教材研究方法

授業の基本

音楽の教材研究は何をすればいいの?具体的な方法(進め方や着眼点)をご紹介!

元中学校音楽教師のめりーです。新任教師の皆さん、教育実習生の皆さん、授業の準備はバッチリですか?

授業準備に欠かせない教材研究

ですが、教材研究って具体的に何をすれば良いか分からないですよね。

そこで、この記事では、教材研究の具体的な方法(進め方や着眼点)をご紹介します。

私が実際にしていた方法を基にしていますので、教材研究のやり方がさっぱり分からないという方は必見です!


スポンサーリンク

音楽科における教材研究の進め方

教材研究音楽

フーガト短調」を例に教材研究の進め方を図で表してみました。

これだけだと少しわかりづらいので、各項目について具体的にご説明します。

①実際に演奏したり鑑賞したりする。

まずは対象となる教材を歌ったり鑑賞したりします。

歌唱教材についてはご自身が歌ってみるだけでなく、範唱を聴くことが大切です。

②気が付いたことや感じたことを箇条書きにする。

演奏または鑑賞後、自分がその教材について感じたことや気が付いたことを箇条書きにします。

初発の感想(初めて教材に触れた時の感想)は教材研究や授業準備に役立ちます。

③曲に関する情報を集める。(楽曲分析)

本やインターネット等を駆使して、曲に関する情報をできるだけたくさん集めます。

どのような情報を集め、どのように分析するかは次の項(音楽の教材研究における着眼点)でご紹介します。

引き出しは多ければ多いほどいいので、どんなに些細なことでも情報を持っておくに越したことはありません。

④伝えたいことや、つまづきそうなことをピックアップする。

自分が感じたことや気が付いたこと、集めた曲に関する情報を基に、授業で使えそうな情報をピックアップします。

生徒に伝えたいことは授業の目標と、生徒がつまづきそうなことは指導の留意点と関連付けることができます。

⑤ピックアップした情報と目標を照らし合わせ、授業を組み立てる。

題材の目標を改めて確認したのち再度ピックアップした情報を精査し、授業の準備を行います。

具体的な授業準備の方法はこちらの記事で紹介していますので、合わせてご覧ください。

関連記事
【授業準備の秘訣】具体的に何をするの?1時間分の授業をつくる方法(新任教員向け)
【授業準備の秘訣】具体的に何をするの?1時間分の授業をつくる方法(新任教員向け)

続きを見る

音楽科における教材研究の着眼点

教材研究をする際の着眼点は以下の5つです。

①音楽を形づくっている要素

音楽を捉える際には音楽を形づくっている要素がポイントとなりますよね。

教材研究においても同じ。

音楽の授業では、各要素の働きやそれぞれの関連性、感受したこととのつながりを生徒に考えさせるので、まずは先生ご自身が把握しておくことが大切です。

ちなみに、音楽を形づくっている要素(中学校)の簡単な説明はこちらの記事で紹介しています。生徒にどのように説明すれば良いのだろう?とお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事
音楽を形づくっている要素とは?中学生にも分かりやすい解説と簡単な例
音楽を形づくっている要素とは?中学生にも分かりやすい解説と簡単な例

続きを見る

②作曲者や作曲背景、作曲意図

誰がいつ、どのような意図をもって作曲したのかは曲を分析する上で大切な事項です。

もちろんクラシック音楽においては想像上の話であることも多いですが、曲を研究する際の大切なポイントのひとつとなることは間違いありません。

教材によって授業での踏み込み度は違いますが、たとえ生徒に全てを伝えなくても、曲のバックボーンを知っておくことは自身の知識量を増やすという点においても大切です。

③歌詞や標題など言語的な要素

例えば歌唱曲においては歌詞の内容と音楽との関わりは授業の大事なポイントとなります。

ヴィヴァルディ作曲「四季」のソネットのように、もしその教材に何かしらの言語的要素があるならば、それも教材研究の着眼点のひとつとなります。

ソネットって何?と思った方はこちらをご覧ください。

関連記事
ソネットとは?中学音楽鑑賞授業「四季」より「春」(ヴィヴァルディ)
ソネットとは?中学音楽鑑賞授業「四季」より「春」(ヴィヴァルディ)

続きを見る

④演奏楽器や演奏形態

どのような楽器、形態で演奏されるかもポイント。

フーガ ト短調」や「ボレロ」など、楽器の仕組みや音色に着目して鑑賞する教材も多々あるので、教材研究の時点でそれらを教師自身がしっかり把握しておく必要があります。

⑤表現の工夫方法

範唱や範奏を鑑賞して、どのような表現をしているのかを探ることは、授業を行う際のゴールを見据えることにつながります。

生徒に表現を工夫させると言っても、何かしらの手立てが必要なので、教師自身が表現方法のゴールをある程度イメージしておくことは大切です。

そのために教材研究時からプロはどのように表現しているのかという目線で鑑賞するとよいと思います。

まとめ 音楽の教材研究ですること

たくさんのことを書いてきましたが、自身が演奏する際にしていた楽曲分析と、そう大差はありません。

ですが、あくまでも「教材」なので、生徒にどのような姿になってほしいのか、そのために教材をどう生かすのかという視点を常に持っておくようにしたいですね。

以上、この記事では音楽の授業における教材研究の具体的な方法(進め方や着眼点)をご紹介しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

今回、例として挙げた「フーガト短調」や「」、「魔王」等の授業実践例はnoteで公開しています。

関連記事
鑑賞授業の実践例|めりー先生の音楽室|note
鑑賞授業の実践例|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

また、音楽の授業についてのお悩み相談は、こちらで承っております。

元中学校音楽教師が授業について相談に乗ります 音楽の授業についての悩みを一緒に解決しましょう!!

教育実習や研究授業、日頃の授業等の準備に関して不安や悩みがあれば、お気軽にご連絡ください。

その他、授業準備に関する記事はこちら。


関連記事
【授業準備の秘訣】最初の授業までに考えておきたい細かなこと(新任教員向け)
【授業準備の秘訣】最初の授業までに考えておきたい細かなこと(新任教員向け)

続きを見る

-授業の基本
-, , ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室