血が上って暴言を吐いたり、思わず手が出てしまったりする危険性があるので、多くの先生は本気で怒っているフリをしています。

どんなに腹が立っても、怒りのボルテージを上げたまま生徒と対峙するのは避けましょう。

他にも、「あの子は頑張っていたから」と甘く成績を付けてしまうなど、感情移入してしまったせいで誤った判断を下すこともあり得ます。

確かに生徒たちはかわいいですが、それはあくまでも教員として。

一個人の感情はなるべく排除することで、不必要なトラブルを避けることができると私は考えます。

「話す」のではなく「聴く」

教員ってなんとなく「話す」イメージがあると思うのですが、意外と「聴く」ことが大切な職業です。

日常生活においても、自分の話ばかりするのではなく、相手の話にしっかり耳を傾けてくれる人の方が安心感がありますよね。

それと同じで、「この先生はちゃんと話を聴いてくれる」と生徒や保護者に思ってもらうことが、信頼関係を築く第一歩だと思います。

生徒や保護者と信頼関係が築ければ、何か問題が起こる前に相談してくれるようになるので、結果トラブルを未然に防ぐことができます。

気になることがあれば誰かに相談する

生徒の言動で気になることがあったり、生徒との関係で悩んだりした時には迷わず誰かに相談しましょう。

例えば「○○さんの最近の言動が気になるな~」と自分が感じている時は、たいてい他の教員もそう思っています。

思うだけではどうにもなりませんが、相談すれば、原因が分かったり、何か対策を講じてもらえたりします。

自分の心を守るためにも、誰かに相談することは大切です!

というわけで、この記事では、問題を未然に防ぐために教員が気を付けるべきことをお伝えしました。

少しでもお役に立てていれば幸いです。

音楽教員の仕事

2023/9/14

音楽教員のための新年度準備リスト(春休みから授業開きまで)

元音楽教員めりーです。 音楽の先生が春休みのうちにやっておくことは何だろう? 新年度に向けてどんな準備をしておけばいい? という疑問にお答え! 当サイトでこれまでに紹介してきた「新年度に向けて準備すべきこと」を改めてリストアップしました。 音楽の先生が春休み中から授業開きまでの間にしておくと良いことを羅列していくので、チェックリストとしてご活用いただければ幸いです。 目次音楽教員のための新年度準備リスト最初にすべきこと音楽室の整備に関すること音楽の授業に関すること異動・新規着任者がすべきことまとめ 音楽教 ...

ReadMore

席替えの方法・決め方中学校

中学校教員の仕事

2023/7/26

学級経営の要!おすすめの席替え方法を元中学校教員が伝授!

元中学校教員めりーです。 生徒たちにとっては一大イベントですが、先生からしてみれば、大きな悩みの種でもある席替え。 その方法は、 先生が指定 くじ 話し合い など様々で、それぞれにメリット・デメリットがあり、「これが正解!」というものはありません。 ですが、一歩間違えたら学級崩壊の可能性もあるので、どのような方法を採用するか、生徒の実態を踏まえて慎重に決めなければいけません。 そこで、この記事では「少しでも参考になればいいな」という思いから、私がいつも行っていた席替え方法をご紹介します。 生徒から不満が出 ...

ReadMore

異動教員の引継ぎ事項

音楽教員の仕事

2023/7/26

音楽教員が異動の際の引継ぎで伝えるべき(確認すべき)こと

元中学校音楽教員めりーです。 この春から新しい学校へと異動予定の先生方、後任者への引継ぎ準備はちゃんとしていますか? 音楽教員にしか分からない情報もたくさんあるので、たとえ直接会う機会が無くても資料を残して行くなど、何らかの形での引継ぎは必要です。 というわけで、この記事では、音楽教員が異動の際の引継ぎで伝えるべきことをご紹介します。 異動される方はもちろん、「引継ぎ時に何を聞けばいいか分からない!」という方も参考にしていただければ幸いです。 目次引継ぎ事項①校歌の楽譜引継ぎ事項②鍵の種類引継ぎ事項③視聴 ...

ReadMore

春から音楽の先生準備

音楽教員の仕事

2023/9/19

音楽教員が最初の授業までに準備すべきもの4つ

元音楽教師めりーです。 皆さん、新年度に向けた準備は順調ですか? この記事では、私が毎年必ず年度初めに用意していたものを4つご紹介します。 「授業開きまでに何を準備しておけば良いか分からない!」という方の参考になれば幸いです。 目次最初の授業までに準備すべきもの4つ①座席表(兼評価シート)②振り返りカード③提示用マグネットシート④ガイダンス資料まとめ 最初の授業までに準備すべきもの4つ ①座席表(兼評価シート) まずはこちら、音楽室の座席表(兼評価シート)です。 毎時間、このシートに生徒の授業中の様子を記 ...

ReadMore

春から教員 準備

中学校教員の仕事

2023/7/26

これだけは絶対!新任教員が着任日までに準備すべきもの7選

元中学校教員めりーです。 もうすぐ学校の先生になる予定だけど不安しかない… という方に向けて、着任日までに準備すべきコト・モノを厳選してご紹介します。 これまで当ブログ内でお伝えしてきた様々な情報の中から、これだけは絶対に必要!というものだけを集めました。 目次①スーツ②上履き③印鑑(&印鑑ケース)④多機能ボールペン⑤クリップボード⑥マグカップ⑦自己紹介 ①スーツ 着任日の服装はスーツ一択なので、とりあえず一着だけでも準備しておくようにしましょう。 保護者会や研修などスーツを着用する機会は多いですし、チョ ...

ReadMore

入学式や卒業式の教員の服装

中学校教員の仕事

2023/7/26

入学式や卒業式の中学校教員の服装は?担任か担任以外かで違います!

元中学校教員めりーです。 入学式や卒業式などの儀式に、何を着れば良いのか悩んでいる先生も多いと思います。 そこで、この記事では私の教員時代の経験を基に、中学校教員の儀式の際の服装をご紹介します。 目次儀式の服装を選ぶポイント担任か担任以外か機能性も重視入学式の教員の服装新入生の担任(男性教員)新入生の担任(女性教員)担任以外卒業式の教員の服装卒業生の担任担任以外靴も忘れずに! 儀式の服装を選ぶポイント 担任か担任以外か まず大前提として、入学式も卒業式も、該当学年の担任か担任以外かで服装は異なります。 こ ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2023/9/14

学校の先生がよく使う、教育現場特有の言葉(業界用語)一覧

元中学校教員めりーです。 どのような仕事にも、その現場特有の業界用語がありますが、実は学校の世界にも、先生たちにしか伝わらない専門用語があります。 そこで、この記事では学校の中だけで飛び交う、教育現場特有の言葉を一覧でご紹介します。 これから先生になる予定の方、教育実習を控えている方の参考になれば幸いです。 目次・コマ・フル・抱き合わせ・補教・週案・分掌・起案・要録・実踏・前1・1の島・社長 ・コマ 時間割の中の1時間のこと。 1時間(50分)=1コマ 1時間目=1コマ目 授業が何も入っていない時間=空き ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2023/7/26

ネタ探しは終わり!学級通信の代わりに私がしていたこと

元中学校教員めりーです。 担任の皆さん、学級通信のネタ探しに困っていませんか? だったら来年度から学級通信をやめて、その役割を別のことで補えば良いのです! というわけで、この記事では私が学級通信を出す代わりにしていたことをご紹介します。 中には「それってOKなの?」みたいなこともあるので、あくまでも自己判断・自己責任でお願いします。 「学級通信を本当にやめて大丈夫なの?」と不安な方を後押しする記事はこちら。 目次学級通信の代わりになるネタ・アイディア①学活や帰りの会を充実させる②黒板メッセージや手紙を書く ...

ReadMore

-中学校教員の仕事
-, ,

© 2023 めりー先生の音楽準備室