6月仕事内容

音楽科教員の仕事

中学音楽教員が6月にする仕事と各学年の授業内容

元中学校音楽教師のめりーです。6月の音楽教員の仕事と授業内容を私の過去の経験を基にご紹介します。

新しい学年、学級にも慣れてくる6月

ぼーっとしていたらあっという間に学期末、夏休みになるので、1学期中に行わなければいけない仕事を計画的に進めていきましょう。

というわけで、この記事では、中学校の音楽教員が6月にする仕事と各学年の授業内容をご紹介します。(年間スケジュールはこちら、5月の仕事と授業内容はこちらをご覧ください。)


スポンサーリンク

中学音楽教員6月の主な仕事内容

①定期テストの作成

だいたい6月末~7月初旬頃に期末テストを実施する学校が多いので、6月の頭には、テスト問題を作成し始めます。

テストの作り方については、こちらの記事で紹介していますので合わせてご覧ください。


作成のポイントは解答用紙!全学年全クラスの丸付けをするのは大変なので、採点のしやすい解答用紙を作成することが大切です。

②合唱コンクール生徒実行委員会発足

各クラスの実行委員は4月に決まっていますが、実際に動き出すのは6月頃です。(合唱コンクールが10月だと仮定した場合)

最初の実行委員会では、役割分担を決めたり、自由曲や指揮者・伴奏者の決め方を確認したりします。

詳しくはこちらのnoteに記載していますので、よければ参考にしてみてくださいね。

関連記事
中学音楽 合唱コンクールを成功させる方法|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 合唱コンクールを成功させる方法|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

6月の授業内容(中学音楽)

さて、ここからは6月にどのような授業を行うか、私の教員時代の経験を基にご紹介しますので、授業準備の参考にしていただけたら嬉しいです。

各題材(教材)名をクリックすると、その教材の授業実践例公開ページに飛ぶようになっています。

※年間授業時数は1年生が45時間、2・3年生は35時間ですので、毎月1年生は4時間分、2・3年生は3時間分の授業を紹介しています。

中学1年6月の音楽授業

6月の授業内容(中1音楽 4時間分)

まずは5月に引き続き、ヴィヴァルディ作曲「春」の鑑賞授業を行います。

そして、「浜辺の歌」「赤とんぼ」を教材として、拍子の学習をしつつ、詩と音楽との関わりを踏まえた表現活動を学習します。(この題材は4時間扱いなので7月にも続きます。)

中学2年6月の音楽授業

6月の授業内容(中2音楽 3時間分)

5月に引き続き、J.S.バッハ作曲「フーガ」の鑑賞をしたのち、実技テストを挟んで再び鑑賞(オーケストラの学習)です。

私はいつも、5月に学習する「夏の思い出」実技テストの課題曲としていました。

中学3年6月の音楽授業

6月の授業内容(中3音楽 3時間分)

5月に引き続き「ボレロ」の鑑賞と、作者の思いに焦点を当てて「ブルタバ」の鑑賞を行います。

表現領域は授業では扱いませんが、7月の実技テストに向け、課題曲となる「花」は練習させておくようにします。

というわけで、この記事では中学音楽教員が6月に行う仕事と各学年の授業内容をご紹介しました。

7月の仕事と授業内容こちらをご覧ください。

NEXT
中学音楽教員が7月にする仕事と各学年の授業内容
中学音楽教員が7月にする仕事と各学年の授業内容

続きを見る

-音楽科教員の仕事
-, ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室