※当サイトは広告及びアフィリエイトプログラムにより収益を得ています

行事に関すること

合唱コンクールや卒業式のピアノ伴奏を成功させるコツ

元中学校音楽教員めりーです。

合唱コンクールや卒業式におけるピアノ伴奏は、ひとりで演奏するのとは違った難しさがありますよね。

そこで、この記事では、ピアノ歴30年以上で合唱伴奏を何度も経験した私が思う、合唱伴奏を成功させるコツをご紹介します。

伴奏を不安に思っている生徒さん「伴奏者にどうアドバイスすべき?」と悩んでいる先生方の参考になれば幸いです。

合唱伴奏を成功させるコツ

①途中で止まったり弾き直したりしない

合唱伴奏において最も重要なことは、音楽の流れを止めないということ。

伴奏が止まってしまうと、指揮者や歌い手は多少なりとも動揺するので、その後の演奏に大きな影響が出てしまいます。

たとえミスをしても、途中で弾き直したり演奏を中断したりすることは、避けた方が良いです。

もし止まりそうになったら、片手だけでも続ける小節の1拍目だけ演奏するなど、音楽の流れを止めないようにすると良いと思います。

②楽譜や鍵盤を見なくても弾けるレベルにする

ひとりで演奏している時とは違い、指揮者の動きや合唱に気を配らなくてはいけないので、技術的にも精神的にも余裕がなければ、伴奏はうまくいきません。

楽譜や鍵盤にかじりついている余裕はありませんので、何も見なくても弾けるくらいのレベルになっておくのが望ましいです。

そうすれば、演奏中に指揮者を見ることも、とっさのアクシデントに対応することも可能となります。

そこまで極めることが難しければ、指揮者と目を合わせる部分を数か所決めておき、その部分だけでも顔を上げて演奏できるようにしておきます。

③演奏のテンポを一定にする

速くなったり遅くなったり、伴奏のテンポが不安定だと、歌いづらいのはもちろんのこと、指揮者や合唱とだんだんずれてきて、聴きづらい演奏になってしまうことがあります。

一定のテンポで演奏することで、歌い手に安心感を与え、聴き手にとって心地よい音楽を作ることができるので、一人で練習する時にはメトロノームを使用して、速度を一定に保てるようにしておくと良いです。

④途中からでも弾けるようにする

授業でもクラス練習でも、「もう一度ここから」と部分練習を行うことが多いので、「途中から弾けないので最初から」という状態は避けたいです。

また、本番で万が一止まってしまった場合、すぐに演奏を再開できなければ、最後まで入れずに終わってしまうという事態になりかねません。

ゆえに、どこからでもすぐに弾き始めることができるような状態にしておく必要があります。

⑤バスはしっかり響かせ、伴奏形は軽く弾く

合唱の伴奏では、以下のような形が使われていることが多いです。

右利きだとどうしても右手で演奏する音が強くなりがちなのですが、右手の音がじゃかじゃかうるさいと合唱の妨げになるので、伴奏形(右手で弾く音)は軽く弾くことが大切です。

また、バスの響きは音楽を支える重要な要素になるので、バス(左手で弾く音)はしっかりと響かせるのもポイント。

合唱に重厚な響きをプラスすることができるだけでなく、ピアノのバスの音と、合唱のアルトやバスパートの音が同じ場合に安心感を与えることもできます。

⑥音量のバランスを考える

ひとりで演奏するのとは違い、あくまで"伴奏"なので、合唱に合わせた適切な音量で弾くことが大切です。

大きすぎては合唱をかき消してしまいますし、小さすぎては頼りなく聞こえ、弱々しい印象になってしまいます。

実際の演奏を聴かなければ適切な音量かは判断しかねますが、目安は、弾きながら合唱がほんのり聴こえるくらい。

合唱と伴奏が互いに遠慮することなく、ちょうどよいバランスで演奏できるよう、日々の練習の中で調整することが大切です。

⑦全パート歌える(弾ける)ようにする

伴奏者になると、つい伴奏の練習ばかりに気を取られてしまいますよね。

ですが、歌う側の気持ちを理解していた方が、良い伴奏はできる気がします。

ある程度伴奏が弾けるようになったら、一度、全パートを歌ってみるのがおすすめです。

そうすることで、

・この部分はこのように歌いたい。
・ここでたっぷり息を吸いたい。

というような、歌い手の気持ちを理解することができ、歌いやすい伴奏を行えるようになると思います。

まとめ

さて、この記事では合唱伴奏を成功させるコツをご紹介しました。

少しでもお役に立てていれば幸いです。

\各教材の進め方や活動例はこちら/

note「めりー先生の音楽室」へ

音楽×趣味

2024/5/15

オペラの有名な曲10選【器楽曲】元音楽教員が選んだ名曲を紹介

元中学校音楽教員めりーです。 テレビ番組やCM等で使われる、超有名なオペラの名曲を10曲厳選してご紹介! 今回は器楽曲編です。 →【歌・合唱】編はこちら あくまで私セレクションですが、参考になれば幸いです。 目次①「アイーダ」より『凱旋行進曲』②「ウィリアム・テル」より序曲③「フィガロの結婚」序曲④「ルスランとリュドミラ」序曲⑤『ワルキューレの騎行』⑥「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より『第1幕への前奏曲』⑦「ラ・ジョコンダ」より『時の踊り』⑧「カルメン」より『第1幕への前奏曲』⑨「カヴァレリア・ル ...

ReadMore

音楽×趣味

2024/5/15

オペラの有名な曲10選【歌曲・合唱曲】元音楽教員が選んだ名曲を紹介

元中学校音楽教員めりーです。 テレビ番組やCM等で使われる、超有名なオペラの名曲をご紹介! 今回は【歌・合唱】編です。 →【器楽】編はこちら あくまで私セレクションですが、参考になれば幸いです。 目次①「椿姫」より『乾杯の歌』②「リゴレット」より『女心の歌』③「アイーダ」より『凱旋の合唱』④「トゥーランドット」より『誰も寝てはならぬ』⑤「ジャンニ・スキッキ」より『私のお父さん』⑥「蝶々夫人」より『ある晴れた日に』⑦「ローエングリン」より『婚礼の合唱』⑧「カルメン」より『ハバネラ』⑨「フィガロの結婚」より『 ...

ReadMore

音楽×趣味

2024/5/14

大人の発表会におすすめ!簡単なのに難しそうに聴こえるピアノ曲12選

ピアノ歴30年以上の元中学校音楽教員めりーです。 ピアノを習い始めた方、久しぶりに再開した方なら誰もが一度は思う、 簡単だけど難しそうに聴こえる曲が弾きたい! という願望。 「かっこいい曲は弾きたいけれど、練習はしたくない」という気持ち、よく分かります! そこで、この記事では、そんな望みを叶える名曲を難易度の低いものから順にご紹介します。 この記事では、譜読みに時間がかからないもの、技術的に難しくないものを「簡単」と定義しています。あくまで私の感覚によるもので、全ての方に当てはまるとは限りませんので、その ...

ReadMore

音楽×趣味

2024/5/15

元気が出るオーケストラ演奏!明るいクラシックの名曲10選

元中学校音楽教員めりーです。 クラシック音楽やオーケストラ演奏について、「眠くなる」「暗い」「つまらない」というイメージをお持ちではないですか? この記事ではそんなイメージを覆すクラシックの名曲をご紹介します。 誰もが一度は聴いたことがありそうな有名な曲をピックアップしましたので、楽しんでいただけると嬉しいです。 目次①「ラデツキー行進曲」②「トランペット吹きの休日」③「星条旗よ永遠なれ」④「ウィリアム・テル」序曲より「スイス独立軍の行進」⑤「天国と地獄」序曲より「地獄のギャロップ」⑥「フィガロの結婚」序 ...

ReadMore

音楽×趣味

2024/2/22

Postmodern Jukeboxのすごさをおすすめ動画とともに紹介!

元中学校音楽教員めりーです。 皆さんは、Postmodern Jukebox(ポストモダン・ジュークボックス)、略してPMJをご存じですか? 主にYoutubeで活躍しているグループなのですが、とにかくすごいんです! というわけで、この記事ではPostmodern Jukeboxの何がすごいのか、おすすめポイントを勝手にご紹介します。 目次Postmodern Jukeboxとは?・私のイチオシ動画!・その他のおすすめ動画Postmodern Jukeboxのおすすめポイント・Scott Bradleeが ...

ReadMore

音楽×趣味

2024/5/13

ピアノ初心者におすすめ!比較的簡単なショパンの名曲10選

ピアノ歴30年以上の元中学校音楽教員めりーです。 ロマン派時代に活躍し、「ピアノの詩人」と称されたショパン。 「弾いてみたいけれど、ショパンの作品はなんだか難しそう」と躊躇してしまう方も多いのでは? そこで、この記事ではショパンが作曲した数々の名曲の中で、わりと譜読みが簡単で演奏しやすい曲を10曲ご紹介します。 ※いずれも「片手だけで弾ける!」とか「ドレミが読めなくても大丈夫!」というレベルではなく、簡単とは言ってもそれなりの技術は必要ですので悪しからず。 目次簡単なショパンの名曲:ワルツ①ワルツ Op. ...

ReadMore

音楽×趣味

2024/5/13

洋画や海外ドラマのダンスシーンで流れそうな音楽まとめ

洋画や海外ドラマが大好きで、見るとその世界観にどっぷり漬かってしまうめりーです。 洋画や海外ドラマを見ていると、稀に身体を寄せ合いながらしっとりとダンスするシーンがありませんか? 私、このムーディーな雰囲気と、その時に流れる音楽が好きなんです。 でも、こういう音楽はどのようなジャンルに分類されるのか分からず、たまに聴きたくなっても探すのが難しいんですよね。 そこで、今回は私自身の備忘録も兼ねて、 幻想的なキャンドルの中、お酒を飲みつつ、レコードから流れる音楽に合わせて手と手を取り合って踊る・・・ そんなロ ...

ReadMore

-行事に関すること
-, , , , , ,

© 2024 めりー先生の音楽準備室