5月の音楽授業

音楽科教員の仕事

中学音楽教員が5月にする仕事と各学年の授業内容

元中学校音楽教師のめりーです。5月の音楽教員の仕事と授業内容を私の過去の経験を基にご紹介します。

GW明けでなんとなく授業が飽和状態になりやすい5月

4月に行いきれなかった仕事に着手しつつ、少しずつ合唱コンクールに向けて動き出したり、運動会校歌指導をしたりと何かの忙しいです。

というわけで、この記事では、中学校の音楽教員が5月にする仕事と各学年の授業内容をご紹介します。(年間スケジュールはこちら、4月の仕事と授業内容はこちらをご覧ください。)


スポンサーリンク

中学音楽教員5月の主な仕事内容

①運動会での校歌指導

関連記事
中学音楽 入学式や卒業式前に役立つ! 全校合唱指導のコツ|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 入学式や卒業式前に役立つ! 全校合唱指導のコツ|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

普段はこちらの記事で紹介しているような進め方で全校指導を行いますが、

運動会前は技術的なことよりも、「歌う気持ち」や「心構え」の方に重みをおく方が生徒に響く気がします。

②公費の予算組み

本来は4月の仕事ですが、着任してすぐだと何を購入すべきか分からない場合もあるので、GWあたりを目途に公費を何に使うか決めるとよいと思います。

③合唱コンクール課題曲・自由曲の選定

合唱コンクールが10月だと仮定した場合、5月頃から何を歌わせようかな~と何となく探り始めておきます。

こちらの記事で、合唱コンクールにおすすめの曲を学年ごとにご紹介していますので、よければ参考にしてみてくださいね。

関連記事
元中学校音楽教師が選ぶ合唱コンクールにおすすめの曲
元中学校音楽教師が選ぶ合唱コンクールにおすすめの曲

続きを見る

④合唱コンクール特別審査員(外部審査員)の決定

合唱コンクールの審査を学校外の方にお願いをするのであれば、この時期から打診しておく必要があります。有名な方ほど早い段階で日程が埋まっています。

合唱コンクールに向けた準備はこちらのnoteで紹介していますので、よければ合わせてご覧ください。

関連記事
中学音楽 合唱コンクールを成功させる方法|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 合唱コンクールを成功させる方法|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

5月の授業内容(中学音楽)

さて、ここからは5月にどのような授業を行うか、私の教員時代の経験を基にご紹介しますので、授業準備の参考にしていただけたら嬉しいです。

各題材(教材)名をクリックすると、その教材の授業実践例公開ページに飛ぶようになっています。

※年間授業時数は1年生が45時間、2・3年生は35時間ですので、毎月1年生は4時間分、2・3年生は3時間分の授業を紹介するようにしています。

中学1年5月の音楽授業

5月の授業内容(中1音楽 4時間分)

  • 混声合唱①
  • 混声合唱②
  • 「ジョーズのテーマ」
  • 「春」

4月に変声期と混声合唱と題して、混声合唱の導入を行っているので、5月は「パフ」などの短くて音の取りやすい混声合唱曲に取り組ませます。

また、音楽と情景との関わりをテーマに「ジョーズのテーマ」とヴィヴァルディの「」を教材として鑑賞授業を行います。

中学2年5月の音楽授業

5月の授業内容(中2音楽 3時間分)

2年生の5月は少し早いですが「夏の思い出」を教材として、詩と曲想との関わりを考えさせます。

また、2年生は学習させたい鑑賞教材がたくさんあるので、早速、J.S.バッハ作曲の「フーガト短調」を扱います。

中学3年5月の音楽授業

5月の授業内容(中3音楽 3時間分)

4月に引き続き「」を扱った授業を行います。

鑑賞の「ボレロ」は3時間扱いとしていたので、残りの1時間は6月に行います。

というわけで、この記事では中学音楽教員が5月に行う仕事と各学年の授業内容をご紹介しました。

6月の仕事と授業内容こちらをご覧ください。

NEXT
中学音楽教員が6月にする仕事と各学年の授業内容
中学音楽教員が6月にする仕事と各学年の授業内容

続きを見る

-音楽科教員の仕事
-, ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室