ファンタジアとは

音楽の基礎知識

ファンタジア(幻想曲)の由来や特徴、代表曲【音楽のジャンルを分かりやすく解説!】

ピアノ歴30年以上の元中学校音楽教師めりーです。この記事ではファンタジアの由来や特徴、おすすめの曲をご紹介します。

ファンタジアとは?

ファンタジアは、性格的小品(キャラクターピース)のひとつで、作曲者の想像力に基づいて作られた曲のこと。

日本語では幻想曲と訳され、形式にとらわれない自由な楽想が特徴です。

バロック時代から多くの作品が作られていますが、その作風は時代によって変化しています。

ファンタジアの代表的な作品

バッハモーツァルトなど有名な作曲家の多くがファンタジアを作っています。

中でも、ショパン作曲の「Op.49 幻想曲 ヘ短調」は演奏会等で演奏される機会が多く、ファンタジアの代表的な作品と言えます。

バラードのような壮大な作品で、ドラマティックな展開が魅力的です。

その他の性格的小品と聴き比べるのがおすすめ!

記事の冒頭でもご紹介した通り、ファンタジアは性格的小品(キャラクターピース)という音楽ジャンルのひとつです。

関連記事
性格的小品(キャラクターピース)とは?主な種類と特徴まとめ【音楽のジャンルを分かりやすく解説!】
性格的小品(キャラクターピース)とは?主な種類と特徴まとめ【音楽のジャンルを分かりやすく解説!】

続きを見る

性格的小品自由な発想によって作られた、ピアノのための短い楽曲のことで、ファンタジア以外にもバラードなど様々なジャンルがあります。

各曲の特徴と詳細は以下のリンクよりご覧ください。

いろいろな性格的小品を聴き比べることで、それぞれの美しさや良さをより実感できるはずです。

以上、この記事ではファンタジアの由来や特徴、代表的な作品をご紹介しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

-音楽の基礎知識
-, ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室