教員からの転職

教員から民間企業へ!転職活動の流れや注意点まとめ

元中学校教員めりーです。30代で教員を退職し、民間企業に転職しました。

教員を辞めて転職したい!」と思っても、何をすればいいのか分からず躊躇しているという方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、教員から民間企業に転職した私の経験を基に、教員の転職の流れや注意点をご紹介します。

教員の転職の流れ

Step1 教員以外の選択肢を探す。

転職の際に一番危険なのは、ノープランで退職すること。

こんな仕事辞めてやるー!」と勢い余って退職したものの、その先何をすればいいか分からず、途方に暮れる方もいます。

ゆえに、実際に教員を退職する前に、

・教員を辞めた後、何がしたいのか。

・どのような転職先があるのか。

ということを漠然とでいいので考え、知っておく必要があります。

そうすれば、実際の転職活動もやりやすくなりますし、「教員を辞めても○○の仕事に就けばいいや!」と気持ちが楽になって、教員の仕事も続けられるようになるかもしれません。

→教員以外の選択肢の探し方

さて、教員以外の選択肢を探すには、転職サイト転職エージェントのいずれかを活用するのが一般的です。

それぞれの違いは以下の通り。

  • 転職サイト
  • 様々な企業の求人広告が載っていて、応募・選考対策は自分でする。

  • 転職エージェント
  • アドバイザーがキャリア相談・自分に合った求人の紹介・企業とのやり取り・選考対策をしてくれる。

なので、「教員を辞めたいな」くらいの熱量なら、まずは転職サイトに登録して、どのような求人があるかを探しておくのが良いと思います。

転職エージェントに登録すると、「後戻りができない」感があります。

私も、在職中に転職サイトに登録して、通勤途中や休日に求人広告を見ていました。

→どの転職サイトがいいの?

転職サイトにも向き・不向きがあるので、自分に合ったサイトを3~4つくらい登録しておくのが無難。

参考までに、有名どころの転職サイトの簡単な特徴をまとめておきますね。

サイト

特徴

リクナビNEXT転職サイトの中で最も求人数が多く、幅広い職種・業種に対応している。転職支援コンテンツもあり、転職初心者には使いやすい。
doda転職サイトと転職エージェントが一体化したサイト。20代後半~40代向けで、大企業から中小企業まで幅広い。
ビズリーチハイクラス向け。ヘッドハンティングが主なので、民間企業の経験がない教員にはあまり向いていないかも?
マイナビ転職20代~30代向けで、事務や販売系の求人が多め。履歴書の添削など転職支援コンテンツが充実している。

いずれも使うのは無料なので、本当に転職するかどうかは別として、とりあえず登録してしまうのもアリです!

私はリクナビNEXTdodaに登録していました。

Step2 退職・転職理由を考える。

なんとなく教員を辞めたい」くらいの気持ちだと、転職先でも同じようなことを繰り返し、きっとうまくいきません。

まずは、

①なぜ教員を退職したいのか。

②退職後は何がしたいのか。

をはっきりさせておきましょう。

特に、②は大事です。

転職活動中は「会社で何がしたいのか」「これまでの経験を生かして会社にどのような貢献ができるのか」を必ず聞かれます。

後悔することのないよう、じっくり自分の思いを整理することが大切です。

さて、ここまでのステップで、退職・転職を思いとどまるもよし、実際に次のステップに進むもよし。

ここから先は本当に退職・転職する際の流れや注意点となります。

Step3 転職活動を始める。

とりあえず退職してからゆっくり転職活動をしよう!」は少し危険。

というのも、働いていない空白期間が長ければ長いほど、転職活動は不利になってしまいます。

毎日忙しいと思いますが、次なるステップのため、少し頑張って在職中に転職活動を進めておく方が安心です。

→転職活動って具体的に何をするの?

転職活動の大まかな流れをざっくり説明すると、

①職種・業種の決定
②応募
③必要書類の提出
④選考
内定!

という感じ。

だいたい応募から入社までは1~3ヶ月程度なので、4月から新しいところで働きたいのなら、秋頃からぼちぼち転職活動を始めるようなイメージです。

ですが、転職活動を始めると言っても、教員経験しかなければ履歴書職務経歴書の書き方、面接の受け方など具体的なことはよく分からないですよね。

そこで私が頼ったのは転職エージェントでした。

転職エージェントを活用するメリットは、ざっとこんなところ。

  • 転職活動のやり方や必要書類の書き方を教えてくれる。
  • 自分に合った求人を見つけてくれる。
  • 企業への質問や応募、日程調整を代理でやってくれる。

アドバイザーとの面談必須」という多少の面倒くささはあるものの、プロの力に頼った方が安心ですし、転職活動は少し楽になります。

→どの転職エージェントがいいの?

転職サイト同様、自分に合ったエージェントを2~3つ選ぶのが良いでしょう。

参考までに、有名どころの転職エージェントの特徴も載せておきますね。

エージェント

特徴

リクルートエージェントリクナビNEXTと連携でき、求人数が多く、幅広い職種・業種に対応。20代~40代向け。
doda転職サイトと転職エージェントが一体化している感じ。20代後半~40代向けで、大企業から中小企業まで幅広い。
マイナビエージェント20代~30代向け。特に首都圏の求人数多め。
Education Career教育業界専門の転職エージェント。塾や教育関連の企業の求人数が多く、退職後も教育に携わりたいのならこれがおすすめ。

転職エージェントも無料で利用できるので、とりあえず良さそうなエージェントに登録して様子を見るのが良いと思います。

Step4 退職の意思を示す。

ある程度、転職活動の兆しが見えたら、校長に退職の意思を伝えます。

人事の都合もあるので、なるべく早く伝えるに越したことはありません。(3月末退職なら秋頃~12月がベター)

本当は転職先が決まってから退職を申し出たいところですが、

学校→退職するなら早めに言ってほしい

多くの転職先→内定後はすぐに入社してほしい

という状況だったので、このあたりの調整が大変でした。

転職先が決まっていないのに「退職します!」と言うのは勇気がいりますよね。

Step5 退職→新天地へ!

校長に退職の意思を示したら、後日「退職届」をもらえるので、言われた通りに記載し、教育委員会に提出してもらいます。

その後、退職金や保険等に関する手続き、引継ぎ等を終わらせれば、晴れて教員を退職!新たな人生の始まりです。

まとめ 教員からの転職は難しい?

さて、教員からの転職の流れや注意点をご紹介しましたが、いかがでしたか?

教員からの転職は難しい」とよく言われますが、自分の断固とした決意や思いがあって、就職先を選ばなければ、いくらでも転職はできます。

だからこそ、退職する前に、

  • 教員以外の選択肢を知る
  • 辞めたい理由を明確にする
  • 今後の展望を具体的に思い描く

ことが大切なんですね。

というわけで、今回の記事は以上です。

\指導案・ワークシートのダウンロードはこちら/


中学校教員の仕事

2023/1/26

問題を未然に防ぐために、新任教員が気を付けるべきこと

元中学校教員めりーです。今回は先生になる予定の方や1年目の教員向けの話です。 生徒同士のトラブルや保護者からのクレーム、教員の服務事故など、学校では様々な問題が生じます。 中には教員の意識ひとつで未然に防げるものもありますが、先生になったばかりでは何に気を付けて良いか分からないですよね。 そこで、この記事では、生徒を守るため、また自分自身を守るために、先生方に気を付けてほしいことをお伝えします。 目次自分の発言に細心の注意を払うSNSでの言動には気を付けるルールやマナーを守る生徒の話は学校の中だけに留める ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2023/1/20

「教員は世間知らず」と言われる理由と対処法を元教員が考えてみた

元中学校教員めりーです。 昔から「教員の常識、世間の非常識」「教員は世間知らず」と言われることが多いですが、その原因はいったい何なのでしょうか? この記事では、中学校教員として勤務した経験を基に、教員が世間知らずと言われる理由とその対処法をお届けします。 目次教員が世間知らずと言われる理由と対処法①教員は少数派②学校しか知らない③ビジネスマナーを知らない④自分が偉いと錯覚している⑤お金の知識が不足しているまとめ 教員が世間知らずと言われる理由と対処法 ①教員は少数派 単純に、社会人という括りの中で教員は少 ...

ReadMore

音楽教員の仕事

2023/1/20

教採合格者に伝えたい、私が中学校音楽教員になって苦労したこと

元音楽教師めりーです。 この記事では、私が中学校の音楽教員になって特に苦労したことをご紹介します。 生徒や保護者との関わり方など苦労したことはたくさんあるのですが、今回は特に音楽に関連することだけを取り上げます。 「春から教員になるのが不安…」「今のうちに準備しておいた方が良いことはあるかな?」とお悩み中の方の参考になれば幸いです。 ちなみに教員になった当時の私のスペックはこんな感じ。 ピアノ歴20年 箏は「六段の調」、チェロ・篠笛は音階なら演奏できるレベル 小学校では合唱部に所属(中高は伴奏者としてコン ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2022/11/11

教員はお金の勉強をすべき!その理由とおすすめの勉強法

元中学校教員めりーです。 私が教員時代にやっておけばよかったと後悔していること… それは、お金の勉強です。 なんとなくお金の話題はタブーみたいな雰囲気があって、同僚や友人、家族にも相談しづらく、スルーしがち。 でも、生きていくにはお金が必要なわけで、今の時代、ちゃんとした知識をもっていないと損することばかりだと気付いたのです。 というわけで、この記事では教員がお金の勉強をすべき理由と、おすすめの勉強法をご紹介します。 「将来に対して漠然とした不安がある」「お金の勉強って何をすればいいか分からない」という方 ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2022/11/20

教員の出会いの場はどこ?【経験者が語る、先生の恋愛事情】

元中学校教員めりーです。先生の恋愛事情について切り込みます! 「教員は出会いがない」「忙しすぎて結婚できない」なんて話をよく聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか。 この記事では中学校に勤務していた際の実体験を基に、教員ならではの出会いと、素敵な相手を見つける方法をご紹介します。 目次教員にありがちな出会いの場5選①職場の同僚②研修③同僚や先輩からの紹介④地域の方や保護者からの紹介⑤学校に出入りする業者素敵なパートナーと出会う方法4選①習い事やサークル活動②婚活サイト③マッチングアプリ④街コンまとめ ...

ReadMore

中学生の朝読書におすすめの本

中学校教員の仕事

2022/11/20

中学生から大人まで楽しめる!朝読書やスキマ時間におすすめの本5選

元中学校教員めりーです。朝やすきま時間に読むのにおすすめの本を紹介します。 心を落ち着かせたり、脳を活性化させたりする効果がある朝読書。 多くの学校では10分間の読書タイムを取り入れていますし、大人になってからも朝活の一環で読書タイムを設ける方が増えています。 ですが、いざ朝読書に取り組もうと思っても、 ・どの本を読めばいいかわからない ・読書が苦手で集中力が続かない ・いいところでタイムアップになるのが嫌 と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では、読書嫌いでもスラスラ読める本、 ...

ReadMore

教育実習生へのアドバイス

中学校教員の仕事

2022/11/20

教育実習生の心構えとは?元指導教員が伝えたい、7つの大切なこと

元中学校教員めりーです。過去に教育実習生の指導教員をしていました。 もうすぐ教育実習に向かう皆さん、準備は順調ですか? 教育実習って実際どんな感じなんだろう?ちゃんとうまくやれるかな? と不安な方も多いと思います。 そこで、この記事では、教育実習に臨むにあたっての心構えを老婆心ながらお伝えします。 元指導教員からのお節介なアドバイスですが、読んでいただき、少しでも教育実習に向けて心の準備を整えていただけたら嬉しいです。 目次教育実習生に知ってほしい心構え7つ1 「先生」の自覚をもとう!2 「いのち」を守ろ ...

ReadMore

音楽教員の仕事

2022/12/7

音楽教員の必需品!授業に役立つアイテム5選

元音楽教員めりーです。 この記事では、私の音楽教員生活の中で、「これは無くてはならない!」と思った授業アイテムを5つ厳選してご紹介します。 \教員生活全般で必要な持ち物はこちら/ 音楽の先生になる前に読んでいただきたい記事一覧はこちら 音楽授業に役立つアイテム5選 ①タイマー 授業中の活動時間を区切るためにタイマーは必須。 生徒の様子を見て「そろそろ終わりにしよう」なんて声をかけることもありますが、「活動時間はあと○○分」と明示している方が分かりやすく、生徒も活動に集中しやすくなります。 おすすめは、大き ...

ReadMore

-教員からの転職
-,

© 2023 めりー先生の音楽準備室