※当サイトは広告及びアフィリエイトプログラムにより収益を得ています

音楽教員の仕事

教採合格者に伝えたい、私が中学校音楽教員になって苦労したこと

元音楽教師めりーです。

この記事では、私が中学校の音楽教員になって特に苦労したことをご紹介します。

生徒や保護者との関わり方など苦労したことはたくさんあるのですが、今回は特に音楽に関連することだけを取り上げます。

春から教員になるのが不安…」「今のうちに準備しておいた方が良いことはあるかな?」とお悩み中の方の参考になれば幸いです。

ちなみに教員になった当時の私のスペックはこんな感じ。

  • ピアノ歴20年
  • 箏は「六段の調」、チェロ・篠笛は音階なら演奏できるレベル
  • 小学校では合唱部に所属(中高は伴奏者としてコンクール出場)
  • サックスが木管か金管か分からないくらい、楽器の知識なし

大学で幅広く音楽について勉強はしたものの、専門のピアノ以外のことはあまりよく分からないまま、教員になってしまいました…

というわけで、ここから私が特に苦労したことをお話しします。

中学校音楽教員になって苦労したこと

①移動ド唱法

長年ピアノを続けていた私にとって、「ド」は「ド」なんです。

ソルフェージュで移動ド唱法を勉強していたものの、どうしても他の音を「ド」と呼ぶことに抵抗があり、なかなか慣れませんでした。

特に苦労した場面は吹奏楽部の指導

例えば、F管のホルンは「ファ」を「ド」と呼びますが、指導の際に「ソの音を~、あっ違う、レの音!」と混乱しまくりでした。

固定ド唱法が染みついている方にとって、移動ド唱法はかなり厄介なので、苦手な方は早い段階で慣れておくことをおすすめします。

初任校で吹奏楽部顧問にならなくても、異動先でなる可能性もあるので油断大敵です!

②移調奏

普段の授業では移動ド唱法ができなくてもさほど問題はなかったのですが、「パッと転調できる人になりたい」と思う場面はありました。

それが、歌唱の実技テストです。

私は伴奏しながら採点を行っていたのですが、変声期の影響から音が取りずらい生徒もいるので、その場合は転調をしてあげる必要がありました。

なので、実技テストの前には±5度くらいの調で伴奏が弾けるように練習をしていました。

この練習が意外と時間がかかったので、大学在学中にもっと移調奏の練習をしておけばよかったと後悔しました。

また、授業で調について説明する際に、既習曲を様々な調で聴かせることで「調によって曲の雰囲気が変わる」ことを体感させられるので、移調奏は練習しておくに越したことはないと思います。

③他楽器の奏法

器楽の授業と言えばリコーダーというイメージがありますが、全ての学校でそうとは限りません。

保護者の意向やコロナ感染リスク、和楽器の指導充実などの理由から、リコーダーを購入させない学校もあります。

そうなると備品やレンタル楽器を使用するわけですが、その楽器は三味線ギター太鼓など、学校によって異なります。

ゆえに、器楽の教科書に載っている楽器はどれも授業で取り扱う可能性があると思っていた方が安心です。

教員になってから楽器の練習をするのは結構大変なので、可能な限りいろいろな楽器に触れてみておくことをおすすめします。

特に箏やギターは定番なので、余力がある方は今のうちから練習しておいてはいかがでしょうか?

④指揮法

多くの中学校では、年に1度合唱コンクールが開催され、生徒が合唱の指揮を行います。

そんな指揮者の指導も、音楽教員の仕事の一つ。

大学時代に指揮法の授業は受けていたものの、自分自身がオーケストラや合唱の指揮をした経験はなかったので、教えるのに苦労しました。

合唱部や吹奏楽部のコンクールで先生自身が指揮をすることもあるので、不安な方は練習しておくと良いと思います。

⑤BGMが思い付かない

音楽教員は、学校の中で一番音楽に詳しい人間(だと思われている)ので、行事や式典の際のBGM選定を丸投げされることがあります。

普段からJ-POPやクラシックなど幅広く音楽を聴く方は困らないと思いますが、私は結構苦手でした。

曲の雰囲気や歌詞がTPOにあっているか、万人受けするかなど考えだしたら決まらないし、なんだかセンスを問われているみたいで嫌だったのです。

どうしても、教員や生徒から「音楽に詳しい人」認定されてしまうので、「そんなに詳しくないよ」という方は私と同じように苦労するかもしれません…

⑥何が分からないのか分からない

生徒のつまずくポイントが分からない」というのは、音楽に限らずどの教科の先生もぶち当たる壁だと思います。

中学校には「楽譜や音符が書けない」「四分音符と八分音符の違いが分からない」など様々な生徒がいます。

音楽をずっと勉強してきた私たちが当たり前に知っていることを、生徒の多くは知らないのです。

私は初任校で「ピアノの上に座ってはダメ」という当たり前のことから教えました笑

おすすめの対処法は、生徒向けの参考書を読むこと。

生徒がつまずきそうなポイントが書かれているので、どの部分を重点的に説明すれば良いのかが分かります。

まとめ

さて、この記事では、私が中学校の音楽教員になって特に苦労したことをご紹介しました。

「ピアノ伴奏ができない」「発声指導ができない」など、人によって不得意なことは様々あると思います。

ですが、音楽教員になればそんなこと関係なく「音楽のプロ」として生徒と接しなければいけません。

音楽を教える立場になる前に、自分自身が苦手なことや不安に思っていることを解消しておくのが良さそうです。

音楽教員の仕事

2023/9/14

音楽教員のための新年度準備リスト(春休みから授業開きまで)

元音楽教員めりーです。 音楽の先生が春休みのうちにやっておくことは何だろう? 新年度に向けてどんな準備をしておけばいい? という疑問にお答え! 当サイトでこれまでに紹介してきた「新年度に向けて準備すべきこと」を改めてリストアップしました。 音楽の先生が春休み中から授業開きまでの間にしておくと良いことを羅列していくので、チェックリストとしてご活用いただければ幸いです。 目次音楽教員のための新年度準備リスト最初にすべきこと音楽室の整備に関すること音楽の授業に関すること異動・新規着任者がすべきことまとめ 音楽教 ...

ReadMore

席替えの方法・決め方中学校

中学校教員の仕事

2023/7/26

学級経営の要!おすすめの席替え方法を元中学校教員が伝授!

元中学校教員めりーです。 生徒たちにとっては一大イベントですが、先生からしてみれば、大きな悩みの種でもある席替え。 その方法は、 先生が指定 くじ 話し合い など様々で、それぞれにメリット・デメリットがあり、「これが正解!」というものはありません。 ですが、一歩間違えたら学級崩壊の可能性もあるので、どのような方法を採用するか、生徒の実態を踏まえて慎重に決めなければいけません。 そこで、この記事では「少しでも参考になればいいな」という思いから、私がいつも行っていた席替え方法をご紹介します。 生徒から不満が出 ...

ReadMore

異動教員の引継ぎ事項

音楽教員の仕事

2023/7/26

音楽教員が異動の際の引継ぎで伝えるべき(確認すべき)こと

元中学校音楽教員めりーです。 この春から新しい学校へと異動予定の先生方、後任者への引継ぎ準備はちゃんとしていますか? 音楽教員にしか分からない情報もたくさんあるので、たとえ直接会う機会が無くても資料を残して行くなど、何らかの形での引継ぎは必要です。 というわけで、この記事では、音楽教員が異動の際の引継ぎで伝えるべきことをご紹介します。 異動される方はもちろん、「引継ぎ時に何を聞けばいいか分からない!」という方も参考にしていただければ幸いです。 目次引継ぎ事項①校歌の楽譜引継ぎ事項②鍵の種類引継ぎ事項③視聴 ...

ReadMore

春から音楽の先生準備

音楽教員の仕事

2023/9/19

音楽教員が最初の授業までに準備すべきもの4つ

元音楽教師めりーです。 皆さん、新年度に向けた準備は順調ですか? この記事では、私が毎年必ず年度初めに用意していたものを4つご紹介します。 「授業開きまでに何を準備しておけば良いか分からない!」という方の参考になれば幸いです。 目次最初の授業までに準備すべきもの4つ①座席表(兼評価シート)②振り返りカード③提示用マグネットシート④ガイダンス資料まとめ 最初の授業までに準備すべきもの4つ ①座席表(兼評価シート) まずはこちら、音楽室の座席表(兼評価シート)です。 毎時間、このシートに生徒の授業中の様子を記 ...

ReadMore

春から教員 準備

中学校教員の仕事

2023/7/26

これだけは絶対!新任教員が着任日までに準備すべきもの7選

元中学校教員めりーです。 もうすぐ学校の先生になる予定だけど不安しかない… という方に向けて、着任日までに準備すべきコト・モノを厳選してご紹介します。 これまで当ブログ内でお伝えしてきた様々な情報の中から、これだけは絶対に必要!というものだけを集めました。 目次①スーツ②上履き③印鑑(&印鑑ケース)④多機能ボールペン⑤クリップボード⑥マグカップ⑦自己紹介 ①スーツ 着任日の服装はスーツ一択なので、とりあえず一着だけでも準備しておくようにしましょう。 保護者会や研修などスーツを着用する機会は多いですし、チョ ...

ReadMore

入学式や卒業式の教員の服装

中学校教員の仕事

2023/7/26

入学式や卒業式の中学校教員の服装は?担任か担任以外かで違います!

元中学校教員めりーです。 入学式や卒業式などの儀式に、何を着れば良いのか悩んでいる先生も多いと思います。 そこで、この記事では私の教員時代の経験を基に、中学校教員の儀式の際の服装をご紹介します。 目次儀式の服装を選ぶポイント担任か担任以外か機能性も重視入学式の教員の服装新入生の担任(男性教員)新入生の担任(女性教員)担任以外卒業式の教員の服装卒業生の担任担任以外靴も忘れずに! 儀式の服装を選ぶポイント 担任か担任以外か まず大前提として、入学式も卒業式も、該当学年の担任か担任以外かで服装は異なります。 こ ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2023/9/14

学校の先生がよく使う、教育現場特有の言葉(業界用語)一覧

元中学校教員めりーです。 どのような仕事にも、その現場特有の業界用語がありますが、実は学校の世界にも、先生たちにしか伝わらない専門用語があります。 そこで、この記事では学校の中だけで飛び交う、教育現場特有の言葉を一覧でご紹介します。 これから先生になる予定の方、教育実習を控えている方の参考になれば幸いです。 目次・コマ・フル・抱き合わせ・補教・週案・分掌・起案・要録・実踏・前1・1の島・社長 ・コマ 時間割の中の1時間のこと。 1時間(50分)=1コマ 1時間目=1コマ目 授業が何も入っていない時間=空き ...

ReadMore

中学校教員の仕事

2023/7/26

ネタ探しは終わり!学級通信の代わりに私がしていたこと

元中学校教員めりーです。 担任の皆さん、学級通信のネタ探しに困っていませんか? だったら来年度から学級通信をやめて、その役割を別のことで補えば良いのです! というわけで、この記事では私が学級通信を出す代わりにしていたことをご紹介します。 中には「それってOKなの?」みたいなこともあるので、あくまでも自己判断・自己責任でお願いします。 「学級通信を本当にやめて大丈夫なの?」と不安な方を後押しする記事はこちら。 目次学級通信の代わりになるネタ・アイディア①学活や帰りの会を充実させる②黒板メッセージや手紙を書く ...

ReadMore

-音楽教員の仕事
-, ,

© 2023 めりー先生の音楽準備室