イントロかるた記事のタイトル画像

ゲーム・クイズ・雑学

音楽の授業に取り入れてほしい、楽しくて盛り上がるゲーム「イントロかるた」

元中学校音楽教師のめりーです。授業は楽しくてなんぼ!と思っています。

音楽の授業がなんとなくつまらない。

最近授業がマンネリ気味・・・

もっと生徒が盛り上がるような活動を授業に取り入れたい!

そんな風にお悩みの先生方必見

この記事では音楽の授業に取り入れると盛り上がる「イントロかるた」をご紹介します。

イントロかるたとは?

イントロかるたとは、その名の通りイントロを流してかるた取りを行うゲームです。

小学校~高校まで、どの校種でも行うことが可能です。

私は授業が早く終わって時間が余った時や鑑賞授業の導入、既習事項の確認時に、お楽しみ活動として取り入れていました。

それでは、イントロかるたの方法を詳しくご説明します。

イントロかるたはこんな時におすすめ

・少し授業時間が余りそう・・・

・授業の導入にちょっと遊びたい!

・既習事項を楽しく復習させたい!

所要時間は10分~25分くらいなので、隙間時間にぴったりです。

イントロかるたの進め方

①2人1組で机を挟んだ状態で向かい合って座らせる。

1人1本ペンを持たせます。

ペンの色は赤と青など、相手と違うものが望ましいです。

②プリントを各組に1枚配布する。

イントロかるた

かるたを作るのは大変なので、曲名をランダムに散りばめたプリントを配布します。

③曲のイントロを流す。

生徒は、曲名が分かったらプリントの曲名を丸で囲みます。
一方が先に丸を付けたら、もう一方は丸を付けることができません。

④サビまで確認して正解発表!

おとなしく聴くもよし、音楽に合わせてみんなでリズムを叩いたり歌ったりしてもよし!

あとは③、④を繰り返すだけです。

イントロかるたに必要な準備

曲名が書かれたプリント(A3版1枚)

前述で紹介したプリントを用意します。
学習状況やお手持ちの曲に合わせて、プリントを作成してください。

CD等の音源

流行の曲や今までに学習した曲など、生徒全員が知っているであろう曲を10~20曲用意し、CD等の音源を用意します。

全員が活動に参加できるよう、なるべく誰もが聞いたことのある曲を選ぶのがポイントです。

イントロかるたは応用できる!

少し遊びたいとき、息抜きしたいとき、授業時間が余ってしまったときに余興として取り入れることが出来るイントロかるた

流行に関係ない曲だけならば何年も使い回せるので、準備もそれほど手間ではありません。

また、このかるたゲームは、イントロに限らず、音楽用語や楽器名を覚えさせるゲームにも変換できます。

例として楽器名かるたのプリントを載せておきます。

楽器名かるた

曲のイントロではなく、各楽器の旋律を流し、楽器名を丸で囲ませます。

各楽器の旋律音源を集めるのは大変なので、私はこの「楽器カード」付属のCDを使用していました。

「ボレロ」など、楽器の音色の違いを意識させたい鑑賞授業の導入にもなりますね。

ちなみに、ボレロの授業実践例はnoteで公開しています。ダウンロードできるワークシートも載せてありますので、良ければご覧ください。

関連記事
中学音楽「ボレロ」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note
中学音楽「ボレロ」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

まとめ 音楽の授業に遊びを!

今回ご紹介したイントロかるたは準備が楽な割りに盛り上がる魔法のゲームです。

音楽の授業や学級活動など、ぜひ空いた時間にお試しください。

ボレロのほかにも楽器の音色を聴かせたい鑑賞授業の実践例をnoteでいくつか公開しています。ぜひこちらも合わせてご覧ください。

関連記事
鑑賞授業の実践例|めりー先生の音楽室|note
鑑賞授業の実践例|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

-ゲーム・クイズ・雑学
-, ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室