合唱伴奏のコツ

行事運営

合唱コンクールや卒業式のピアノ伴奏を成功させるコツ

元中学校音楽教師のめりーです。ピアノ歴30年以上の私が伴奏を成功させるコツをご紹介します。

合唱コンクールや卒業式において、重大な役割を担うピアノ伴奏

ひとりで演奏するのとは違った難しさとポイントがあります。

そこで、この記事では、ピアノ歴30年以上で合唱伴奏を何度も経験した私が、教員時代に生徒たちに教えていた合唱伴奏を成功させるコツをご紹介します。

伴奏を不安に思っている生徒さん「伴奏者にどうアドバイスすべき?」と悩んでいる先生方の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

合唱伴奏を成功させるコツ

①途中で止まったり弾き直したりしない

合唱伴奏において最も重要なことは、音楽の流れを止めないということ。

伴奏が止まってしまうと、指揮者や歌い手は多少なりとも動揺するので、その後の演奏に大きな影響が出てしまいます。

たとえミスをしても、途中で弾き直したり演奏を中断したりすることは、伴奏においてはご法度

万が一、止まりそうになった時には、完璧に弾こうとせず、片手だけでも続ける小節の1拍目だけ演奏するなど、音楽の流れを止めないようにすることが大切です。

②楽譜や鍵盤を見なくても弾けるレベルにする

ひとりで演奏している時とは違い、指揮者の動きや合唱に気を配らなくてはいけないので、技術的にも精神的にも余裕がなければ、伴奏はうまくいきません。

楽譜や鍵盤にかじりついている余裕はありませんので、何も見なくても弾けるくらいのレベルになっておくのが望ましいです。

そうすれば、演奏中に指揮者を見ることも、とっさのアクシデントに対応することも可能となります。

もし、そこまで極めることが難しければ、指揮者と目を合わせる部分を数か所決めておき、その部分だけでも顔を上げて演奏できるようにしておきます。

③演奏のテンポを一定にする

速くなったり遅くなったり、伴奏のテンポが不安定だと、歌いづらいのはもちろんのこと、指揮者や合唱とだんだんずれてきて、聴きづらい演奏になってしまうことがあります。

一定のテンポで演奏することで、歌い手に安心感を与え、聴き手にとって心地よい音楽を作ることができるので、一人で練習する時にはメトロノームを使用して、速度を一定に保てるようにします。

④途中からでも弾けるようにする

授業でもクラス練習でも、「もう一度ここから」と部分練習を行うことが多いので、「途中から弾けないので最初から」という状態では、練習効率が悪くなります。

また、本番で万が一止まってしまった場合、すぐに演奏を再開できなければ、最後まで入れずに終わってしまうという事態になりかねません。

ゆえに、どこからでもすぐに弾き始めることができるような状態にしておく必要があります。

⑤バスはしっかり響かせ、伴奏形は軽く弾く

合唱の伴奏では、以下の楽譜のような形が多く使われています。

右利きの方はどうしても右手で演奏する音が強くなりがちなのですが、右手の音がじゃかじゃかうるさいと合唱の妨げになるので、伴奏形(右手で弾く音)は軽く弾くことが大切です。

また、バスの響きは音楽を支える重要な要素になるので、バス(左手で弾く音)はしっかりと響かせるのもポイント。

合唱に重厚な響きをプラスすることができるだけでなく、ピアノのバスの音と、合唱のアルトやバスパートの音が同じ場合に安心感を与えることもできます。

間奏など右手がメロディを担っている場合は、美しくのびやかに演奏します。

⑥音量のバランスを考える

ひとりで演奏するのとは違い、あくまで"伴奏"なので、合唱に合わせた適切な音量で弾くことが大切です。

大きすぎては合唱をかき消してしまいますし、小さすぎては頼りなく聞こえ、弱々しい印象になってしまいます。

実際の演奏を聴かなければ適切な音量かは判断しかねますが、目安は、弾きながら合唱がほんのり聴こえるくらい。

合唱と伴奏が互いに遠慮することなく、ちょうどよいバランスで演奏できるよう、日々の練習の中で調整することが大切です。

⑦全パート歌える(弾ける)ようにする

伴奏者になると、つい伴奏の練習ばかりに気を取られてしまいますよね。

ですが、歌う側の気持ちを理解していた方が、良い伴奏はできるものです。

ある程度伴奏が弾けるようになったら、一度、全パートを歌ってみましょう。

そうすることで、
・この部分はこのように歌いたい。
・ここでたっぷり息を吸いたい。

というような、歌い手の気持ちを理解することができ、歌いやすい伴奏を行うことができるようになります。

スポンサーリンク

伴奏がうまくいかずに困ったら

さて、合唱伴奏の一般的なコツをお伝えしましたが、曲によって演奏のコツは違いますし、うまくいかないこともあると思います。

もし身近に相談できる先生がいなくて困っているのであれば、以下のリンクよりお気軽にご連絡ください。

元中学校音楽教師がピアノ伴奏のアドバイスをします 小学生から大人の方までピアノ伴奏にお困りの方はどなたでも!

元教員経験を生かし、伴奏に対してアドバイスをいたします。

まとめ 伴奏は大黒柱!

というわけで、この記事では合唱伴奏を成功させるコツをご紹介しました。

伴奏は合唱を支える大黒柱です。

歌い手が安心して合唱に取り組めるよう、安定感のある伴奏を心がけることが大切ですね。

ちなみに、私は上記の内容を合唱コンクール前に伝え、昼休みや夏休みに指揮者・伴奏者教室を開いてアドバイスをしたり質問を受け付けたりしていました。

詳しくはこちらのnoteに記載してありますので、音楽の先生方は、ぜひ合わせてご覧ください。

関連記事
中学音楽 合唱コンクールを成功させる方法|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 合唱コンクールを成功させる方法|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

その他、合唱に関する記事はこちらから。


関連記事
元中学校音楽教師が選ぶ全校合唱におすすめの曲
元中学校音楽教師が選ぶ全校合唱におすすめの曲

続きを見る


関連記事
中学音楽「大地讃頌」合唱授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note
中学音楽「大地讃頌」合唱授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

-行事運営
-, , , ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室