早春賦の意味やポイントまとめ

歌唱授業

「早春賦」歌詞の意味や作曲背景などポイント総まとめ!

元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業経験を基に「早春賦」のポイントをご紹介します。

春を待ちわびている人々の思いや朗らかな風景を表現した日本の名曲「早春賦」。

教科書にも掲載されているので、今まさに授業準備をしている、あるいはテスト勉強中という方も多いと思います。

そこで、この記事では、「早春賦」の歌詞の意味や作曲背景など学習する際に役立つポイントをご紹介します。

学生の皆さんはもちろん、これから授業を行う先生方のお役に立てれば幸いです。

\指導案・ワークシートのダウンロードはこちら/

「早春賦」のポイント

1.そもそも「早春賦」ってどういう意味?

楽曲としての「早春賦」のポイントを確認する前に、タイトルでもある「早春賦」の意味をおさえておきましょう。

  • 早春:春の初め頃
  • 賦:漢詩を歌うこと、つくること

つまり、「早春賦」とは春の初め頃に作られた詩(歌)という意味になります。

2.作詞者は?

画像は龍光寺HPより引用

作詞者は、大分県出身の吉丸一昌(1873~1916)。

東京帝国大学在学中には修養塾をつくり、学生や上京した人たちの衣食住から勉学、就職まで面倒を見ていたそうです。

卒業後は東京第三中学校に教師として赴任。(教え子には芥川龍之介も!)

その後、東京音楽学校の教授となり、「尋常小学唱歌」の編纂委員会の歌詞担任委員主任となったことで、本格的に作詞活動を行うようになりました。

2.作曲者は?

画像はWikipediaより引用

作曲者は、東京都出身の中田章(1886~1931)。

東京音楽学校を卒業後、同校の教授として音楽理論やオルガンを教えていました。

「めだかの学校」や「夏の思い出」を作曲した中田喜直のお父さんです。


親子で音楽の教科書に載っているなんて素敵ですね。

3.曲が作られた背景は?

東京音楽学校の教授だった吉丸一昌は、自作の詞に曲を付けることを学生や若手作曲家たちへの課題としていました。

ある時、吉丸一昌は、校歌の作詞依頼を受けて長野県安曇野を訪れた際に、穂高町あたりで見た雪解けの風景やその土地の人々の様子に感銘を受けて詞を作成。

その詞に中田章が曲を付け、「早春賦」は完成しました。

4.歌詞の意味は?

こちらが「早春賦」の歌詞です。

早春賦の歌詞

黄色い網掛け部分の意味は以下の通り。

時にあらずと:まだその時ではないと
つのぐむ:芽が出始める
さては時ぞと:今がその時だと
思うあやにく:思ったのに、あいにく
知らでありしを:知らないでいたものを

これを踏まえて歌詞全体を訳したものがこちら。

春とは名ばかりで、まだ風は冷たくて寒い。谷にいるウグイスが歌うかと思ったが、まだその時ではないようで、鳴きもしない。

氷が解け始め、葦(アシ)の芽も出始めてきたので、そろそろ春が来たかと思ったのに、あいにく今日も昨日も雪の空だ。

春だと聞かなければ知らないでいたものを、聞いてしまったからソワソワして気持ちが昂る。この時期のこんなはやる気持ちはどうしたらよいのだろうか。

冬から春へと季節が変化していく様子が具体的に表現されていて、春を楽しみに待っている人々の心情が伝わってきますね。

5.どんな気持ちで歌うと良いの?

「早春賦」では雪解けの風景や春を待ちわびる人々の様子が表されていて、出だしの歌詞の「春は名のみの」は「立春(2月4日頃)」のことを指しています。

歌詞ではそんな人々の

  • 暦上では「春」だと知り、居ても立っても居られない様子
  • もうすぐ春が訪れることへの期待や喜び、嬉しさ
  • 春がやってきそうで来ないもどかしさ
  • まだ冬であることを残念がる様子

が描かれているので、春を夢見る明るい気持ちと、現実を知り残念で寂しい気持ちの両方が表せるよう、歌詞が表す情景を想像しながら歌うことが大切です。

6.似ている曲がある!?

「早春賦」はモーツァルト作曲の「春への憧れ」に似ていると指摘されることがあります。

確かに旋律の動きや曲の雰囲気が似ているような気がします。

中田章がこの曲を作った当時は、日本の音楽教育に西洋音楽を積極的に取り入れようとしていた頃なので、影響を受けていた可能性はありそうです。

→日本の音楽史についてはこちら

関連記事
日本の音楽史を元音楽教員が分かりやすく解説!
日本の音楽史を元音楽教員が分かりやすく解説!

続きを見る

まとめ

さて、この記事では「早春賦」のポイントをご紹介しました。

今後、皆さんがこの曲を聴いたり歌ったり、授業で教えたりする際にお役立ていただければ幸いです。

というわけで、今回の記事は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

記事の冒頭でもご紹介しましたが、「早春賦」の授業例(指導略案とワークシート)こちらのnoteをご覧ください。


音楽の単発授業アイディア

授業の基本

2022/9/18

準備しておくと安心!音楽の単発授業ネタまとめ

元音楽教師めりーです。1時間で完結する簡単な音楽授業をご紹介します。 学校現場では、授業変更や補教等で、突然、授業を行わなければいけなくなることがありますよね? 年間指導計画に沿って、前もって授業準備を行っていれば問題ないのですが、実際はそうもいかず… 「急に音楽の授業をすることになったけど、何したらいいの?」と焦った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? そこで、そのような事態に陥らないために、いくつかの単発授業ネタを持っておくことをおすすめします! この記事では、そんな音楽の単発授業をご紹介しま ...

ReadMore

ICT活用の音楽授業「調べ学習」

器楽・創作・ICT授業

2022/9/18

音楽授業における「調べ学習」のポイントとテーマ例

元音楽教師めりーです。ICT活用の定番「調べ学習」についてお話しします。 GIGAスクール構想により、ICTを活用した授業が求められる今、音楽の授業でどのように活用すべきか悩んでいる先生方は多いと思います。 そんな中、真っ先に思い付くタブレット活用方法は、「調べ学習」ではないでしょうか。 確かに、アプリをインストールするなど準備の必要がないので、手軽に授業の中に取り入れやすいですよね。 ですが、授業の中で「調べ学習」を行う際には、注意しなければならないことがあります。 そこで、この記事では、音楽授業におけ ...

ReadMore

授業の基本

2022/9/18

音楽教員の必需品!授業に役立つアイテム5選

元音楽教員めりーです。 この記事では、私の音楽教員生活の中で、「これは無くてはならない!」と思った授業アイテムを5つ厳選してご紹介します。 \教員生活全般で必要な持ち物はこちら/ 音楽授業に役立つアイテム5選 ①タイマー 授業中の活動時間を区切るためにタイマーは必須。 生徒の様子を見て「そろそろ終わりにしよう」なんて声をかけることもありますが、「活動時間はあと○○分」と明示している方が分かりやすく、生徒も活動に集中しやすくなります。 おすすめは、大きな表示で見やすく、黒板に貼れるマグネットタイプのものです ...

ReadMore

鑑賞授業

2022/9/18

「二枚目」も「修羅場」も!日常的に使われる、歌舞伎由来の言葉

元中学校音楽教師のめりーです。歌舞伎が由来とされている言葉をご紹介します。 \歌舞伎について詳しく知りたい方はこちら/ 一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる、歌舞伎。 ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、歌舞伎を由来とするものが多くあります。 そこで、この記事では、そんな歌舞伎由来の言葉から特に馴染み深いものを厳選してご紹介します。 板に付く 「板に付く」とは、経験を積んで、動作や態度が地位・職業などに合うようになること。 元々は、 板=舞台 付く=しっくり合う という意味で、経験 ...

ReadMore

きらきら星変奏曲解説

鑑賞授業

2022/9/18

実は恋の歌!?モーツァルト作曲「きらきら星変奏曲」を解説!

元音楽教師めりーです。今回は、あの有名な「きらきら星」について解説します。 「きらきら星変奏曲」という名で知られる、こちらの音楽。 モーツァルトが作曲したことでも有名ですが、実はこの曲は、ある音楽の旋律を引用して作られたもので、原曲は他にあるのです。 では、その原曲とはいったいどのような音楽なのでしょうか? というわけで、この記事では、そんな「きらきら星変奏曲」の原曲やその他のアレンジ、演奏・鑑賞時のポイントをまとめてみました。 目次原曲は恋の歌!「きらきら星変奏曲」の正式名称は?→変奏曲とは?原曲『ああ ...

ReadMore

音楽授業におすすめのミニゲーム

ゲーム・クイズ

2022/9/18

音楽授業のスキマ時間におすすめのミニゲーム「ドレミでクラップ」

元音楽教師めりーです。この記事では音楽授業におすすめのミニゲームをご紹介します。 ほんの少しだけ授業時間が余ってしまった… どんよりした授業の雰囲気を変えたい… そんな時に私が取り入れていたのが、ミニゲーム「ドレミでクラップ」! 所要時間は1~3分ほどで、サクッと授業の雰囲気を和らげることのできる活動です。 やり方は非常に簡単で、何の準備もいらないので、授業で困ったその瞬間に取り入れることができますよ。 それでは「ドレミでクラップ」の進め方をご紹介します。 ミニゲーム「ドレミでクラップ」の進め方 ①生徒そ ...

ReadMore

世界の民族音楽授業案

常時活動

2022/9/18

世界の民族音楽を楽しく鑑賞!おすすめの常時活動「ミュージックトラベル」

元中学校音楽教師のめりーです。民族音楽の授業にお悩みの先生方に提案があります。 世界の諸民族音楽について、 ・数種類の音楽を鑑賞し、教師による説明を聞いて、感想を書く ・ホーミーやケチャなどの民族音楽をみんなで体験する という活動を軸に、1~2時間扱いの授業を行う先生が多いと思います。 ですが、1時間の中で数種類の音楽を立て続けに聴くと生徒は途中で飽きてしまいがち。 それに乗り気でない生徒に無理に活動を強要すれば、かえって音楽へのマイナスイメージは強まってしまいます。 そこで、私が提案したいのは、民族音楽 ...

ReadMore

早春賦の意味やポイントまとめ

歌唱授業

2022/9/18

「早春賦」歌詞の意味や作曲背景などポイント総まとめ!

元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業経験を基に「早春賦」のポイントをご紹介します。 春を待ちわびている人々の思いや朗らかな風景を表現した日本の名曲「早春賦」。 教科書にも掲載されているので、今まさに授業準備をしている、あるいはテスト勉強中という方も多いと思います。 そこで、この記事では、「早春賦」の歌詞の意味や作曲背景など学習する際に役立つポイントをご紹介します。 学生の皆さんはもちろん、これから授業を行う先生方のお役に立てれば幸いです。 目次「早春賦」のポイント1.そもそも「早春賦」ってどういう意味 ...

ReadMore

-歌唱授業
-,

© 2022 めりー先生の音楽準備室