楽典・音楽用語

意味を知れば納得!音楽用語の効率的な覚え方

元中学校音楽教師のめりーです。音楽用語を覚えるコツをご紹介します。

楽譜を眺めているとちらほら出てくる音楽用語

どのように演奏してほしいかという作曲者の意図が示されているので、見て見ぬふりをするわけにはいかないですよね。

分からない用語はその都度調べる」というやり方でも全然OKですが、

・学校のテストに備えて暗記しなければいけない。

・譜読みのスピードを上げたい。

・有名な言葉だけでも覚えておきたい。

という方も多いのではないでしょうか?

ですが、音楽用語はイタリア語やフランス語、ドイツ語で、似たような言葉が多く、覚えづらい…

そこで、この記事では音楽用語を効率的に覚えるコツをご紹介します。

音楽用語の効果的な覚え方

実は、音楽用語を覚えるコツは、たった1つだけです。

それは、本来の意味を知ること。

例えば、音楽用語のひとつ、dolce(ドルチェ)は、イタリア料理では「デザート」という意味で使われています。

これは、「甘い、やわらかい」というdolce本来の意味が基になっているから。

このことを知っていれば、「(スイーツのように)甘美に、優しく演奏する」ということが簡単にイメージできますよね。

このように、"音楽用語"として知られる言葉のほとんどが、他国では"日常的な言葉"として使われています。

ゆえに、本来の意味を知れば、その言葉が表す情景がイメージしやすくなり、音楽用語としての意味も理解しやすくなるというわけなのです。

せっかくなので、他にも例をご紹介しますね。

(例1)フェルマータは「バス停」

イタリアではバス停を指す言葉としても使われるfermata(フェルマータ)

現状のままストップ」ということなので、音楽においては、音を出しているなら出し続け、休んでいるなら休み続けましょうという指示になります。

(例2)モッソは「動き」

速度変化を示すPiu mosso(ピウ モッソ)Meno mosso(メーノ モッソ)

どっちが速くてどっちが遅いのか分からなくなりませんか?

ですが、Mossoは「動き」という意味なので、PiuMenoの意味さえ覚えれば、もう迷うことはないでしょう。

(例3)アレグロは「ごきげんな結果」

Allegro(アレグロ)の本来の意味は「陽気な」。

昔は「陽気に演奏してね」という意味で使われていましたが、楽しく演奏した結果、スピードが速くなったことから、「速く」という意味が定着しました。

まとめ 本来の意味を知って音楽用語に興味をもとう!

さて、この記事では音楽用語の効率的な覚え方をご紹介しました。

ただがむしゃらに覚えようとするのではなく、言葉がもつ本来の意味に目を向けると、頭に入ってきやすくなるはずです。

ぜひ、様々な音楽用語の語源や意味を調べてみてくださいね。

\指導案・ワークシートのダウンロードはこちら/

楽典・音楽用語

2022/11/20

音楽や楽典が苦手な人におすすめしたい、楽しく学べる本3選

元音楽教師めりーです。 この記事では、 なんとなく音楽に苦手意識がある 音楽は好きだけど、音楽の勉強は嫌い 楽典が難しくてよく分からない というお子さんにおすすめの、楽しく音楽の基礎が学べる本をご紹介します。 音楽の授業に限らず、音楽教室のレッスンやご家庭での音楽の勉強にも役立つと思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 目次なぞ解きストーリードリル・小学音楽音楽をもっと好きになる本ドラえもんの音楽おもしろ攻略 なぞ解きストーリードリル・小学音楽 ※画像は楽天市場より イラスト入りのショートストーリーを楽 ...

ReadMore

音楽史

2022/11/20

滝廉太郎だけじゃない!日本の音楽史に欠かせない重要人物10名

元音楽教師めりーです。 皆さんは日本の音楽史と聞いて、真っ先に誰の顔を思い浮かべますか? 恐らくほとんどの方が、眼鏡をかけた肖像画でお馴染みの、滝廉太郎を思い浮かべるのではないでしょうか。 ですが、日本の音楽史には、他にも活躍した人物がたくさんいます。 そこで、この記事では、教科書にも出てくる、日本の音楽史に欠かせない重要人物を10名ピックアップしてご紹介します。 目次①八橋検校(1614~1685)②四世 杵屋六三郎(1780~1856)③伊沢修二(1851~1917)④岡野貞一(1878~1941)⑤ ...

ReadMore

ベートーヴェンはどんな人?

音楽史

2022/11/20

ベートーヴェンの偉大な功績や面白いエピソード、代表曲まとめ

元中学校音楽教師のめりーです。ベートーヴェンについて解説します。 最も有名な音楽家と言っても過言ではないベートーヴェン。 「音楽室にあるしかめっ面の肖像画」のイメージが強いですが、実際はどんな人だったのでしょうか? そこで、この記事では、ベートーヴェンの偉大な功績やエピソード、代表曲をまとめてみました。 ベートーヴェンについて詳しく知りたい方や、授業で話せるネタをお探しの方のお役に立てれば幸いです。 目次ベートーヴェンはどんな人?ベートーヴェンの偉大な功績3つ①数々の名曲を生み出した②音楽を「芸術」に変え ...

ReadMore

楽典・音楽用語

2022/11/20

元音楽教師が選ぶ、楽典を学ぶのにおすすめの本

元中学校音楽教師めりーです。楽典のわかりやすい解説本をご紹介します。 音楽を学ぶ上で欠かせない、楽典(音楽の基礎知識)。 中学校・高校のテスト勉強や、音大受験に備えて、あるいは趣味の一環として「楽典を学びたい」と考えている方も多いと思います。 ですが、楽典に関する本はたくさんあるので、何から読むべきか悩みますよね。 そこで、この記事では元音楽教師の私が選ぶ、楽典を学ぶのにおすすめの本をご紹介します。 目次イチから知りたい!楽典の教科書一目瞭然!目からウロコの楽典楽典―理論と実習新版 楽典―音楽家を志す人の ...

ReadMore

バッハのエピソードと代表曲

音楽史

2022/11/20

コーヒー好きのビッグダディ!バッハにまつわるエピソードと代表曲

元中学校音楽教師のめりーです。偉大な作曲家J.S.バッハについて解説します。 クラシック音楽を語る上で欠かせない人物、ヨハン・セバスティアン・バッハ。 「音楽の父」と称される彼の意外な素顔とは? この記事では、J.S.バッハにまつわる7つのエピソードと代表曲をご紹介します。 目次バッハはどんな人?なぜ「音楽の父」と呼ばれるの?バッハにまつわる7つのエピソード生前は有名なオルガン奏者!作曲家として評価されたのは死後…無類のコーヒー愛好家だった!ラッキーナンバーは「14」実は大家族のお父さん逮捕され、刑務所に ...

ReadMore

-楽典・音楽用語
-, , , , ,

© 2023 めりー先生の音楽準備室