音楽のICT授業

器楽・創作・ICT授業

無料でできる!音楽授業におけるタブレット(ICT)の活用方法

元中学校音楽教師のめりーです。ICTを活用した音楽授業ネタをご紹介します。

GIGAスクール構想で生徒に1人1台タブレット端末が配布されていますね。

ですが、
・音楽の授業にタブレットをどう活用すべきか悩んでいる。
ICT教材はわりと高額なものが多く、購入するのを躊躇してしまう。
という先生方も多いかと思います。

そこで、この記事では、無料でできる、タブレットを使用した音楽授業のアイディアをいくつかご紹介します。

有料のアプリや教材と比べて劣る部分が多少ありますが、無料なら試してみるか!くらいの気持ちでご覧いただけたら幸いです。


ICTを活用した音楽授業アイディア

・合唱・合奏の録画

アプリのインストールもWebサイトへの接続も必要なく、タブレット内蔵のカメラで録画するだけなので、誰でも簡単にできます。

合唱や合奏の授業での全体練習やパート練習時など、授業内で活用できる場面は様々です。

録音と違って、演奏時の姿勢を確認できるのもポイント!

私は合唱コンクールや演奏発表会などの本番前に、録画を活用して改善点をみんなで話し合うという授業をよく行っていました。

実技テストも対面ではなく、生徒各自に演奏動画を撮影させて提出させるという方式でも良いかもしれませんね。

・楽譜への書き込みで意見共有

合唱の授業の際、楽譜への書き込みを通して、表現方法についての意見交換をさせることがあるかと思います。

私も以前は、模造紙大の拡大楽譜にマーカーで書き込みをさせていましたが、タブレットを活用することで、余計な時間や手間を省くことができました。

おすすめの無料アプリは、こちらのPiascore

‎「Piascore – スマートデジタル楽譜リーダー」をApp Storeで
‎「Piascore – スマートデジタル楽譜リーダー」をApp Storeで

apps.apple.com

手持ち楽譜の取り込み楽譜への書き込みも簡単なので、例えば教科書の楽譜をスキャンさせ、その楽譜に意見を書き込ませるなど、授業内で活用できるタイミングは多いと思います。

授業中、拡大楽譜を黒板に広げたり貼ったりする手間も省けます。

・楽器の疑似演奏体験

器楽の授業で楽器が足りない場合、複数人で1つの楽器を回して使うため、待っている生徒が手持ち無沙汰になってしまうということがありますよね。

そんな時は、タブレットを使用して楽器の疑似演奏体験をさせてみるのはいかがでしょうか?

私が実際に使ってみて良かったものを2つご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

①GarageBand

iOSのためのGarageBand - Apple(日本)
iOSのためのGarageBand - Apple(日本)

www.apple.com

こちらは、iPhoneiPadをお使いの方にとってはおなじみのアプリですね。

配布されている端末がiPadiOSの場合に限りますが、このアプリなら様々な楽器の演奏体験や創作活動が容易にできます。

特におすすめの使いどころは、箏の授業!

こちらの記事でも紹介しているのですが、私はこれまで、2人1組で箏を使用する場合、待っている生徒には紙の箏を使って運指の練習をさせていました。

ですが、このGarageBandの箏モードを使えば、紙に印刷する必要がなく、気軽に箏の音色を奏でることができます。

こちらが実際のGarageBand(箏モード)の画面です。

手の形や爪の当て方など、奏法を身に付けさせるのは難しいですが、弦を弾く順番を覚えさせるのには十分です。

②バーチャルピアノ

バーチャルピアノ | Musicca
バーチャルピアノ | Musicca

www.musicca.com

こちらは、アプリをインストールする必要がなく、Web上で楽器の演奏体験ができるサイトです。

演奏楽器はピアノかギターくらいですが、音階や和音の学習ができるエクササイズもあるので、自習課題にすることもできます。

これならアプリをインストールせず気軽に使えるので、授業に演奏体験をサクッと取り入れたい方にはおすすめです。

・創作活動

先ほどご紹介したGarageBandでは、タブレット上で楽器を演奏しながら録音ができるので、楽譜が書けなくても簡単に創作活動を行うことができますし、他にも同じような作曲アプリはいくつもあります。

タブレットの導入で、従来よりも創作活動のハードルが下がっているので、これまで音楽の授業で創作を扱うのが苦手だったという先生方も、これを機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

所属校のタブレットがiOSではないのなら、以下の2つのツールを活用するのがおすすめです。

①MuseScore

無料で使える楽譜作成ソフト | MuseScore
無料で使える楽譜作成ソフト | MuseScore

musescore.org

MuseScoreは無料でインストールできる楽譜作成アプリで、これを使えば誰でも簡単に五線譜を使用した作曲ができます。

→詳しい使い方はこちら

②Song Maker

Chrome Music Lab - Song Maker
Chrome Music Lab - Song Maker

musiclab.chromeexperiments.com

Googleが提供するクローム音楽実験ラボ(Chrome Music Lab)内にあるSong Makerも手軽に音楽づくりが楽しめるのでおすすめ。

Webブラウザ上で創作・保存ができるので、使用料はかかりませんし、面倒なアプリのインストールも必要ありません。

→詳しい使い方はこちら

・お気に入りの曲紹介

私は1年に1度「マイフェイバリットミュージック」と題して、自分の好きな曲をプレゼンテーションするという授業を行っていました。

PowerPointがなどで曲紹介のスライドを作成させれば、あっという間にプレゼンテーションの準備は完了です。

あとは皆の前で発表させても、オンライン上で互いのスライドを見させるでもOK!

授業のネタに困ったらぜひお試しください。

単純にYoutubeにクラスごとのプレイリストを作成して、好きな曲をUPさせるだけでも良いですね。

・鑑賞教材の提供

私は5分間ミュージックという、毎回の授業の冒頭で世界の様々な音楽を聴かせる活動を行っていたのですが、その中でCD等の音源だけでなく、Youtubeにアップされている動画を見せることもありました。

授業の教材になり得る動画を以下の記事でご紹介していますので、よければ参考にしてみてくださいね。

→音楽の授業に役立つおすすめ動画

→授業で見せたい、音楽の楽しさや素晴らしさが体感できる動画

まとめ

というわけで、この記事では、無料でできるタブレットを使った授業アイディアをご紹介しました。

またアイディアが沸々と湧いてきましたら、随時更新させていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。


音楽授業におすすめのミニゲーム

ゲーム・クイズ

2022/5/24

音楽授業のスキマ時間におすすめのミニゲーム「ドレミでクラップ」

元音楽教師めりーです。この記事では音楽授業におすすめのミニゲームをご紹介します。 ほんの少しだけ授業時間が余ってしまった… どんよりした授業の雰囲気を変えたい… そんな時に私が取り入れていたのが、ミニゲーム「ドレミでクラップ」! 所要時間は1~3分ほどで、サクッと授業の雰囲気を和らげることのできる活動です。 やり方は非常に簡単で、何の準備もいらないので、授業で困ったその瞬間に取り入れることができますよ。 それでは「ドレミでクラップ」の進め方をご紹介します。 ミニゲーム「ドレミでクラップ」の進め方 ①生徒そ ...

ReadMore

世界の民族音楽授業案

常時活動

2022/5/17

世界の民族音楽を楽しく鑑賞!おすすめの常時活動「ミュージックトラベル」

元中学校音楽教師のめりーです。民族音楽の授業にお悩みの先生方に提案があります。 世界の諸民族音楽について、 ・数種類の音楽を鑑賞し、教師による説明を聞いて、感想を書く ・ホーミーやケチャなどの民族音楽をみんなで体験する という活動を軸に、1~2時間扱いの授業を行う先生が多いと思います。 ですが、1時間の中で数種類の音楽を立て続けに聴くと生徒は途中で飽きてしまいがち。 それに乗り気でない生徒に無理に活動を強要すれば、かえって音楽へのマイナスイメージは強まってしまいます。 そこで、私が提案したいのは、民族音楽 ...

ReadMore

早春賦の意味やポイントまとめ

歌唱授業

2022/5/11

「早春賦」歌詞の意味や作曲背景などポイント総まとめ!

元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業経験を基に「早春賦」のポイントをご紹介します。 春を待ちわびている人々の思いや朗らかな風景を表現した日本の名曲「早春賦」。 教科書にも掲載されているので、今まさに授業準備をしている、あるいはテスト勉強中という方も多いと思います。 そこで、この記事では、「早春賦」の歌詞の意味や作曲背景など学習する際に役立つポイントをご紹介します。 学生の皆さんはもちろん、これから授業を行う先生方のお役に立てれば幸いです。 目次「早春賦」のポイント1.そもそも「早春賦」ってどういう意味 ...

ReadMore

授業におすすめのミュージカル映画

鑑賞授業

2022/5/18

音楽授業で見せたいミュージカル映画のおすすめシーン

元中学校音楽教師めりーです。 音楽の授業でミュージカル映画を扱う際の難点は上映時間の長さ。 説明や振り返りなどの時間を考慮すると、鑑賞に使える時間は30分~40分くらいが妥当です。 ですが、「どの場面を見せるべきか分からないし、研究する時間もない!」とお困りの先生も多いはず。 そこで、この記事では、音楽授業におすすめのミュージカル映画と、各作品のおすすめシーンをご紹介します。 音楽授業におすすめのミュージカル映画 ①サウンドオブミュージック リンク ミュージカル作品と言えば「サウンド・オブ・ミュージック」 ...

ReadMore

雅楽が由来の言葉

鑑賞授業

2022/4/26

現在も使われている、雅楽が由来の言葉【鑑賞授業ネタ】

元中学校音楽教師のめりーです。雅楽が由来とされている言葉をご紹介します。 一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる雅楽。 ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、雅楽を由来とするものも多くあります。 そこで、この記事では、現在も日常で使われている雅楽由来の言葉をいくつかご紹介します。 \雅楽についてはこちら/ 雅楽が由来の言葉 塩梅 一般的には、塩と梅酢の加減からきたと言われていますが、実は雅楽でも古くから篳篥の奏法のひとつとして、この言葉が使われていました。(ただし読み方は「あんばい」で ...

ReadMore

オペラとミュージカルを分かりやすく解説

鑑賞授業

2022/4/27

オペラとミュージカルの違いを元音楽教師が解説!

元中学校音楽教師めりーです。オペラとミュージカルの違いを分かりやすく解説します。 歌やダンス、演劇が楽しめるオペラとミュージカル。 なんとなく「オペラの方が古そう」「ミュージカルの方が楽しそう」など両者が別物であることは分かっているものの、どこがどう違うのか分からない!という方も多いのではないでしょうか。 そこで、この記事では私が教員時代に授業で説明していたことを基に、オペラとミュージカルの違いを解説します。 目次オペラとは?ミュージカルとは?オペラとミュージカルの成立背景は?オペラとミュージカルの違いは ...

ReadMore

ゲーム感覚で楽しめる活動例

ゲーム・クイズ

2022/5/24

最後の音楽授業におすすめ!ゲーム感覚で楽しめる活動例

元中学校音楽教師のめりーです。音楽の授業ネタをご紹介します。 年度末になると毎年頭を悩ませることになる授業おさめ(最後の音楽授業)の進め方。 通常通りの活動をした後、1年間のまとめを行うのが定番ですが、せっかくなら生徒が楽しめるゲームを取り入れてみませんか? この記事では、最後の音楽授業に使える、遊び要素の強い活動をご紹介します。 目次最後の音楽授業に使える活動例・イントロかるた・「崖の上のポニョ」選手権・音符でBINGO!・円でクラップ!・音楽クイズ~生徒からの挑戦状・思い出メドレーまとめ 最後の授業に ...

ReadMore

Shared Pianoの使い方

器楽・創作・ICT授業

2022/4/27

音楽初心者でも大丈夫!Shared Pianoの使い方

元中学校音楽教師のめりーです。今回はShared pianoの使い方を解説します。 手軽にピアノ演奏や音楽づくりが楽しめるShared Piano(共有ピアノ)をご存知ですか? Chrome Music Labにあるので無料で使用でき、アプリのダウンロードも不要! 慣れれば以下の動画のような同時演奏(セッション)も可能な超便利ツールです。 使い方さえ分かれば、なんだか楽しい音楽体験ができそうな予感がしますよね。 そこで、この記事では、Shared Pianoの使い方をご紹介します。 ページ内の英語も簡単な ...

ReadMore

-器楽・創作・ICT授業
-, , ,

© 2022 めりー先生の音楽準備室