授業の基本

人生最後の授業になるかも!?中学校卒業前の音楽授業の進め方

元中学校音楽教師めりーです。中学卒業前の授業の進め方をご紹介します。

義務教育では必修教科の音楽も、高校では選択教科の一つになる場合がほとんど。

俺、高校で音楽選んだよ!」と報告してくれる生徒がいる一方で、もちろん音楽を選ばない生徒もいます。

そんな生徒にとっては人生最後の音楽の授業

だからこそ、生徒が今までに触れてきた音楽を思い出し、改めて音楽の楽しさや表現することの楽しさを感じられる時間にしたい!

そんな私の想いが詰まった最後の授業を、この記事ではご紹介します。

あくまでも私の実践例ですので、すべての先生方に当てはまる内容ではありません

ご自身の授業づくりのヒントにしていただければ幸いです。

1 導入活動・発声練習≪5分≫

これまでの授業で毎回行っていた導入活動や発声練習を行います。

→おすすめの常時活動「5分間ミュージック」

→たった3分でOK!授業で使える発声練習の進め方

あえていつもと同じことをすると、「これも最後か~」なんてしみじみしながら活動に取り組んでくれます。

2 卒業式歌の練習≪5分≫

これは本当に少しだけ。

授業は最後でも、残りの1,2週間で嫌というほど式歌は練習するので何とかなります!

ここでは、さらっとできていないところを確認する程度で問題はありません。

3 発表会≪15~20分≫

生徒たちにグループを作らせ、好きな楽器(歌でも可)で、好きな曲を演奏させる活動です。

事前にグループ作りや練習のために2,3時間必要ですが、自分たちの好きなように音楽づくりができるので、生徒たちはとても楽しそうに準備をしていました。

3学期に入ってから卒業式歌の指導と並行して少しずつ準備を進めるのが良いです。

実際に生徒が演奏した例を挙げると、

・アカペラで熱唱
・サックスでジャズを演奏
・リコーダー3重奏
・ギターで弾き語り
・ピアノの本気演奏
・民謡独唱
・尺八演奏 etc...

一人で優雅に演奏する生徒もいれば、何人かで歌う生徒もいました。

魔王」を4人でミュージカル風に歌うなど、授業で扱った曲を選ぶ生徒もいて、覚えてくれていたんだ~と嬉しくなることも。

教師の準備として必要なことは、

・発表時間を決めておく。

・仲間はずれが出ないようグループ分けには細心の注意を払う。

・練習時間を十分に確保する。

・アレンジが必要なら手伝う。

くらいです。

楽譜のアレンジは大変でしたが、生徒たちのためなら頑張れなくもない!

あとは、100円ショップ等でおもちゃのマイクを買ってきて持たせたり、段を使ってステージ上にしたり、最後の授業に3年の先生方を呼んだり・・・生徒たちが喜ぶような工夫をしていました。

生徒たちからは「すごく楽しかった」「〇〇さんにあんな特技があったなんて!」と嬉しそうな感想がたくさん聞こえてきましたよ。

そんな準備はしていない!」という方には、イントロかるた崖の上のポニョ選手権のような、ゲーム感覚で楽しめる活動がおすすめです。

関連記事
最後の音楽授業におすすめ!ゲーム感覚で楽しめる活動例
最後の音楽授業におすすめ!ゲーム感覚で楽しめる活動例

続きを見る

4 思い出メドレー≪10分~15分≫

入学して最初に学習した曲から卒業式歌まで、メドレー形式で歌う活動です。

私はピアノで、アレンジしながら10曲ほど続けて伴奏しましたが、ギター伴奏でもCDを使っても良いです。

3年間授業を持っていないと難しいかもしれませんが、逆に教えていない頃の曲を取り入れると「なんで先生知っているの?」と嬉しそうにするので、生徒たちが今までにどんな曲を学習してきたかはリサーチしておくと良いです。

生徒たちは意外と歌詞なんかも覚えていて、「なつかしい」「この曲好きだった」なんて言いながら歌ってくれます。

クラス全員で円を作らせてお互いの顔を見ながら歌わせるのもいいですし、既習曲だけでなく流行の曲を取り入れるのもいいですね。

音楽好きな学年やクラスだと、このメドレーはすごく盛り上がるので、これだけで1時間終わってしまうこともありました。

5 最後の語り≪5分≫

そうこうしているうちに、終わりの時間が近づいてきます。

最後に、一人一人の顔を見ながら、これまでのこと、そしてこれからのことを語ります。

生徒を批判するようなことでなければ、どのような話でも問題ありません。

思いのまま、その時の自分の気持ちを生徒にぶつけます。

1年間の授業を通して築き上げた関係性があれば、先生の話はちゃんと生徒に伝わります

6 振り返りカードの記入≪5分≫

最後もいつも通り振り返りカードを書かせます。

ほとんどの生徒が、感謝の言葉を書いてくれるので、いつもならハンコを押して返却するだけですが、私もお返事を書いて、卒業前に返却していました。

→授業の終わりに書かせる振り返りカード

以上が、私が実践していた中学校最後の授業の流れです。

授業の進め方は人それぞれなので、ぜひご自身のカラーを生かして、生徒たちの記憶に残る授業にしてあげてくださいね。

\指導案・ワークシートのダウンロードはこちら/


授業の基本

2022/11/20

【小学校】音楽を形づくっている要素とは?イラスト付きで解説!

元音楽教師めりーです。音楽を形づくっている要素の意味を解説します。 音楽の授業では、音楽を形づくっている要素とイメージとを関連付けて批評したり、表現活動に生かしたりする場面が多々あります。 ですが、音楽の諸要素の中には「旋律」や「音楽の縦と横との関係」など説明が難しい用語もあり、苦労している先生も多いのではないでしょうか。 そこで、この記事では、小学校音楽科学習指導要領で示されている音楽を形づくっている要素を分かりやすくご説明します。 →中学校学習指導要領で示されている要素の解説・授業例 目次音楽を形づく ...

ReadMore

ゲーム・クイズ

2022/11/20

音楽授業ネタ「生活の中にある音」を楽しむ活動例5つ

元音楽教師めりーです。音楽授業ネタを提案します! 私たちの身の回りには、様々な「音」が溢れています。 授業の中でそのような「音」に着目することで、生徒たちは「生活や社会おける音の働き」に関心をもてるようになるはず…! そこで、この記事では「身近な音」や「生活の中にある音」に焦点を当てた活動を5つご紹介します。 どれも簡単に取り入れられるので、音楽授業の参考にしていただけたら幸いです。 目次①この音なんの音?②どんな音が出るかな?③お気に入りの場所で音探し④音素材を使って音楽をつくろう⑤身近な音を取り入れた ...

ReadMore

歌唱授業

2022/11/20

有名なあの童謡も海外生まれ!実は替え歌だと知って驚く曲まとめ

元音楽教師めりーです。 子どもの頃から慣れ親しんでいる歌ってありますよね。 ですが、その中には、海外で作られた曲に日本語の歌詞を当てはめた、いわゆる「替え歌」が存在しているかもしれません。 というわけで、この記事では、そんな外国生まれの童謡の中から、特に有名な曲をピックアップしてご紹介します。 目次アルプス一万尺蝶々ハッピーバースデートゥーユーきらきら星(ABCの歌)鬼のパンツヨドバシカメラの歌 アルプス一万尺 手遊び歌としておなじみ「アルプス一万尺」。 原曲は、アメリカの民謡「Yankee Doodle ...

ReadMore

ワークシートの評価・返却方法

授業の基本

2022/11/20

中学音楽 ワークシートの評価・返却方法をご紹介!

元音楽教師めりーです。 皆さんは授業中に使用するワークシートをどう評価し、どのように生徒へ返却していますか? 些細なことではありますが、成績に関わることなので、なんとなく適当に済ませるわけにはいきませんよね。 そこで、この記事では私がワークシートをどう評価し、返却していたかをご紹介します。 目次評価に関係ないワークシートも存在する生徒の記述をどのように評価するかワークシートへの評価の記入ワークシートの返却方法まとめ 評価に関係ないワークシートも存在する 私は授業内容や使用目的によって以下の5種類のワークシ ...

ReadMore

音楽の単発授業ネタ

授業の基本

2022/11/20

準備しておくと安心!音楽の単発授業ネタまとめ

元音楽教師めりーです。1時間で完結する簡単な音楽授業をご紹介します。 学校現場では、授業変更や補教等で、突然、授業を行わなければいけなくなることがありますよね? 年間指導計画に沿って、前もって授業準備を行っていれば問題ないのですが、実際はそうもいかず… 「急に音楽の授業をすることになったけど、何したらいいの?」と焦った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? そこで、そのような事態に陥らないために、いくつかの単発授業ネタを持っておくことをおすすめします! この記事では、そんな音楽の単発授業をご紹介しま ...

ReadMore

器楽・創作・ICT授業

2022/11/20

音楽授業における「調べ学習」のポイントとテーマ例

元音楽教師めりーです。ICT活用の定番「調べ学習」についてお話しします。 GIGAスクール構想により、ICTを活用した授業が求められる今、音楽の授業でどのように活用すべきか悩んでいる先生方は多いと思います。 そんな中、真っ先に思い付くタブレット活用方法は、「調べ学習」ではないでしょうか。 確かに、アプリをインストールするなど準備の必要がないので、手軽に授業の中に取り入れやすいですよね。 ですが、授業の中で「調べ学習」を行う際には、注意しなければならないことがあります。 そこで、この記事では、音楽授業におけ ...

ReadMore

鑑賞授業

2022/11/20

合唱コンクール前におすすめの音楽授業ネタ「審査員になろう」

元音楽教師めりーです。校内合唱コンクール前におすすめの授業をご紹介します。 合唱コンクールを控えている先生方、「生徒が合唱練習に真剣に取り組んでくれない」とお悩みではないですか? 実は、その原因は合唱に対して明確な目標がないからかもしれません。 そんな時に私がいつも行っていたのが、「審査員になろう」という比較鑑賞の授業です。 審査する側になって合唱を鑑賞することで、生徒たちはどのような合唱にしたいのか明確な目標を立てられるようになるはず。 というわけで、この記事では、そんな授業の進め方をご紹介します。 目 ...

ReadMore

歌舞伎が由来の言葉

鑑賞授業

2022/11/20

「二枚目」も「修羅場」も!日常的に使われる、歌舞伎由来の言葉

元中学校音楽教師のめりーです。歌舞伎が由来とされている言葉をご紹介します。 一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる、歌舞伎。 ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、歌舞伎を由来とするものが多くあります。 そこで、この記事では、そんな歌舞伎由来の言葉から特に馴染み深いものを厳選してご紹介します。 \歌舞伎について詳しく知りたい方はこちら/ 板に付く 「板に付く」とは、経験を積んで、動作や態度が地位・職業などに合うようになること。 元々は、 板=舞台 付く=しっくり合う という意味で、経験 ...

ReadMore

-授業の基本
-

© 2022 めりー先生の音楽準備室