※当サイトは広告及びアフィリエイトプログラムにより収益を得ています

授業の基本

定期テストの作り方とポイントを元中学校音楽教員がざっくり解説!

元中学校音楽教員めりーです。

初めてのテスト作りを控えている先生の中には、「テストってどうやって作るの?」「どのような問題を出せばいいの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では、過去に中学校音楽教員として勤務していた私の経験を基に、定期テストの作り方とポイントを簡単にご紹介します。

地域や校種、日頃の授業内容、生徒の実態等によって、テスト内容も大きく異なりますが、少しでも参考になれば幸いです。

定期テストの作り方とポイント

1.目的を明確にする

学校によっては、「どの教科も筆記テストを行うのが当たり前」のような空気があるかもしれません。

ですが、なんとなく「全教科が行っているから」という理由でテストを実施するのは少し違うような気がします。

定期テストを作成する前に、いま一度、

・なぜ筆記テストを実施するのか
・テストでどのような力を評価したいのか

の2点について考えることで、出題方法や難易度がブレることなく、テストを作成できると思います。

2.解答時間と満点を決める

テストの実施時間と何点満点にするかを教科担当が決める場合もあります。

私が勤めていた学校では、ほとんどの教科が解答時間50分の100点満点でしたが、中には、解答時間30分で50点満点という教科もありました。

ただ、実施時間が短いと授業時数にカウントできない場合があるので、その辺りは教務主任や管理職にご確認いただくのが確実かと思います。

3.テスト範囲を決める

定期テスト実施日の1~2か月前くらいになったら、テスト範囲を決めます。

このとき、テスト直前に授業が終わる予定の題材は、範囲には含めないのがベターです。

早くからテスト対策をしている生徒はその部分の勉強ができなくて困りますし、万が一、授業が終わらないクラスがあった場合、直前に範囲を変えなくてはいけなくなるからです。

最低でもテストの1~2週間前には全クラスが授業を終えているところまでを範囲とするのが良いと思います。

4.問題を作成する

①大問は題材ごとに設定する

各題材の問題が散らばっていると混乱してしまう生徒もいるので、例えば、

1 「翼をください」
2 「夏の思い出」
3 「フーガ ト短調」
4 「交響曲第5番ハ短調」

というように、1学期に学習した題材(教材)ごとに大問を作成すると分かりやすいと思います。

学習した順に出題するとより親切かもしれません。

②日頃から問題をストックしておく

一度にテストを作るのは大変なので、授業準備や教材研究の際に、テストに出せそうな問題も作っておくのがおすすめです。

題材ごとに問題が用意できていれば、ストックしてある問題を組み合わせたり点数配分を決めたりするだけで良いので、テスト前に慌てる心配がありません。

③評価の観点を明確にする

評価の観点とは、【主体的に学習に取り組む態度】【思考・判断・表現】【知識・技能】のことです。

問題と観点が一致していないと、適切に評価を付けることができません。

例えば、【思考・判断・表現】の力が身に付いているかを評価したい場合に、

rit.の読み方を答えなさい。

という問題が適切かというと、そうでもないような気がします。

読み方が分かっているからと言って【思考・判断・表現】の力が身に付いているとは言えないからです。

もしも私がrit.に関する問題を出すなら、以下のようにrit.が付いている場合の演奏方法を問います。

これが必ずしも正解とは限らないのですが、少なくとも歌う時に注目すべき点や、rit.という記号の意味が分かっていなければ答えられない問題にはなっています。

上記のように、適切な出題方法や観点を意識してテストを作成することが、適切な評価につながると思います。

また、学校によっては、

・問題文に観点を明記する
・観点ごとに点数を出す

というような決まりがある場合もあるので、その辺りも漏れがないようにしておくと良いです。

5.解答用紙を作成する

解答用紙は、採点しやすいように作成するのがポイントです。

特に音楽などの実技教科の場合、全学年生徒の採点をすることが多いので、1~2日で何百人もの生徒の答案を採点することになります。

その後の集計や入力作業も莫大の量になるので、なるべく採点しやすい解答用紙を作っておくことをおすすめします。

また、隣り合った問題で点数が違うと集計しづらいので、「この段はすべて各1点」というように、可能な限り同じ点数の問題を集めておくのもコツのひとつです。

6.一度自分で解いてみる

テストが完成したら、必ず一度は自分で解いてみます。

問題文の誤植が見つかったり、解答枠の幅が狭かったり、満点にならなかったりと、必ずと言っていいほど一つは修正点があります。

また、その際には必ず時間を計るようにし、生徒が時間内にテストが終わるかもチェックすると良いです。

生徒は、自分が解き終わった時間の3倍はかかると考えると分かりやすいかと思います。

解答時間が30分のテストの場合、自分自身が10分で解き終われば、生徒にとってはちょうどよい問題数、難易度ということになります。

可能なら他の先生にダブルチェックしてもらうと良いです。

テスト作成時の注意点

・全クラスの足並みを揃える!

テストまでに全クラスの授業進度を揃えることは当然のことだと思います。

ですが、ごく稀に、「あるクラスにだけ言い忘れていたこと」をうっかり出題してしまう先生がいます。

確かに、何度も同じ授業をしていると、どのクラスに何を伝えたのかを忘れてしまうこともありますが、それをテストに出してしまうと大問題です。

心配であれば、テストに出題する内容がちゃんと全クラスに伝わっているか事前に確認しておくと良いと思います。

また、テスト前になると、テストに何が出るのかを探ってくる生徒もいます。

その際にうっかり口を滑らせ、重要な事柄を伝えてしまったら、必ず同じことを全員に伝えるようにします。

生徒によって利益・不利益が出ないよう配慮することも大切です。

・過去問のコピペはNG!

音楽のように授業数が少なく、さらに全学年の授業を毎年担当していると、正直ネタが尽きてしまいます…

だからと言って、過去に出題した問題をそのまま引用するのはNGです。

生徒は、先輩に頼めば簡単に過去問を手に入れることができますし、「○○先生の何年分の過去問」というように塾がストックしている場合もあります。

同じ学校に長く勤務しているとだんだん出題することがなくなって苦しくなりますが、出題方法や形式を変えるなどして対応すると良いです。

・早い段階から作成に取り掛かる!

テストの直前に慌てて作るとミスする可能性が高いですし、学校によっては起案(管理職のチェック)が必要な場合があります。

早めにテストの作成に取り掛かれると良いと思います。

まとめ

さて、この記事では定期テストの作り方やポイント、注意点をご紹介しました。

少しでも参考になっていれば幸いです。

\各教材の進め方や活動例はこちら/

note「めりー先生の音楽室」へ


授業の基本

2024/6/3

音楽授業の必要性について。元教員が考える「学校で音楽を学ぶ理由」

元中学校音楽教員めりーです。 時折耳にする「音楽の授業はいらない」という意見…元音楽教員としては少し複雑な気持ちになります。 というわけで、今回は永遠のテーマとも言える「なぜ学校で音楽を学ぶのか」について私なりの思いをまとめてみます。 一個人の意見ではありますが、音楽の先生方は、生徒から「どうして音楽の授業が必要なの?」と聞かれることもあると思うので、そんなときの受け答えのヒントとしていただければ幸いです。 目次将来役に立ててほしいから音楽の授業があるわけではない私が思う「学校で音楽を学ぶ理由」①様々な音 ...

ReadMore

鑑賞授業

2024/5/8

オペレッタとは?オペラとの違いや有名な曲も合わせて解説

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、オペレッタとは何かについて、オペラとの違いやそれぞれの代表曲と合わせて解説します。 音楽を勉強中の方や、授業での説明にお悩みの先生方の参考になれば幸いです。 目次オペラとは?オペレッタとは?オペレッタとオペラの違いは?オペレッタの有名な曲2選①「こうもり」序曲①「天国と地獄」序曲まとめ オペレッタについて説明する前に、まずはオペラについてです。 オペラとは? オペラは歌を中心に物語が進む歌劇のことです。 演劇と同じように、華やかな衣装に身を包んだ出演者が舞台上で ...

ReadMore

自習課題

2024/3/13

noteで公開中の自習プリント(中学音楽)を紹介します!

元中学校音楽教員めりーです。 急に音楽の授業が行えなくなった場合に役立つ自習プリント。 「いざという時のために用意しておきたいけど、忙しくて作る暇がない」という先生も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では、noteで公開中の授業資料から、すぐに使える音楽の自習プリントをご紹介します。 いずれも有料にはなりますが、一度購入していただければ長く使えるので、お役立ていただければ幸いです。 目次まずはこれ!音楽の自習プリント音楽記号・用語一覧プリント練習問題付き!楽典まとめプリントお楽しみ課題!クロスワ ...

ReadMore

歌唱授業

2024/2/21

音楽授業における歌唱指導の方法・音取りのポイント

元中学校音楽教員めりーです。 音楽の授業で必ず行う歌唱指導。 にもかかわらず、どのような流れで進めるのか、どのように音取りを行うのかといった具体的な指導法は誰も教えてくれないですよね。 そこで、この記事では私の歌唱指導の方法をご紹介します。 あくまで私の進め方であり、「これが正解!」というわけではありませんが、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。 目次歌唱指導って何するの?歌唱指導(音取り)の基本的な流れ1時間目の流れ2時間目以降の流れ歌唱指導(音取り)のコツコツ①常に全員でなくても良いコツ②表現の工夫 ...

ReadMore

授業の基本

2024/2/21

【中学音楽】年間指導計画作成のポイントと1年間の授業計画例

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、年間指導計画作成のポイントと、1年間の授業計画(例)をご紹介します。 あくまで私が勤務していた頃の話にはなってしまいますが、参考にしていただければ幸いです。 目次年間指導計画作成のポイント①年間の授業時数を意識する②学校行事を確認する③評価の時期から逆算する1年間の授業計画例中学1年音楽 授業計画例中学2年音楽 授業計画例中学3年音楽 授業計画例(補足1)各題材で扱う教材について(補足2)実技テストについてまとめ 年間指導計画作成のポイント まずは、私が年間指導 ...

ReadMore

授業ネタ

2024/2/22

盛り上がる!音楽授業におすすめのゲーム「歌詞ビンゴ」

元中学校音楽教員めりーです。 音楽授業に取り入れると盛り上がりそうな、簡単なゲーム活動例を思い付いたので、ご紹介します。 その名も「歌詞ビンゴ」です。 授業のスキマ時間やお楽しみ会などに取り入れられるのでは?と思うので、参考にしていただければ幸いです。 目次歌詞ビンゴとは?歌詞ビンゴの進め方①ビンゴカードの作成・配布②曲を流してビンゴ大会!まとめ 歌詞ビンゴとは? 歌詞ビンゴは、その名の通り歌の歌詞を活用したビンゴゲームです。 所要時間は10分~30分で、準備もそんなに必要ないので、「少し時間が余りそうだ ...

ReadMore

鑑賞授業

2024/2/21

歌舞伎「勧進帳」のあらすじを元中学校音楽教員がざっくり解説

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、歌舞伎の有名な演目「勧進帳」のあらすじを簡単にご紹介します。 音楽を勉強中の方や、授業準備中の先生方の参考になれば幸いです。 目次「勧進帳」基本情報「勧進帳」主な登場人物(相関図)「勧進帳」あらすじ解説①役者の登場②勧進帳の読み上げ③山伏問答④弁慶の驚くべき作戦⑤主従の絆の深さ⑥延年の舞⑦役者の退場(飛び六方)まとめ 「勧進帳」を主教材とした鑑賞授業の進め方やワークシートは以下のnote(有料)で紹介しています。 「勧進帳」基本情報 作詞者:三世並木五瓶 作曲者 ...

ReadMore

授業の基本

2024/2/21

【小学校】音楽を形づくっている要素とは?ざっくり解説

元中学校音楽教員めりーです。 この記事では、小学校の学習指導要領で示されている音楽を形づくっている要素を簡単に解説します。 音楽を勉強中の方や、授業での説明にお悩みの先生方の参考になれば幸いです。 \中学校学習指導要領で示されている要素はこちら/ 目次音楽を形づくっている要素とは?音楽を特徴付けている要素音楽の仕組みまとめ 音楽を形づくっている要素とは? 小学校音楽科学習指導要領に示されている音楽を形づくっている要素は以下の通りです。 ア 音楽を特徴付けている要素 音色,リズム,速度,旋律,強弱,音の重な ...

ReadMore

-授業の基本
-,

© 2024 めりー先生の音楽準備室