音楽の成績処理に役立つ評価シート

授業の基本

音楽の成績処理が楽になる評価シート

元中学校音楽教師のめりーです。今回は成績付けが楽になるアイテムをご紹介します。

全学年の授業を受け持つことの多い音楽の先生にとって、学期末や学年末の評価の時期はまさに恐怖。

何百人分の成績を付けるので、毎回途方に暮れている方も多いのでは?

ですが、日々生徒の授業時の様子を記録しておけば、成績作業時に慌てることはありません。

そこで、この記事では、私が現役時代に毎回の授業で使用していた評価シートとその活用法をご紹介します。

毎年評価の時期になると焦る方、新任の先生方は必見です!

ちなみに、成績の付け方、「評価」と「評定」の違いに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

関連記事
【新任教員向け】評価と評定の違いとは?中学校の成績の付け方をご紹介します。
【新任教員向け】評価と評定の違いとは?中学校の成績の付け方をご紹介します。

続きを見る


スポンサーリンク

音楽授業の必須アイテム 評価シート

これは私が実際に使用していた評価シートです。座席表をもとにExcelで作っています。

名簿ではなく、座席表の形にしてある理由は、以下の2つです。

・生徒の顔と名前が一致していない時期でも間違いなく評価できる。
・授業後に生徒の様子を思い浮かべる際にイメージが湧きやすい。

まだ生徒全員の名前を覚えきれていない時期に、「授業中にあの生徒が良い発言をしていたけれど、何て名前だっけ?」なんてことがありますよね。

そんなときは名簿よりも座席表の方が、イメージが湧きやすく、間違いがないです。

この用紙を全クラス・全授業分用意します。

音楽の授業は1年間に35~45時間なので、両面印刷の場合は1クラス18~25枚くらいになります。

これを学年ごとのファイルに綴じて保管しておきます。

私は、1年生1学期、2年生1学期・・・というように各学年の学期ごとにファイルを分けていました。

評価シートの活用方法

それでは、評価シートに何をどう記入するのか、具体的にご説明します。
今回の例では、「大地讃頌」を扱う授業の2時間目を想定しています。

ちなみに「大地讃頌」の授業実践例はnoteで公開しています。指導の流れやコツ、ダウンロードできるワークシートも載せているので、良ければご覧ください。

授業前にあらかじめ記入しておくこと

①授業メモ

本時の目標や流れを記入します。(この例では流れのみ記入していますが・・・)

前時の進度により、クラスによって微妙に各活動の時間配分が変わることもあるので、私は一応クラスごとに考えておくようにはしていました。

別途指導略案や授業ノートを作成しているのであれば、わざわざこのシートに書かなくても大丈夫です。

②評価メモ

本時の評価の観点と評価材料(何で評価するのか)をあらかじめ決めておきます。

今回の例であれば[思考・判断・表現]はワークシートで、[主体的に学習に取り組む態度]はパート練習中の様子で評価します。

授業直後に記録すること

③授業中の様子

生徒の様子を見ていて、良くも悪くも気になったことを授業直後に記録します。

今回の例では、主にパート練習中に気になったことや発言を名前の下に書き込んでいます。

基本的に評価がAかCになる生徒のみ記入しておけば問題ありません。

このメモさえしっかり書いていれば、後々「評価材料がなくて成績が付けられない!」ということは避けられます。

④欠席・遅刻・忘れ物の有無

欠席や遅刻、忘れ物をした生徒がいた場合には、シート内の空いているところにメモしておきます。

特にやむを得ない事情で欠席した場合、その部分は評価に含めないので、忘れずに記録しておきましょう。

授業後、その日のうちに記録すること

音楽評価シート記入例4

⑤授業記録

授業の進度や次回の授業への引継ぎ事項を、授業後に記入しておきます。

全クラスで同じような授業を行っていると、

このクラスどこまでやったっけ?」「この話したっけ?」なんてことばかり。

それでは授業準備もままならないので、忘れないうちに記録しておくことをおすすめします。

ここが不十分だったから次回もう一度確認しよう」という次回への引継ぎ事項をメモすることは、自身の授業改善にもつながるので大切です。

時間があるときに記入すること

もし時間に余裕があったり、忘れないうちにA、B、Cの評価を付けておきたかったりするのであれば、名前の横に記入します。

私は空いた時間に見返しながらコツコツとA、B、Cを書き込んでいました。

画像内の評価について補足すると、名前の左に書かれている評価はワークシートの記述内容(思)、右に書かれている評価はパート練習中の様子(態)です。

ワークシートの記述内容は、ワークシート回収後に記入します。

画像内の森山さんは、授業当日は欠席でしたが、後日ワークシートを提出したので評価が付けられるといった具合です。

パート練習中の様子は、③授業中の様子に記録されていることをもとに、

森山さん
この日の授業は残念ながら欠席
記入なし

山口さん
強弱に関して良いところに気が付き、同じパート内の仲間に「こんな風に歌ってみよう」と提案をしていた。
A

松本さん
特に表現の工夫等をすることなく、周りの生徒に合わせて声を出すだけだった。
C

その他の生徒
強弱に関して自ら工夫したり、仲間に働きかけたりという動きはしていなかったが、楽譜に記載されている強弱記号を意識して歌うことはできていた。
B

というように評価をつけることができます。

あとから見返しても分かるようなメモの取り方が大切ですね。

成績を出す1か月前には必ず見返す!

気になった生徒の評価のみを記入しているので、生徒によって記述が多かったり少なかったりと、どうしても偏りが出てしまいます。

最低でも成績を出す1か月前には評価シートを見返し、残りの1か月は、記入の少ない生徒を特に意識しながら授業中の様子を観察すると良いです。

まとめ 成績の根拠にもなる評価シートをうまく活用しよう

評価シートを活用するメリットは成績をつけるのが楽になることだけではありません。

生徒や保護者から成績に関して質問があった場合、評価シートという根拠があれば、多少答えやすいです。

慣れるまでは評価シートを記入するのが面倒だったり忘れたりすることもありますが、ぜひ評価シートをご活用いただき、記入を続けてみてくださいね。

以上、成績をつけるのが楽になる評価シートをご紹介しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

その他、新任の音楽の先生方におすすめの記事はこちら。


関連記事
中学校音楽教員の仕事内容と1年間のスケジュール【元教員の経験談】
中学校音楽教員の仕事内容と1年間のスケジュール【元教員の経験談】

続きを見る

音楽の授業実践例はこちらで紹介していますので、よければご覧ください。

関連記事
めりー先生の音楽室|note
めりー先生の音楽室|note

続きを見る

-授業の基本
-, , , ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室