提出物の効率的な回収方法

中学校教員の仕事

長期休み明けの提出物を効率よく回収する方法

元中学校音楽教師のめりーです。今回は担任によって差が出る提出物回収のアイディアをご紹介します。

夏休みや冬休みなど長期休み明けの提出物回収

普段に比べ量の多い提出物と、久しぶりの学校でソワソワしている生徒たちに手こずり、意外と時間がかかりますよね。

ですが、そんな長期休み明けに限って有効な提出物の回収方法を知っていれば、いとも簡単に、そして早く終えることができるんです。

というわけで、この記事では、私が教員時代に実践していた、大量の提出物を効率的に回収する方法をご紹介します。

尚、この方法は提出物が6個以上ある場合特に有効です。


スポンサーリンク

提出物回収の流れ

1 提出物を板書する。

提出物回収方法

まず、提出物をすべて板書します。

どのような順番でも構いませんが、個人情報に関わるものは担任へ手渡しになるかと思いますので、最後は通知表など学級関連の提出物が良いです。

あまりにも提出物が大量な場合は、板書するのにも時間がかかるので、紙に印刷してマグネットで貼り付ける方が良いかもしれませんね。

2 板書の順番通りに提出物を机上で重ねさせる。

提出物回収方法1

生徒には提出物を板書された順番通りに机の上で重ねさせます。

3 出席番号が後ろの生徒から順に提出物を持って並ばせる。

すべての提出物を持った状態で、出席番号の後ろから順に並ばせます。

一度に全員を並ばせるのではなく、最初に5人並ばせて、そこからは1人進んだら1人並ばせる方式です。

4 並べた机の上に一人ずつ提出物を順番通りに並べさせる。

提出物の回収方法

板書された順番通りに提出物を並べさせていきます。

出席番号が後ろの生徒から順に並べさせれば、最終的に、各提出物が出席番号順に重なります

こうすれば、あとから番号順に並べ替える必要がなく、チェックもしやすいです。

提出場所を教室の前後につくり、出席番号の前半と後半グループに分けて提出させれば、より時間を短縮させることができます。

まとめ 本当に早く回収できますよ!

以前は列の後ろから順に回収したり、班ごとに集めさせたりしていましたが、時間がかかりますし、並べ替えるのも大変でした。

この記事で紹介した方法なら、あっという間に回収できますし、回収後には各提出物が出席番号順に並んでいるので、楽ちんです。

普通に回収するよりも確実に短い時間で済むはずなので、次の休み明けの回収時には、ぜひ騙されたと思ってやってみてくださいね。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

長期休み明けの学活についてはこちら。

関連記事
夏休み明け、2学期初日の学活ですること7つ
夏休み明け、2学期初日の学活ですること7つ

続きを見る

その他の時短アイディアはこちら。


関連記事
採点業務のコツを伝授!定期テストを早く正確に丸付けする方法をまとめました。
採点業務のコツを伝授!定期テストを早く正確に丸付けする方法をまとめました。

続きを見る

-中学校教員の仕事
-, ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室