音楽教員10月の仕事内容

音楽科教員の仕事

中学音楽教員が10月にする仕事と各学年の授業内容

元中学校音楽教師のめりーです。10月の音楽教員の仕事と授業内容を私の過去の経験を基にご紹介します。

多くの学校で合唱コンクールが行われる10月

音楽教員が最も忙しい時期と言っても過言ではなく、また合唱コンクール以外の仕事がないわけではないので、計画的かつ効率よく業務を遂行する必要があります。

というわけで、この記事では、中学校の音楽教員が10月にする仕事と各学年の授業内容をご紹介します。(年間スケジュールはこちら、9月の仕事と授業内容はこちらをご覧ください。)


スポンサーリンク

中学音楽教員10月の主な仕事内容

①合唱コンクール準備、指導全般

授業の中でも合唱指導は佳境に入り、学年リハーサルや放課後のクラス練習など、学校全体が合唱コンクールモードになります。

かなり忙しいですが、無事に行事を成功させられるよう、周りの教員と協力して準備を進めていきましょう。

合唱コンクール関係の仕事については、すべてこちらの記事にまとめていますので、よければ参考にしてみてくださいね。

関連記事
中学音楽 合唱コンクールを成功させる方法|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 合唱コンクールを成功させる方法|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

②定期テスト作成

10月末~11月にかけて定期テストを実施する学校が多いので、10月中旬から定期テストの作成に少しずつ取り掛かります。

テストの作り方については、こちらの記事で紹介していますのでよければ合わせてご覧ください。

関連記事
定期テストの作り方とポイントを元中学校音楽教師が解説します!
定期テストの作り方とポイントを元中学校音楽教師が解説します!

続きを見る

③校歌(通年)の指揮者、伴奏者決定

意外と忘れがちなのが、卒業式などの儀式で校歌を歌う際の、指揮者、伴奏者選びです。

私が勤務していた学校では、合唱コンクール後~翌年の合唱コンクール後が指揮者、伴奏者の任期でしたので、毎年10月末には、2年生の中から代表生徒を選んでいました。

いきなり入学式や卒業式で指揮者、伴奏者デビューは不安なはずなので、一度、2学期(12月)の終業式で練習できるよう、この時期にしていました。

決め方は学校によって違いますが、私の場合は、事前に「指揮者、伴奏者募集のお知らせ」を配布または掲示し、候補者が複数いればオーディションを行っていました。

10月の授業内容(中学音楽)

さて、ここからは10月にどのような授業を行うか、私の教員時代の経験を基にご紹介しますので、授業準備の参考にしていただけたら嬉しいです。

各題材(教材)名をクリックすると、その教材の授業実践例公開ページに飛ぶようになっています。

※年間授業時数は1年生が45時間、2・3年生は35時間ですので、毎月1年生は4時間分、2・3年生は3時間分の授業を紹介しています。

中学1年10月の音楽授業

10月の授業内容(中1音楽 4時間分)

  • 合唱コンクール課題曲・自由曲
  • 合唱コンクール課題曲・自由曲
  • 実技テスト
  • 魔王」①

合唱コンクール本番までは課題曲や自由曲を教材として合唱の授業を行い、生徒が忘れないうちに実技テストを実施します。

そして、シューベルト作曲「魔王」の鑑賞授業を行いますが、この授業を私は2時間扱いとしていたので、10月に終わらない分は11月に繰り越します。

中学2、3年10月の音楽授業

※2年生、3年生とも授業内容が同じなので、まとめて記載します。

10月の授業内容(中2、3音楽 3時間分)

  • 合唱コンクール課題曲・自由曲
  • 合唱コンクール課題曲・自由曲
  • 実技テスト

1年生と同様、合唱コンクールまでは課題曲や自由曲を教材として合唱の授業を行い、終わった後は実技テストを実施します。

実技テストの課題は合唱コンクール課題曲としていました。練習時間が長い分、多くの生徒が良い結果を残せていましたよ。

というわけで、この記事では中学音楽教員が10月に行う仕事と各学年の授業内容をご紹介しました。

11月の仕事と授業内容こちらをご覧ください。

NEXT
中学音楽教員が11月にする仕事と各学年の授業内容
中学音楽教員が11月にする仕事と各学年の授業内容

続きを見る

-音楽科教員の仕事
-, ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室