音楽教員の仕事

教採合格者に伝えたい、私が中学校音楽教員になって苦労したこと

元音楽教師めりーです。

この記事では、私が中学校の音楽教員になって特に苦労したことをご紹介します。

生徒や保護者との関わり方など苦労したことはたくさんあるのですが、今回は特に音楽に関連することだけを取り上げます。

春から教員になるのが不安…」「今のうちに準備しておいた方が良いことはあるかな?」とお悩み中の方の参考になれば幸いです。

ちなみに教員になった当時の私のスペックはこんな感じ。

  • ピアノ歴20年
  • 箏は「六段の調」、チェロ・篠笛は音階なら演奏できるレベル
  • 小学校では合唱部に所属(中高は伴奏者としてコンクール出場)
  • サックスが木管か金管か分からないくらい、楽器の知識なし

大学で幅広く音楽について勉強はしたものの、専門のピアノ以外のことはあまりよく分からないまま、教員になってしまいました…

というわけで、ここから私が特に苦労したことをお話しします。

中学校音楽教員になって苦労したこと

①移動ド唱法

長年ピアノを続けていた私にとって、「ド」は「ド」なんです。

ソルフェージュで移動ド唱法を勉強していたものの、どうしても他の音を「ド」と呼ぶことに抵抗があり、なかなか慣れませんでした。

特に苦労した場面は吹奏楽部の指導

例えば、F管のホルンは「ファ」を「ド」と呼びますが、指導の際に「ソの音を~、あっ違う、レの音!」と混乱しまくりでした。

固定ド唱法が染みついている方にとって、移動ド唱法はかなり厄介なので、苦手な方は早い段階で慣れておくことをおすすめします。

初任校で吹奏楽部顧問にならなくても、異動先でなる可能性もあるので油断大敵です!

②移調奏

普段の授業では移動ド唱法ができなくてもさほど問題はなかったのですが、「パッと転調できる人になりたい」と思う場面はありました。

それが、歌唱の実技テストです。

私は伴奏しながら採点を行っていたのですが、変声期の影響から音が取りずらい生徒もいるので、その場合は転調をしてあげる必要がありました。

なので、実技テストの前には±5度くらいの調で伴奏が弾けるように練習をしていました。

この練習が意外と時間がかかったので、大学在学中にもっと移調奏の練習をしておけばよかったと後悔しました。

また、授業で調について説明する際に、既習曲を様々な調で聴かせることで「調によって曲の雰囲気が変わる」ことを体感させられるので、移調奏は練習しておくに越したことはないと思います。

③他楽器の奏法

器楽の授業と言えばリコーダーというイメージがありますが、全ての学校でそうとは限りません。

現に、保護者の意向やコロナ感染リスク、和楽器の指導充実などの理由から、リコーダーを購入させない学校も多いです。

そうなると備品やレンタル楽器を使用するわけですが、その楽器は三味線ギター太鼓など、学校によって異なります。

ゆえに、器楽の教科書に載っている楽器はどれも授業で取り扱う可能性があると思っていた方が安心です。

教員になってから楽器の練習をするのは結構大変なので、可能な限りいろいろな楽器に触れてみておくことをおすすめします。

特に箏やギターは定番なので、余力がある方は今のうちから練習しておいてはいかがでしょうか?

④指揮法

多くの中学校では、年に1度合唱コンクールが開催され、生徒が合唱の指揮を行います。

そんな指揮者の指導も、音楽教員の仕事の一つ。

大学時代に指揮法の授業は受けていたものの、自分自身がオーケストラや合唱の指揮をした経験はなかったので、教えるのに苦労しました。

最初のうちは教科書に載っている基本的な振り方を教える程度で、ロクなアドバイスもできず、今でも申し訳なく思っています。

合唱部や吹奏楽部のコンクールで教員が指揮をすることもあるので、不安な方は練習しておくと良いでしょう。

⑤BGMが思い付かない

音楽教員は、学校の中で一番音楽に詳しい人間(だと思われている)ので、行事や式典の際のBGM選定を丸投げされることがあります。

普段からJ-POPやクラシックなど幅広く音楽を聴く方は困らないと思いますが、私は結構苦手でした。

曲の雰囲気や歌詞がTPOにあっているか、万人受けするかなど考えだしたら決まらないし、なんだかセンスを問われているみたいで嫌だったのです。

どうしても、教員や生徒から「音楽に詳しい人」認定されてしまうので、「そんなに詳しくないよ」という方は私と同じように苦労するかもしれません…

⑥何が分からないのか分からない

生徒のつまずくポイントが分からない」というのは、音楽に限らずどの教科の先生もぶち当たる壁だと思います。

中学校には「楽譜や音符が書けない」「四分音符と八分音符の違いが分からない」など様々な生徒がいます。

音楽をずっと勉強してきた私たちが当たり前に知っていることを、生徒の多くは知らないのです。

私は初任校で「ピアノの上に座ってはダメ」という当たり前のことから教えました笑

おすすめの対処法は、生徒向けの参考書を読むこと。

生徒がつまずきそうなポイントが書かれているので、どの部分を重点的に説明すれば良いのかが分かります。

あとは、「経験がものを言う」ので、教員生活を続けていけば次第に、生徒のつまづきポイントと、それに合った説明の仕方が分かるようになると思います。

まとめ

さて、この記事では、私が中学校の音楽教員になって特に苦労したことをご紹介しました。

「ピアノ伴奏ができない」「発声指導ができない」など、人によって不得意なことは様々あると思います。

ですが、音楽教員になればそんなこと関係なく「音楽のプロ」として生徒と接しなければいけません。

音楽を教える立場になる前に、自分自身が苦手なことや不安に思っていることを解消して、春からいいスタートを切ってくださいね。

\指導案・ワークシートのダウンロードはこちら/


音楽教員の仕事

2022/11/22

教採合格者に伝えたい、私が中学校音楽教員になって苦労したこと

元音楽教師めりーです。 この記事では、私が中学校の音楽教員になって特に苦労したことをご紹介します。 生徒や保護者との関わり方など苦労したことはたくさんあるのですが、今回は特に音楽に関連することだけを取り上げます。 「春から教員になるのが不安…」「今のうちに準備しておいた方が良いことはあるかな?」とお悩み中の方の参考になれば幸いです。 ちなみに教員になった当時の私のスペックはこんな感じ。 ピアノ歴20年 箏は「六段の調」、チェロ・篠笛は音階なら演奏できるレベル 小学校では合唱部に所属(中高は伴奏者としてコン ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2022/11/11

教員はお金の勉強をすべき!その理由とおすすめの勉強法

元中学校教員めりーです。 私が教員時代にやっておけばよかったと後悔していること… それは、お金の勉強です。 なんとなくお金の話題はタブーみたいな雰囲気があって、同僚や友人、家族にも相談しづらく、スルーしがち。 でも、生きていくにはお金が必要なわけで、今の時代、ちゃんとした知識をもっていないと損することばかりだと気付いたのです。 というわけで、この記事では教員がお金の勉強をすべき理由と、おすすめの勉強法をご紹介します。 「将来に対して漠然とした不安がある」「お金の勉強って何をすればいいか分からない」という方 ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2022/11/20

教員の出会いの場はどこ?【経験者が語る、先生の恋愛事情】

元中学校教員めりーです。先生の恋愛事情について切り込みます! 「教員は出会いがない」「忙しすぎて結婚できない」なんて話をよく聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか。 この記事では中学校に勤務していた際の実体験を基に、教員ならではの出会いと、素敵な相手を見つける方法をご紹介します。 目次教員にありがちな出会いの場5選①職場の同僚②研修③同僚や先輩からの紹介④地域の方や保護者からの紹介⑤学校に出入りする業者素敵なパートナーと出会う方法4選①習い事やサークル活動②婚活サイト③マッチングアプリ④街コンまとめ ...

ReadMore

中学生の朝読書におすすめの本

中学校教員の仕事

2022/11/20

中学生から大人まで楽しめる!朝読書やスキマ時間におすすめの本5選

元中学校教員めりーです。朝やすきま時間に読むのにおすすめの本を紹介します。 心を落ち着かせたり、脳を活性化させたりする効果がある朝読書。 多くの学校では10分間の読書タイムを取り入れていますし、大人になってからも朝活の一環で読書タイムを設ける方が増えています。 ですが、いざ朝読書に取り組もうと思っても、 ・どの本を読めばいいかわからない ・読書が苦手で集中力が続かない ・いいところでタイムアップになるのが嫌 と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では、読書嫌いでもスラスラ読める本、 ...

ReadMore

教育実習生へのアドバイス

中学校教員の仕事

2022/11/20

教育実習生の心構えとは?元指導教員が伝えたい、7つの大切なこと

元中学校教員めりーです。過去に教育実習生の指導教員をしていました。 もうすぐ教育実習に向かう皆さん、準備は順調ですか? 教育実習って実際どんな感じなんだろう?ちゃんとうまくやれるかな? と不安な方も多いと思います。 そこで、この記事では、教育実習に臨むにあたっての心構えを老婆心ながらお伝えします。 元指導教員からのお節介なアドバイスですが、読んでいただき、少しでも教育実習に向けて心の準備を整えていただけたら嬉しいです。 目次教育実習生に知ってほしい心構え7つ1 「先生」の自覚をもとう!2 「いのち」を守ろ ...

ReadMore

音楽教員の仕事

2022/11/20

音楽教員の必需品!授業に役立つアイテム5選

元音楽教員めりーです。 この記事では、私の音楽教員生活の中で、「これは無くてはならない!」と思った授業アイテムを5つ厳選してご紹介します。 \教員生活全般で必要な持ち物はこちら/ 音楽授業に役立つアイテム5選 ①タイマー 授業中の活動時間を区切るためにタイマーは必須。 生徒の様子を見て「そろそろ終わりにしよう」なんて声をかけることもありますが、「活動時間はあと○○分」と明示している方が分かりやすく、生徒も活動に集中しやすくなります。 おすすめは、大きな表示で見やすく、黒板に貼れるマグネットタイプのものです ...

ReadMore

憂鬱な月曜日を乗り切る秘訣

中学校教員の仕事

2022/11/20

憂鬱な月曜日を乗り切る3つの秘訣とは?

元教員のめりーです。「つらい月曜日」を「楽しみな月曜日」に変える方法をご紹介します。 「明日仕事に行きたくない」 「また1週間始まると思うと辛くて眠れない」 どんなに仕事が楽しくても、週明けの月曜日を憂鬱に感じる方は多いのではないでしょうか。 私も金曜日の夜が最もハイテンションで、月曜日が近づくにつれてだんだん気分が落ち込んでいき、日曜日の夜には「この世の終わり」状態。 ですが、これからご紹介する3つの方法を試したところ、月曜日の憂鬱な気分がほんの少しだけ晴れたのです。 あくまでも私のやり方ではありますが ...

ReadMore

教員を辞めたい

中学校教員の仕事

2022/11/20

教員を辞めたいと思ったらすべき5つのこと

元中学校教員めりーです。 「毎日仕事が辛い」 「明日学校に行きたくない」 「もう先生なんて辞めたい」 分かります、その気持ち。 教員って、仕事量は多いし、拘束時間は長いし、傷付くこともしょっちゅうだし…ストレスのオンパレードですよね。 でも、残念ながら「辞めたい」と思っているだけでは事態は好転しません。 そこで、この記事では教員を辞めて民間企業に転職した私の経験を基に、「辞めたい」と思ったときにすべきことをお伝えしたいと思います。 目次教員を辞めたいと思ったらすべきこと1.とりあえず1日休む2.辞める前に ...

ReadMore

-音楽教員の仕事
-, ,

© 2022 めりー先生の音楽準備室